WiMAX最新端末のWX05のスペックは?W05・WX04との違いを徹底比較!

この特集記事では2018年11月に発売された「Speed Wi-Fi NEXT WX05(略称:WX05)」をWX05が発売される前までの人気端末だったW05・WX04と比較しながら解説しています。

WiMAXの主力シリーズの1つであるWXシリーズは、日本のNECプラットフォーム株式会社が製造しているWiMAX2+に対応するポケットWi-Fiルーターです。

1世代前のWX04は2017年11月に発売されていますので、この1年でWX05がどのように進化したのか確認していきましょう。


WX05の発売日は?

WX05は2018年11月から発売されています。WiMAXのプロバイダーで、取り扱い開始日は違いましたが、人気プロバイダーのGMOとくとくBBなどは2018年11月8日からすぐに取り扱いを開始していました。

なお、GMOとくとくBBでは最新端末のWX05を利用して申し込む時でもおとくなキャッシュバックキャンペーンを行っていますので、WX05を利用してWiMAXを使ってみたいという人はGMOとくとくBBのキャッシュプレゼントの内容は必ずチェックしておくと良いでしょう。

ネット回線の先生ネット回線の先生

例えば、同シリーズの2世代前のWX03が発売されたのは2016年12月なので発売から約2年経っています。WiMAXは2年~3年の契約期間を過ぎると月額料金が高くなってしまいますので、現在利用しているWiMAX2+のプロバイダーの契約が満了を迎える人は、忘れずにプロバイダーの切り替えを行うようにしましょう。

GMOとくとくBBのように最新端末をおトクな条件で販売しているプロバイダーに切り替えることで、最新性能の端末を安く利用することができます。

なお、GMOとくとくBBは、申し込みを開始するページでキャッシュバック金額が異なりますので、必ず以下のキャンペーンページでキャッシュバック金額を確認するようにしましょう。
【GMOとくとくBB WiMAX2+ キャンペーンページへ】:http://gmobb.jp/wimax/

当サイトではWX05の各プロバイダーのキャッシュバックやキャンペーン内容を比較した記事も用意していますので合わせて参考にしてください。

WX05のスペックは?W05、WX04との違いは?

まず、WX05とこれまでの人気端末のW05とWX04とのスペックの違いをわかりやすく比較表形式で整理しました。

WX05 W05 WX04
製品名 Speed Wi-Fi NEXT WX05 Speed Wi-Fi NEXT W05 Speed Wi-Fi NEXT WX04
発売 2018年11月 2018年1月 2017年11月
メーカー NECプラットフォームズ HUAWEI NECプラットフォームズ
最大速度(上り) 30Mbps

(WiMAXハイパワー対応

75Mbps 30Mbps
最大速度(下り) 440Mbps

(WiMAXハイパワー対応

708Mbps 440Mbps
au 4G LTE 対応 対応 対応
重量 約128g 約131g 約128g
サイズ 約W111×H62×D13.3mm 約H130×W55×D12.6mm 約W111×H62×D13.3mm
バッテリー時間
ノーマルモード
約690分 約540分 約690分
同時接続数 最大10台 最大10台 最大10台

※WシリーズのW05の通信速度は複数のキャリアの通信を同時に利用した3CAと呼ばれる技術を使ってWiMAX2+とau 4G LTEに同時に接続した場合の最大速度です。au 4G LTEに接続すると別途追加料金がかかったり、通信制限がかかりやすくなったりするので利用時に注意が必要です。

 

最大通信速度・重さ・サイズ・バッテリー容量やバッテリーの持ち時間などは1世代前のWX04と同様ですが、WX05からWiMAXハイパワー(電波が弱い場所でパワーをあげて通信速度を約20%改善する機能)が搭載されています。

 

それ以外にも、ワンタップで通信モードを簡単に切り替えられる「おまかせ一括設定」や、WiMAX2+の電波が無いエリアで4G LTEの通信モードに切り替えるワンタイム通信モード切替など、WiMAX初心者やルーターの設定に不慣れな人でも簡単に操作できるように便利な機能が搭載されています。また、電池残量やデータ通信量がグラフ表示されるようになるなど、ディスプレイの表示もわかりやすく改善されています。

なお、WX05はソニックレッド、ピュアホワイトの二色用意されています。

 

WX05はW05よりバッテリーの持ちが良い

NEC製のWXシリーズはHUAWEI製のWシリーズよりもバッテリーの持ちが良いことがメリットでしたが、WX05は省エネ機能が充実したこともあり、W05と比べるとバッテリーの持ちが良いのが特徴です。WiMAXは外出時に利用することが多いのでバッテリーの持ちは命綱でもあります。WX05はW05よりもノーマルモードで2時間以上長く使用できますし、省エネ機能を活用するとさらにその差は拡大します。外で長時間使うことが多そうな人はW05よりもWX05の方がおすすめです。

WX05の使用可能時間

  • ハイスピードモード
    • 通信速度優先時:約8.1時間
    • スタンダード:約11.5時間
    • バッテリー持ち優先:約14時間
    • エコモード:約18時間
  • ハイスピードプラスエリアモード
    • おまかせ一括(速度優先):約8時間
    • スタンダード:約10.5時間
    • バッテリー持ち優先:約13.3時間
    • エコモード:約16.8時間

W05の使用可能時間

  • ハイスピードモード
    • ハイパフォーマンス:約6.5時間
    • ノーマル:約9時間
    • セーブ:約10.5時間
  • ハイスピードプラスエリアモード
    • ハイパフォーマンス:約4.3時間
    • ノーマル:約6.5時間
    • セーブ:約9.1時間

 

細かく比較しようとすると複雑になりますが、赤でマーキングしている通り、「スタンダードモード」で2時間、省エネモードだと6時間以上もバッテリーの持ちが違います

 

WX05はバッテリーが簡単に交換できる

困った場面に直面しないとなかなか気づかないと思いますが、WX05はバッテリーを簡単に取り外しでき、対応するバッテリーはネットで3,000円程度で購入することができます。W05はバッテリー内蔵式なので自分でバッテリーを交換することができません(ショップに行って交換作業をしてもらわなければならず、5,000円以上かかります)。

 

最近のバッテリーは高性能になっているので劣化しにくくなってきていますが、バッテリーはあくまでも消耗品なので1年・2年使っているとバッテリーが徐々に劣化して充電がすぐになくなってしまうような状態になることも想定されます。

 

これから利用しはじめようと思っている人がバッテリー交換のことを考えたりはしないと思いますが、1年・2年もヘビーに使っているとバッテリーが劣化する可能性があります。そうなった時には間違いなく、”WX05を選んでいて良かった”と実感することになるでしょう。

 

WX05の新機能 WiMAXハイパワー

WiMAXハイパワーとはWX05に新しく搭載された「電波が弱い時に送信パワーをあげて通信速度を改善」させる機能です。WX05登場前は、公式サイト上で「WiMAX2+にハイパワーという概念はない」と説明されていて、WX05が初めてWiMAX2+のハイパワーに対応したことになります。

WX05のWiMAXハイパワーについて

WiMAXハイパワーによる通信速度の改善効果は約20%とされていて、特に自宅などの建物の中や電波が弱い場所で利用する時に効果を発揮する機能です。バッテリーの消耗が若干多くなるというデメリットがありますが、電波が弱い場所での通信速度のアップと安定化が期待できるのはこれまでの端末と比較して大きなメリットです。

また、WX05は、「初心者でも使いやすく性能も良いポケットWi-Fiルーター」に仕上がっているという印象なので使い方に迷うこともないでしょう。

ネット回線の先生ネット回線の先生

WiMAXハイパワーは常時ONの状態で工場から出荷されています。この機能よりもバッテリーの持ちを重視したい人は、端末が到着したら設定画面からOFFに切り替えるようにしましょう。

WX05の新機能 おまかせ一括設定

おまかせ一括設定とは、通信速度とバッテリーの消費のバランスの良い「スタンダード設定」と通信速度を最優先する「通信速度を優先」、省電力を優先する「バッテリーの持ちを優先」の3つの設定をワンタップで切り替えられる便利機能です。

WX05のおまかせ一括設定

特に省電力(バッテリーの持ちを優先)しようとすると、様々な使わない機能を都度OFFにしなければならなかったり、本当に省エネにするのは面倒な操作が必要でしたが、この機能を使って簡単に切り替えられるのは便利に感じることが多いでしょう。例えば、家に帰ってきたタイミングでワンタップで「通信速度を優先」に切り替えるとか、バッテリーの残量が減ってきたら「バッテリー持ちを優先」に切り替える、などですね。

もちろん、モバイルバッテリーを持ち歩いて充電すればよいという人もいるかもしれませんが、持ち歩き不要ならそれに越したことはないですし、使い方もカンタンなので活用するようにしましょう。

ネット回線の先生ネット回線の先生

おまかせ一括設定は、「標準モード」「高速通信モード」「省電力モード」を簡単に切り替えられるるので、初心者にもヘビーユーザにも便利な機能です。工場出荷時はOFFになっていますので、この機能を使いたいと思う人は、WX05が到着してから設定するようにしましょう。

WiFiビジュアルステータス

自宅や外出先で活躍することが間違いないが「WiFiビジュアルステータス」です。これは、周波数2.4Ghzにのみ対応した機能で、Wi-Fiの各チャネルの混雑状況をグラフでわかりやすく表示してくれる機能です。この機能を使って端末の周辺で利用されていないチャネルを確認して、ワンタップで切り替えることができます。

同じ2.4Ghzを利用していても他の家電や周辺にいる人が利用していて混雑しているチャネルを利用しているとパフォーマンスが悪くなってきます。この機能を活用することで空いているチャネルに簡単に切替えできるので安定的なパフォーマンス(通信速度)が期待できるようになったと言えます。

WX05WiFiビジュアルステータス

この画像の例だと「チャネル1」「チャネル6」が混雑しているので、「チャネル11」をタップして選ぶことで空いているチャネルに切り替えすることで通信の安定化・高速化が期待できます。

WX05のクレードルについて

WXシリーズが人気を集める理由にクレードルの「電波拡張機能」があります。この機能はWX05専用のクレードルがWX05から送信される電波を均等化して電波のムラを解消してくれる、というものです。

結論として、自宅でWX05を使う可能性がある人であれば、クレードルも購入しておいた方が良いと思います。

※WX05のクレードルについては解説記事「WX05のクレードルを徹底解説!注目の電波強化や有線接続・充電機能」で詳しく解説していますので参考にしてください。

 

WX05とW05はどちらがおすすめ?

W05とWX05には性能面と契約面の2つの観点で違いがあります。

まず、性能面に関しては、W05が最新の技術を駆使して理論上の通信速度を向上させることに成功していて、WiMAXの電波とLTE電波を複数同時利用することで利用できる時間やエリアは限られますが、条件がハマればかなりの高速通信を実現できます。ただし、LTE回線を月7GB以上使うとその月の通信速度は一気に128kbpsという超低速になり翌月まで速度を回復できないというデメリットがあります。

 

一方でWX05は現実的な通信速度を向上させる努力を行っています。クレードルを使って室内の電波を安定させたり、WiMAXハイパワーに対応することで電波が弱い場所でも安定に通信できるようにするための機能がありますし、周辺の電波の利用状況をわかりやすく表示して空いているチャネルを利用しやすいようにするサポート機能も充実しています。

性能(≒通信速度・安定性)面では同じ最新端末でも方向性に大きな違いありますので、どちらがご自身の使い方に合っているかを考えて選ぶことで良いでしょう。

 

WX05をおトクに入手する方法は?

WX05利用で有利な料金・キャッシュバックを行っているプロバイダーに申し込む

オトクにWX05を入手できるのは、端末料金が無料のWX05を取り扱っている人気のプロバイダーに利用申込することです。例えば、GMOとくとくBBは4万円以上のキャッシュプレゼント、BroadWiMAXはWX05を選んだときでも古い端末を選ぶのと変わらないおトクなキャンペーンを行っていて有力な申込先候補です。

2019年3月とくとくBBキャンペーン
 

 

 

WiMAX契約中の人はプロバイダーの乗り換えが王道

すでにWiMAXを利用している人は、2年~3年の継続利用を前提として契約していると思いますので、定期的にプロバイダーに乗り換えていく方が、WiMAXをオトクに利用し続ける理想の方法です。契約期間満了前解約の違約金を支払わずに済むように契約満了月に乗り換えるようにするのが良いのは言うまでもありません。

違約金を負担してくれるプロバイダーもある

ただ、契約満了まで我慢できない人や自宅で使っている時の電波が弱くて不満がある人は「違約金を負担してくれるプロバイダーにさっさと乗り換えてしまう」という方法もあります。

実は、違約金を負担してくれて、かつ、乗り換え後もWX05やW05を使ってWiMAXをおトクに利用できるプロバイダーはほとんどないのですが、そんな中でおすすめしたいはBroadWiMAXです。

BroadWiMAXの違約金負担キャンペーン

WX05でもW05を選んでもこのキャンペーンを利用できます。しかも、BroadWiMAXはBroadWiMAXからBroadWiMAXが指定する光回線に違約金無しで乗り換えできる「ご満足保証」というサービスを提供しているので、BroadWiMAXに乗り換えておくことで、WiMAXの通信品質に満足できない時にWiMAXの利用をやめて光回線に切り替えることも視野に入れやすくなるというメリットもあります。

BroadWiMAXの乗り換え保証

 

 

 

なお、WX05のキャッシュバック・キャンペーンの調査・比較記事も用意していますので合わせて参考にしてください。

WX05のキャッシュバックキャンペーン最高額はどこ?最新情報を比較!

まとめ

WX05は1世代前のWX04からデザインや基本的な性能面は大きく変わっていませんが、WiMAXハイパワーに対応したり、WiFiビジュアルステータスの使いやすさなどから「WiMAX2+が本来持っているパフォーマンス」を最大限利用できる端末と言えます。

 

また、WiMAXハイパワー+専用クレードルの電波強化機能の効果で自宅内での通信環境の改善も見込めますので、これまで自宅内でWiMAXの電波が弱いと感じていた人や自宅での利用を考えている人には特におすすめしたいポケットWi-Fiルータです。

 

なお、ライバルシリーズのW05はWiMAXとLTEの通信を同時に使って高速化する3CAと言う技術を採用して、WX05以上の高速通信を実現していて、採用されている通信技術(最高速度)の面ではW05に軍配があがりますが、理論上の最高速度だけに惑わされるのではなく、実際に利用している時に安定した速度が維持されることの方が重要です。

また、WiMAXの端末はau 4G LTEに対応していますが、LTE通信が月間7GBを超えると、その月の月末までWiMAX2+とau 4G LTEの両方の電波の通信速度が送受信最大128kbpsという超低速の制限がかかってしまって復活させることができなくなります。そのため、LTE通信はがんがん利用できるわけではなく、活用したくても通信量が常に気になってしておく必要があります(せめてau 4G LTEにだけ通信制限がかかるのであれば使い勝手が各段にあがるのですが)。

 

WiMAX2+は、ギガ放題プランで大容量の高速に通信できるのが最大のメリットですが、現時点では、au 4G LTEを使った通信は「WiMAX2+の電波が届かない・弱い時に一時的に使う」という補助的な使い方が最適で、「使いたいときにau 4G LTEに接続できるWX05の機能で十分」という現実があります。

 

そう考えると、WiMAX2+の電波が持つポテンシャルを最大限活かせるような機能を搭載し、実際に利用した時の速度を高速化する努力を積み重ねて製造されたWX05は、間違いなくおすすめできる端末です!

ネット回線の先生ネット回線の先生

WX05は技術的な理論値上の数値にこだわらずにWiMAX2+の実行速度を安定・高速化することにこだわって製造されている点に非常に好感が持てます。

ライバルシリーズのW05は特定エリア(au 4G LTEハイスピードエリア)で使うことが多く、通信量より通信速度にこだわりたい人にはおすすめできる端末です。

GMOとくとくBBでは、どっちを選んだとしてもおトクなキャッシュプレゼントキャンペーンを行っていますので、これからWiMAXを契約する人、プロバイダーを切り替えたいと考えている人は、GMOとくとくBBの最新キャンペーンはチェックしておくようにしましょう

GMOとくとくBBは、申し込みを開始するページでキャッシュバック金額が異なることがありますので、必ず以下のキャンペーンページをチェックするようにしましょう。

【GMOとくとくBB WiMAX2+ 公式ページ】:http://gmobb.jp/wimax/

ネット回線の先生ネット回線の先生

最後にもう1つ補足です。

最近、アメリカのトランプ大統領が日本など同盟諸国に対して、ワイヤレスやインターネットの業者が中国の通信機器大手「ファーウェイ」の製品を使わないよう求める説得工作を始めたと報じられています。W05シリーズはまさにその「ファーウェイ」の製品なわけですが・・・。アメリカ側の意見は、「中国製の通信機器が使われると、中国から通信傍受によるスパイ行為で米国のハイテク技術が盗み出されたり、わざと通信を遮断される脅威にさらされる懸念がある」ということです。

私たち個人がファーウェイ製品を使う分には特に問題になることはないと思いますが、通信を傍受されているなどと言われて不安に感じる人にとっては日本のNEC製のWX05は現時点では唯一無二の選択肢になると思います(実質的にW05とWX05の2択に近い状態なので)。