こちらの記事では、ポケットwifiをなくした・紛失・盗難・探すという時に役立つ情報をご紹介します。紛失や盗難が起きた場合の連絡先も掲載しているので、ご紹介する順番に手続きを進めていけば大丈夫です。


ポケットwifiがない!そんな時はどうすればいい?

常に持ち歩いている方も多いポケットwifi。ポケットwifiをなくした・紛失・盗難・探すという場合の正しい手順や連絡先を知っておけば、いざという時にも慌てずに済みます。

ポケットwifiの紛失や盗難が起きた時に、何の知識も無ければ、どうすればいいのかさっぱりわからなくなってしまうと思います。ポケットwifiがなくなった時には、プロバイダへの連絡や紛失届の提出、紛失補償制度の申込みなど、いろいろな手続きをしなければなりません。

ポケットwifiは持ち運ぶことが多く、とても小さく軽いもの。「ついうっかり…」というミスは防ぎきれないと思います。ポケットwifiも通信機器なので、第三者による悪用がないとも限らないので、紛失・盗難が起きた時の参考にしてください。

まずはプロバイダに連絡をしよう

ポケットwifiをなくした・紛失・盗難・探すという場合には、まずはプロバイダに連絡をしましょう。ポケットwifiを拾った第三者に悪用されないように、回線を止めてもらわなければいけないからです。

各プロバイダのサポートセンターの連絡先を掲載しますので、まずは次の電話番号に連絡をしてください。

各プロバイダ連絡先一覧


念のため警察に紛失届を提出しよう

ポケットwifiをなくした・紛失・盗難・探すという場合、遺失物扱いになるので、念のために警察に紛失届を提出しましょう。

紛失届を提出しておけば、インターネット上で拾得物として届けられたかどうかを確認できるので、後々ポケットwifiを見つけるにも簡単になります。拾得物の確認は、警視庁公式サイトの「落とし物検索」というページから確認できます。

警視庁の落とし物検索ページについて

落とし物検索ではカテゴリ別に拾得物が掲載されています。ポケットwifiであれば、「携帯電話類 – その他通信機器類」のカテゴリの中に登録されるでしょう。

「その他通信機器類」のカテゴリを選んで、ポケットwifiの紛失届を提出した日程を選び、落とした場所のカテゴリを指定すれば登録データを見られます。

警視庁公式サイトの落とし物検索ページは便利ですが、公表されているのは警察に届けられてから3ヶ月間だけです。なので、ポケットwifiを探したい時には、定期的に落とし物検索のページをチェックするように気をつけてください。

プロバイダの紛失補償制度を確認しよう

ポケットwifiを落としてしまった場合、プロバイダの紛失補償制度を利用できる場合もあります。紛失補償制度があるかどうかはプロバイダによって違いますが、もし補償制度があるプロバイダと契約していたら、補償を受け取ることができるのでかなりオトクです!

ポケットwifiに対して紛失補償制度があるプロバイダと、補償の内容は次のようになります。

各プロバイダ補償内容

各携帯電話会社では紛失補償制度は必ず用意されていますが、WiMAXでは補償のオプションがないところもあります。なくした・紛失・盗難・探すという時のために、紛失補償制度が充実しているプロバイダがおすすめです!

今後の契約について考えよう

ポケットwifiを紛失してしまって、全く見つからない…という場合、「補償を受ける」「解約して再契約」「解約して乗り換える」の3つから選ぶことになります。プロバイダの紛失補償制度の内容と、今後の契約をどうしたいのかというところを照らし合わせて、3つの選択肢から選びましょう。

紛失補償制度があるプロバイダの場合は、新品同様のリフレッシュ品を受け取って、そのままポケットwifiの回線を使い続けることができます。リフレッシュ品を受け取ることができれば、端末が違うものになっただけで、契約や回線が変わることはないので今まで通りです。

ただし、紛失補償制度がないプロバイダだった場合は、紛失したポケットwifiの回線ごと解約が必要になります。それから、同じプロバイダで再契約をし直すか、他のプロバイダに乗り換えて契約するかを選びますが、解約には違約金が必要でしょう。

違約金はプロバイダや契約期間によって違いますが、10,000~20,000円前後が目安となります。

できるだけ紛失・盗難に遭わないようにするためには

ポケットwifiはスマホよりも個人情報が詰め込まれたものではありませんが、やっぱり紛失しないように、盗難に遭わないように気をつけるのが一番の方法です。

ポケットwifiをなくした・紛失・盗難・探すという場合、ご紹介してきたように、プロバイダへの連絡、紛失届の提出、紛失補償制度の申込み、解約、新規契約…と、かなり面倒な手続きをしなければならなくなってしまいます。

紛失や盗難を防ぐためには、「自宅での置き場所を決めておく」ということが一番大切です。クレイドルを持っていれば、自宅に戻ったら必ずポケットwifiをクレイドルに戻しましょう。ですが、持ち運びをしている時に失くしてしまうということも多いと思います。

持ち出し中のポケットwifiを探す「ステッカーファインド」

ポケットwifiを持ち運んでいる時になくした・紛失・盗難・探すという場合に便利なアイテムが、GPSがついたコインのようなステッカーです。「ステッカーファインド」と呼ばれるアイテムですが、ステッカーを端末に貼っておけば、「iPhoneを探す」のようにポケットwifiの場所を見つけられるようになります。

ただし、ステッカーファインドの探索できる範囲はとても狭く、おおよその置き場所しかわからないので、完全に探し出せない可能性も捨てきれません。やっぱり、いざという時のために、紛失時のサポート体制や紛失補償制度が整ったプロバイダを選ぶことは大切でしょう。