【必見!】WiMAXのプロバイダ「GMOとくとくBB」を徹底解説!

WiMAXのプロバイダ「GMOとくとくBB」とは?詳しく解説!

月額料金の安さで注目を集めている「GMOとくとくBB」のWiMAXサービス。他社と比較して、料金やキャンペーンの内容からGMOとくとくBBを選ぶユーザーさんも少なくありません。

初めてWiMAXを契約する場合、1ヶ月にどの程度通信費がかかるのか不安に感じる方も多いと思いますが、GMOとくとくBBではお手頃な料金設定で、光回線からの乗り換えもしやすくなっています。

ここでは、GMOとくとくBBのWiMAXサービスの特徴やメリット、注意点などを詳しく紹介。GMOとくとくBBがおすすめな方や、実際の利用者の声も紹介します。


GMOとくとくBBとは

GMOとくとくBBは、インターネットインフラ事業を手掛けるGMOインターネット株式会社が運営するプロバイダサービスです。

GMOとくとくBBには、WiMAXのMVMOサービスの他にもNTT東日本と西日本のフレッツ光、ADSLのほか、イー・アクセス社のイー・アクセスADSLを利用した接続サービスも含まれています。

配線の必要がなく、室内外で下り最大440Mbpsの高速インターネット接続が使用できるWiMAXサービスを格安で提供しており、ギガ放題プランにも対応。

さらにGMOとくとくBBでは、ギガ放題プランと通常プランの変更を月単位で変更することができます。という、他社にはないサービスが特徴となっています。

auスマートフォンを使っているユーザーには、スマートバリューの適用で携帯料金が月額最大1,000円引きになるなど、携帯電話とのセット割引にも対応。通信費がお得になる工夫がたくさん盛り込まれているので、他社のWiMAXサービスや光回線からの乗り換えにもおすすめです。

>>GMOとくとくBBのお得なWiMAX詳細・お申込みはこちら<<

GMOとくとくBBがやっているお得なキャンペーン

2019年1月時点で行なわれているキャンペーンは、最大38,000円のキャッシュバックキャンペーン、学生さんと教職員の方限定の35,000円キャッシュバック、友達や家族の紹介で6,000円GETの3種類。

一つ目の38,000円キャッシュバックは、新規でGMOとくとくBBに入会した方が対象。キャンペーンページより「GMOとくとくBB WiMAX 2+接続サービス」を申し込まなければなりませんが、WiMAX2+の端末代金が0円になります。また、キャッシュバック金額は機種によって異なり、30,400円~38,000円まで幅があります。

35,000円キャッシュバックは大学受験予備校やインターナショナルスクールを含む「とくとく学増対象者」となる学生さんと教職員の方、教育機関への進学が決定している生徒さん限定のキャンペーン。学生証もしくは職員証を撮影のうえ、申し込みフォームに添付することで対象となります。

また、WiMAX2+を家族や友達に紹介し、WiMAX2+の利用が開始になったタイミングで最大6,000円がキャッシュバックになるというものです。

紹介者の上限は4人までに限られ、1人目は5,000円、2人目からは6,000円と金額が若干変動しますが、家族みんなで使う予定があれば、紹介キャンペーンを活用するのも良いでしょう。

>>GMOとくとくBBのお得なWiMAX詳細・お申込みはこちら<<

GMOとくとくBBを使うメリット

利用料金がとにかく安い

GMOとくとくBBのWiMAXは利用料金の安さが魅力です。月額3,609円から利用できるのですが、端末代金が0円で、高額なキャッシュバックも期待できるので、それらを含めると他社よりもお得に通信費を抑えることができます。

月単位でギガ放題から通常のプランに下げることもでき、プラン変更に融通がきくことで通信費を抑えることも可能。

「ネットを使わない月は安く料金を抑えたい」「せっかくだからたくさんキャッシュバックがほしい」「トータルでかかるコストを安くしたい」といったさまざまなニーズに応えてくれるプランが揃っています。

ポイントが貯まる

GMOとくとくBBでは独自のポイントを発行しており、毎月「GMOポイント」が貯まります。

貯まったポイントは、1ポイントを1円として使用可能。GMO WiMAXの支払いのほか、ショッピングサイトでも使用が可能となっています。

20日以内ならキャンセルできる

GMOとくとくBBでは、申し込みをして20日以内であればキャンセルがききます。実際に使ってみて、思ったよりも使い勝手が悪かったので解約したいといった場合でもOK。

解約にあたっては、違約金が発生しないかわりに事務手数料として3,000円の支払いが必要になります。さらに、端末が到着してから8日以内に返却をしなければ、端末のみの代金として20,000円がかかってしまいますので、20日間待たずに早めの返却を行ないましょう。

また、初期契約解除がきくのは以下のページでエリア判定に「○」がついている場所のみとなります。エリア外は解約の対象外となりますので注意が必要です。
https://gmobb.jp/wimax/area/

auスマートバリューmineが使える

GMOとくとくBBでは、auのスマートフォンを使っているユーザーさんに「auスマートバリューmine」が適用されます。携帯とのセット割としてスマートバリューが適用されるので、auユーザーにとってはお得な内容となっています。

auスマートバリューmineは、auスマートフォンまたはauケータイを利用中の方がGMOとくとくBB WiMAX 2+とセットで利用した場合に適用されるもので、契約中のスマートフォンまたは携帯電話の利用料金が毎月最大1,000円割引に。

契約中のプランによって割引となる金額が変わりますが、500円~1,000円の範囲内でお得になる嬉しい割引サービスです。

>>GMOとくとくBBのお得なWiMAX詳細・お申込みはこちら<<

GMOとくとくBBの注意点

キャッシュバックの受取りが面倒

GMOとくとくBBでは、30,000円以上の高額なキャッシュバックが期待できますが、受け取りまでに複雑な手続きが必要なのがネック。

GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取るには、利用から11ヶ月後にメールが届くので、その内容に従って手続きを行なわなければなりません。

手順としては、キャッシュバックキャンペーンのページから申し込みを行ない、その後会員サイトの請求明細に「課金開始月」が書かれていることを確認、そこから11ヶ月後の日付を割り出します。

11ヶ月後に、自動的にキャッシュバックの案内メールが届きます。メールは会員サイトのWebメールに送られるので、忘れずにチェックを行ないましょう。

ここでは振り込みを行なうための口座を確認するためにメールが届くので、メールの送信日から翌月の末日までに口座の連絡を行ないます。

口座の連絡を忘れるとキャッシュバックができないため、必ず銀行情報の登録を期間内に済ませておきましょう。

解約違約金が高い

GMOとくとくBBの違約金は、端末が発送された月の翌月を1ヶ月目とし、そこから24ヶ月目までの解約で24,800円が、さらに25ヶ月目以降の解約で9,500円が請求されます。

2年間使わなければ自動的に24,800円が請求されてしまいますので、2年が経過してからの解約をおすすめします。

支払いはクレジットカードのみ

GMOとくとくBBでWiMAXを契約する際には、クレジットカードの登録が必須となります。銀行口座からの引き落としには対応しておらず、クレジットカード払いになってしまう点は少々ネックかもしれませんね。

クレジットカードを持っていなければGMOとくとくBBのWiMAX2+プランを契約することはできませんので、クレジットカードを新たに作って申し込みをするか、銀行口座振替などクレジットカード以外の支払い方法に対応しているWiMAXサービスを検討しましょう。

GMOとくとくBBの利用者の声

人型

キャンペーンがすごく良いと聞いて、GMOとくとくBBに申し込みました。受け取りが難しいとSNSで見ていましたが、実際に手続きをしてみるとそれほど難しいことはなかったです。30,000円以上も戻ってきたので、正直いって他のプロバイダのプランよりもずっとお得に感じました。実際のWiMAXの使い心地は、以前使っていたWiMAXとほとんど変わらず。同じ使い勝手なら、キャッシュバックがたっぷり受けられるGMOのほうがお得度は高いと思います。もう契約してから2年が過ぎてしまいましたが、まだ使い続けたいと思います。

人型

口コミでGMOとくとくBBが安くていいよーと言われていたので申し込んでみました。今まで光回線を使っていたので、正直WiMAXで大丈夫かな?という不安はありましたが、夜の混み合う時間帯でも速度が安定しているので、個人的には乗り換えて正解だったと思っています。口コミを見てみると速度が遅いという人もいるんですが、私の場合は通信環境がいいのか、特に問題はありませんね。速度がどれだけ出るか気にしていましたが、このまま使うぶんには問題なさそうなので、まるまる2年使うつもりです。

人型

GMOとくとくBBに切り替えてから、我が家のネット速度が格段に速くなりました。どこかの口コミでは遅いとか、ほとんど低速で使えないといった声もありましたが、プロバイダの差なんでしょうか。前に使っていた回線がとにかく遅くて、私の自宅マンションではまともな速度が期待できなかったので、WiMAXに切り替えて本当に正解でした。個人的には、端末代金のほかにクレードル代や送料が無料になるのもポイント高かったです。

人型

半信半疑で、友人が使っているGMOとくとくBBのWiMAX2+に切り替えました。WiMAX2+は対応エリアが広がったので、私の住んでいるエリアでも十分受信できるのですが、光回線から切り替えるのは正直不安でした…。でも、乗り換えからすぐに速度が爆速になって、動画とゲームが同時にできるくらいには回復しました。月額料金も安くて本当に助かります。今までの回線から乗り換えてよかったです。

その他のGMOとくとくBB利用者の声

GMOとくとくBBはこんな人におすすめ!

GMOとくとくBBは、月額料金の安さと手厚いキャッシュバックキャンペーンが特徴的です。月額料金をとにかくお得にしたい、2年間安くネットが使いたいといった方におすすめ。他社の料金と比較してからGMOとくとくBBに決めるのも良いでしょう。

また、「ギガ放題」と「通常プラン」の相互変更が可能なのも魅力的です。プランが切り替わるタイミングが月の初めなので、月の末日の前日18時までに変更の申請をすると、翌月の1日から新しいプランが適用になります。

他社ではあまりみられない相互変更システムは、ネットを使わない月に無駄な出費を防ぐことができる画期的なサービス。もちろん、毎月交互にプランを変更することも可能です。

まとめ

GMOとくとくBBでは、月額料金の安さから通信費のコストカットができるという点と、高額なキャッシュバック金額に定評があります。

他社では10,000円程度のキャッシュバックでも、GMOとくとくBBでは40,000円近いキャッシュバックが受け取れます。さらに家族や友達を紹介すれば、それ以上の金額が振り込まれるので、お得度でいえば他社の追随を許さないところがありますね。

残念ながらクレジットカード払い以外の支払い方法には対応していませんが、クレジットカードさえあればすぐに申し込みができますし、GMOのポイントも毎月貯まっていくので、金銭的なメリットが大きなプロバイダといえるでしょう。

他社にはないプランの切り替えができるのもポイント。よく使う月には4,263円以上がかかりますが、あまり使わない月には3,609円までコストダウンができます。auのスマートバリューと組み合わせれば、1ヶ月に1,200円以上を浮かせることも可能。

GMOとくとくBBはキャッシュバックやコストカットなど、いろいろな工夫を組み合わせて賢く節約したい方におすすめのプロバイダです。

WiMAX2+を最安で使うならここ!

GMOとくとくBB

とくとくBBロゴマーク

  • 業界最高水準キャッシュバックで、どこよりも安く利用できる
  • 最新機種W06取り扱いあり
  • 光回線並みの通信速度で動画も高速ダウンロード
  • 即日発送ですぐ手に入る
  • 安心の20日間無料キャンセルつき
お申込みはこちらから