Wi-Fiの通信規格って何?詳しく解説!

Wi-Fiは、ビジネス目的やプライベート利用など様々な場所で活用できる無線接続システムとして生活に欠かせない存在になりました。

何気なく利用しているWi-Fiですが、実はいくつかの通信規格が存在し、その特徴やメリットは規格によって異なります。
Wi-Fiの規格の違いを把握しておくことで、さらに便利にW-Fiが活用できるようになるんです。

今回は、そんな日常生活に欠かせないWi-Fiの通信規格のことや、Wi-Fiの最新規格である「Wi-Fi6」と、その前の規格である「Wi-Fi5」との違いについて解説していきたいと思います。



そもそも「Wi-Fi」って何?おさらい

「Wi-Fi」はスマホの普及に合わせて認識も広まったため、単語だけは誰しも知っていることと思います。ですが、Wi-Fiとは一体何なのか、どんな仕組みなのか詳しく知らない人も多いはず。

Wi-Fi(ワイファイ)とは、パソコンやスマホなどのネットワーク接続対応機器を無線(ワイヤレス)で接続するための無線通信の規格の一種です。
「Wi-Fi Alliance」という団体から認証されているため、団体名からとって「Wi-Fi」と呼ばれています。

Wi-Fi通信が可能であることを示すためには、無線LANの接続方式である「IEEE 802.11(アイトリプルイー 802.11)」の規格に則っている必要があります。
規格に沿って通信ができることが団体から認証されれば、製品に「Wi-Fi対応」のロゴを表示することができます。

Wi-Fiは無線LAN通信そのものを指す言葉としても知られていますが、標準規格であるIEEE 802.11は使用する周波数帯や通信速度に応じてさらにいくつかの規格に分かれていきました。

Wi-Fiの「通信規格」とは?

Wi-Fiで使われている通信規格は、IEEE 802.11を軸としてさまざまなバリエーションに分かれており、現在のWi-Fi通信規格は、以下の通りです。

  • IEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)
  • IEEE 802.11ac(Wi-Fi 5)
  • IEEE 802.11n(Wi-Fi 4)
  • IEEE 802.11g

機器類に表記する際は、共通する「IEEE 802.」の部分が省略され、「11ax」「11ac」「11n」「11g」という風に後半部分だけ表記されています。

現在のWi-Fi最新規格は、2019年に提供が開始されたIEEE 802.11ax になります。

最近よく見る「Wi-Fi 6」って何?

上記のように数字とローマ字で表記されるWi-Fiの通信規格ですが、最近だと『何世代目のWi-Fi通信規格なのか』がわかりやすいように「Wi-Fi 6」「Wi-Fi 5」という風に言うことが多くなりました。

先ほど、2021年現在のWi-Fi最新規格は11axだと説明しましたが、この11axが「Wi-Fi 6」になります。
呼び名が変わっただけで、基本的には同じものというわけです。

少々ややこしいですが、ここでは「Wi-Fi 6=最新規格のWi-Fi」と覚えてもらえば大丈夫です。

Wi-Fiの「周波数」とは?

Wi-Fiの通信規格で大きく違ってくるのは、「最大通信速度」「周波数」です。
最大通信速度は、基本的に新しい規格になればなるほど速くなっていくため、深く考える必要はありません。

周波数は主に「5GHz帯」「2.4GHz帯」があり、それぞれにメリットとデメリットが存在します。

5GHz帯

5GHz帯は無線LAN専用の帯域のため、他の機器の電波が干渉しにくく安定した通信が特徴です
さらに5GHz帯は通信速度が速く、動画再生や大きなファイルの転送も2.4GHz帯に比べるとスムーズに行うことができます。

ただし、欠点として障害物に弱いという特徴があり、建物の壁や家具によって電波が遮られると繋がりにくくなってしまいます。

現在も使われている規格の「11ac=Wi-Fi 5」は、無線の周波数に5GHz帯しか使うことができません。

2.4GHz帯

2.4GHz帯は5GHz帯に比べ対応機器が多く、現在はほぼすべてのWi-Fi機器がこの周波数帯を使っています。

障害物にも強く、建物の壁や家具がある場所でも電波が届きやすくWi-Fiが途切れにくいため、屋内でインターネットに接続する際に活躍する周波数帯です。

2.4GHz帯の唯一のデメリットは、同じ周波数帯を使う機器が多いことによる混線です。
街中に出てみると、ほとんどのWi-Fi機器がこの周波数帯を使っているので、速度が低速化し繋がりにくくなることがあります。

この問題を解決するために5GHz帯が使われているのですが、5GHz帯にもそれなりの短所というものがあるので、二つの周波数を使い分けるなどして工夫をすると良いでしょう。

最新規格の「Wi-Fi 6」ってどんな規格?

「11ax=Wi-Fi 6」は、2019年に承認された最新のWi-Fi通信規格です。
従来の11ac(Wi-Fi 5)の1.4倍近い高速化に成功し、次世代の通信を担う規格として注目されています。

Wi-Fi 6の登場から数年経った今、すでに多くの製品がこの規格に対応しています。

Wi-Fi 6の特徴は、Wi-Fi5の強みはそのまま活かしつつ、効率性と柔軟性、拡張性を強化してアプリケーションの高速化を実現しています。

Wi-Fi 5の周波数は5GHz帯のみでしたが、Wi-Fi 6は2.4GHz帯と5GHz帯の両方を兼ね備えているため、Wi-Fiを使用するシーンや環境に合わせて柔軟に対応できるのがポイントです。

Wi-Fi 6は混雑に強い!

Wi-Fi 5とWi-Fi 6の圧倒的な違いは、ネットの繋がりやすさです。

最新規格のWi-Fi 6には「直交周波数分割多元接続(OFDMA)」という技術が採用されています。

OFDMAは、簡単に言えば一つのアクセスポイントを介して複数同時にデータを送受信できる技術です。

Wi-Fi 5に搭載されているOFDMという技術の場合、スマホ・PCなどの機器類からアクセスポイントへの送信は複数同時でも可能ですが、アクセスポイントから機器類への送信は1通信1つずつしかできないというものでした。

例えば5台同時に動画を見たいとしたときに、早い順に1台ずつデータを送信していくため、Wi-Fi 5は同時に接続する台数が増えるほどに通信が混雑し、繋がりにくくなるという問題が度々起きていました。

一方Wi-Fi 6は、双方の送受信を複数同時に行うことができるのが最大のメリットになります。

上記の例の場合、データを5台同時に送信することができるため、Wi-Fiを使用する台数が多数増えても安定して繋がりやすく、快適にネットを利用することができるというわけなんです。

Wi-Fi 6を使いたいときは端末の規格に注意

2021年現在、Wi-Fi 6に対応する無線LANルーターの種類もかなり多くなりました。
機種によっては2.4GHz帯と5GHz帯の帯域切り替えを自動で行う「バンドステアリング機能」が搭載されており、シーンに合わせてより快適にインターネットを利用することが可能となっています。

しかし、Wi-Fi 6に対応する無線LANルーターを買いそろえても、パソコンやスマートフォンなども同じくWi-Fi 6に対応していなければ高速通信を行なうことはできません。

機種によってはWi-Fi 5や、それ以前の規格にしか対応していないということも多いので、これからスマホやパソコンを買い替える予定の人は、スペックだけでなくWi-Fi 6に対応しているかどうかも併せて確認しましょう。

次世代Wi-Fi規格「Wi-Fi 6E」日本ではいつから利用できる?

Wi-Fi6が主流になりつつありますが、2020年1月にWi-Fi Allianceが新たなWi-Fi規格として「Wi-Fi 6E」を発表し、注目を集めています。

Wi-Fi 6Eの「E」は「拡張された(Extended)」からきており、実装されればWi-Fi 6の拡張版規格になるそうです。

Wi-Fi 6までは、周波数2.4GHz帯と5GHz帯を利用していましたが、Wi-Fi6Eでは新たに6GHz帯での利用が可能。
6GHz帯ではARやVRなどの大容量のデータ通信もサクサクできるとあって、世界的にも注目されています。

ただ、日本でのWi-Fi 6E利用はまだまだ先の話のようで、いつから利用できるかはまだ決まっていません。
早ければ2022年くらいには利用できるのではないかと予想されています。

今後もWi-Fi最新規格の動向に注目です。

「Wi-Fi 6」「Wi-Fi 6E」についての口コミ

まとめ

今回は、Wi-Fiの通信規格についていろいろまとめてきました。

Wi-Fiのベースとなる通信規格が誕生してから数年ごとに新しい規格が登場し、通信技術は日々飛躍的な成長を遂げています。今後もさらに進化したWi-Fi規格が登場していくことでしょう。

Wi-Fiを利用していて「なんだかネットが遅く感じるな」という人は、今使っている無線LANルーターや機器類がWi-Fi 6に対応しているかどうか確認してみましょう。

古い機種だとWi-Fi 6に対応していない可能性が高いため、今後機器類を買い揃える場合は、ぜひWi-Fiの規格にも注目してみてください。

また、これらから登場するであろうWi-Fi 6Eにも大いに期待したいですね。

WiMAX2+のおすすめランキング!

1位 GMOとくとくBB

とくとくBBロゴ

業界最高水準キャッシュバックで、どこよりも安く利用できる



2位 BIGLOBE

biglobeロゴ

口座振替でもキャッシュバックがもらえる



3位 Broad WiMAX

ブロードロゴ

WEB申込なら初期費用18,857円が無料