こちらの記事では、自宅に設置するwifiルーターを選ぶポイントと、コストパフォーマンスの良いwifiルーターについて解説しています。

自宅の固定回線でwifiを使うときに欠かせないのが、回線をワイヤレス化する自宅用のwifiルーターです。
ですが、自宅用wifiルーターといってもいろんな種類があるので、「どれを選べばいいの?」「どう違うの?」と迷ってしまう方もいると思います。

そこで、自宅用のwifiルーターの違いや選び方を知って、最も適切なwifiルーターを選べるようにしましょう!


自宅用wifiルーターを選ぶポイント

部屋の間取りに合わせよう

最も簡単に自宅用wifiルーターを選ぶ方法は、部屋の間取りに合わせて選ぶというものです。
wifiルーターの箱やメーカーの公式サイトには、どのくらいの間取りに合わせて作られているかという目安が書かれています。
「3LDK向き」「4LDK向き」など、自分の家の間取りと同じ間取りが書かれたwifiルーターを選べば、ある程度自宅全体をカバーできるでしょう。

ですが、wifiルーターに書かれている間取りは、あくまでも目安であることに注意が必要です。
「3LDK向き」と書かれていても、自宅の構造、壁や扉の材質によっては、家全体にwifiが届かないこともありえます。

反対に、「4LDK向き」と書かれたwifiルーターを3LDKの住宅で使うことには問題がありません。
広い間取りに対応できるように作られているwifiルーターは、狭い間取り用に作られたものよりも高性能なので、自宅よりも広い間取りをカバーできるwifiルーターを購入することはおすすめできます。

高性能なwifiルーターはより遠くまで電波を飛ばすことができますし、速度も遅くなりにくいという特徴があるからです。

ルーターを置く場所にも注意

wifiルーターの性能を十分に発揮させるためには、自宅のどこにルーターを置くかという点もとても大切なポイントです。

前の項目でご紹介したように、wifiルーターは対応する間取りをカバーできるように作られていますが、メーカーは「ルーターを家の中央に設置したとき」という条件を前提としています。
そのため、家の端のほうにルーターを置いてしまうと、ルーターの設置場所から距離がある部屋にwifiが届かなくなってしまうのです。

ただし、「家の中央にルーターが置けない…」ということもあると思います。
そういう場合は、自宅よりも広めの間取りをカバーできるwifiルーターを買ったほうが良いでしょう。
例えば、3LDKの家の端にルーターを置くのであれば、4LDK以上をカバーできるルーターを買ったほうが、wifiが届く面積が広くなります。

また、wifiの電波はルーターから離れれば離れるほど弱くなるので、インターネットをよく使う場所の近くにルーターを設置するのがおすすめです。
もしくは、ルーターから離れても通信速度が十分になるように、上のランクのルーターを購入しても良いでしょう。

通信規格をチェック

wifiはいくつかの通信規格に分かれていて、通信規格によってそれぞれ特徴が違っています。
性能を理解してからwifiルーターを選びたいなら、通信規格もチェックしておく必要があるでしょう。

wifiの通信規格にはたくさんの種類がありますが、家電量販店などで購入できるwifiルーターは、次の2つの規格に対応しているものがほとんどです。

通信規格 周波数 特徴
11ac/n/a 5GHz 壁や扉などの障害物に弱い

他の電波からの干渉を受けにくい

11n/g/b 2.4GHz 障害物があっても届きやすい

他の電波による干渉を受けやすい

wifiルーターとしてより新しいのは、高速通信ができる11acモデルで、その他の古い通信規格にも対応しているため安心して使えます。
11nモデルのルーターは価格が安いですが、11acに対応している機器に接続しても、通信速度が遅くなるという点がデメリットでしょう。

おすすめのwifiルーターは11acモデルで、より広い範囲にまで電波を届けてくれる「ビームフォーミング」に対応しているものです。

速度にこだわるならアンテナ数も重要

wifiの通信速度にこだわりたいのなら、wifiルーターのアンテナ数にも注目してみましょう。
wifiルーターにはアンテナが付いていますが、アンテナの数が多くなるほど通信速度が速くなるからです。

メーカーの記載では、「ストリーム」という形式でアンテナの数を明記していて、「2ストリーム(2×2)」と書かれていたら、受信アンテナ2本、送信アンテナ2本によってデータの送受信を行っているということになります。

アンテナによるデータ通信は、「MIMO」と「MU-MIMO」という通信技術によって行われています。
「MIMO」は複数のアンテナを使ってデータ通信を行う技術で、とても速い通信速度を誇りますが、複数の機器と接続することができませんでした。
一方、「MU-MIMO」では、複数のアンテナで通信を行いながら、たくさんの機器と同時に接続することができるようになったのです。

結果的に、自宅用のwifiルーターを選ぶときには、「MU-MIMO」という通信技術を使ったルーターを選ぶのが良いでしょう。

コスパ抜群のwifiルーターをチェック!

自宅用のwifiルーターを選ぶときには性能も大切ですが、コスパが高い商品を選ぶことも大切です。
そこで、今販売されているwifiルーターの中で、一番コスパに優れている商品はどれなのか、という面から比較してみたいと思います。

 

  参考価格 対応範囲 最大速度 通信規格
I-O DATA WN-G300R3 3,600円 3LDK/2階建 最大300Mbps 11n/11g/11b
BUFFALO WSR-300HP 4,300円 1R 最大300Mbps 11n/11g/11b
BUFFALO WHR-1166DHP4 5,780円 3LDK/2階建 最大866Mbps 11ac/11n/11a/11b
NEC Aterm WF1200HP2 6,680円 4LDK/3階建 最大867Mbps 11ac/11n
NEC Aterm WG2600HP 21,041円 4LDK/3階建 最大1733Mbps 11ac/11n

上の表で比較してみると、一番コスパが高い自宅用wifiルーターは「BUFFALO WHR-1166DHP4」になるのではないでしょうか。
「BUFFALO WHR-1166DHP4」は、価格は5,780円とリーズナブルですが、3LDKの2階建てまでの範囲に対応していて、通信速度も決して遅くはありません。
そして、4つの通信規格に対応しているので、たくさんの機器に接続できるという点が魅力です。

もちろん、wifiルーターの使い方や求めるものによって、コスパが良いと感じるルーターは変わってくると思います。
できるだけ通信速度が速いほうが良いという場合は、「NEC Aterm WG2600HP」が一番おすすめのルーターです。
また、通信速度が速くなくても広い面積でwifiを受信したいという場合は、3,600円で購入できる「I-O DATA WN-G300R3」が一番コスパの良いルーターとなるでしょう。

一般的な使い方であれば「BUFFALO WHR-1166DHP4」が使いやすいですが、上の表から費用対効果を考えて、ご自身の求めるルーターの条件を最も満たしてくれるものがベストな選択となります。