【ワイモバイル】ポケットWiFiのアドバンスモードって何?詳しく解説します

ポケットWiFiのアドバンスモードについて解説!

どこでもインターネットが利用できるポケットWiFiのサービスは、スマホとパソコンを並行して使えることから利用者が増えてきています。利用を開始する中で、インターネットに不慣れな人が悩むのが料金プランや回線の種類。速度やデータ容量など、いろいろな項目がありますので、どれを選べばよいのかわからないという人も多いようです。

代表的なものとして「アドバンスモード」が挙げられます。アドバンスモードとはどんな通信をするものなのか?選択することでどのようなメリットがあるのか?ホームページを見ただけではわからないという人もいるでしょう。

そこでこちらでは、ポケットWiFiのサービスの中でも「アドバンスモード」に焦点を当て、その内容やどういった人が利用するのに適しているかなどを、掘り下げていきたいと思います。


アドバンスモードとは

アドバンスモード」は、ポケットWiFiのサービスを提供している事業者「ワイモバイル」で使用できるポケットWiFiのルーターで使える通信のモードのことを指します。

ワイモバイルで提供しているすべてのWi-Fiルーターで使用できるというわけではなく、対応しているルーターでのみ利用可能です。アドバンスモードでは、「AXGP」と「TDD-LTE」という2つの通信方式を利用して、無制限に通信できます。

ちなみに標準モードでは、「3G」と「LTE」、「AXGP」という通信方式で通信を行ないますが、データ容量が7GBを超えてしまうと、通信速度が128kbpsに制限されてしまいます。スマホを利用していて、通信制限がかかってしまったことがあるという人も多いのではないでしょうか。

体感してみるとわかりますが、通信速度が128kbpsになってしまうと、動画の視聴をスムーズに行なうことは難しいですし、ブラウザでのホームページ閲覧についてもかなりストレスを感じてしまいます。

アドバンスモードなら、データ容量が7GBを超えてしまっても変わらず高速通信ができますので、通信制限に邪魔されてしまうことなくインターネットを利用できるというわけです。普段からポケットWiFiを利用している人で、頻繁に通信するという人は、アドバンスモードだと快適に利用できますね。

アドバンスモードよりおすすめはギガ放題!GMOとくとくBBのWiMAXはこちら!

アドバンスモードが使う2つの通信方式

AXGP

アドバンスモードで利用できる通信方式のひとつ、「AXGP」は、すでに展開されていた通信方式を改良して開発された通信規格です。

通信を行なうための「小型基地局」と呼ばれる設備を数100メートルごとに設置し、基地局にアクセスが集中しないように利用者を分散させる「マイクロセル方式」という通信規格と、後述する「TDD-LTE」を採用した通信方式である「XGP」を改良して高速化させています。

AXGPはPHSを提供していたWILLCOMが開発した通信方式になりますが、2010年に経営破綻をしたことでソフトバンクグループの「WCP」という会社がXGPを継承し、AXGPの通信方式を提供するようになりました。

AXGPは、高い周波数を利用して通信しているため、容量の大きい通信を行なうことが可能です。しかし、ビルなどの障害物を避ける力が弱いため、電波の到達距離が短い点が特徴です。これは、屋内での電波状況を確保できず、電波の受信が弱くなりやすいということを意味しています。

TDD-LTE

TDD-LTE」は、AXGPに採用されている通信規格です。

上りと下りの通信に使用する周波数を調整することができるので、上りのアクセスが集中しているときは上りの周波数を増やし、下りに集中している場合は下りに増やすことで、他クセスが集中しすぎて帯域がいっぱいになり、通信障害が起きてしまうということを防げます。

ちなみに、通信の上りとはいわゆる「アップロード」を行なう通信のことで、メールを送信するときや、ファイルサーバーにファイルをアップロードするときに関係する通信です。それに対して下りは「ダウンロード」使用する通信で、ホームページにアクセスして情報を見るときや、ソフトをサーバーからダウンロードするときに使われる通信になります。

夜などインターネットのアクセスが集中する時間帯には、通信速度が遅くなったように感じることがありますが、TDD-LTEであれば上りと下りの周波数枠を調整することで、こうした通信の不具合が発生することを防げるというわけですね。

アドバンスモードよりおすすめはギガ放題!GMOとくとくBBのWiMAXはこちら!

アドバンスモードのメリットとは

データ量制限がない

アドバンスモードのメリットは、やはりデータ量の制限がないという点がもっとも大きいです。7GB以上の通信を行なっても通信制限がかからないので、いつでも快適にインターネットを利用できます。

動画配信サイトで映画などの動画をよく視聴する人は、あっという間に7GBを超過してしまうことがあり、その後通信制限がかかってしまうと動画をスムーズに見ることができません。オンラインゲームなども同様です。

アドバンスモードであれば、こうした通信制限がかかる心配がないので、いつでも高速通信を楽しむことができます。

ただし、アドバンスモードを利用する場合は先でご紹介しているAXGPやTDD-LTEの通信が可能なエリアでなければなりません。また、7GBを超えても通信制限がかかる心配はありませんが、3日間で10GBを超える通信を行なうと、その日の18時から日の1時までの7時間通信制限がかかってしまいます

アドバンスモードだからといって、まったくの無条件で高速通信が可能となるわけではないことは、覚えておいたほうがよいですね。

対象プランの加入で割引あり!

アドバンスモードは快適に通信を利用できる分、標準モードに加えて1,684円の料金を追加で支払う必要があります。しかし、ワイモバイルのポケットWiFiで対象となるプランに加入することで、1,000円の割引が入りますので、この場合は684円という手頃な料金でアドバンスモードが利用できるのです。

対象となるプランは「ポケットWiFiプラン2(さんねん)」、「ポケットWiFiプラン2(バリューセットライト)」、「ポケットWiFiプラン2(バリューセット)」の3プラン。これ以外のプランだと、通常の追加料金がかかります。

ただし、「ポケットWiFiプランL」というプランでは、アドバンスモードが無料で利用可能です。

アドバンスモードよりおすすめはギガ放題!GMOとくとくBBのWiMAXはこちら!

アドバンスモードの注意点

速度制限はある

アドバンスモードは通信制限がかからないサービスだと謳われていますが、先にご紹介した通り、3日以内に10GB以上の通信を行なうと、夜間帯の7時間程度通信制限がかかってしまいます。

ただし、よほど大量に通信を行なわない限り、3日で10GBを超えてしまうことはなかなかありません。ホームページを閲覧したり、SNSでメッセージのやり取りをする程度であれば通信制限がかかることはないので、一般的な利用であれば問題なく高速通信が可能だと考えてよいでしょう。

サービスエリアが狭い

アドバンスモードはAXGPやTDD-LTEを使用できるエリアでのみ利用できます。逆をいうと、対象エリア内でなければアドバンスモードは利用できないということです。

関東の都心部であれば対応していますが、山間部や地方になるとほとんど対応していないので、首都圏でのみ利用できるサービスに近いです。随時対応エリアの拡大を行なっているようですが、現段階では山間部での利用が難しいという点は覚えておきましょう。

料金は別途かかる

より快適な通信が利用できる分、当然ながら追加料金が発生します。

しかし、先にご紹介している通り、プラン内容によっては割引価格で利用できますし、無料で利用できる場合もありますので、利用用途とプランが一致する場合は、アドバンスモードの割引という観点からプランを選択するのもひとつの方法です。

仕事で大容量の通信を行なう人は、追加料金よりもアドバンスモードを利用できるほうがメリットが大きいということもあると思います。
アドバンスモードよりおすすめはギガ放題!GMOとくとくBBのWiMAXはこちら!

アドバンスモードはこんな人におすすめ

まず、アドバンスモードを利用するのに適している人は「大容量の通信を行なう人」です。自宅にインターネット回線を引いていないので、スマホもパソコンも、すべての端末で行なう通信をポケットWiFiで賄っているという人は、アドバンスモードのほうが快適にインターネットを利用できます。

最近は動画を視聴する人も増えていますし、オンラインゲームを楽しむ人も多いです。通信データの容量はかなり大きくなっていますので、アドバンスモードの利用を検討してみましょう。追加料金を支払っても、スマホと自宅のインターネット回線を含めた通信料と比較したら割安だというケースもあると思います。

データ量の多い通信を行なうことに加え、「首都圏での利用が多い」人が、アドバンスモードの利用に適している人です。通信料が多くても、山間部の場合はアドバンスモードが利用できないので、自宅にインターネット回線を引くほうが快適に利用できるかもしれません。

首都圏で利用することを前提に、通信料が多い人は、アドバンスモードの利用を検討してみるとよいでしょう。

アドバンスモードよりおすすめはギガ放題!GMOとくとくBBのWiMAXはこちら!

アドバンスモードに対応している端末

Pocket WiFi 603HW

Pocket WiFi 603HW」は、ポケットWiFiでアドバンスモードを利用できるWi-Fiルーターの中でもっとも新しい機種です。下りの最大通信速度は612Mbpsを誇り、Wi-Fiとは思えない高速通信の実現が可能です。

複数のデータを同時に通信することができる「4✗4MIMO」の機能や、情報を一度に通信させる「256QAM」といったさまざまな技術が詰め込められている、より快適にWi-Fiを利用できるルーターです。

連続通信時間は約6時間、省電力モードであれば8時間利用できるほか、重量も135gと軽量ですので、手軽に持ち運んで利用できます。同時に14台の端末を接続可能という点も特徴、スマホやパソコンなど、使用している端末をすべて接続する余裕があり、対応OSが幅広い点も特徴です。

Pocket WiFi 504HW

Pocket WiFi 504HW」は、2つの周波数をまとめて通信できる「キャリアアグリゲーション」に対応したWi-Fiルーターです。こちらにも「4✗4MIMO」の機能が搭載されており、より高速で快適な通信を実現します。

Wi-Fiの規格「11ac」に対応しているので、電波干渉に強く安定した通信を行なえる点が特徴です。電源を入れたら5秒で起動し、すぐにWi-Fiに接続するので、急いで通信をする必要があるときもストレスなく利用可能、仕事でWi-Fiを利用するという人に適しています。

連続通信時間は9時間と、最新機種よりもバッテリーのもちがよく、待受時間は900時間を誇ります。手のひらよりも小さいコンパクトなサイズなので、バッグに入れておいても場所を取りませんし、ポケットに入れて気軽に使える点も魅力です。

Pocket WiFi 502HW

Pocket WiFi 502HW」の特徴は、Wi-Fiルーターとしての機能に加え、テレビチューナーが内蔵されているという点です。テレビ機能を内蔵していない端末でも、Pocket WiFi 502HWと接続することでテレビの視聴ができるようになります。

テレビを視聴するためのアプリを無償で提供していますので、対応しているスマートフォンにインストールすれば、高画質のテレビ視聴が可能。映画ではなくリアルタイムでテレビが見たいという人におすすめのWi-Fiルーターです。

Pocket WiFi 502HWもキャリアアグリゲーションに対応しているので、帯域を確保して安定した高速通信を実現します。

アドバンスモードよりおすすめはギガ放題!GMOとくとくBBのWiMAXはこちら!

まとめ

最近はインターネットをひとつの回線にまとめて利用するという人が増えていますので、通信制限のないアドバンスモードを利用できるのは助かりますね。Wi-Fiルーターの形状も軽くてデザイン性が高いので、気分よく利用できる点も魅力です。

これからのインターネットライフをより快適にしたい人は、ワイモバイルのポケットWiFiサービス「アドバンスモード」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

アドバンスモードよりおすすめはギガ放題!GMOとくとくBBのWiMAXはこちら!