現在ADSLを利用していて回線の遅さでストレスを感じている方は、光回線に乗り換えましょう。
乗り換えといっても、面倒や大変なことはありません。

光回線になるとインターネットがサクサク繋がるようになり、通信速度の低下で悩むこともなくなります。
ここでは光回線の魅力と乗り換えの方法について紹介します。


今、ADSLと光回線を使っている人の割合は?

ADSLを利用している方は、光回線利用者の約10分の1程度と言われています。つまり、今はほとんどの方がAD SLではなく光回線を利用しているということですね。

やはり、近年は動画を見たりオンラインゲームをするのにインターネットを使う方が増えてきたこともあり、ADSLよりも通信速度の速い光回線が人気だと言えるでしょう。

どうして光回線がいいの?

通信速度が安定して速い

光回線の人気が非常に高い最も大きな理由として挙げられるのが、ADSLに比べると明らかに通信速度が速いということが挙げられます。
ADSLの場合は、ページ移動のボタンをクリックしてから数秒間待たなければならないことが多いです。

画像や情報量の多いページだと、すべて開くまでに数分かかってしまうこともありますよね。一方で光回線はボタンを押した瞬間にページへ移動するような感覚が味わえます。
通信速度の遅さにイライラしている人は光回線への乗り換えた方が圧倒的におすすめです。

また、光回線はインターネット専用の回線を使っていることもあり、ADSLのように基地局からの距離やラジオ・電話回線などの影響を受けて通信速度が不安定になることもありません。

電話代が安くなる

ADSLではアナログ電話しか利用することができませんが、光回線だとひかり電話が利用できます。
これらを比較すると、ひかり電話の方が毎月1,000円ほど安い計算になります。

固定電話の料金の高さが気になっている方はひかり電話に乗り換えを検討してみてはどうでしょうか。ひかり電話といっても電話機の使い方は一般的なものと同じです。
更に、光コラボレーションと呼ばれる大手キャリアなどが提供しているサービスを選択すると、スマホ代金も安くなるのでそういったものもチェックしてみてはどうでしょうか。

様々なキャンペーンがあってお得

現在、インターネット回線の主流は光回線です。これまでADSLを使っていた方も続々と光回線に乗り換えています。そういった背景もあり、光回線の業者はどこも顧客の取り合いになっている状況です。一人でも多くの顧客を獲得するために、光回線業者は積極的にお得なキャンペーンを打ち出しています。

反対に、ADSLは衰退してきている回線ということもあり、新規顧客獲得のためのお得なキャンペーンなどはほとんど行なわれていません。
キャンペーンを利用すればかなりお得に光回線をスタートできるので、コスト面で不安があって光回線への乗り換えを悩んでいる方もお得なキャンペーンを活用して乗り換えてみるのもおすすめです。

ADSLから光回線への乗り換え方法

step1.光回線の契約

光回線が使えるようになるまでには1ヶ月ほどの時間がかかるので、先に光回線の契約を済ませてからADSLを解約する形になります。

各社のキャンペーン情報なども比較しながら気になる光回線業者を見つけてみてくださいね。代表的なのはフレッツ光を提供しているNTTです。

インターネット上から簡単に申し込みができるので、ある程度インターネットができる方なら問題なく進めていけるでしょう。
申し込み後は回線業者から連絡が来るので、詳細について聞いたり、自宅まで回線を引くための工事日などを決定していくことになります。

step2.光回線の導入工事

光回線の工事では、専門業者の方が来て工事を行なってくれるのですが、屋外だけでなく、屋内での作業も含まれます。そのため、不在の時に工事をお願いすることはできません。

当日は立ち会いが必要となっているので、確実に自宅にいる日を伝えて工事を行なってもらいましょう。これまで回線を引き入れていない一戸建ての場合は工事が必須ですが、共有部のみ工事をすれば良いマンションの場合は立ち会いが不要なケースもあります。

土日や祝日でも工事に対応してくれるものの、追加料金が必要になることもあるので事前に確認しておいたほうが安心です。
また、平日は仕事をしている方が多いことから土日や祝日の予約はかなり混み合います。

時期によっては予約を取れるのがしばらく先になってしまうこともあるので、できれば平日を選択したいですね。

step3.ADSL回線とプロバイダの解約

明確な工事日が決定したらADSL回線とこれまで契約していたプロバイダを解約しましょう。
無理に引き止められてしまうようなことはないので心配しなくても大丈夫です。

注意しなければならないこととして、プロバイダに連絡をすればそれだけで解約できるケースと、別途NTTへの連絡が必要になるケースがあります。
また、NTTからADSLのモデムをレンタルしている場合は返却しなければなりません。着払いで返却ができるキットが送られてくるのでそれを活用しましょう。

ADSLから光回線へ乗り換えるときに知っておきたいこと

電話番号は変えないといけない?

現在使っているアナログ電話からひかり電話に乗り換えるとこれまで使っていた電話番号が変わってしまうのでは?という心配から光回線への乗り換えを迷っている方もいますが、ひかり電話に乗り換えをしても電話番号と電話機はそのまま使うことができます。

これは、電話番号を変えずに引き継ぐためのモバイルナンバーポータビリティ(NMP)と呼ばれる制度があるからです。
仕事などでアナログ電話を使っていて、その番号が変わるとまずい方でも安心して検討できるでしょう。

ただ、引越しで住所が変わる際にADSLから光回線に乗り換えようと思っていた場合は番号が変更になることもあるので注意が必要です。

プロバイダも変えないといけない?

これは状況によって変わってきます。
ADSLから光回線に乗り換えをする際に、現在ADSLで契約しているプロバイダが光回線も提供していれば同じプロバイダも選択可能です。

ただ、今と同じプロバイダにこだわることにメリットがあるのか?ということについてはしっかりと考えておきましょう。
というのも、光回線の申し込みと一緒に指定のプロバイダを選択すると数ヶ月間無料になったり、お得なキャンペーンが適用されるケースも多いからです。

プロバイダを乗り換えると違約金がかかってしまうことを心配している方も多いですが、違約金相当のキャッシュバックが受けられるようなものもあるので、そういったキャンペーンも役立てながら乗り換えについて検討してみましょう。

光回線の工事が大変そう

工事自体は特に大変なものではありません。そもそも、光回線の工事では何をするのでしょうか。
大まかな流れは持ち家か賃貸か、マンションの場合は光回線が導入済みかどうかによっても異なります。

基本的な流れは専門業者の方が外で作業を行い、配線を外壁やマンションの共用スペースに光ファイバーを引き込んだあと、室内に回線終端装置などを設置するというものです。
工事の時間は住居によっても異なりますが、2~3人で約2~3時間程度行なわれます。

すべて業者が行なってくれるので、依頼者がすることは特にありません。光回線開通後に設置する光回線終端装置は近くに電源コンセントが必要になるので、その周辺に電話機や無線Wi-Fiルータを設置できるように準備したり、作業員の方が作業しやすいように軽く片付けておく程度です。
ただ見守っていれば工事は完了するので、まったく心配ありません。