ポケットWiFiとは?初心者向けに詳しく解説!

こちらの記事では、「ポケットWiFiとは一体どういうものなのか?」ということについて、初心者の方向けにわかりやすく解説しています。

そもそもポケットWiFiとは、「モバイルWiFiルーター」という端末さえあれば、いつでもどこでもWi-Fiが使えるようになるインターネットサービスのことです。

ポケットWiFiとはどういうものなのか、という基本的なことから、メリット、選び方、契約の方法など、ポケットWiFiについて幅広くご紹介していきます。


ポケットWiFi、wimax、モバイルルーターって何が違うの?

ポケットWiFi、WiMAX、モバイルルーターは、どれも「持ち運びできるWi-Fiの端末」というところでは違いがありません。

ですが、モバイルルーターというのは「持ち運びできるWi-Fiの端末」自体のことを指し、ポケットWiFiとWiMAXはそれぞれ商品名で、販売している会社が違います。

それでは、3つの違いについてそれぞれ確認してみましょう。

>>GMOとくとくBBのお得なWiMAX詳細・お申込みはこちら<<

ポケットWiFi
Y!mobileとソフトバンクから販売されているモバイルルーターのこと。
WiMAX
UQコミュニケーションズから販売されているモバイルルーターのこと。
モバイルルーター
持ち運びできるWi-Fiの電波を発する端末を総称したもの。ポケットWiFiもWiMAXもモバイルルーターの中の一種。

「ポケットWiFi」という名前がモバイルルーターの代名詞のようになってしまったのは、ポケットWiFiの知名度が高くなってしまったからです。

本来であれば、ポケットWiFiとは、Y!mobileとソフトバンクから販売されているモバイルルーターのことだけを指し、その他の会社から販売されているモバイルルーターには、WiMAXのようにそれぞれ違った名前がついています。

とはいえ、「ポケットWiFi」という単語はとても分かりやすいし、他の名称よりもなんだか親しみやすさがありますね。

そこで、本記事ではモバイルルーター全般を指す言葉としてポケットWiFiを使います。

ポケットWiFiのメリット

外出先でも使える

ポケットWiFiの最大のメリットは、モバイルルーターさえ持っていれば、外でもどこでもWi-Fiが使えるということでしょう。

例えば、休憩のために入ったカフェでパソコンを使って調べ物をしたいというときに、カフェで無料のWi-Fiが使えなければ、インターネットを使うことができません。

ですが、ポケットWiFiを持っていれば、その場でポケットWiFiのWi-Fiに接続して、いつでもどこでもインターネットを使うことができるのです。もちろん、電波の対象エリア範囲内であれば、公園でも、電車の中でも、車の中でもWi-Fiに接続することができます。

また、ポケットWiFiの真価が発揮されるのは、特に旅行などの長時間の外出がある場合だと思います。旅行に行くと、地図アプリやナビアプリ、乗り換え案内アプリなどを使って、調べ物をすることが多くなるものです。

スマホ(キャリア回線)でばかりインターネットをしていると、すぐに速度制限がかかってしまいますが、ポケットWiFiを持っていればいつでもWi-Fiに接続できるので、スマホのデータ容量を使いすぎることなく安心できます。

>>GMOとくとくBBのお得なWiMAX詳細・お申込みはこちら<<

同時に何回線も接続できる

ポケットWiFiを一つ持っていれば、Wi-Fiの電波が届く範囲内で、複数の機器が同時にWi-Fiに接続するできます。例えば、家族一人一人がパソコンを持っているというご家庭でも、全てのパソコンを同時に同じWi-Fiに接続することができるのです。

「Wi-Fiの電波が届く範囲内」というのは、障害物や建物の材質などによって変わりますが、一般的な住宅内であればほとんどの場所でWi-Fiが使えると思います。

つまり、ポケットWiFiがリビングに置いてあっても、寝室でスマホ、子供部屋でノートパソコン、書斎でデスクトップパソコン…といったように、離れた場所でも複数の機器をWi-Fiに繋ぐことができます。

環境によっては、Wi-Fiの電波が隣の家まで届いてしまうことがありますが、「Wi-Fiを勝手に使われるのでは?」という心配はいりません。ポケットWiFiに接続するためには、ポケットWiFiに設定されている暗号を入力しなければならないので、他の人が勝手にWi-Fiに接続してしまうということはないでしょう。

>>GMOとくとくBBのお得なWiMAX詳細・お申込みはこちら<<

工事不要!すぐにネットが使える

ポケットWiFiを使い始めるときには、自宅の固定回線のようなインターネット開通のための工事は不要です。

ポケットWiFiは、端末にSIMカードを挿し込んで、電源をオンにして、簡単な設定をするだけで使い始めることができます。充電は必要ですが、それもコンセントに挿しておくだけでOKです。

ポケットWiFiを自宅の固定回線代わりに使っている人もいますが、それはやっぱり、工事不要ですぐにインターネットが使えるから、ということも大きな理由でしょう。

工事は申込みから1ヶ月ほど待たされることもあり、今すぐインターネットを使いたいという人にとってはとても不便です。ですが、ポケットWiFiを手に入れれば、その日のうちにインターネットが始められます。

そして、インターネット開通工事は費用もかかりますし、他人に家に入られたくないという人もいると思います。ポケットWiFiを使えば、インターネット開通工事の煩わしさもなく、費用もかからず、他人に家に入られることなく、すぐにインターネットが使えるようになるのです。

スマホやゲーム機にも使える

スマホやゲーム機、タブレットなど、Wi-Fiに接続できる機器はとてもたくさんあります。

ポケットWiFiが使える範囲はデスクトップパソコンやノートパソコンだけではなく、Wi-Fiの電波を受信できる機器であれば、どんなものでも使うことができるのです。スマホやゲーム機、タブレットなどと一緒に持ち運べば、もちろんどこでもWi-Fiに繋げることができるようになります。

最近はWi-Fiを受信できる機器はとても多く、スマホやゲーム機などの通信機器だけでなく、生活家電でもWi-Fiに対応しているものがたくさんあります。代表的な機器は次のとおりです。

通信機器
:スマホ、タブレット、パソコンなど
周辺機器
:ゲーム機、ネットワークカメラ、プリンター、CDドライブ、DVDドライブなど
生活家電
:エアコン、スマートリモコン、照明など
AV機器
:テレビ、オーディオ、デジカメ、ビデオなど

ご紹介した機器の中でもWi-Fiに対応していないものもありますが、Wi-Fiに繋げられれば操作性も良くなって、対応機器を便利に使えるようになること間違いなしです。

>>GMOとくとくBBのお得なWiMAX詳細・お申込みはこちら<<

スマホ代が節約できる

スマホと一緒にポケットWiFiを持ち歩けば、スマホの通信量を減らすことができて、スマホの料金を節約することもできるようになります。

スマホを使ってインターネットをしていると、通信量はすぐになくなってしまうと思います。ですが、データプランを一つ大きいものにしようと思うと、スマホの料金はあっという間に高くなっていくものです。

そこで、スマホの料金を節約したいという方におすすめなのが、ポケットWiFiとスマホを併用する方法。

ポケットWiFiとスマホを併用すれば、いつでもスマホでWi-Fiを使えるようになるので、データ量を大幅に節約することができるようになります。極端な話、スマホでのインターネットを全てWi-Fiの電波を使ってすれば、データプランは一番安いプランでも問題なくなるでしょう。

テザリングよりも安心!

外でパソコンを使いたいときに、テザリングを使用している方もいると思います。ですが、ポケットWiFiを使えば、テザリングよりも安心して大容量のインターネット通信ができるようになるのです。

テザリングを使ってインターネットをしていると、スマホの充電はすぐに無くなってしまうと思います。いざ、スマホが必要、という肝心なときに、スマホの充電が無くなってしまっていた…という事態にもなりかねません。

さらに、テザリングでパソコンのインターネット通信をすると、スマホが速度制限にかかりやすくなります。

なぜなら、パソコンで表示されるデータは、スマホよりもデータ量の大きい「パソコン用のページ」が表示されるから。そのため、「スマホ用のページ」が表示されるスマホでの通信よりも、より多くの通信量を使ってしまうのです。

テザリングを使うと、スマホの充電とデータ容量がすぐに無くなってしまいますが、その点ポケットWiFiを使えば安心です。テザリングのときよりも思いっきりインターネットを使うことができるようになるでしょう。

知っておきたいポケットWiFiの種類

ポケットWiFiには大きく分けて2つの種類があります。それは、「WiMAX系」と「LTE系」の2種類で、どちらを選ぶかによってWi-Fiの特徴が違ってくるので、実際にポケットWiFiを選ぶときには、まずどちらの種類のWi-Fiを使うかを決めてから選ぶようにしましょう。

WiMAX系

最初のほうで少しご紹介していますが、WiMAX系のポケットWiFiとは、UQコミュニケーションズから販売されているポケットWiFiで、「WiMAX2+」という回線を使って通信をします。WiMAX2+回線はKDDIグループのサービスなので、auのポケットWiFiでも同じ回線が使われています。

WiMAX系の特徴は、データ容量の制限がない「使い放題プラン」があるということです。1ヶ月間、どれだけインターネットを使っても速度制限がかかることはないので、通信量を気にせず動画や音楽を楽しみたいという方にピッタリです。

>>GMOとくとくBBのお得なWiMAX詳細・お申込みはこちら<<

LTE系

LTE系のポケットWiFiとは、ドコモやソフトバンク、Y!mobileなど、携帯キャリアの回線を使ったWi-Fiのことです。LTEはスマホで使われている4Gという回線と同じものです。

LTE系の特徴は、一般的にWiMAX系よりもインターネット通信速度が速く、広い範囲で繋がりやすいことです。
ですが、データ容量には制限があるので、たくさんインターネットを使いすぎると、すぐに速度制限がかかってしまうというデメリットもあります。

ポケットWiFiを選ぶときに絶対チェックすべきポイント

速度制限

ポケットWiFiを選ぶときに一番に確認したいことが、速度制限がかかるかどうかということです。

上でご紹介したように、LTE系のポケットWiFiであれば、毎月使えるデータ容量には制限があって、そのデータ容量を使い切ってしまうと速度制限がかかります。もしも速度制限がかかってしまうと、追加料金を支払ってデータ容量を購入するか、翌月になって速度制限が解除されるのを待つかしか、解除する方法はありません。

WiMAX系の使い放題プランでは、3日で10GBのデータ量を使うと速度が低下するという速度制限がありますが、3日の合計が10GB以下になればすぐに解除されます。WiMAX系の速度制限はインターネットができないほど通信が遅くなる制限ではなく、制限がかけられる時間帯も、18~翌2時までと限られています。

速度制限はポケットWiFiを使っていく上で大きなネックとなってしまうので、毎月たっぷりインターネットを使いたい、速度制限を気にせずに使いたいという人であれば、WiMAX系のポケットWiFiの方が合っているでしょう。

実質費用

実質費用とは、ポケットWiFiを使っていくときに必要になる、トータルの費用のことです。ポケットWiFiにかかる費用といえば、端末購入費、月額料金、事務手数料、オプション料金などが思い浮かぶかと思いますが、選ぶポケットWiFiによって大きな差が開くポイントでもあります。

例えば、WiMAXのポケットWiFiであれば、端末購入費が無料で、月額料金が割引され、おまけにキャッシュバックまで貰えるというプロバイダーもあるのです。

それに引き換え、端末購入費が必要で、月額料金に割引がなく、キャッシュバックもないというポケットWiFiもあるので、トータルで必要になる費用としては大きな差が出てくることがわかると思います。

  ドコモ WiMAX Y!mobile
データ容量 30GB/月 無制限 無制限
端末購入費 26,000円 0円 41,000円
月額料金 9,000円 4,200円 3,500円
-1,100円/月 -1,200円/年 0円
キャッシュバック 0円 40,000円 0円
初年度トータル 120,800円 9,200円 83,000円

上の例は料金プランの一例ですが、ポケットWiFiには割引やキャッシュバックが用意されていることが多いので、月額料金だけで考えるのではなく、トータルでかかる費用を計算して考えなければいけません。上の例で見ても、かなりの料金差が出てくることがわかるでしょう。

通信エリア

ポケットWiFiの電波が繋がるエリアである「通信エリア」もよく確認してから選ぶようにしてください。

ポケットWiFiの端末があっても、電波が繋がらなければ意味がありません。そして、種類によって通信エリアが違います。他のポケットWiFiでは繋がったのに、別のでは繋がらない、ということも考えられるので、契約の前に通信エリアの範囲内に入っているかどうかを確認することが大切です。

また、通信エリアの範囲の広さも種類によって違いがあることも覚えておきましょう。地下鉄や地下街で繋がりにくいものもありますし、山間部や沿岸部で繋がりにくいものもあります。

それぞれのポケットWiFiの通信エリアの特徴を知って、よく使う範囲が通信エリアに入っているかを考えてから選ばないと、せっかく端末を持っていても使えないということになりかねません。

契約期間

ポケットWiFiを選ぶときに確認しておきたい最後のポイントは、契約期間の長さです。ポケットWiFiはほとんどの場合、2年間か3年間は契約を続けていなければいけません。契約期間の間に解約をしてしまうと「違約金」が発生してしまうので、一度契約すると契約期間中は簡単に止められなくなってしまうからです。

ドコモ、Y!mobile、WiMAXの契約期間と違約金をまとめてみたので、ポケットWiFiを選ぶときの参考にしてください。

ドコモ
契約期間は2年間。2年以内に解約する場合は、契約期間によって違約金の金額が変わります。契約1ヶ月目の違約金が25,600円で、毎月700円ずつ安くなっていき、24ヶ月後以降は9,500円です。
Y!mobile
契約期間は3年間。違約金の金額は「さんねんプラン」で9,500円ですが、バリューセットとバリューセットライトでは、加入月が39,400円で、毎月800円ずつ安くなっていきます。
WiMAX
契約期間は、2年間、3年間、4年間から選択できます。契約月から13ヶ月目までの違約金は19,000円で、14ヶ月目から25ヶ月目までが14,000円、26ヶ月目以降は9,500円です。

契約期間によっては違約金がかなり高額になるので、契約期間に無理がないかどうかも考えてからポケットWiFiを選びましょう!

ポケットWiFiの気になるプランを徹底比較

代表的なポケットWiFiである、WiMAX2+、ワイモバイル、au、ドコモ、ソフトバンクの各料金プランを、表を使って比較してみました。各社とも1ヶ月に使えるデータ量や契約期間、月額料金にはそれぞれ違いがあるので、使い方に応じたポケットWiFi選びの参考にしてください。

  プラン 月額料金 データ量 契約期間 キャンペーンWiMAX2+
WiMAX2+ 通常プラン 3,696円 7GB/月 2年/3年/4年 プロバイダーによって異なる
ギガ放題プラン 4,380円 無制限 2年/3年
ワイモバイル Pocket WiFi プラン2ライト 2,480円~ 5GB/月 なし/3年
Pocket WiFi プラン2 3,696円~ 7GB/月 なし/3年
海外データ定額 3,696円~ 7GB/月 なし/3年
au WiMAX 2+ フラット for DATA 3,696円 7GB 2年 最大25ヶ月間基本使用量が500円割引
WiMAX 2+ フラット for DATA EX 4,380円 無制限 2年
WiMAX 2+ フラット for HOME 4,380円 無制限 2年
ドコモ ベーシックパック 4,300円~ ~1GB 2年 ドコモ利用年数に応じて基本使用料が割引
5,400円~ ~3GB 2年
6,400円~ ~5GB 2年
8,400円~ ~20GB 2年
ウルトラデータLパック 7,400円~ 20GB 2年
ウルトラデータLLパック 9,400円~ 30GB 2年
ソフトバンク 4G/LTEデータし放題フラット 3,696円 7GB 2年 2年契約で基本使用料が永年500円割引
4Gデータし放題フラット+ 3,696円 7GB 2年

WiMAXのプラン名や月額料金はプロバイダーによって違っているので、上の表では、WiMAX2+回線の提供元であるUQコミュニケーションズの月額料金を記載しています。WiMAXの場合、プロバイダーによってさらに月額料金がお得になったり、高額キャッシュバックのキャンペーンが用意されていたりするので、プロバイダーを比較することも大切でしょう。

ワイモバイルにはデータ量無制限のプランはなく、1ヶ月間で5GBか7GBしか使うことができません。月額料金は安く設定されていますが、1ヶ月間のデータ量を使い切って速度制限がかかってしまうと、通常速度に戻すために追加料金を支払う必要があります。

データ量を追加で購入するための金額は、500MBにつき500円なので、たくさんインターネットを使いたい方の場合、結果的にデータ量追加で利用料金が高くなってしまう可能性もあります。

auのポケットWiFiはWiMAX2+の回線を使っているので、WiMAXととてもよく似たプランになっています。データ量7GBのプランと無制限のプランが用意されていて、月額料金もUQコミュニケーションズのWiMAX2+と全く同じです。

ですが、auの項目でご紹介している月額料金は、キャンペーンの500円割引が適用された後の金額となっています。キャッシュバックキャンペーンも用意されていないので、WiMAX2+の方が断然お得さは上です。

ドコモはご紹介したポケットWiFiの中で、一番利用料金が高額です。ドコモでは無制限のプランはないものの、1ヶ月間のデータ量によって月額料金が決まっているので、最大30GBまでデータ量を使うことができます。

ですが、30GBのデータ量を使おうと思うと、月額料金は9,400円にまで跳ね上がります。それならば、データ量無制限のプランが用意されているポケットWiFiを、リーズナブルに使ったほうがお得になるでしょう。

ソフトバンクは2種類のプランが用意されていますが、どちらのプランを選んでも1ヶ月間で使えるデータ量は7GBです。1ヶ月間で7GBのデータ量を使い切って速度制限がかかった場合、1GBのデータ量を1,000円で追加購入しなければならなくなってしまいます。

1GBのデータ量を追加してしまうと、WiMAX2+の無制限のプランよりも料金が高くなってしまうので、たくさんインターネットを使いたい方には向いていないと思います。

おすすめのポケットWiFiはここ!

5つのポケットWiFiを比較してみると、一番おすすめのポケットWiFiはやっぱりWiMAX2+になるでしょう!

その理由は、1ヶ月間で使えるデータ量が無制限なのに、他のポケットWiFiと月額料金が変わらないからです。そして、プロバイダーによっては高額キャッシュバックや月額料金割引などのキャンペーンが開催されていて、より一層お得に使えるというところも理由の一つとなります。

auも同じくらいの月額料金でデータ量無制限のプランがありますが、auではキャッシュバックなどのキャンペーンが行われていません。その点、条件はWiMAX2+と変わりませんが、お得さではWiMAX2+のポケットWiFiの方が勝ります。

もちろん、ポケットWiFiを使う目的や使い方によっては、他の会社のポケットWiFiを使ったほうが良いという場合もあると思います。それぞれのポケットWiFiに良い面があるので、「絶対にWiMAX2+がおすすめです!」とはいえません。

ですが、月額料金、1ヶ月間のデータ量、条件などを含めてトータルで考えてみると、WiMAXが一番良い条件で利用できるポケットWiFiだということになります。

>>GMOとくとくBBのお得なWiMAX詳細・お申込みはこちら<<

ポケットWiFiはどこで契約できる?

店頭

ポケットWiFiは家電量販店や各携帯キャリアのショップなど、店頭で契約することができます。

店頭でポケットWiFiの契約をするメリットと言えば、スタッフの方にわからないことを直接尋ねることができるという点です。契約や申込みで不安なことがある場合、直接説明を聞けるという点は大きなメリットとなります。そして、そのまま端末を持って帰れるので、その日のうちにインターネットが始められます。

反対にデメリットとなる点は、月額料金が高めになること、キャッシュバックの金額が低めであることなど、お得さがないというところです。そして、わざわざ店頭に行かなければならず、待ち時間が長くなるという点もデメリットだと考えられます。

インターネット

インターネットでポケットWiFiを契約する最大のメリットは、キャッシュバックなどの特典も含めて、料金や費用が全般的に安くなるということです。インターネット申込の料金が安くなる理由は、店頭での販売のように人件費やテナント代がかからず、その分料金を安くすることができるため。

また、家にいながら、24時間いつでも申込みができるという点も嬉しいポイントでしょう。

反対に、デメリットとして挙げられることは、その日のうちにインターネットを始められないということです。即日発送であっても、端末が自宅に届くのは翌日になってしまいます。また、申込みは一人でしなければならないので、わからないことがあっても直接説明してもらえません。

ポケットWiFiを契約に気を付けること

契約の縛りがある

ポケットWiFiとは、契約期間に縛りがあることがほとんどです。ほとんどの場合、2年間、3年間などの最低利用期間が決められているので、契約の縛りについても確認しておきましょう。

ご紹介してきたポケットWiFiの中で契約の縛りがないのは、Y!mobileの「ベーシック」という契約種別だけです。

特に、ずっとポケットWiFiを使い続ける予定のない方は、契約期間とポケットWiFiの使い方をよく考えて、コスト的に無駄のない契約をしなければいけません。契約期間の途中で解約することになれば、高額の違約金を支払うことになってしまうからです。

契約期間はそれぞれのポケットWiFiである程度決まっていますが、WiMAX2+は2年と3年の2種類から選ぶことができます。通常プランであれば、さらに4年も選択することができるので、ご自身の使い方に合わせた契約ができるでしょう。

キャンペーンには別途手続きが必要?

ポケットWiFiを申し込むときにキャンペーンが開催されている場合、キャンペーンを適用させるために、別の手続きが必要な場合があります。

例えば、高額キャッシュバックキャンペーンが開催されていて「お得だ!」と思って申し込んだとしても、手続きが完了しなければキャッシュバック金額が貰えないこともあるのです。

特に、WiMAX2+のキャッシュバックキャンペーンは、プロバイダーによっては40,000円ほどの高額になることもあります。もし、手続きをし忘れて40,000円が貰えなくなってしまったら、お得さは随分変わってくるので注意が必要です。

ポケットWiFiを契約するときにキャンペーンが開催されていたら、そのキャンペーンには別途手続きが必要なのか、どうやって手続きをすれば良いのか、ということをしっかりと確認して、適用されないことがないように気をつけましょう。

ポケットWiFi初心者の方の口コミ

まとめ

ポケットWiFiとは一体どのようなものなのか、ということについて総合的に解説してきました。ポケットWiFiとは、持ち運びができるモバイルルーターを総称したもので、パソコンやスマホ、タブレット、生活家電などさまざまなものに接続することができる便利なインターネットサービスです。

ポケットWiFiを使えば、外出中でもいつでもパソコンでインターネットができますし、スマホに接続してスマホ代を安くすることもできます。また、工事不要ですぐに始められる手軽さも魅力の一つ。

ポケットWiFiにはWiMAX系とLTE系の2種類の回線がありますが、速度制限の心配をせずにインターネットを楽しみたいなら、データ容量の制限がないWiMAX系が断然おすすめです!その中でも、特にWiMAX2+であれば、月額料金の割引やキャッシュバックで充実しているので、お得にインターネットを使いたいという人には最適な選択肢でしょう。

WiMAX2+のおすすめランキング!

1位 GMOとくとくBB

とくとくBBロゴ

業界最高水準キャッシュバックで、どこよりも安く利用できる



2位 BIGLOBE

biglobeロゴ

口座振替でもキャッシュバックがもらえる



3位 Broad WiMAX

ブロードロゴ

WEB申込なら初期費用18,857円が無料

カテゴリー: ポケットwifi

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます(一部広告あり)