W05のクレードルについて

この特集記事では、WiMAX対応モバイルルーターであるW05のクレードルについて、その機能(有線・LAN接続や充電機能や価格)を紹介しならがクレードルの必要性について解説しています。

 

Wimax2+に対応するモバイルルータ「Speed Wi-Fi NEXT W05(愛称:W05)」は、最新のWiMAXモバイルルータとして人気を集めている端末です。(W05と他の端末との比較はこちらの記事も参考としてください。)

 

これからWiMAXの申し込み人でクレードルのセットを申し込むべきかについて迷っている人や既にW05を利用していてクレードルの追加購入を検討している人は参考にしてみてください。

 

W05は、現時点では最新性能のWimaxで、WiMAX回線に高速に接続できるのはもちろん、auのLTE回線にも対応しています。W05の少し前に発売された「WX04」の評判や口コミがあまり良くなかったこともあってWiMAXを利用する人の多くはW05を選ぶようになってきていますし主要なWiMaxのプロバイダーではW05を主力機種としています。

 

ちなみに「W05のクレードルは1,000円で買えるから後で買えばよい」という極端な記事を見かけることがありますが、クレードルの値段がそこまで下がるにはまだまだ時間がかかるのが実情です。クレードル同時申し込みを推奨するわけではありませんが、いい加減な記事には騙されないようにしましょう。


「W05」の基本スペック

最初にW05の基本スペックについて簡単に確認しておきましょう。

製品名:Speed Wi-Fi NEXT W05(通称:W05)

メーカー:HUAWEI(中国)

最大通信速度(上り):75Mbps

最大通信速度(下り):708Mbps

重量:約131g

サイズ:高さ130mm×幅55mm×奥行12.6mm

専用クレードル:有

対応通信規格:Wimax2+,au LTE(4G)

 

W05の性能の中で特に目立つのが通信速度です。下りの速度が速いのはもちろん、上りの速度がこれまでの端末より高速になっているのもW05の特徴と言えます。また、自宅でWiMAX接続を多用する人のために充電機能や有線接続(LANポート)があるW05専用のクレードルが用意されています。

 

続いて、W05のクレードルの基本スペックについて確認しておきましょう。

 

W05専用クレードルの基本スペック

W05のクレードルの基本スペックには特筆すべきことはありません。専用商品なのでW05にぴったり合うように作ってありますしデザインもすっきりしています。

  • 電源:DC 5V、1.8A
  • 消費電力:1W
  • 接続インタフェース:USB2.0
  • ETHERNETポート
  • サイズ:約130(W) x 31.8(H) x 53(D) mm
  • 重量:約75g

※USBケーブル・ACアダプタは同梱されていません。(←通常はW05本体に同梱されているため)

 

W05専用クレードルの型番

W05のクレードルの型番は「HWD36PUA」です。クレードルを中古やネットショップなどで購入する場合、間違えないように注意してください。

 

W05のクレードルの特徴

W05 クレードル外観

クレードルとは自宅でWiMAXを利用するときのモバイルルーター端末の置き場所になるものです。WiMAXの各端末のクレードルには「充電機能」と「有線接続機能」の2つが基本的に搭載されていますので、クレードルを充電コンセントに繋いでおけば、帰宅時にW05をクレードルにセットすることで充電しながらネット接続できるようになります。

また、クレードルによっては、独自の機能が搭載されることもあります。W05のクレードルにも1つ独自の機能がありますので、W05のクレードルには以下の機能が搭載されていることになります。

  1. 充電機能
  2. 有線接続
  3. 自動ハイパフォーマンスモード切替機能(独自機能)

※自動ハイパフォーマンスモード切替機能については別途解説します。なお、WX04のクレードルにはWウイングアンテナと呼ばれるパーツがありました。これはクレードルが電波を拡張して電波強度・受信感度を高める機能です。クレードルにセットしている時の通信が安定化を狙った機能になります。自宅でWX04を利用する場合、このクレードルがあることで電波が安定し通信が高速になるメリットがあるというわけですね。

実際にWX04を利用している人からは一定の評価を得ている機能ですが、W05には電波拡張アンテナや電波拡張機能はありませんし、W05にW04Xのクレードルを組み合わせて利用することは基本的にはできません。

 

続けてW05のクレードルの機能について解説していきます。

 

W05のクレードルの充電機能

クレードルの基本機能は充電機能なので、W05のクレードルにも充電機能は当然あります。

もちろんクレードルが無くても充電できるわけですが、クレードルが無い場合、充電ケーブルを直接W05に差して充電することになります。クレードルがあれば充電ケーブルをクレードルに差しっぱなしにして、帰宅時にW05はクレードルに置くだけで充電することになります。

※W05のクレードルはぴったりサイズでデザインも好評です。ただし、モバイルルータをクレードルに置くときのガイドのようなものがありませんので、クレードルにW05をセットするのに少し慣れが必要かもしれません。慣れてしまえば困ることはないでしょう。

 

クレードルを使った有線・LAN・USB接続

自宅の通信環境によっては活躍するのがこの有線接続機能です。これは、LANケーブルやUSBケーブルをクレードルに繋いで、デスクトップパソコンや無線LANルータを接続する機能です。

  1. 自宅のパソコンをWiMAXを利用してインターネットに接続したい
  2. 自宅のパソコンが無線LANに対応していない(または接続速度が遅い)
  3. 自宅に複数にネットに繋がる機器があるので無線LANルータを経由して複数の機器をWiMAXにつなげたい

この条件を満たす人はクレードルが必要になってくるでしょう。一方で、このような利用を想定していない人にとって、クレードルの有線接続機能は全く利用することが無い機能とも言えます。

ちなみに、W05はUSB2.0 Type-Cに対応しています。USB経由で接続する場合はType-Cのケーブルを準備すると良いでしょう。

 

また、WiMAXを自宅内の2か所以上の機器を繋いで使いたいという場合は、クレードルと無線ルーターを接続して、無線ルーター経由でWiMAXに接続する方法です。WiMAXはそもそも無線ルーターなので端末に直接無線で繋いでも良いのですが、専用の無線ルータと間に入れることで自宅内の色々な個所に電波が届きやすくなります。

 

クレードルを使った有線接続は通信が安定しやすい

WiMAX2+は無線接続サービスですが、無線通信が2か所で行われていることに気づいていますか?

 

1つは基地局とルーター端末の間。もう1つはルーター端末と接続する機器の間です。

 

有線接続の方が無線接続よりも通信が安定しますので、安定した通信を実現するにはできるだけ有線接続にしておくと良いので、クレードルを中継させた有線接続は安定通信に貢献することになります。

先ほども少し触れましたが、たくさんの機器(スマホ・テレビ・タブレット・パソコン・スマートスピーカーなど)をWiMAXで使う場合は、中間に専用の無線LANルータを用意して、無線LANルーターまでを有線で接続させる方法がおすすめです。

最新機種のW05と言えども、自宅内の多数の機器と直接ぐようないわゆる”自宅内の無線LANルーターとしての機能”が高性能なわけではありません。

特にたくさんの機器や家の中の様々なところに機器が分散している場合は、W05→クレードル→無線LANルーターを有線接続して、家庭内の機器との接続を無線LANルーターに任せるような構成が良いでしょう。

 

W05のクレードルだけの便利機能

W05のクレードルには「クレードルにW05をセットするだけで自動的にハイパフォーマンスモードに切り替わる」という便利な機能が搭載されました。

「ハイパフォーマンスモード」とは、W05の端末性能を最大限に発揮するモードで、それ以外に「ノーマルモード」と「セーブモード」があります。ハイパフォーマンスモードは最大限に端末性能が発揮される反面、バッテリーの消費が激しいというデメリットがあります。ノーマルモードとセーブモードはそれぞれ動作性能抑えてバッテリー消費を抑えることができるメリットがあります。

外出予定時間にもよりますが、ハイパフォーマンスモードでは6時間ぐらいしかバッテリーがもちません。そのため、通常はノーマルモードで利用することが多くなるわけですが、自宅で充電している時ぐらいは最大パフォーマンスで接続したいですよね。端末でモードを切り替えることもできますが、毎日のことなので少しでも簡単に切り替えられる方が良いのは言うまでもありません。自宅で充電しながら利用する時に、モード切替という面倒な作業を行いたくない人にはこの機能はおすすめです。

単なるモードを切り替えるだけの機能でしかありませんが、端末を操作することなく、ハイパフォーマンスモードに切り替えてくれる機能は重宝すると思います。

ハイスピード接続時の各モードのバッテリー駆動時間

・ハイパフォーマンスモード:約6時間30分
・ノーマルモード:約9時間
・セーブモード:約10時間30分

※ハイパフォーマンスモードだと6時間程度で充電が無くなってしまうので普段は「ノーマル」または「セーブ」モードでの利用をおすすめします。

クレードルの価格・値段は?(アマゾン・ヨドバシ・ビックカメラでの販売価格は?)

2018年9月4日現在で『UQアクセサリーショップ』『アマゾン』『ヨドバシ』『ビックカメラ』などで購入できます。クレードルの販売店もだいぶ増えてきましたね。」

W05のクレードル販売価格

■UQコミュニケーションズの公式ショップでの販売価格は以下となります。
3,553円(税込価格)
(参考元:UQアクセサリーショップ

※今更W03のクレードルが20%OFFになってますが、W05のクレードルは定価のままです。

■アマゾンでの販売価格は以下となります。
2,959円(税込価格)+送料420円
(参考元:Amazon W05 クレードル販売ページ

■ヨドバシでの販売価格は以下となります。

3,130円(税込価格)

(参考元:ヨドバシW05クレードル販売ページ

■ビックカメラでの販売価格は以下となります。

3,121円(税込価格)

■楽天市場での販売価格は以下となります。

3,240円(税込価格)

※新品の最安値は僅差でビックカメラですがアマゾンの販売価格も値下がりしてきました。ちなみに、メルカリでの直近の取引価格は税込3,000円でしたので、中古もそんなに安くありません。

WiMAX契約時にクレードルセットすると?

これからWiMAXを契約する人であれば、プロバイダー契約時にセットしてもらうことで入手できます。ここでは人気を分け合うプロバイダーのGMOとくとくBBとBroadWimaxで同時に申し込んだ場合の金額を確認しています。

GMOとくとくBBのキャッシュバックの差額(2018年9月のキャンペーン)

GMOとくとくBBに申し込む時に「クレードル無し」よりも「クレードル有り」の方がキャッシュバック金額が少なくなります。以下の金額はその差額です。実質的なクレードル代金として考えることができます。

GMOとくとくBBキャッシュバック金額(2018年9月)

2年契約の場合:3,000円

3年契約の場合:2,000円

3年契約でクレードルセットを申し込むのが最もオトクです。2年契約でも実質3,000円でクレードルを入手することができます。

 

BroadWiMAXで同時申込した場合の差額(2018年9月)

BraodWiMAXはキャッシュバック方式ではなく月額通信量を業界最安値水準で提供し、GMOとくとくBBと並んで業界1位・2位を争う人気プロバイダーです。キャッシュバック方式ではないので、同時申込すると追加料金が発生することになります。

3年契約の場合:3,500円

※2018年8月2日に調査した中ではクレードル有りで申し込んでも別途購入しても大差はありませんでした。GMOとくとくBBで2年契約するのであればセット申込が若干オトクです。GMOとくとくBB・BroadWiMAX双方ともに3年契約だと3,500円なので実勢価格より若干高いので、その場合はネットで購入した方が少しオトクに手に入れることができます。

いずれにせよキャッシュバック価格の差額と別途購入費用を比べてもほとんどかわりませんので、クレードル有で申し込んでも別途購入しても大差はありません。ヨドバシやビックカメラや楽天市場・アマゾンポイントが余っている人はポイントを活用してクレードルをゲットするという手もあるでしょう。

 

なお、メルカリなどでもW05のクレードルをみかけるようになってきていますが、先ほど触れた通り8月2日時点で確認してみたところ、クレードルの売買価格は3,000円でした。発売から数か月経過して徐々に中古品が出回りつつありますが、掘り出しものが出回らない限り、新品との価格差はあまりなさそうです。ただ、クレードルと言えども充電機能やLAN接続などの精密機器の機能がありますので、故障時の保障に一抹の不安がある中古よりは新品の方が良さそうです。

 

【注意】GMOとくとくBBは、申し込みを開始するページでキャッシュバック金額が異なることがありますので、必ず以下の公式ページから申し込むようにしましょう。

【GMOとくとくBB WiMAX2+ 公式ページ】:http://gmobb.jp/wimax/

 

結局、W05のクレードルは必要?

結論としては、W05のクレードルは「3,000円程度をどうしても節約したい」と思う人以外あった方が良いでしょう。もちろん、”必要”と言うほどではありません。ただし、他の情報サイトではW05のクレードルを不要とする意見を見かけることがありますが、クレードルがあればほぼ毎日利用することになるでしょうから不要とは言えません。

 

例えば、自宅内にモバイルルータを置く場所がちゃんとできると、端末が行方不明になりにくかったり、外出直前にドタバタすることが減ります。また、W05のクレードル独自のハイパフォーマンスモード切り替え機能も自宅での快適なネット生活に貢献してくれるでしょう。(クレードルで充電しているとバッテリーの劣化が早いという都市伝説のような噂もありますが、バッテリーの劣化は、充電回数・充電時間などの充電方法で変わってくるもので、バッテリーの劣化に「クレードル」は関係ありません。)

W05のクレードルはデザインがカッコいいというのも見逃せません。もし、クレードルが1万円もするのであればさすがに不要かもしれませんが、3,000円程度で入手できるのであった方が良いと思います。

 

GMOとくとくBBの場合、申込時にW05のクレードルをセットにしても追加料金を支払う必要がありませんキャッシュバック金額が減るので、実質的には負担していることに違いはありませんが、追加でお金を払う必要がないのはメリットです。

 

 

GMOとくとくBBのキャンペーンの詳細はこちら(公式サイト)

 

なお、このページの解説記事を読んでも、”やっぱりいらない”と思った人はクレードルが不必要な人だと思いますので無くても問題にならないでしょう。

※別途購入しても価格はかわりませんのであとで必要になったら購入することで問題ありません。

 

W05+クレードル入手できるオトクなWiMAXプロバイダーは?

また、これからWiMAXに申し込む人であればプロバイダーへの申込時のキャンペーンなどを活用することでクレードルを入手することができます。特に、当サイトでおすすめすることが多いWiMAXプロバイダーのGMOとくとくBBは、W05とW05のクレードルをオトクに入手できるプロバイダーの1つです。

GMOとくとくBBではW05本体は無料です。W05のクレードルを申し込んでもキャッシュバック金額が約3,000円程度減額されるだけです。あくまでももらえるお金の減額なので、費用を直接支払う必要がないのもポイントです。

GMOとくとくBBのキャッシュバック金額

GMOとくとくBBキャッシュバック金額(2018年9月)

※2018年9月申込のキャンペーンでのキャッシュバック金額。

GMOとくとくBBのキャンペーンの詳細はこちら(公式サイト)

 

GMOとくとくBBは、申し込みを開始するページでキャッシュバック金額が異なることがありますので、必ず以下の公式ページから申し込むようにしましょう。

【GMOとくとくBB WiMAX2+ 公式ページ】:http://gmobb.jp/wimax/

 

BroadWiMAXのでW05を選んだ場合

BroadWiMAX

BroadWimax(ブロードワイマックス)は、WiMAXの月額利用料金が業界最安値級に安く、GMOとくとくBBと並んでもっともおすすめしたいプロバイダーの1つです。BroadWiMAXの場合、高額のキャッシュバックはありませんが、月額料金をとにかく抑えたいという人におすすめです。

ただし、BroadWiMAXにW05のクレードルをセットして申し込むと3,500円の追加費用がかかりますので、クレードルセットは申し込まず、より安く買えるネットショップを活用する方が良いでしょう。

 

BroadWiMAXの最安値プランはこちら

 

※すでにW05を保有していて、クレードルのみを追加購入したい場合は、公式ショップで購入するしか方法はありません。前述のとおり、クレードルは税込で約3,000円強で販売されています。メルカリやヨドバシなどで少し安く販売されはじめましたが、W04やWX04のクレードルの販売価格がそれほど値崩れしていないことを考えると、大幅値下げは期待しない方が良さそうです。