ポケットWiFiの寿命と替え時とは?寿命に定評のポケットWiFiもご紹介!

いつでもどこでもWiFiが使えるポケットWiFi。とても便利ですよね。

スマホのように外に持ち出すものなので、できれば充電は長持ちしてほしいものですが、どんなものにも寿命があるようにポケットWiFiにも寿命があります。

こちらの記事では、そんなポケットWiFiの寿命と替え時について解説しています。

「最近バッテリー持ちが悪いな」「そろそろ替え時かな?」と思っている方は、ぜひ参考にしてください。


ポケットWiFiの寿命はバッテリーで決まる

結論から言うと、ポケットWiFiの寿命はバッテリーの寿命です。

バッテリーに使われているのはリチウムイオンという電池です。

リチウムイオン、電池は通常の使用だと約2年で寿命がくると言われており、同じくリチウムイオン電池が搭載されているスマホが「寿命は2年くらい」とよく言われるのもこのためです。

リチウムイオン電池は、通常の電池(アルカリやマンガン)と比べ寿命が長いという特徴を持っていますが、充電と放電を繰り返すことによって充電池としての性能が少しずつ衰えてきます。ということはつまり、充電と放電を繰り返した回数が多ければ多いほど寿命が短くなるということです。

ポケットWiFiの充電持ちが悪いと感じたら、端末の故障よりも先にバッテリーに使われているリチウムイオン電池が弱ってきているのでは・・・と疑いましょう。

ポケットWiFiのバッテリーは交換できる?

ポケットWiFiの寿命がバッテリーの寿命だと分かりましたが、端末自体とても高価なものなので、できることなら一つの端末を長く使いたいものです。

ポケットWiFiのバッテリー性能が低くなってきた場合、バッテリーだけを交換することもできます。とはいえ、すべての端末が交換できるわけではありません。

バッテリー交換ができない端末の場合はメーカーに修理を依頼する必要があるので、まずは今使っている端末がバッテリー交換ができるものなのか、インターネットなどで検索して確認しましょう。

〈 交換可・不可端末の一例 〉

メーカー名交換可能端末交換不可端末
HUAWEIWi-Fi WALKER DATA08W

Speed Wi-Fi NEXT W05、W04、W03、W02、W01、

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+HWD15、HWD14、HWD13

NECSpeed Wi-Fi NEXT WX05、WX04、WX03、WX02、WX01Aterm WM3800R、WM3600R

もし、お持ちの端末がバッテリー交換可能であれば、交換するためには次の2種類の方法があります。

  • メーカーからバッテリーを取り寄せて自分で交換する
  • メーカーにバッテリー交換を依頼する

ポケットWiFiの端末によっては自分でバッテリー交換ができる場合もあり、使っているポケットWiFiに対応するバッテリーを購入して交換するだけなので簡単です。

自分でバッテリー交換をすることができないタイプの場合は、無理やり交換しようとすると故障してしまう恐れがあるので、必ずメーカーに依頼して交換してもらうようにしましょう。

バッテリーを長持ちさせるには

バッテリーが交換できるとはいえ、修理代やバッテリー代を考えると、できれば長持ちさせたいですよね。では、バッテリーをなるべく長持ちさせるにはどうすればよいでしょうか。

バッテリーを長持ちさせるためには、普段から次の4つのことに注意して使用することをおすすめします。些細なことですが、気を付けるだけでバッテリーの寿命が幾分か違ってくるはずです。

高温の環境に置かないこと

リチウムイオン電池は高温の環境に弱いという特徴を持っています。直射日光のあたる場所や炎天下の車内などに放置されると、熱に弱いリチウムイオン電池はすぐに劣化してしまうので注意が必要です。

車内や夏場の密閉した室内など、高温になる場所に放置することはなるべく避けるようにしましょう。

充電する回数を減らすこと

リチウムイオン電池は、「充電」と「放電」を繰り返すことでだんだん性能が落ちていくので、単純に充電と放電の回数を減らせばバッテリーが長持ちします。

充電が残っているのに充電を始める・ずっと電源をつけっぱなしにしておくなどといった使い方は、自然と充電回数を増やしてバッテリーの劣化を早めてしまいます。

すべて使い切ってから充電する、充電するときは電源をオフにするようにしましょう。

充電がなくなったら早めに充電すること

充電回数を少なくしたほうが良いとはいえ、充電がなくなったまま何ヶ月も放置しておくこともバッテリーの劣化を招いてしまいます。

充電がなくなったら長期間放置せず、早めに充電をするようにしましょう。

ファームウェアの更新をすること

ファームウェアの更新というのは、ポケットWiFiのアップデートのことを指します。

ポケットWiFiでは定期的にファームウェアの更新が行われており、これには機器の不具合の調整などが含まれていることもあるので、更新の通知が来ていたら必ず更新するようにしましょう。

ポケットWiFiの買い替え時はいつ?

同じ機種を2年以上使っている

ポケットWiFiの端末を購入してから2年以上使っているのなら、もうその端末は替え時でしょう。なぜなら、バッテリーに使われているリチウムイオン電池の寿命が、およそ2年だとされているからです。同じ機種を2年以上使っていれば、充電をする能力は低下してきているので、購入したときと比較して充電の減りが早くなっていると感じると思います。

通信速度が遅くなってきたような気がする

ポケットWiFiの通信速度が遅くなってきたと感じるようになったときも、替え時がきたと考えられます。スマホと同じで、ポケットWiFiの端末も次々と新しいものが発売されていて、通信速度も発売のたびに速くなっていくものです。思ったように通信できない、通信が遅い、と感じられるなら、最新の端末に替えたほうが良い時期でしょう。

もっと快適に使いたい

充電の持ちや通信の遅さ、機能性の低さなど、今使っているポケットWiFiに何らかの不満があるなら、新しい端末に交換したほうが良いかもしれません。新しい端末は古い端末に比べて、通信の速さや機能性がアップしていることが通常です。

もちろん、バッテリーも新しい状態なので、充電の持ちも古い端末よりも上であることは間違いありません。「ポケットWiFiをもっと快適に使いたい!」と思ったときは、最新の端末を検討してみてはいかがでしょうか。

徹底比較!最安で利用できるポケットWiFiはこちら(別記事へ移動します)

寿命が長いポケットWiFiはどれ?

ポケットWiFiで人気の高いWiMAXとワイモバイルでは、一体どの端末の寿命が一番長いのでしょうか。WiMAXとワイモバイルで、それぞれ4つの端末のバッテリー容量を比較してみました。

社名端末名バッテリー容量
WiMAXWX043,200mAh
W042,750mAh
WX032,890mAh
W033,000mAh
ワイモバイル502HW3,000mAh
GL10P2,400mAh
305ZT2,700mAh
303HW2,400mAh

WiMAXとワイモバイルの端末を全体的に見てみると、WiMAXのほうがバッテリー容量の大きな端末が多いことがわかると思います。中でも一番バッテリー容量が多いおすすめ端末は、WiMAXのWX04です。

WX04は最新の端末よりも1つ古いタイプですが、最新の端末と比較してもバッテリー容量はかなり大きく作られています。ワイモバイルの端末を比べても、バッテリー容量の大きさは明らかでしょう。

また、省電力モードとして、消費電力を節約できる「エコモード」が搭載されているので、省電力稼働で充電回数を減らすこともでき、バッテリーを長持ちさせることもできる優秀な端末です。

>>GMOとくとくBBのお得なWiMAX詳細・お申込みはこちら<<

ポケットWiFiの寿命と替え時についての口コミ

WiMAX2+のおすすめランキング!

1位 GMOとくとくBB

とくとくBBロゴ

業界最高水準キャッシュバックで、どこよりも安く利用できる



2位 BIGLOBE

biglobeロゴ

口座振替でもキャッシュバックがもらえる



3位 Broad WiMAX

ブロードロゴ

WEB申込なら初期費用18,857円が無料