【今すぐチェック】Wi-Fiのセキュリティは大丈夫?安心して使うための方法を紹介!

Wi-Fiのセキュリティを守るためのポイントを徹底解説!

インターネットを利用する上で、セキュリティは非常に重要です。

通常の接続方法だとWi-Fiにはセキュリティが設定されていないため、自分の契約している回線であっても、電波が届けばほかの人が利用してしまうことも可能ですし、インターネット回線でやり取りしているデータの内容を読み取られてしまうこともありますので、しっかりセキュリティを確保した上で使用しなければなりません。

こちらでは、Wi-Fiにセキュリティが必要な理由やセキュリティ設定の方法など、より安全にWi-Fiでインターネットを使用する方法についてご紹介しています。

現在Wi-Fiサービスを使用しているけれど、セキュリティについて気にしたことがないという人、これからWi-Fiの導入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。


便利なWi-Fiに潜むリスク

Wi-Fiにはさまざまなサービスがありますが、私達が使用するにあたりとても便利だと思うものとして、駅やカフェなどにおいて無償で提供できる「フリーWi-Fi」が挙げられます。

フリーWi-Fiはその名の通り、誰でもアクセスして使用することができるようになっているので、データのやり取りが暗号化されません

そうなると、自分がインターネットでやり取りしているデータを第三者が読み取ることができてしまうので、さまざまな点でとても危険です。こうした公衆のフリーWi-Fiは、災害時などよほどの場合を除いては、積極的に使用しないほうがよいでしょう。

しかし、こうした暗号化されていないWi-Fiは、スマホなどを使用していると自分で接続するつもりがなくても、勝手に接続されてしまう場合があります

スマホの設定画面でWi-Fiのプロファイルを見てみると、フリーWi-Fiで「暗号化:None」と表示されているプロファイルが出てくることがあります。

これは、データが暗号化されない、セキュリティが全くかかっていないWi-Fiであるということですので、こうしたWi-Fiにはできるだけ接続しないことが望ましいのです。

勝手に接続されることがないように、スマホ側の設定を変更しておくことをおすすめします。

Wi-Fiにセキュリティが必要な2つの理由

不正アクセスを防止する

Wi-Fiにセキュリティが重要となるもっとも大きな理由は、自分が行っているデータのやり取りに不正アクセスされてしまうことを防ぐためです。

不正アクセスされてしまうと、例えばネットショッピング中であればクレジットカード情報を抜き取られてしまうことがありますし、SNSにログインするためのアカウントやパスワードを抜き取られ、乗っ取られてしまうこともあります。

SNSアカウントが乗っ取られてしまうと、自分だけではなくつながっている友人や知人に迷惑がかかってしまうかもしれません。

ほかにも、大切な機密情報を扱っているメールのデータを見られてしまうなど、非常に危険です。仕事で使用しているスマホやパソコンなどは特に、フリーWi-Fiなどを使用しないように注意したいですね。

ネット回線の無断使用を防ぐ

自分でWi-Fiサービスに加入してインターネットを使用する場合、データを暗号化する設定にしておかないと、自分の回線を他人に使われてしまいます

Wi-Fiはセキュリティが確保されていないと、電波さえ届けば誰でもどこからでも接続してインターネットを利用できてしまいますので、月額料金を支払って利用しているサービスを、まったく知らない人に使われてしまうのです。

ほかの人に使われてしまうと帯域が狭くなって速度も遅くなってしまいますので、自分の利用にも大きく影響してきます。

このように、他人の使用している電波を勝手に使用することは犯罪なのですが、先にご紹介したように、勝手につながってしまう場合もあるので気をつけようがない場合もあります。

今すぐチェック!Wi-Fiのセキュリティで大事な3つのポイント

Wi-Fiルーターの管理パスワードを変更

Wi-Fiに接続するためのルーターには、「SSID」というものを設定することができます。

SSIDとは、Wi-Fiのアクセスポイントの識別を行うためのIDです。SSIDの設定されたWi-Fiに接続するためには、パスワードを入力するように設定できます。

パスワードを設置せずにSSIDを使用することもできるのですが、設定をしておくことで、ひとつのセキュリティが確保され、第三者が勝手に自分のWi-Fi回線を使用することはできなくなります。

これは自動的に設定されているものではなく、ルーター到着後に自分で設定するものになりますので、インターネットを利用する前に必ず設定しておきましょう。

ちなみに、SSIDは個々のルーターに設定されている番号になりますが自分の好きな名前に変更することも可能です。

スマホでWi-Fiのアクセスポイントを見てみると、人名などでアクセスポイントが表示されているものがあると思います。それが、個々でSSIDを自由に設定しているものになります。

設定方法については各メーカーが提供しているルーターの説明書を見れば詳しく書いてありますので、初めての人でもさほど苦労することなく設定できるでしょう。

セキュリティレベルの高い暗号方式で通信する

Wi-Fiでは通信するデータを暗号化させることができます。この暗号化についてはルーターの機種によっていくつかの種類があり、セキュリティレベルもそれぞれ異なります。

設置しているWi-Fiルーターと、使用する端末(スマホやパソコンなど)で共通の暗号化方式を設定する必要がありますので、何に対応しているかをそれぞれ確認してください。

暗号化方式には「AES」、「TKIP」「WEP」といった種類があり、例えばWi-Fiルーターはこれら3種類すべてに対応していたとしても、端末が「AES」と「TKIP」の2種類にしか対応していないという場合があります。

その場合は、「AES」か「TKIP」どちらかの暗号化方式を使用しなければならない、ということです。

ちなみに、「AES」、「TKIP」、「WEP」の3種類のうち、もっともセキュリティレベルが強いのは「AES」です。その次が「TKIP」、その次が「WEP」という順番になります。

そのほか、さらにセキュリティレベルの強い「VPN」という通信方式で接続するという方法もあります。VPNはWi-Fiで使用できるセキュリティソフトで、VPNで暗号化されたデータは解読に数年かかるともいわれていて、高いセキュリティを確保できます。

ファームウェアを最新の状態にアップデートする

Wi-Fiでの通信を行う上で、セキュリティはとても重要になりますので、多くのメーカーがさまざまなセキュリティシステムを開発しています。

しかしそれと同じように、データを抜き取ろうとする側もさまざまな手を使って不正アクセスを使用としてきますので、いたちごっこのような状態です。

しかし、ルーターを提供している各メーカーはこうした新しいサイバー犯罪に対応できるよう、随時「ファームウェア」と呼ばれるソフトウェアを提供していて、インストールすることでルーターのセキュリティレベルが向上します。これらのファームウェアを都度最新の状態にしておくことでも、一定のセキュリティを保つことができるでしょう。

ルーターによっては、インターネットにつながっていれば、自動的にファームウェアのアップデートをしてくれるモデルもあるようですので、あまりパソコンに詳しくない人は、このようなモデルを選ぶとよいかもしれません。

Wi-Fiのセキュリティに関する口コミ

まとめ

Wi-Fiを快適に、安心して利用するために、セキュリティがどれだけ重要かということがおわかりいただけたでしょうか。

セキュリティの確保は自分で行なわなければなりませんが、難しいものではないので必ずWi-Fi導入時に設定しておくようにしましょう。

WiMAX2+のおすすめランキング!

1位 GMOとくとくBB

とくとくBBロゴ

業界最高水準キャッシュバックで、どこよりも安く利用できる



2位 BIGLOBE

biglobeロゴ

口座振替でもキャッシュバックがもらえる



3位 Broad WiMAX

ブロードロゴ

WEB申込なら初期費用18,857円が無料