【初心者必見】光回線とプロバイダの違いってなに?

光回線とプロバイダの違いについて詳しく解説!

こちらの記事では、光回線とプロバイダの違いと関係性について解説し、それぞれの選び方についてもご紹介しています。

光回線を選ぼう!」となった時に、もうひとつ、「プロバイダ」というものを選ばなければいけなくなります。

ですが、どうして光回線とプロバイダの2つを選ばなければいけないのか、そもそも、光回線とプロバイダの違いはどこにあるのか、と不思議に感じている人もいるでしょう。

これから自宅に光回線を引こうとしている人、光回線選びやプロバイダ選びに迷っている人は、これからの解説を参考にして、一番自分に合った選択をしてください。


光回線事業社とプロバイダの関係

光回線事業社とは

まず、光回線事業社とは、光回線というインターネット回線を提供している会社のことです。

光回線を利用するためには、光ファイバーという回線を使う必要があって、光ファイバーを物理的に提供してくれているのが光回線事業社となります。

そもそも、インターネットを利用するということは、インターネットの世界とパソコンなどの情報機器を、何らかの回線を使って繋がらなければいけません。光回線を開通するときに行なう開通工事は、光ファイバーという回線を自宅に繋げるための工事なのです。

例を挙げるとすれば、グラスの中に入ったジュースを飲むためにはストローを挿して、ジュースを口まで運ばなければ飲めません。

同じように、インターネットの世界の情報を見るためには、光ファイバーを繋げて、情報の信号を自宅まで運ばなければいけないということです。

グラスに直接口をつけて飲むという人もいるでしょうが、インターネットの世界はグラスのように動かすことはできないので、中継のための回線が必要となります。

そして、ジュースを飲むためのストローに当たる回線を提供してくれるのが、光回線事業社の役割です。

NTT

NTTは光回線の代表的な存在である「フレッツ光」を提供してくれる事業社で、固定電話の回線を提供してくれていることでも有名でしょう。

また、フレッツ光の他にも、OCN光、ドコモ光、ソフトバンク光、BIGLOBE光など、他の事業社が間に入る「光コラボ」と呼ばれる光回線もNTTによるものです。

NTTにはNTT東日本とNTT西日本の2種類があり、それぞれの地域によって、利用するNTTは異なります。NTT東日本とNTT西日本の光回線は内容的には同じですが、月額料金やサービスの内容、プランなどに違いが見られます。

また、プロバイダサービスも提供していて、OCNはNTTコミュニケーションズが運営しているプロバイダです。

>>フレッツ光の詳細・お申込みはこちら<<

KDDI

KDDIは大手携帯キャリアであるauを運営している会社で、光回線としては「auひかり」を提供してくれています。NTTとは異なり、他の事業社が間に入るコラボ光の回線は持っておらず、auひかりのみを取り扱っている事業社です。

ただしauひかりは様々な先進的なサービスを打ち出していて、これまでの光回線の5倍、10倍の通信速度を誇る「5G」「10G」というプランを利用することができます。

現在、フレッツ光では1Gbpsが最大通信速度となっているので、インターネットの速度の点では、NTTよりも先を行なっていると言えます。

また、プロバイダとして知名度の高いBIGLOBEは、KDDIに買収されて傘下となっています。

>>auひかりの詳細・お申込みはこちら<<

NURO

NUROは光回線事業社の名前ではなく、「NURO光」という光回線のブランド名です。

実際に運営しているのは、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社が運営しているプロバイダである「So-net」となっています。

NURO光の特徴的な点は、2Gbpsという通信速度が基本となっているところです。従来の光回線の2倍が標準的な通信速度となっているので、動画などの大容量コンテンツでもストレスなく楽しむことができます。

ただし、NURO光は使える地域が限定されていて、2019年1月時点では、次の地域でしか利用することができません。

関東 東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
東海 愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
関西 大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県

徐々に対応エリアは拡大されつつあるので、今後は全国的に利用できるようになっていくでしょう。

>>NURO光の詳細・お申込みはこちら<<

ケーブルテレビ

ケーブルテレビ会社が提供している回線は、「JCOM」と呼ばれるもので、ケーブルテレビの回線をインターネット回線として利用することが特徴です。

そのため、ケーブルテレビとインターネットがセットになっているようなイメージとなります。JCOMのインターネット回線はエリアが限られていて、次のようなエリアで利用可能です。

北海道・東北 北海道、宮城県
関東 群馬県、茨城県、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
関西 大阪府、和歌山県、京都府、兵庫県
九州 福岡県、熊本県、山口県、大分県

通常の通信速度は光回線よりも遅く、1Mbps、12Mbps、120Mbps、320Mbpsの4種類です。

ただし、関東の一部地域と札幌、熊本では、ケーブルテレビの回線を使った1Gbpsのコースもあります。auひかりを使った1Gbpsのコースもありますが、関西では提供されていません。

プロバイダとは

プロバイダとは、光ファイバーの中にインターネットの信号を流して、インターネット上の情報を見られるようにしてくれる事業社のことです。

正式名称を「インターネットサービスプロバイダ(Internet Service Provider)」と言い、省略して「ISP」と呼ばれていたり、「接続業者」と呼ばれていたりもします。

光回線事業社の項目で挙げた例を使って例えると、グラスにストローを挿したままでは、中のジュースは口の中にまで運ばれません。

ストローの中にジュースが流れてこそ、私達はジュースを飲むことができます。プロバイダは、光ファイバーというストローの中に、信号というジュースを流してくれるような存在です。

プロバイダは、パソコンなどの情報機器をインターネットに接続できるようにしますが、そのために接続用のアカウントを提供してくれます。

光回線を利用してインターネット上にアクセスするときには、プロバイダが提供してくれるアカウントを使って、インターネット上の情報を見ることになるのです。

OCN

OCNは電話回線で有名なNTTコミュニケーションズが運営する日本最大規模のプロバイダで、日本国内のプロバイダの中でも、シェアNo.1の座を射止めています。

2016年時点で全体の24%とされていたので、インターネット回線を利用している4人に1人がOCNを選んでいるということになるでしょう。

フレッツ光やドコモ光などの光回線のプロバイダとしても選択できますが、その他、モバイルルーターのWiMAXやADSLなどのプロバイダとしても利用可能です。また、「OCN光」というコラボ光回線も提供しているので、光回線事業社でもあります。

>>OCN光の詳細・お申込みはこちら<<

Plala

Plalaを運営しているのはNTTぷららという会社で、OCNを運営しているNTTコミュニケーションズと同じグループに属しています。ただし、シェアはOCNと比較して低く、全体の7~5%のシェアに留まっているようです。

プロバイダとしてのPlalaは、フレッツ光、ドコモ光などの光回線で利用可能ですが、「ぷらら光」という光回線も提供してくれています。

その他、フレッツADSL、フレッツISDN、モバイル接続、ダイヤルアップ接続などのプロバイダとしても利用可能で、取り扱っている回線の種類はかなりの多さです。

IP電話の「ぷららフォン」、光回線を利用したテレビサービスである「ひかりTV」もPlalaのサービスとなっています。

BIGLOBE

BIGLOBEはビッグローブ株式会社が運営しているプロバイダですが、現在ではKDDIのグループ会社となっています。

プロバイダとしてのシェアはかなり高く、1位のOCNには大きく引き離されているものの、全体の8%と国内シェア第4位に輝きました

フレッツ光、ドコモ光のプロバイダとして選択可能ですが、選べるプロバイダ数が少ないauひかりのプロバイダとしても選択できるところが特徴的です。

また、OCN光やぷらら光のように、「BIGLOBE光」という光回線も提供しています。高い人気を誇るモバイルルーターであるWiMAXのプロバイダとしても選べるので、利用できる範囲はとても広いと言えるでしょう。

>>ビッグローブ光の詳細・お申込みはこちら<<

So-net

So-netはソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営しているプロバイダで、国内のシェアは9%と第3位に輝いています。

2018年度のオリコン顧客満足度調査によると、関東圏でプロバイダ第1位を取得したようです。

フレッツ光、ドコモ光、WiMAXのプロバイダとして利用できますが、プロバイダの選択肢が少ないauひかりでも利用可能です。

また、同じくソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供している「NURO光」では、プロバイダは必ずSo-netとなります。

その他、So-net光という光回線サービスも取り扱っているので、光回線事業社としても有名です。

>>NURO光の詳細・お申込みはこちら<<

今話題の光コラボってなに?

光コラボとは、「光コラボレーションサービス」の略称で、NTTの光回線を借りて、NTT以外の事業社が提供する光回線のことです。

2015年3月、NTTから光回線を借りられるようになったことで、プロバイダが独自のサービスとして光回線を提供できるようになったのです。

もともと、光回線を利用するためには、現在のフレッツ光のように「光回線事業社+プロバイダ」という契約が必要でした。

最初に解説したように、光回線だけではインターネット通信ができないので、プロバイダも契約して、通信するための情報を流してもらわなければいけないからです。

ですが、光コラボを利用すれば、プロバイダとの契約だけで「光回線事業社+プロバイダ」という契約がまとめてできるようになります。
プロバイダが光回線もまとめて取り扱っているので、二社と契約する必要がなくなるのです。

コラボ光は一社だけで完結するので、光回線事業社とプロバイダの両方と契約するよりも、月額料金が安いというメリットがあります。

また、支払いも一本化されるので、インターネット料金の管理が楽になるという点もメリットでしょう。

実はプロバイダにはあまり差がないって本当?

プロバイダは日本国内に数百社以上あると言われているので、選ぶのが大変だと思われるかもしれません。

ですが、実はプロバイダにはあまり違いがないため、プロバイダ選びはそれほど慎重にならなくても良いと思います。インターネットを快適に使いたいということであれば、プロバイダ選びよりも、光回線選びのほうがよほど重要です。

プロバイダの役割は、最初にご紹介したように、利用者にアカウントを提供して通信の情報を流し、パソコンなどの情報機器をインターネットに繋ぐことです。

つまり、「インターネットと情報機器を繋ぐ」ということができれば良いので、プロバイダ選びによって速度や通信の安定性に大きな違いが出てくるということはないでしょう。ちなみに、プロバイダの月額料金にも大きな差はありません。

それでは、どのようにプロバイダを選べばよいのでしょうか。シェアや知名度の高さ、サポートの充実具合で選んでも良いですが、契約するときのキャンペーンの充実度で選ぶこともおすすめです。

プロバイダは、各社がそれぞれキャンペーンを開催しているので、タイミングによっては高額キャッシュバックなどが受け取れる場合もあります。

光回線・プロバイダの選び方

速度を重視したい

光回線の通信速度を重視したい!」という場合は、光回線の通信速度を表す「bps」の値が大きい光回線を選ぶことが基本です。

「上り」はインターネットに情報をアップロードするための通信速度のことなので、インターネットから情報をダウンロードする方の「下り」の通信速度をチェックしましょう。

動画やインターネット上の情報の閲覧、オンラインゲームなどは、インターネットから情報をダウンロードして利用するものだからです。

一般的な光回線の通信速度は、「1Gbps」という速度です。通信速度を表す数字が大きくなればなるほど、基本的な通信速度が速いということになります。主な光回線の事業社を通信速度が速い順で並べてみると、次のようになります。

  • NURO光
  • auひかり
  • 光コラボ
  • フレッツ光
  • モバイルルーター
  • ケーブルテレビ

NURO光は基本的な通信速度が2Gbpsととても速いですが、2Gbps以上の通信速度で契約することも可能です。auひかりも5Gbps、10Gbpsという通信速度の光回線を取り扱っていますが、NURO光よりは速度が出にくくなっています。

光コラボとフレッツ光はどの回線も1Gbpsという標準的な通信速度ですが、フレッツ光より光コラボの方が通信速度は速いと言われています。

NURO光

NURO光は国内最速の光回線として有名で、下り最大2Gbpsが基本となっています。他の光回線よりも通信速度は速いのですが、月額料金はプロバイダ料金込みで、お得に利用できるところもメリットでしょう。

また、NURO光では「NURO光10G」というサービスの提供も始めています。

NURO光10Gは、通常の光回線の10倍である10Gbpsという通信速度を実現した光回線で、次世代の規格であるXG-PONを採用したため、10Gbpsもの高速化に成功しました。

NURO光の通信速度は他を圧倒しますが、利用できるエリアが限られていることがネックです。先にもご紹介していますが、2019年1月時点での対応エリアをもう一度ご紹介しておきます。

関東 東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
東海 愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
関西 大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県

>>NURO光の詳細・お申込みはこちら<<

auひかり

auひかりでは、基本的な通信速度は1Gbpsなのですが、「高速サービス利用料」を支払うことで、5Gbpsと10Gbpsの契約をすることができます。

高速サービスを利用すればNURO光と同じ通信速度となりますが、NURO光よりも速度は出にくいようです。

ただし、auひかりは他の光回線よりも少ない人数で通信を共有しているので、通常の1Gbpsの契約でも速度が出やすいと言われています。そのため、「10Gbpsも必要ないけど速度は欲しい」という方におすすめでしょう。

また、auひかりで5Gbpsと10Gbpsの高速サービスが利用できるのは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一部のみとなっているので、10Gbpsの通信速度が欲しいという場合、NURO光の方が対応エリアは広くなります。

>>auひかりの詳細・お申込みはこちら<<

スマホ割を重視したい

スマホ割とは、光回線と大手携帯キャリアのスマホを同時に契約すると、スマホの月額料金が安くなるという割引のことです。光回線を契約するだけで、今使っている携帯電話やスマホの月額料金が安くなるので、単純にお得度がアップします。

スマホ割の割引率は各携帯キャリアによって異なりますが、割引が充実しているところだと、毎月2,000円の割引が家族10人まで適用されるというものもあります。

光回線を契約するだけで、毎月最大20,000円もお得になるので、光回線の月額料金は実質無料ということになるでしょう。自宅で光回線が使えるようになるのに、スマホの月額料金は安くなるのですから、こんなにお得なことはありません!

スマホ割は、大手携帯キャリアが提供しているドコモ光、ソフトバンク光、auひかりでは当然適用されます。ですが、その他の事業社が提供する光回線でも、スマホ割が適用される確率は高いので、使っているキャリアのスマホ割が適用される光回線を探してみてください。

ドコモ光

ドコモ光を契約すると、「ドコモ光セット割」という割引が適用され、ドコモスマホの月額料金に永年の割引が適用されます。

割引額はスマホで契約しているパケットパックの種類によって変わり、割引額は100~3,500円です。

基本的に、ウルトラシェアパックなどの高額パケットパックへの割引額が大きいので、家族全員でウルトラシェアパック100を利用しているという人であれば、ずっと毎月3,500円の割引が受けられるのでかなりお得でしょう。

ただし、ドコモ光セット割が適用されるスマホの回線は1回線のみで、auやソフトバンクのように、家族全員のスマホが対象となるわけではありません。ドコモ光の契約者の名義で契約しているスマホのみが、割引対象となります。

>>ドコモ光の詳細・お申込みはこちら<<

ソフトバンク光

ソフトバンク光を契約すると、「おうち割 光セット」という割引が適用されます。おうち割 光セットは、スマホや携帯電話1回線につき、毎月最大1,000円が割引されるというもので、最大10回線まで適用されるという点が特徴です。

割引額はスマホで契約しているプランによって、500円か1,000円が適用されますが、割引は永年継続します。

さらに、スマホや携帯電話だけでなく、iPadやタブレットも割引対象となっているので、家族が少ない方でも回線数が多ければお得になります。1人でスマホとタブレットの2回線を利用していれば、その両方共におうち割 光セットが適用されるからです。

>>ソフトバンク光の詳細・お申込みはこちら<<

auひかり

auひかりを契約すると「auスマートバリュー」という割引が適用され、スマホ月額料金が最大2年間に渡り、毎月2,000円割引されます。そして、割引対象となるのは家族最大10人までなので、家族が多ければ多いほど割引額が大きくなっていくところがメリットでしょう。

auスマートバリューの割引額も契約しているプランによって変わりますが、500~2,000円の間で適用されます。ただし、最大2,000円の割引となるのは2年間だけで、3年目からは割引額が減額されることに注意してください。また、auスマートバリューの適用を受けるためには、auひかりと光電話の両方の契約が必要です。

>>auひかりの詳細・お申込みはこちら<<

コスパを重視したい

月額料金をなるべく抑えながら光回線を利用したいという場合は、コスパの良い光回線事業社を選ぶのがおすすめです。コスパの良さは個人個人の状況によっても変わってくるので、一概には言えませんが、各光回線事業社には次のようなお得さがあります。

NURO光 ・戸建てタイプでも4,743円と月額料金が安い

・8階建て以上のマンションで10人以上の利用者がいれば月額1,900円で利用可能

・ソフトバンクのスマホ割が適用される

ドコモ光 ・ウルトラシェアパックを利用していれば2,500~3,500円のスマホ割が適用
ソフトバンク光 ・最大10回線まで500円か1,000円のスマホ割が適用される
auひかり ・家族10人まで500~2,000円のスマホ割が適用される
光コラボ ・プロバイダとセットなので月額料金が安めになっている

それぞれの光回線のお得なポイントを挙げてみましたが、その他、キャッシュバックなどのキャンペーンや特典の適用によって、お得になる光回線もあるでしょう。

上の項目でご紹介したように、使っているスマホのキャリアからの割引なども考慮して、それぞれでどれだけお得になるのか計算することが大切です。

光コラボ

コスパが良い光回線はそれぞれの状況によって変わりますが、月額料金が安く、誰でもお得になる光回線は光コラボ系でしょう。

光コラボはプロバイダと光回線がセットになっているので、月額料金が安くなっており、各種キャンペーンが開催されていることもあります。

また、スマホ割が適用されることも多いので、使っているキャリアに合わせて光コラボの回線を選べば、かなりお得度が増すのではないでしょうか。

光回線 月額料金 スマホ割
OCN光 戸建て:5,100円

マンション:3,600円

OCN モバイル ONEで毎月200円割引
BIGLOBE光 戸建て:4,980円

マンション:3,980円

auスマートバリュー適用
So-net 戸建て:3,980円(3年間)

マンション:2,980円(3年間)

auスマートバリュー適用
ぷらら光 戸建て:4,800円

マンション:3,600円

なし

代表的な光コラボ4社の月額料金とスマホ割をまとめてみました。特に、auスマートバリューは多くの光コラボで採用されているので、auのスマホを使っている人であれば、かなりお得になる選択肢は多いはずです。

フレッツ光は30ヶ月間の割引が適用されて月額料金5,100円ですが、31ヶ月目からは月額料金が5,500円になってしまいます。フレッツ光とコラボ光を比較すると、やはり安いということがわかるでしょう。

地域によって最安値を提供している事業会社が変わる

関東

関東で一番安く使える光回線は、次の3つです。
特にNURO光は他の光回線に比べて月額料金が安いので、スマホ割が関係しない格安スマホの方にもおすすめできます。

光回線 スマホ割対象キャリア
NURO光 ソフトバンク
auひかり au
ドコモ光 ドコモ

NURO光はソフトバンクのスマホ割が適用されるので、ソフトバンクのスマホや携帯電話を利用している人なら、もっとお得に利用することができるでしょう。

もしも、ソフトバンク以外のスマホを使っているということなら、auユーザーならauひかりを、ドコモユーザーならドコモ光を使えば、スマホ割が適用されてお得です。

東海

東海に住んでいる人であれば、一番安く使える光回線は次の3つとなります。

光回線 スマホ割対象キャリア
NURO光 ソフトバンク
コミュファ光 au
ドコモ光 ドコモ

コミュファ光は東海エリアだけで提供されている光回線で、中部電力が提供しています。電力会社系の光回線は全国でも評判が良く、他の光回線よりも月額料金が安く設定されているのでおすすめです。

また、コミュファ光はauを運営しているKDDIのグループ会社なので、auスマホとのセット割が適用になり、auユーザーの人はとてもお得に使うことができます。

東海は月額料金が控えめなNURO光の対応エリアになっているので、ソフトバンクのスマホを使っている人はNURO光が良いでしょう。ドコモユーザーの人は、関東エリアと同様、ドコモ光がお得に使えます。

関西

関西に住んでいる人におすすめできる光回線は、次の3つです。

光回線 スマホ割対象キャリア
NURO光 ソフトバンク
eo光 au
ドコモ光 ドコモ

ソフトバンクのスマホを使っている人にはNURO光を、ドコモのスマホを使っているに人はドコモ光をおすすめしますが、auのスマホを使っている人であれば、関西電力が提供しているeo光がおすすめです。

eo光はauひかりよりも月額料金が安く、通信の品質も安定していると評判が良いので、関西圏に住んでいるauユーザーはeo光を選びましょう。

また、スマホ割が適用されない格安スマホを使っている人は、通信速度が速く、月額料金が安いNURO光を使えば、インターネット料金を抑えられます。

四国

四国エリアで最も安く使える光回線は、次の3つです。

光回線 スマホ割対象キャリア
ピカラ光 au
ソフトバンク光 ソフトバンク
ドコモ光 ドコモ

四国では、四国電力系列の通信会社であるSTNetが提供しているピカラ光を使うことができるので、auユーザーの人はピカラ光を申し込めば、最安値で光回線を利用できます。

また、四国はソフトバンクのスマホ割が適用されるNURO光の対応エリア外なので、ソフトバンクユーザーの人は、ソフトバンク光を導入して、スマホ割を適用させましょう。四国がNURO光の対応エリアに入れば、ソフトバンク光の代わりに、NURO光を使いたいところです。

ドコモのスマホを使っている人は、ドコモ光が一番お得になります。

上記以外のエリア(全国)

関東、関西、東海、四国以外のエリアに住んでいる人は、次の3つの光回線が最安値の回線となります。

光回線 スマホ割対象キャリア
auひかり au
ソフトバンク光 ソフトバンク
ドコモ光 ドコモ

ご紹介してきたエリア以外に住んでいる人は、電力会社系の光回線を利用できないので、大手携帯キャリアが提供している光回線を使えば、一番安くインターネットを利用できます。

また、スマホ割が不要な人、格安スマホを使っている人であれば、auひかりの利用が最安値となるようです。

光回線とプロバイダの違いに関する口コミ

まとめ

光回線事業社とプロバイダは役割に違いがあるので、自宅で光回線を使うためには、光回線事業社とプロバイダの両方と契約しなければいけません。

「光回線とプロバイダの両方を選ぶのは大変そう…」と感じる人もいるでしょうが、光回線の快適さを決めるのは光回線なので、プロバイダ選びはそれほど慎重にしなくても大丈夫です。

通信速度の速さやスマホ割によるお得さ、コスパの良さなど、光回線に求めるものは、人それぞれだと思います。

重視したいポイントによって選ぶべき光回線は変わってくるので、ご紹介してきた解説を参考にしながら、ご自身の希望に一番合った光回線を選んでください。

光回線のおすすめランキング!

1位 NURO光

nuro光ロゴ

業界最速の通信速度で動画やゲームもらくらく快適



2位 auひかり

auひかりロゴ

関東一部エリア限定で超高速最大10Gbpsで利用可能



3位 ドコモ光

ドコモ光ロゴ

今ならキャンペーンで新規工事料が無料



4位 SoftBank光

ソフトバンク光ロゴ

インターネット会員数No.1の信頼感