アメリカのアマゾン・ドット・コムは、レジがないAIコンビニ「Amazon go(以下、アマゾン・ゴー)」を2018年1月22日にアメリカシアトルで一般向けに開業しました。

アマゾン・ゴーは画像認識技術などにより、レジの完全撤去を実現しています。
本当にレジが1台もないので、会計で滞ることなく、100人ほど並んでいても待ち時間はたったの10~15分ほどだったようです!

(参考元:http://www.hummingbird.style/entry/2016/12/11/120000


もうレジはいらない?!アマゾン・ゴーならレジ待ち不要


(参考元:https://mainichi.jp/articles/20180123/k00/00e/020/165000c

アマゾン・ゴーでは、最先端の画像認識技術や人工知能(AI)技術などを駆使し、レジを無くすことに成功。

あらかじめスマホに専用アプリをダウンロードしておき、画面に表示されたQRコードを入り口付近のゲートにかざして入店します。(ちょうど電車の自動改札のような感じです。)

あとは欲しい商品をとって、そのまま自分のカバンに入れるなどして、そのまま外に出るだけで買い物が完了。
店外に出ると、自動的に会計が済まされている、という仕組みです。


アマゾン・ゴーの店内には、100台以上の天井カメラや棚のセンサーが設置されていて、どの客が何の商品をとったかを追跡・把握できるようになっているとのことです。

もちろん、一度手にした商品でも、それを棚に戻して他の商品を代わりに取ると、それもきちんと反映されているそうです。
つまり、一度手に取ったけど棚に戻した商品を、その客にとっての決済対象外商品であるとAIが認識することができるということなんです!

アマゾン・ゴーは従来の自動レジとは根本的に異なる


(参考元:https://internetcom.jp/204074/d-payment

これまでにあったサービスとして、すべての商品に無線タグをつけて在庫管理をしたり、客が自分でバーコードを機械に読ませて会計するセルフレジ、スマホのQRコードをかざすだけで決済が完了する「d払い」などがありましたが、それらはいずれも「レジで決済する」という点を克服できませんでした。

しかしアマゾン・ゴーでは、飛躍的に発達した画像認識とAI技術により、レジそのものを無くすということに成功しました。

アマゾン・ゴーでレジ打ちバイトはいなくなるかもしれない

アマゾン・ゴーでの成功は、これまでの小売り業のあり方を変えてしまうかもしれません。

はっきり言ってしまえば、この技術が広く世の中に普及することで、コンビニなど小売店のレジスタッフは必要なくなるかもしれません。
特に日本では少子高齢化や人口減少の著しい地域などで導入することで、小売業界の慢性的な人手不足に対する切り札となるかもしれません。

また、都心などの人口密集地域でも、レジでの待ち時間が無くなるので、ストレスを感じることなく買い物ができるという点が利点となりそうです。


ただし、現段階では大量のカメラやセンサーの導入・設置が不可欠なことから、設備投資の面ではまだ現実的とは言えないかもしれませんね。
加えて、AIに仕事を奪われると考えている人もいますので、今後どのように棲み分けしていくか、非常に気になるところです。

治安の悪い国・地域でやったらどうなるんでしょうね?万引きされまくりな気がするんですが、セキュリティ対策に関してももっと情報が欲しいところです。

まとめ

今回、アマゾンのAIコンビニ「アマゾン・ゴー」の紹介をしました。
レジフリー技術が日本でどのように採用されていくのか、非常に気になります!!