(2019年3月更新)

ネット回線の先生ネット回線の先生

2019年3月現在、GMOとくとくBBが1番お得に利用できるWiMAX2+プロバイダーです。
ここではWiMAX2+主要プロバイダーで発生する料金をすべて比較した結果をお伝えしています。

最安のWiMAX2+ギガ放題接続サービスは?月額料金・価格を比較

こちらはWiMAX2+主要プロバイダーのギガ放題接続サービスの契約期間(3年)内に発生する料金をすべて合計した金額を比較した表です。

3年契約(3年契約がない場合は3年契約に換算)して、初期費用+月額利用料金からキャッシュバックや月額料金割引など特典を引いた実質費用となります。WiMAXのギガ放題プランをおトクに利用できるプロバイダーを選ぶ時には、初期費用・月額費用・キャッシュバック金額などを考慮した実質的な費用で比較することが重要です。

No.会社名実質合計金額(3年)ギガ放題(3年)
月額料金の合計
特典事務手数料 
1GMOとくとくBB WiMAX2+
GMOとくとくBB
¥118,160¥152,160キャッシュバック¥3,000
2DTI WiMAX
DTI WiMAX
¥124,840¥127,840キャッシュバック¥3,000
3
So-net
¥124,880¥121,880月額料金割引¥3,000
4BIGLOBE WiMAX¥129,310¥156,310キャッシュバック
月額料金割引
¥3,000
5BroadWiMAX
¥134,352¥112,495初期費用割引¥3,000
7UQ WiMAX¥161,508¥158,508¥3,000
8ヤマダ電機¥164,628¥161,628¥3,000
9ビックカメラ¥166,680¥163,680¥3,000
※当ページの内容は毎月更新していますが、正確な情報は必ず各社のWiMAX公式サイトで確認してください。

今月もGMOとくとくBBの高額キャッシュバックが目立っていて、これによって3年間の実質的な費用の合計も1番安くなります。
2019年3月時点のオトクなWiMAX2+プロバイダーはGMOとくとくBBと言えそうです。

※GMOとくとくBBは、申し込みを開始するページでキャッシュバック金額が異なることがありますので、必ず以下の公式ページから申し込むようにしましょう。

【GMOとくとくBB WiMAX2+ 公式ページ】:https://gmobb.jp/wimax/

 

実質負担で最安のギガ放題を提供するGMOとくとくBB

GMOとくとくBBのギガ放題接続サービスの料金(2019年3月)

1か月~2か月目:3,609円×2か月=7,218円

3か月目~36か月目:4,263円×34か月=144,942円

キャッシュバック:▲37,000円

事務手数料:3,000円

実質料金:118,160円 → 1か月あたり約3,282円

※上記は当サイトによる試算です。正確な料金はGMOとくとくBBの公式サイトで確認をお願いします。また、上記はキャッシュバック金額の1番高い「W05」を3年契約で契約した場合で計算しています。

 

冒頭の比較表の通り、当サイトの調べでは、WiMAX2+のギガ放題接続サービスの最安値プロバイダーはGMOとくとくBBでしたが、WiMAX接続サービスには様々なプロバイダーが存在しますので、本当にお得なプロバイダーを探す時にはこのような試算式(3年間の支払料金からキャッシュバック金額を差し引く)でぜひ計算してみてください。

※WiMAX2+には解約違約金やオプションプラン料金など他にも考慮しなければならない点もありますので注意しましょう。申し込み前にこちらのページなどで確認するようにしましょう。

 

キャッシュバック金額は選ぶ機種により異なる

これは非常に重要な注意点となりますが、GMOとくとくBBでは申込時に選んだ機種によりキャッシュバックの金額が異なります。

それぞれのキャッシュバック金額は以下の通りです。

2019年3月とくとくBBキャッシュバック詳細

一番高いのはW05。下り最大通信速度以外の基本的な性能は最新機種のW06と大差ないので、選んで後悔するということもありません。
同じキャッシュバック金額とは言え、最新機種であるW06の場合はクレードル無し、WX05ならクレードル付きで32,100円のキャッシュバックという点はニーズが分かれるところでしょう。

「ほぼ性能の変わらない旧型機でも構わない」という方ならば、クレードル月でもキャッシュバック金額が高いWX04を選びましょう。

一方、クレードルはいらないという方や、最新機種に魅力を感じる方はW06を選べば後悔しません。


W06は2019年1月に発表された最新型ポケットWiFi。
w06画像


通信速度がW05より大幅に進化し、下り最大1.2Gbpsと光回線と同等の爆速となりました。
※ハイスピードプラスエリアモード、且つハイパフォーマンスモードおよび4×4MIMO設定オンで、USB3.0以上対応のType-Cケーブルで接続の場合。

大げさかもしれませんが、W06は持ち運びできる光回線とも言えるでしょう。

キャッシュバックよりも、「最新機種」「超高速通信」などに魅力を感じる方にはW06が絶対にオススメです。

最新機種かキャッシュバックか、自分に合った方を選びましょう!

なお、GMOとくとくBBは、申し込みを開始するページでキャッシュバック金額が異なることがありますので、必ず以下の専用ページから申し込むようにしましょう。

【GMOとくとくBB WiMAX2+ 公式ページ】:https://gmobb.jp/wimax/