レンタルwifi完全比較!一番オススメのレンタルwifiはコレ!

一番オススメのレンタルwifiとは?

限られた期間内だけwifiを使いたいというときに便利なのがレンタルwifiです。リーズナブルな価格で好きな期間だけ使うことができてとても便利ですが、レンタルwifiはどのように選ぶべきなのでしょうか?

こちらの記事では、レンタルwifi業者ごとの比較をしながら、レンタルwifiの選び方について解説していきます。


レンタルwifi徹底比較!お得でおすすめなレンタルwifi会社をご紹介

レンタルWiFi料金比較表

レンタルwifi会社の特徴

TRE mobile RENTAL

TRE mobile RENTAL
TRE mobile RENTALは、1ヶ月レンタルで1日あたり174円のレンタル料となっていて、長期間に渡って格安でレンタルwifiを使いたいという方にピッタリ。受け取り方法も通常便、超速便、バイク便など、希望に合わせて選べます。支払い方法に代引きが用意されていることも特徴でしょう。

88mobile

88mobile
88mobileは、端末費用無料、解約違約金なし、契約の縛りなしと、柔軟性が高く使いやすいレンタルwifi。海外wifiレンタルもリーズナブルな価格で用意しているので、海外で安くwifiを使いたいと考えている方にもおすすめです。

ネットエイジ

ネットエイジ
ネットエイジは平日17時までの申込みで、最短翌日にレンタルwifiを使い始めることができます。急に決まった出張や入院にも対応できるので、非常に便利に使えるレンタルwifi業者です。さらに、店頭受取を使えば当日の受渡しも可能。法人の場合は、バイク便でも当日受渡しサービスが使えます。

WiFiレンタルどっとこむ

WiFiレンタルどっとこむ
WiFiレンタルどっとこむは受取や返却が空港カウンターでできるので、海外での使用でもとてもスムーズです。ポスト返却にも対応しているので、引越し先など国内での利用も簡単。13時までの申込みで当日発送されるので、すぐにレンタルwifiが必要という方にもぴったりです。

e-ca

e-ca
e-caは、全国各地の空港で受取と返却が可能で、旅行のときにも手軽に利用することができるレンタルwifiです。もちろん、ポスト返却にも対応しているので、自宅や仕事で使う人にとっても便利。オプションサービスも充実していて、モバイルバッテリーなら無料でレンタル可能です。

WiFiレンタルサービス

WiFiレンタルサービス
WiFiレンタルサービスは、利用料金が業界最安値基準に設定されています。事務手数料やデータ通信量、契約解除料などが全て無料で、送料も往復870円という安さ。データ容量無制限のWiMAXが人気を集めています。

Wifi Peace

Wifi Peace
Wifi Peaceは初期費用、送料、手数料などが全て0円で使い始められるので、手軽にwifiをレンタルしたいという方におすすめです。レンタルは1日から可能ですが、半年以上の長期間レンタルでの料金設定もあるので、自宅の固定回線代わりに使いたいという方にもピッタリでしょう。

JAPAN WiFi RENTAL

JAPAN WiFi RENTAL
JAPAN WiFi RENTALは、データ容量無制限のプランを用意していて、外国人旅行者の利用も多いレンタルwifi。返却はポスト投函でOKなので、国内のどこからでも返却することができて便利です。空港内郵便局での受取も可能で、海外からの旅行客の利用がメインになっているようです。

WiFiレンタル本舗

WiFiレンタル本舗
WiFiレンタル本舗では1日単位のレンタルで、業界最安値級の利用料金という安さが特徴。当日発送は16時までの申込みまで可能なので、すぐにwifiを使いたい人におすすめです。故障や水没などに備えて、安心補償サービスもオプションとしてつけることができます。

WiFiレンタル屋さん

WiFiレンタル屋さん
WiFiレンタル屋さんはリピート希望率98.8%を誇る人気のレンタルwifi専門店で、発送前に検品や充電を徹底している品質の高さ、カスタマーサービスの充実度が特徴。また、空港受取やポスト返却にも対応しているので、レンタルの煩わしさがありません。

グローバルモバイル

グローバルモバイル
グローバルモバイルは海外で使うwifiに強い業者で、アロハデータ、オージーデータ、ベトナムデータ、台湾データなど、様々な国に対応可能。もちろん国内のwifiレンタルにも対応していて、端末故障時に代わりの端末を即日発送するなど、サポート体制も充実しています。

ププル

ププル
ププルは通信機器全般のレンタルを提供している業者で、30年以上の歴史を持ち、レンタル実績は10万件にも登ります。国内用、海外用の両方のレンタルwifiを用意していて、都内であればバイク便での当日受渡しも可能。オプションサービスも充実しています。

WIFI-HIRE

WIFI-HIRE
WIFI-HIREは、1日から1ヶ月以上まで、幅広い期間のwifiレンタルに対応している業者です。英語、中国語、日本語に対応できるオペレーターがコールセンターに常駐しているので、海外からの旅行者の方でも安心して使えます。

【レンタルwifiの選び方その1】回線で選ぶ

wifiをレンタルできる会社はたくさんありますが、まずはWiMAX2+とLTEのどちらの回線を使うかということから決めていきましょう。

WiMAX2+

WiMAX2+はUQコミュニケーションズという会社が提供しているインターネットサービスで、LTE回線の種類のひとつです。ですが、LTE回線とは違う仕組みでインターネット通信をしているので、LTE回線とは少し特徴が異なっています。WiMAX2+はLTE回線よりもつながる場所が限られていますが、その分、データ容量の制限がないのでインターネットを好きなだけ使うことができます。

メリット

  • ギガ放題プランであればデータ容量の制限がない
  • 速度制限がかかる心配がない

デメリット

  • 山間部ではつながらないことがある
  • コンクリートや壁などの障害物に弱い

LTE

LTEというのは携帯電話やスマホに使われているモバイル端末用の通信方法で、国によって与えられた電波を使って通信をします。WiMAXよりも障害物に強く、つながりやすいですが、国によって通信に制限がかけられているので、使いすぎると速度制限がかかって通信が遅くなってしまいます。

メリット

  • 屋内や障害物がある場所でもつながりやすい
  • 通信できる対象エリアが広い

デメリット

  • データ容量に制限がかけられている
  • 速度制限がかかるとほぼ通信できない遅さになる

【レンタルwifiの選び方その2】通信会社で選ぶ

wifiサービスを提供している会社の中でも、Y!mobile、WiMAX、au、Softbankは特に知名度が高い会社です。それぞれの通信会社によって特徴があるので、レンタルwifiを選ぶときには、どの通信会社のwifiを使いたいかという点で選ぶことも大切です。

データ容量の制限がないインターネット使い放題プランを選びたいということであれば、WiMAXかauがおすすめです。Y!mobileとSoftbankは使い放題プランがありません。

【レンタルwifiの選び方その3】エリアで選ぶ

レンタルwifiを選ぶときは、使う場所が通信エリアの範囲内に入っているか確認してから申込むようにしましょう。

国内での使用

街中では特に問題ありませんが、wifiサービスはそれぞれ対応しているエリアが異なっています。例えば、同じ都道府県の中でも、つながるエリアとつながらないエリアは必ずあるのです。特に、山間部や沿岸部など、人口が少ないエリアでは通信がつながるかどうかを事前に確認してください。

海外での使用

海外での使用では、国によってはレンタルwifiが対応していない地域があります。アメリカ、ハワイ、イギリス、イタリア、インドネシアなど渡航客が多い地域では多くのレンタルwifiが対応していますが、タヒチ、トルコ、モルディブなどの地域では、レンタルwifiが対応しているかどうかを必ずチェックしましょう。

【レンタルwifiの選び方その4】使用用途で選ぶ

最後に、レンタルwifiをどのようなシーンで使うのか、という点も選び方のポイントのひとつとなります。レンタルwifiが必要になるシーンとしては、ビジネスや旅行、引越し、入院などがあると思いますが、それぞれのシーンでwifiの使い方は違ってくるでしょう。wifiの回線や通信会社、対象エリアなどの特徴を知って、それぞれのシーンでどのwifiが一番合っているのかということを見極めていきましょう。

ビジネス

ビジネス用途であれば、大容量の動画や音楽などのデータを通信することはありません。ウェブ閲覧をする、調べ物をする、などの用途だけであれば、データ容量に制限があるレンタルwifiでも十分実用に耐えられそうです。

ただし、画像などのデータを取り扱う場合や、オンラインストレージのファイルに頻繁にアクセスしなければならない場合は、7GB程度のデータ容量ではすぐに速度制限がかかってしまうでしょう。ビジネス用途では、取り扱うデータの大きさやインターネットへのアクセス頻度を考えることが大切です。

旅行

旅行先では地図アプリを使ったり、周辺施設を検索したりと、意外とインターネットを使う機会が多いと思います。データ容量制限のあるレンタルwifiでは、旅行の途中に速度規制がかかってしまうことも考えられるでしょう。

ただし、旅行先が山間部や人の少ない場所であった場合は、対応エリアの狭いwifiでは可能性もあります。旅行で使う場合には、旅行先がwifiの対応エリアに入っているかどうかを確かめて、データ容量の多いものを選びましょう。

引越し

引越しでレンタルwifiを使う場合は、長期間の日常使用にレンタルwifiを使用するので、データ容量制限のないタイプがおすすめです。引越しをした後の日常使用であれば、動画を見たり、ストリーミングで音楽を再生したりなど、大容量のデータを扱うことがあるからです。

住宅街などの人の多い地域では、wifiがつながらないということもほとんどないでしょう。引越しで利用するときには、無制限か、なるべくデータ容量の多いレンタルwifiを選ぶのがおすすめです。

入院

入院のときにレンタルwifiを使う場合、特にすることもない入院中、動画をたくさん見てしまうという方も多いもの。引越しのときと同じ様に、インターネットが使い放題になるレンタルwifiを選ぶのがおすすめです。

ただし、2~3日の短期間の入院であれば、データ容量の制限があるリーズナブルなレンタルwifiを選ぶのもひとつの方法だと思います。入院期間がどのくらいの長さになるのかということを考えて、レンタルwifiを選びましょう。

【レンタルwifiの選び方その5】使用期間で選ぶ

レンタルwifiを選ぶときは、実際に使用する期間を考えて選ぶことも欠かせません。

1日しか利用しないのであれば、1日単位で借りられるレンタルwifiを利用したほうが、無駄な料金が発生せずに済むでしょう。また、反対に長期間利用したいのであれば、長期間の利用で料金が割引されるシステムのレンタルwifiを使ったほうがお得です。

レンタルwifiを提供している業者によって、利用料金の体系はそれぞれ違っているので、レンタルwifiを使いたい期間をはっきりとさせて、一番お得に使えるところを選択した方が良いと思います。

【レンタルwifiの選び方その6】受け取り場所で選ぶ

端末を受け取れる場所は業者によって違うので、受け取ることができる場所を把握して、一番便利に使えそうなレンタルwifiを選んでください。

例えば、自宅で使うだけなら宅急便で送ってもらっても良いのですが、旅行のときに使うのであれば空港で受け取れるレンタルwifiの方が手間がかかりません。空港で端末を受け取って、空港で返却することができれば、余計な荷物を増やすこともなく、簡単にレンタルwifiを利用できるでしょう。

レンタルwifiを使う場所を考えて、受取や返却がスムーズにできると思われるところを選ぶのも一つの方法です。

レンタルwifiで一番おすすめなのはWiFiレンタルどっとこむ

もちろん、条件次第でおすすめできるレンタルwifiは変わりますが、お得さと便利さの両方を兼ね備えているのが「WiFiレンタルどっとこむ」でしょう。

その理由は、1日単位からレンタルできることと、短期間でもレンタル料金が1日378円と安いことです。さらに、受取は空港と宅配便から選ぶことができて、返却も空港返却とポスト返却の2種類から選ぶことができるので、より便利な方を選ぶことができます。

送料は受取時の手数料として片道540円となっていますが、他のレンタルwifiと比べても高いわけではありません。返却時の送料はポスト返却であれば片道510円となるので、少しだけ送料を安くすることもできるでしょう。

キャンペーン期間中はモバイルバッテリーの無料レンタルサービスを受けることもできて、お得さと便利さのバランスが良いのがWiFiレンタルどっとこむです。