ポケットWiFiの防水対策は必要?

WiMAXなどのポケットWiFiは、スマートフォンや携帯電話と同じ精密機器。そのため、外に持ち歩く際は水没や水濡れなどに注意しなければなりません

外出先でポケットWiFiを取り出したり、荷物を整理しているときにうっかりトイレや洗面所の中に落としてしまったり、豪雨などで激しく水濡れしてしまうと大変。

ここでは、ポケットWiFiに防水対策を行う必要性、防水対策のメリットのほか、水没した場合の対策方法を紹介します。


ポケットWiFiは水に非常に弱い!

ポケットWiFiは精密機器のため、スマートフォンなどと同じく水には非常に弱い構造になっています。

水に濡れてしまうと、端末の内部まで水が染み込んでいきますが、そこで電源が入っていると回路がショートし、正常な動作ができなくなってしまうのです。

ポケットWiFiは外に持ち運ぶものなので、バッグやポケットに入れたままにしていて、うっかり雨や水に濡れてしまうことがありますよね。

水濡れも、軽いものなら乾かせば問題はありませんが、濡らしたまま放置したり、しっかりと濡れてしまったままで電源を入れるといった行動は避けましょう。

少なくとも、端末の奥まで水に濡れてしまった場合は乾燥させてから電源を入れるようにしましょう。取り外しのできるフタやバッテリーなどはすべて外して、端末の中まできれいに乾燥させることをおすすめします。

ポケットWiFiを防水対策するメリット

生活防水も気にしなくていい

ポケットWiFiの一番の防水対策は、端末を濡らさないようにすることです。カバーをかけたり、防水対応のケースに入れたりしておけば、水はねやちょっとした雨による水濡れなどの「生活防水」は問題になりません。

ポケットWiFiは外にも持ち運ぶものなので、防水対策をしておくことで安心して外出先でもインターネット接続が楽しめるようになります。水のある場所でポケットWiFiを使う場合は、防水対策をしているか否かで安心度が変わってきます。

災害時でも安心

WiMAXのように、携帯電話とは別の回線を使用しているポケットWiFiは災害時に強さを発揮します。しかし、水濡れなどを起こしてしまうと接続不良や故障に繋がり、肝心なときに使えなくなってしまう可能性も。

普段から防水対策をしておけば、洪水や豪雨、津波などの災害時にもポケットWiFiが使用可能となり、緊急時の連絡がつきやすくなります。

またポケットWiFiには携帯電話やスマートフォンなどと同じ周波数帯域のほかに、電波干渉の少ない5GHzの帯域が使えるものもあります。

5GHz帯域は混雑しにくく通信速度が速いため、災害時に力を発揮してくれます。5GHz対応のポケットWiFiに防水対策をしておけば、万が一のトラブルやアクシデントにも対応できますね。

余計な出費を抑えられる

故障するとその都度修理に出さなければならなくなり、有償修理の場合実費になるため、買い替えなども検討することになるので、余計な出費がかさんでしまいますよね。

ポケットWiFiに防水対策を行っておけば、水濡れによる故障を防ぐことができます。必要のないときに修理や買い替えをしなくて済むように、普段から防水対策を行っておきましょう。

ポケットWiFiの防水対策方法

防水用の専用ケースを購入する

ポケットWiFi本体への防水対策方法はありませんが、専用の防水ケースに入れるという方法があります。

防水ケースを使うことで、外に持ち運びがしやすくなるほか、突然の雨や水濡れにも対応しやすくなります。雨の多い季節には特に防水用のケースが活躍しますので、使いやすいものを一つ手に入れておくと良いでしょう。

タッパーやジップロックに入れる

防水ケースが手元にない場合は、市販のタッパーやジップロックでもOKです。外にポケットWiFiを持ち出す際には、使いやすいケースや袋の中に端末を入れておくと安心です。

タッパーやジップロックなどは、口がしっかり閉まるものがベスト。防水性能がない(水を弾かない)ものは水濡れを起こしてしまうので避けましょう。

ただし、防水性能のあるタッパーやジップロックでも、完全な水没には対応していません。水の中に沈めると口が開いたり、フタが外れたりするおそれがあります。

プールや海に行く場合は、水没の心配のないところに置いて使うようにして、水の中には絶対に沈めないようにしてください。

もし水没してしまったら…

乾燥するまで操作を控える

先ほども紹介したとおり、水濡れを起こした端末はそのまま電源を入れるとショートを起こしてしまいます。乾燥させないまま電源を入れると故障に繋がってしまいますので、必ず1日以上乾かしてから電源を入れるようにしましょう。

水に濡らしてしまった端末は、まず電池(バッテリー)を中から抜いて、電池を入れる部分のフタを開けたまま乾燥させましょう。

扇風機やドライヤーの風を当てて乾燥させる方法もありますが、ドライヤーを近づけすぎると熱による故障を起こす可能性があるので、冷風などで乾かすことをおすすめします。

プロバイダへ連絡・相談をする

自分ではどうにもならない場合、契約先のプロバイダに連絡をしてみてください。水濡れなどの故障については、機種の状態や故障の程度に応じて対応が変わります。

利用開始から14日が経っていなければ、サポートセンターで対応してもらえますが、14日を過ぎていればauショップなどの窓口に修理依頼を行うことになります。

ただし家電量販店などに入っている簡易的なauショップでは対応ができないので、必ず直営の店舗に相談するようにしてください。

プロバイダのサポートセンターやお客さまセンターに連絡し、機種の状態や契約状況を確認してもらえば、それぞれの修理依頼先に案内してもらえます。

水トラブルでポケットWiFiが動かなくなってしまった

契約から1年が経過しているポケットWiFiは、無償修理の対象にはならず有償修理になってしまいます。水濡れや水没が原因となる故障は、部品の交換などが必要になるために、費用がかかるおそれも。

その場合、無理に修理をせず機種変更をして新品のものに変更するか、SIMカードを差し替えるだけですぐに使える「白ロム」の購入も検討したいところです。白ロムは端末の中のSIMカードを差し替えるだけですぐに使えるので、修理を待つ手間が省けます。

また、ポケットWiFiそのものを一度解約して別の事業者のプランに乗り換える方法もあります。場合によっては乗り換えのほうが効率的なので、必要に応じて修理以外の方法も検討してみてください。

ポケットWiFiの防水対策に関する口コミ

まとめ

ポケットWiFiは水に弱い性質を持っているため、外だけではなく室内でも水濡れへの対策が欠かせません。防水対策を行っておけば、端末を長く使い続けることができますし、万が一のアクシデントも防ぐことができます。

普段から防水ケースやジップロックなどに入れておけば、洋服のポケットに入れたまま洗濯機に入れてしまったり、テーブルの上の飲みものをこぼしてしまっても安心ですね。

WiMAX2+のおすすめランキング!

1位 GMOとくとくBB

とくとくBBロゴ

業界最高水準キャッシュバックで、どこよりも安く利用できる



2位 BIGLOBE

biglobeロゴ

口座振替でもキャッシュバックがもらえる



3位 Broad WiMAX

ブロードロゴ

WEB申込なら初期費用18,857円が無料