今回はかわいい2次元美少女(?)で話題の、バーチャルユーチューバー(VTUBER)とは何なのか、気になるその仕組みや、やり方、中の人たちの情報まで徹底解説します!!

(参考元:http://panora.tokyo/48622/


バーチャルユーチューバー(VTUBER)とは?

バーチャルユーチューバー(VTUBER)とは、ざっくりいうと2次元美少女のユーチューバーのことです。

論より証拠、まずは動画を見てみてください!




このように、おしゃべりに合わせて動く3DCGキャラクターのユーチューバーです。
同人誌やグッズも作られたりしていて、その人気がどんどん高まっていることが分かります。

バーチャルユーチューバー(VTUBER)の仕組み

もちろんですが、2次元美少女に自我が芽生えて、ひとりでに動いているわけではありません
いわゆる「中の人」と呼ばれる人が、2次元美少女を演じています。


つまり、「中の人」とバーチャルユーチューバー(VTUBER)の動きは連動しているんです!
これにはモーションキャプチャと呼ばれる、人間の動きを取り込んで3Dモデルに反映させる技術を使っているようです。
また、表情も同じようにして認識できる機械が読み取っているみたいです!


バーチャルユーチューバー(VTUBER)の詳しい作り方は、下の動画で紹介されています。

バーチャルユーチューバー(VTUBER)のやり方!

上記の動画をご覧になった方は「バーチャルユーチューバー(VTUBER)って結構大掛かりでめちゃくちゃ大変なんじゃないの?」って思いますよね。

実際、バーチャルユーチューバー(VTUBER)をやるには最低でも以下のことが必要です。

  • 動画の企画
  • 3Dモデルの作成
  • モーションキャプチャできる設備・環境
  • 中の人(声を当てる)
  • 動画の編集

・・・これを個人でやるには大変ですよね。

実際、有名なバーチャルユーチューバー(VTUBER)のほとんどは、個人ではなく運営会社の下で、グループが作成しているのではないか、と考えられています。


しかし、個人でも簡単にバーチャルユーチューバー(VTUBER)をやれる方法があります!
最低限必要なこととしては、

  • 自分の表情に連動してキャラを動かせる環境
  • キャラクターにしゃべらせる(※後付けならボイスロイドでも代用可)
  • 動画を編集できる環境(パソコン所持)

以上の3つが、必要なことになります。

このうち、動画編集については他のサイトでもたくさん紹介されていると思うので、

  • 自分の表情に連動してキャラを動かせる環境
  • キャラクターにしゃべらせる(※後付けならボイスロイドでも代用可)

の2つに絞ってみていきましょう。

自分の表情に連動してキャラを動かせる環境について

これには「Face Rig(フェイスリグ)」というソフトを使います。

フェイスリグ

フェイスリグはウェブカメラに映った顔を認識して、それをキャラクターに反映させることができるソフトです。
つまり、フェイスリグを使えばキャラクターが自分と同じ表情をしてくれるというわけです。





以前はケモノとかクリーチャーとか、洋ゲーに出てきそうなゴリマッチョな女性キャラとか、ニッチにしか受けなさそうなキャラクターしか選べませんでした。

しかし現在は追加コンテンツにより、私たちの大好きな2次元美少女を動かせるようになりました。




というわけで、まずはフェイスリグを準備します。

フェイスリグはSteamから有料でダウンロード購入できます。(1,480円)

■Steam フェイス・リグ購入ページ
http://store.steampowered.com/app/274920/FaceRig/?l=japanese


それから、Live2D のアバターキャラクターを使いたい場合は下記の追加コンテンツも購入しましょう。(398円)

■Steam フェイス・リグ用追加コンテンツ
http://store.steampowered.com/app/420680/FaceRig_Live2D_Module/

ウェブカメラ

ウェブカメラですが、30fps以上でないとカックカクになりますので、最低でも30fps以上出るものを選んでください。
価格帯は2,000円程度あればそこそこ使えます!
下記はマイク付きのウェブカメラですが、

BUFFALO 200万画素WEBカメラ 広角120°マイク内蔵 ブラック BSW200MBK

あまり安すぎると「動作途中で止まってしまう」「連携がうまくいかず素顔が露出する(のらきゃっと事件)なんてことが起こるので、絶対に身バレしたくない!という人は、ウェブカメラに関してはケチって欲しくないです。

録音マイク

自分で声をあてる場合はマイクが必要です。
これもアマゾンで売ってますが、そんなに高くないものでも録音するだけなら十分です。しかし安いマイクは音割れしたり、こもったような声質になるので、嫌な人は高性能なマイクと「サウンドボード(サウンドカード)」といった環境もそろえる必要があります。

ソニー SONY コンデンサーマイク モノラル/PCボーカル用 USB接続対応 マイクスタンド付属 ECM-PCV80U

推奨環境

推奨環境は「デスクトップPC」がオススメになります。ノートパソコンだとあまり推奨されていませんが、高スペックなゲーミングPCなどはいけると思います。

【推奨環境】
Os:Windows7以降のOS
プロセッサー:Core i5
メモリー:4GB
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX560
DirectX:Version11
ネットワーク:ブロードバンドインターネット接続
ストレージ:4GB利用可能
サウンドカード:DirectX9.0

あとは、フェイスリグをインストールして、ウェブカメラ・マイクを接続すれば完了です。
ちゃんと日本語にも対応していますので安心ですね!

キャラクターにしゃべらせる(※後付けならボイスロイドでも代用可)

本格的にキャラになりきるなら声優学校に通いましょう!


というのは冗談で(笑)、もちろんこれも現代科学の力で解決可能です。

同人サークルBirdStrike代表の「とり」様の記事に詳細が載っています。
かんたんに言うと、ボーカロイドの音声を利用して、リアルタイムに自分の音声をボカロ音声に変換できる方法のようですが、音声認識率が低いため、生放送などの環境でやろうとするとかなり難しいです。


■音声認識で「結月ゆかり実況」動画を作る
https://qiita.com/toRisouP/items/979326f0ea5e944e1d3b#%E4%BB%A5%E4%B8%8B%E3%83%9D%E3%82%A8%E3%83%A0

下記のフォロマキさんの生放送を見ていると、音声認識にかなりの誤りがあることが見て取れます。

■PUBG実況で有名なフォロマキさんのYOUTUBEチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UChliORt2CukoklEewdFVBjQ

あるいは、表情豊かに話しながらテキストを打ち込めるのなら、ゆっくりMovieMakerを使う、という方法もあります。
以下のサイトからDLできます。

■饅頭使いのおもちゃ箱
http://manjubox.net/ymm3/


いずれにしても、自分の音声をボカロボイスに変換するのは結構難しそうです。

なので、カワボ(カワイイボイス)やロリボ(ロリボイス)の女の子を仲間に引き入れて、声を当ててもらうのは早いですね!

中に誰もいませんよ・・・? バーチャルユーチューバー(VTUBER)の中の人

かわいいバーチャルユーチューバー(VTUBER)だと、中の人もかわいいんじゃないかなって、思わず期待しちゃいますよね!!
とくに、後述するバーチャルユーチューバー(VTUBER)四天王(四天王だけど5人)は、中の人が公開されていません。

ネット界隈では、「もしかしてこの人が中の人では・・・?」などと、様々な予想が立てられていますので、それを紹介していきます。


キズナアイ


(参考元:http://nancreator.com/kizunaai-5615

非公開。
声優の斎藤桃子さん説や


(参考元:http://seigura.com/enjoy/directory/19700101_-290.html

春日望さん説が有力。


(参考元:http://clare-voice.co.jp/subtalent/kasuganozomi

輝夜月(かぐやるな)


(参考元:http://geinouzin.net/?p=7328

非公開。
自身もYouTuberとして活躍しているP丸様説が有力


(参考元:http://geinouzin.net/?p=7328


ミライアカリ


(参考元:http://negacyolbb.com/post-1910/

非公開。
声優のマイア~maia~さん説が有力。


(参考元:https://twitter.com/maia_illia


ねこます


(参考元:https://www.youtube.com/channel/UCt8tmsv8kL9Nc1sxvCo9j4Q

男性。
バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん。
詳細は不明ですが、動画制作から中の人まで、すべてを個人で担当されてるすごい方。
以前はコンビニ店員だったようですが、現在は3D・VR関連の企業に就職されているようです。




電脳少女YouTuberシロ


(参考元:https://www.youtube.com/watch?v=fLC5TE_KYcw

非公開。
声優の結月春菜さん説が有力。


(参考元:http://www.gpara.com/infos/view/18288


一方で、2次元美少女のバーチャルユーチューバー(VTUBER)が、放送事故により顔バレ、中身がおっさんだったという衝撃的なニュースもありました。
ねこみみ美少女なバーチャルユーチューバー(VTUBER)「のらきゃっと」さん




こんなにもかわいいバーチャルユーチューバー(VTUBER)ですが、なんとアクシデントで中の人が映ってしまう事態に!!



ところが、炎上するかと思いきや、のらきゃっとさん本人は「自分は変わらずやりたいことをするだけです。これを機にのらきゃっとのプロデューサーとして顔出してインタビュー受けることもできますね」とポジティブな返答をされていたようです。( ・ㅂ・)و ̑̑


また、のらきゃっとファンも「あくまでキャラとして好きだから問題ない」「事後対応に好感持てた」「嫌いになる理由にはならない」「(中身が男性だと)そう思ったうえでガチ恋してたから(問題ない)」「何かに目覚めた気がする」など、おおむね好評(?)のようです。

オススメのバーチャルユーチューバー(VTUBER)!

やはり、バーチャルユーチューバー(VTUBER)でおすすめといえば、バーチャルユーチューバー(VTUBER)四天王でしょう。

キズナアイ、輝夜月、ミライアカリ、ねこます、電脳少女YouTuberシロの5人で四天王です。
間違いではなく、5人で四天王です。

一説によると、キズナアイは配信期間・登録者数ともにトップなので親分的な存在として、他の4人が四天王に位置づけられているとのことです。


キズナアイ

バーチャルユーチューバー(VTUBER)の代表的存在といえば、キズナアイではないでしょうか。
四天王の中でも1番早く配信を開始し、現在チャンネル登録者数は140万人以上います!
3DCGのキャラ造形も、髪の揺れや挙動などのクオリティが高く、王道的なスタイルが人気の理由のようです!



輝夜月(かぐやるな)

輝夜月は2017年12月に初めて公開された、比較的最近登場したバーチャルユーチューバー(VTUBER)です。
現在、動画本数は13本と少ないですが、すでにチャンネル登録者数は48万人を突破しようかという、今一番勢いに乗っているバーチャルユーチューバー(VTUBER)です!
その特徴は、首絞めハム太郎とも呼ばれる独特の声。
また、独特なしゃべり方やキャラで定評があり、うるさく元気な感じで人気を集めています。

ミライアカリ

ミライアカリというキャラ、誰かに似てると思いませんか?
じつは、初音ミクをデザインしたKEIさんがミライアカリのキャラデザもしているとか。
とても話し上手で、VRChatに出没して絡みに行ったり、生放送も積極的にこなすなど、とてもおもしろいバーチャルユーチューバー(VTUBER)です。
VRChatに出没する動画はすごくおもしろいので、ぜひ見てみてください!



ねこます

通称バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさんという、あらゆる属性がごっちゃになった、パンチの効いたバーチャルユーチューバー(VTUBER)です。
見た目ロリケモノ娘なのに、声が男性というギャップがとっても面白いです。
特筆すべきは、バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさんがたった一人で動画を作成しているという点です。
前述のとおり、多くのバーチャルユーチューバー(VTUBER)たちは企業やグループで動画を作成していると思われますが、バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさんは、コンビニ店員として働きながら動画作成していました。
現在ではバーチャルユーチューバー(VTUBER)の制作経験を買われてか、3D・VR関連の企業で働かれているそうです。


電脳少女YouTuberシロ

アイドル感が強く、ゲーム実況やアプリやってみた系の動画が多めです。
下ネタはすべてスルーしていきますが、ゲーム実況の対戦中に残虐なセリフやブラックなコメントをつぶやくこともあり、名前とは裏腹に、見え隠れする黒い部分がクセになるバーチャルユーチューバー(VTUBER)です。

まとめ

今回、話題のバーチャルユーチューバー(VTUBER)について紹介しました!
やっぱりバーチャルユーチューバー(VTUBER)四天王の動画はとっても面白いですね!

今後も続々と新しいバーチャルユーチューバー(VTUBER)たちが登場してくるでしょう。

背景としては、配信環境を誰でも構築しやすくなったこと(スマホでも気軽に配信できる)や、低学年でもスマホを扱う時代になったことによるリテラシーの向上、WiMAX2のギガ放題プランのように通信速度・通信量を気にせず、いつでもどこでも視聴・配信可能なインターネット環境が手に入ることも大きな要因になっています。

ますますおもしろくなっていくバーチャルユーチューバー(VTUBER)ですが、もし自分でもできる!と思ったら挑戦してみてはいかがでしょうか?

番外編:3DCGじゃなくてもバーチャルユーチューバー(VTUBER)になれます!

チャンネル登録者数は2,000人ほどですが、人形劇のようなスタンスで配信している方もいます。
世界観設定などかなり独特ですが・・・。

■人形劇系異世界Youtuber 高い城のアムフォ

https://www.youtube.com/channel/UCRtI9u0ddHldLWB27ZgxtdQ

やる気さえあれば、どのような方法でも配信は可能です。色々と考えてみると楽しいかもしれませんね。