Wimax2+に対応するモバイルルータ「Speed Wi-Fi NEXT W05(愛称:W05)」(2018年1月19日発売)は、最新のWiMAXモバイルルータとして人気を集めている端末です。

W05は最新性能を搭載したWimax&au4Gに対応するモバイルルーターですし、これまでの最新端末だった「WX04」の評判・口コミがあまり良くなかったということもあり、これからWiMAXを利用する人の大半がW05を選択することになると思います。

この特集記事ではW05のクレードルの機能(有線接続・充電・電波)や価格などを紹介し、W05のクレードルの必要性について解説しています。W05のクレードルセットを申し込むべきかについて迷っている人はぜひ参考にしてください。


「W05」の基本スペック

製品名:Speed Wi-Fi NEXT W05

メーカー:HUAWEI(中国)

最大通信速度(上り):75Mbps

最大通信速度(下り):708Mbps

重量:約131g

サイズ:高さ130mm×幅55mm×奥行12.6mm

専用クレードル:有

 

特に下り・上りの速度がこれまでの端末より高速になったのがW05の一番の特徴と言えます。また、自宅でもWiMAX接続を多用する人のために専用のクレードルが用意されています。

 

W05専用クレードルの基本スペック

  • 電源:DC 5V、1.8A
  • 消費電力:1W
  • 接続インタフェース:USB2.0
  • ETHERNETポート
  • サイズ:約130(W) x 31.8(H) x 53(D) mm
  • 重量:約75g

※USBケーブル・ACアダプタは除く(←通常はW05本体に同梱されているため)

 

W05のクレードルの特徴

クレードルとは自宅でWiMAXを利用するときのモバイルルーター置き場になるもので、WiMAXのクレードルには「充電機能」と「有線接続機能」の2つが基本的に搭載されています。さらに端末ごとに追加の機能が搭載されることもあります。今回解説するW05のクレードルには1つ独自機能がありますので、ざっくり以下の機能が搭載されています。

  1. 充電機能
  2. 有線接続
  3. 自動ハイパフォーマンスモード切替機能

これまでの最新端末のWX04のクレードルにはWウイングアンテナと呼ばれるパーツがあり、クレードルに電波拡張機能が搭載されていました。自宅でWX04を利用する場合、このクレードルがあることで電波が安定し通信が高速になるメリットがあったわけです。実際にWX04を利用している人から高い評価を得ていました。残念ながら、W05には電波拡張機能はありませんが、独自の便利機能が搭載されています。

 

それでは、続けてW05のクレードルの機能について解説していきます。

 

クレードルの充電機能

クレードルの基本機能は充電機能です。クレードルが無い場合、充電ケーブルを直接モバイルルータに差して充電することになりますが、クレードルがある場合は充電ケーブルをクレードルに接続し、モバイルルータ端末(W05)を帰宅時にクレードルにセットすることで充電されるようになります。

W05のクレードルはぴったりサイズでデザイン性も良いのですが、モバイルルータをクレードルに置くときのガイドのようなものがありませんので、クレードルにW05をセットするときに少し慣れが必要かもしれません(置くだけでなくマイクロUSBをちゃんと差さなければならないので)。

慣れてしまえば特段困ることはないでしょう。

 

クレードルを使った有線接続

利用環境(使い方)によって必要になってくるのがクレードルの有線接続機能です。これは、LANケーブルをクレードルに繋いでWiMAXに有線での接続を可能にする機能です。

  1. 自宅のパソコンをWiMAXを利用してインターネットに接続したい
  2. 自宅のパソコンが無線LANに対応していない(または接続速度が遅い)

この条件を満たす人はクレードルが必要になってくるでしょう。一方で、このような利用を想定していない人にとって、クレードルの有線接続機能は全く利用することが無い機能とも言えます。

 

W05のクレードルだけの便利機能

W05のクレードルには「クレードルにW05をセットするだけで自動的にハイパフォーマンスモードに切り替わる」という便利な機能が搭載されました。

「ハイパフォーマンスモード」とは、W05の端末性能を最大限に発揮するモードで、ハイパフォーマンスモード以外には「ノーマルモード」と「セーブモード」があります。ハイパフォーマンスモードは最大限に端末性能が発揮される反面、バッテリーの消費が激しいというデメリットがあります。ノーマルモードとセーブモードはそれぞれ動作性能抑えてバッテリー消費を抑えることができるメリットがあります。

外出予定時間にもよりますが、ハイパフォーマンスモードでは6時間ぐらいしかバッテリーがもちません。そのため、通常はノーマルモードで利用することが多くなるわけですが、「自宅で充電しながら利用する時は、ハイパフォーマンスモードにして最大速度でインターネットに接続したくなる」と思います。

いちいち端末を操作することなく、ハイパフォーマンスモードに切り替えてくれる機能は細かい機能とはいえ、重宝することは確実ですね。

ハイスピード接続時の各モードのバッテリー駆動時間

・ハイパフォーマンスモード:約6時間30分
・ノーマルモード:約9時間
・セーブモード:約10時間30分

クレードルの価格は?

W05はまだ発売間もないため、クレードルもUQコミュニケーションズの公式アクセサリーショップでしか取扱いありません(2018年2月5日時点ではAmazonなどの通販サイトでは、W05のクレードルは販売されていませんでした)。

UQコミュニケーションズの公式ショップでの販売価格は以下。

W05のクレードル販売価格

3,290円(税込3,553円)

 

結局、W05のクレードルは必要?

結論としては、W05のクレードルは「3,000円程度をどうしても節約したい」と思う人以外はあった方が良いと思います。他の情報サイトではW05のクレードル不要論を見かけることが多いのですが、もしクレードルがあればほぼ毎日利用することになるでしょう。

自宅内にモバイルルータを置く場所がちゃんとできあがると、端末が行方不明になりにく、外出時にドタバタすることが減ります。W05のクレードル独自のハイパフォーマンスモード切り替え機能も快適なネット生活に貢献してくれるでしょう。

もし、クレードルが1万円もするのであれば躊躇いますが、3000円程度であればあった方が良いと思います。

しかも、GMOとくとくBBの場合、申込時にW05のクレードルをセットにしても追加料金を支払う必要がありませんキャッシュバック金額が3000円減ってしまうので、実質的には負担していることに違いはありませんが、追加でお金を払う必要がないのはありがたいですよね。

GMOとくとくBBのキャンペーンの詳細はこちら(公式サイト)

 

もちろん、クレードルが無いと困るか?というとそんなことはありません。このページの解説記事を読んでも、”やっぱりいらない”と思った人はクレードル無しでも全く問題になることはないでしょう。

W05をオトクに入手できるWiMAXプロバイダーは?

すでにW05を保有していて、クレードルのみを追加購入したい場合は、公式ショップで購入するしか方法はありません。前述のとおり、クレードルは税込みで約3,500円で販売されています。もう少し時間が経つと少し安くなるかもしれませんが、W04やWX04のクレードルの販売価格があまり値崩れしていませんので、大幅値下げは期待しない方が良さそうです。

なお、これからWiMAXに申し込む人であればプロバイダーへの申込時のキャンペーンなどを活用することでオトクにクレードルを入手することができます。特に、当サイトでおすすめすることが多いWiMAXプロバイダーのGMOとくとくBBは、W05とW05のクレードルをオトクに入手できるプロバイダーの筆頭格です。

まず、GMOとくとくBBは、当然W05本体は無料です。さらにW05のクレードルを申し込んでもキャッシュバック金額が約3,200円~4,000円減額されるだけで費用を直接支払う必要はなく、クレードルセットを申し込むことができます。直接的な経済負担がないのは魅力的です。

GMOとくとくBBのキャッシュバック金額(W05を選択した場合)

W05のキャッシュバック金額

GMOとくとくBBのキャンペーンの詳細はこちら(公式サイト)

GMOとくとくBBは、申し込みを開始するページでキャッシュバック金額が異なることがありますので、必ず以下の公式ページから申し込むようにしましょう。

【GMOとくとくBB WiMAX2+ 公式ページ】:http://gmobb.jp/wimax/