【初心者必見】テレビにWi-Fiを繋げるメリットから接続方法まで詳しく解説

テレビにWi-Fiを繋げるメリットや接続方法を解説

テレビにWi-Fiを接続することにより、さまざまなメリットがあります。これまでに比べて更にテレビの楽しみ方が増えるでしょう。

そこで、ここではWi-Fiをテレビに接続することによりどのようなことができるようになるのか、具体的に接続する際には何を行なえば良いのかなどについてご紹介します。残念ながらすべてのテレビでWi-Fiに対応できるわけではないので、このあたりもチェックしてみてください。


テレビにWi-Fiを繋げるメリットとは

テレビにWi-Fiを繋げることによりどのようなメリットが得られるのかについて解説します。

インターネット動画が視聴できる

インターネットといえば、パソコンやスマートフォンから見るものというイメージが強いですよね。ですが、今はテレビにWi-Fiを接続することによりインターネットも見られるようになりました。

パソコンがなく、動画を閲覧する際にはスマホを使っていたという方もいるのではないでしょうか。ですが、小さな画面で長時間にわたってインターネットを使うと疲れてしまいます。

タブレットを使うという選択肢もありますが、テレビの大画面で楽しんでみましょう。これは、テレビでWi-Fiの設定をしてインターネットに繋げることにより実現可能です。

人気のYouTubeも視聴可能

テレビがWi-Fiに接続されていればYouTubeも視聴できます。テレビを観ようと思って番組欄をチェックしてみたものの、気になる番組が放送されていなかったということはないでしょうか。

そういったタイミングでもインターネットを通してYouTubeや地上波放送や衛星放送意外の放送を楽しむことが可能です。
また、テレビでインターネットを楽しむ人が増えたこともあり、近年はリモコンで声を使って動画を検索したり、手軽に動画配信サービスにアクセスできるように工夫されたリモコンなども登場しています。

今後はますますそういったタイプのテレビが主流になってくるでしょう。
高速のインターネット回線に接続していれば高画質で楽しむことができるので、キレイな映像を大画面で観たいと思っている方もテレビのインターネット機能を役立ててみてくださいね。

ビデオオンデマンド(VOD)の視聴

VODと略されるビデオオンデマンドは、動画配信サービスのことです。
基本的に有料サービスとなっていますが、月額料金500円~1,000円程度でその配信サービスに登録されている動画が見放題になります。

例えば、暇な時はレンタルDVD店を利用している方もいるでしょう。しかし、数枚借りるだけでも簡単に500円を突破してしまいます。しかも、返却に行く手間がかかり、うっかり返却を忘れてしまったりすると更に延長料金が発生してしまうのがデメリットです。

動画配信サービスのVODを活用すればそういったこともありません。また、他の人がレンタル中で借りることができなかったといった心配もないので安心です。

ビデオオンデマンドはさまざまな会社がサービスを提供していて、それぞれ特徴が違います。
例えば、海外の作品には強いけれど日本の作品はほとんど取り扱っていないものや、アニメの数が多いもの、少ないもの。

月額料金が高ければ高いほどコンテンツ数が豊富というわけではないので、注意して選ばなければなりません。特に人気の高いVODについてご紹介するので、気になるものをチェックしてみてくださいね。

Hulu

月額料金933円のHuluは無料期間が14日間用意されていて、コンテンツ数が50,000以上におよびます。特に海外ドラマの選択肢が豊富なのが魅力です。国内ドラマや韓流ドラマといった物の取り扱いも豊富なので、長編にわたるシリーズをゆっくり見たいと思っている方にも向いているでしょう。

また、コンテンツ数万豊富なのに料金が安いのも魅力。ただし、新作映画などはあまり期待できません。

Netflix

2015年からサービスが始まったばかりのNetflixは月額料金が3種類用意されていて、アメリカ最大のVODなのが特徴。オリジナル作品の配信も行っています。
コンテンツ数は40,000ほどとなっていてバラエティー番組はほとんど取り扱っていません。

どちらかというと海外の作品を観るのに適しているサービスだといえるでしょう。高額なプランだと4K対応の画質で観ることも可能です。

U-NEXT

U-NEXTはコンテンツ数が120,000以上と非常に多いのが魅力。月額料金は1,990円と少し高めですが、とにかく充実しているので、コンテンツ数に不満を感じることはないでしょう。
映画はもちろんのこと、国内ドラマ、韓流ドラマといったものの取り扱い数も非常に多いです。

海外ドラマにはあまり強くありませんが、ほとんどの方が満足できるサービスだといえるでしょう。また、無料期間が31日間も用意されているので、とりあえずお試ししてみたいと思っている方でも安心です。

インターネット検索ができる

調べたいものがあった時にインターネット検索をしますね。普段はパソコンやスマホから行なっている方が多いですが、Wi-Fiとテレビを接続していればテレビをパソコンのディスプレイのように使用することもできます。

また、テレビの中には画面を分割して使用できるものも増えてきました。例えば、インターネットで検索をしながら気になるテレビ番組を同時に観ることも可能です。
それから、家族でインターネットを使った調べ物をしたいと思った時にもテレビの大画面に表示できると便利でしょう。

家族旅行の行き先をどこにしようか迷った時に、テレビのインターネット機能で宿を検索し、みんなで相談しながら行き先を考えることも可能です。

ネットショッピングが大きな画面でできる

インターネットで通販をしている方は、ネットショッピングもテレビで楽しんでみてはどうでしょうか。テレビなら大画面で商品の状態が確認できるので、色や大きさなどを間違いにくいのが魅力です。

スマホの小さな画面だと確認しにくいし、パソコンを起動させるのも面倒だと感じた時もテレビならすぐにアクセスできます。
もちろん、そのまま注文することも可能です。また、暇な時間を潰すためにウィンドウショッピングをするのもおすすめ。お気に入りの活用方法を探してみましょう。

双方向番組に参加できる

テレビには双方向タイプの番組もあります。これは、視聴者参加型の番組のことです。

例えば、これまでテレビ番組というのは、放送局から電波を受け取ってこれを視聴することしかできませんでした。ですが、Wi-Fiをつなぐことにより反対にこちらからデータを送ることが可能になるのです。

代表的なところだと、クイズ番組で複数の選択肢が用意されていて、テレビのリモコンを操作して回答を選択するだけでそれがデータとして送られます。アンケートやクイズの回答に使われることが多いのですが、他にもテレビ局に対して何か意見を送りたいと思った時に活用できる番組も増えているのです。

これまではテレビ局で行なっているプレゼント企画に応募するためにはハガキやファックスを送ったりしなければなりませんでした。しかし、近年はテレビを通して直接応募できるものも増えています。

まずは持っているテレビの対応状況を確認しよう

比較的新しいテレビの場合はほとんどがインターネット接続可能となっているのですが、古いテレビなどは対応していない場合があります。テレビにインターネットを接続しようと思った場合、有線LAN、または無線LAN(Wi-Fi)といった2つの方法があるので、検討してみましょう。

有線LANというのは、LANケーブルと呼ばれるものを使って、テレビとルーターを接続する方法です。
ルーターの設置場所とテレビが近い場合は良いのですが、遠いところに設置されていると配線が邪魔になってしまうのがデメリットだといえるでしょう。

一方で電波を使ってルーターとテレビをインターネットで繋げるのが無線LANです。無線LANなら配線がないので、こちらを選択している方が多いといえます。
ただ、テレビの中には無線LANの受信に対応していないものがあるので注意しておきましょう。無線LANに対応していなくてもテレビにUSBポートがある場合は、別途USB無線LANアダプタをUSBポートにさすなどの方法によって無線LAN接続が可能になります。

インターネットの契約が必要

ご紹介したように、どちらの接続方法でもルーターが必要です。これは、複数の機器をインターネットにつなぐための装置のことで、利用をするためには別途インターネット契約が必要になるので注意しておいてくださいね。

テレビにWi-Fiを接続する方法

テレビをWi-Fiに接続した際にできることについてご紹介してきました。

では、Wi-Fiに接続するにはどうしたら良いのでしょうか。何となくかなり大変なのでは、と感じている方もいるはずです。
ですが、一度設定してしまえば後はずっとその環境で接続できるようになるので、ぜひ行なってみましょう。

大前提として、インターネット契約をしておかなければなりません。現在、光回線などを契約していてパソコンなどでインターネットを使っている方は新規に回線を契約する必要はありません。

Wi-Fi内蔵テレビの接続方法

近年はWi-Fi機能を内蔵しているテレビが増えています。自分のテレビの場合はどうなのか取り扱い説明書、またはメーカーのホームページを確認してみましょう。

対応していた場合は、次の方法で接続できます。

  1. テレビでネットワークに関する設定画面を開く
  2. Wi-Fi、または無線LANの設定画面を開く
  3. 接続方法を選択
  4. 簡易接続機能を使用するか、SSIDを選択・パスワードを入力

各テレビによって多少異なるので、利用しているテレビの取り扱い説明書を確認しながら行なってみてくださいね。

Wi-Fiに対応していないテレビはどうすれば良い?

残念ながらWi-Fi機能が内蔵されていないテレビもありますが、その場合も別売りの機器を使用すればWi-Fi接続が可能になります。

ただ、そのためにはUSBケーブルを差し込むためのUSBポート、またはLANケーブルを差し込むためのLANポートというものがテレビに備わっていなければなりません。
なお、Wi-Fiを利用するためにはテレビのほかにインターネットに接続されているモデムと無線LAN親機が必要です。

Wi-Fiアダプタを介して接続する方法

別売りのWi-Fiアダプタを使うことにより、テレビ自体がWi-Fiに対応していなくてもインターネットに接続することができます。
やり方は次の通りです。

  1. Wi-Fiアダプタをテレビに接続する
  2. テレビで無線LANの設定をする
  3. アクセスポイントの接続設定をする

ただ、対応している機種は限定的なのでアダプタを購入する前によく確認しておいてくださいね。
一般的な接続方法についてご紹介します。

中継機を介して接続する

USBポートが搭載されているテレビはWi-Fiアダプタを差し込めば良いのですが、LANポートしか搭載されていないテレビは少し手順が複雑です。
こちらのケースは、無線LANの中継機を使いましょう。本来、Wi-Fiの電波が届く範囲を広げるために使われる中継器ですが、中継機にLAN端子がついているタイプのものはテレビのLANポートと接続することによりWi-Fi子機として使うことができるようになります。

有線LANで接続する方法

ルーターとテレビが近くにあるのなら、無線LANではなく、有線LANで繋ぐのも一つの方法だといえるでしょう。
非常にシンプルな方法となっているので、あまり細かい設定をしたくないと感じている方にもおすすめです。

現在、パソコンがインターネットに繋がっている環境にあるのなら、ルーターとテレビをLANケーブルでつなぐだけとなります。もちろん、テレビ自体がインターネットに対応していなければなりません。

注意したいこととして、あまりにもLANケーブルの長いものを使ってしまうと、足を引っかけて転んでしまうことがあるので最低限の長さのものを用意しましょう。また、頻繁にLANケーブルを抜き差しするのはおすすめできません。

一度接続したらそのままにしてできるだけ抜かないように注意しておいてくださいね。

テレビのWi-Fi接続に関する口コミ

まとめ

テレビをWi-Fiに接続する方法についてご紹介しました。
今やテレビはテレビ番組を観るだけのものではなく、解説してきたようにさまざまな用途で活用することができます。
パソコンと同じような目的でも利用できるため、暇つぶしをしたいと思った時にも役立ててみてはどうでしょうか。接続方法がわからないという方もこの記事を参考にしてみてくださいね。

WiMAX2+のおすすめランキング!

1位 GMOとくとくBB

とくとくBBロゴ

業界最高水準キャッシュバックで、どこよりも安く利用できる



2位 BIGLOBE

biglobeロゴ

口座振替でもキャッシュバックがもらえる



3位 Broad WiMAX

ブロードロゴ

WEB申込なら初期費用18,857円が無料