(2019年1月更新)

ネット回線の先生ネット回線の先生

2019年1月現在、GMOとくとくBBが1番お得に利用できるWiMAX2+プロバイダーです。
ここではWiMAX2+主要プロバイダーで発生する料金をすべて比較した結果をお伝えしています。

最安のWiMAX2+ギガ放題接続サービスは?月額料金・価格を比較

こちらはWiMAX2+主要プロバイダーのギガ放題接続サービスの契約期間(3年)内に発生する料金をすべて合計した金額を比較した表です。

3年契約(3年契約がない場合は3年契約に換算)して、初期費用+月額利用料金からキャッシュバックや月額料金割引など特典を引いた実質費用となります。WiMAXのギガ放題プランをおトクに利用できるプロバイダーを選ぶ時には、初期費用・月額費用・キャッシュバック金額などを考慮した実質的な費用で比較することが重要です。

No.会社名実質合計金額(3年)ギガ放題(3年)
月額料金の合計
特典事務手数料 
1GMOとくとくBB WiMAX2+
GMOとくとくBB
¥123,769¥156,469キャッシュバック¥3,000
2DTI WiMAX
DTI WiMAX
¥124,840¥127,840キャッシュバック¥3,000
3
So-net
¥124,880¥121,880月額料金割引¥3,000
4BIGLOBE WiMAX¥129,310¥156,310キャッシュバック
月額料金割引
¥3,000
5BroadWiMAX
¥134,352¥112,495初期費用割引¥3,000
7UQ WiMAX¥161,508¥158,508¥3,000
8ヤマダ電機¥164,628¥161,628¥3,000
9ビックカメラ¥166,680¥163,680¥3,000
※当ページの内容は毎月更新していますが、正確な情報は必ず各社のWiMAX公式サイトで確認してください。

今月もGMOとくとくBBの高額キャッシュバックが目立っていて、これによって3年間の実質的な費用の合計も1番安くなります。
2019年1月時点のオトクなWiMAX2+プロバイダーはGMOとくとくBBと言えそうです。

※GMOとくとくBBは、申し込みを開始するページでキャッシュバック金額が異なることがありますので、必ず以下の公式ページから申し込むようにしましょう。

【GMOとくとくBB WiMAX2+ 公式ページ】:https://gmobb.jp/wimax/

 

実質負担で最安のギガ放題を提供するGMOとくとくBB

GMOとくとくBBのギガ放題接続サービスの料金(2019年1月)

1か月~2か月目:3,609円×2か月=7,218円

3か月目~36か月目:4,263円×34か月=144,942円

キャッシュバック:▲35,000円

事務手数料:3,000円

実質料金:123,769円 → 1か月あたり約3,438円

※上記は当サイトによる試算です。正確な料金はGMOとくとくBBの公式サイトで確認をお願いします。また、上記はキャッシュバック金額の1番高い「WX05」を3年契約で契約した場合で計算しています。

 

冒頭の比較表の通り、当サイトの調べでは、WiMAX2+のギガ放題接続サービスの最安値プロバイダーはGMOとくとくBBでしたが、WiMAX接続サービスには様々なプロバイダーが存在しますので、本当にお得なプロバイダーを探す時にはこのような試算式(3年間の支払料金からキャッシュバック金額を差し引く)でぜひ計算してみてください。

※WiMAX2+には解約違約金やオプションプラン料金など他にも考慮しなければならない点もありますので注意しましょう。申し込み前にこちらのページなどで確認するようにしましょう。

 

キャッシュバック金額は選ぶ機種により異なる

これは非常に重要な注意点となりますが、GMOとくとくBBでは申込時に選んだ機種によりキャッシュバックの金額が異なります。

それぞれのキャッシュバック金額は以下の通りです。

19年1月機種別キャッシュバック金額

キャッシュバック金額が1番高いのはWX04とWX05という機種です。

WX04の場合、キャッシュバック金額はそのままでクレードルまで無料でついてきます。

じつはWX04は最新機種のWX05の1世代前の機種になります。

といっても、WX05とWX04は大きさや重さ、バッテリー性能や通信速度など、ほぼ変わりないといってもいいレベルです。

WX05では「WiMAXハイパワー」という、電波が弱い時に送信パワーをあげて通信速度を改善させる機能が追加されている点が最新機種の利点といえるでしょう。

ただし、WX05のキャッシュバック金額はWX04と同じで、さらにクレードル付きを選択するとキャッシュバック金額はWX04よりも低くなります。

このことから、「ほぼ性能の変わらない旧型機でも構わない」という方ならば、キャッシュバックとクレードルの両方が手に入るWX04を選んだほうがいいでしょう。

一方、キャッシュバックよりも最新のポケットWiFiがいいという方はWX05や通信速度が最速のW05を選んだほうが後悔しません。

最新機種かキャッシュバックか、自分のに合った方を選びましょう!

なお、GMOとくとくBBは、申し込みを開始するページでキャッシュバック金額が異なることがありますので、必ず以下の専用ページから申し込むようにしましょう。

【GMOとくとくBB WiMAX2+ 公式ページ】:https://gmobb.jp/wimax/