【更新】2018年8月のGMOとくとくBB(WiMAX2+)のキャッシュバック金額は最大43,000円

毎月高額のキャッシュバックプランを行っているGMOとくとくBBのWiMAX2+の2018年8月のキャッシュバック金額は『43,000円』に変更されました!!このキャッシュバックを受け取れるのは3年契約に限りますが、2年契約でも29,300円~34,100円のキャッシュバックが受け取れます。なお、キャッシュバック金額はプランや申し込みを開始するページにより異なりますので、必ずこちらのキャッシュバック金額が増額されている専用の申し込みページから申し込みするようにしましょう。

2018年8月:キャッシュバックは最大43,000円(3年契約)、34,100円(2年契約)

なお、8月から端末ラインナップに変化があり、WX03が選べなくなってしまいました。ただ主力である最新のWiMAX端末「W05」(W05の解説記事はこちら)はそのままですので、それほど影響はないと言えます。
最新のWiMAX端末であるW05で申し込んでも最大で43,000円のキャッシュバックを受け取れるので、引き続き、国内のWiMAX2+プロバイダーの中で最強のキャッシュバックキャンペーンの座を維持しています!

GMOとくとくBBのキャッシュバック金額

 

また、今月も引き続き最新のWiMAX端末「W05」のクレードル付きプランが魅力的です。2018年8月現在W05のクレードルは3,000円~4,300円前後で販売されていますが、GMOとくとくBBのWiMAX2+ギガ放題におけるキャッシュバックプランを見てみると「クレードル付きを選択してもキャッシュバック金額は3000円程度しか減らない」ことが分かります。別途購入しても良いですし、面倒な人はクレードル付きギガ放題プランを選択すれば良いでしょう。なお、W05のクレードルセットを申し込むべきかについては「特集記事:【必読】W05(WiMAX端末)のクレードルは必要?有線(LAN)/充電/電波強化/価格を解説」で解説していますので合わせて参考にしてください。

なお、GMOとくとくBBは、申し込みを開始するページでキャッシュバック金額が異なることがありますので、必ず以下の公式ページから申し込むようにしましょう。

【GMOとくとくBB WiMAX2+ 公式ページ】:http://gmobb.jp/wimax/

 

キャッシュバックはいつ?受け取り方法は?

このようにGMOとくとくBBは高額なキャッシュバック金額で、実質的なWiMAX2+を利用する為の費用負担を業界最低水準に抑えられるプロバイダとしておすすめできます。しかも、他のプロバイダーがよくやっている『特定のオプション利用が必要だよ』みたいな複雑な条件はGMOとくとくBBにはありません。ただし、GMOとくとくBBにこれから申し込む人に”絶対に注意しておいて欲しい”ことがあります。

それは、キャッシュバックを受け取るための手続きを絶対に忘れないようにしてほしい!ということです。キャッシュバックの受け取り申請をしっかりやらないと、キャッシュバックを受け取れないという最悪の事態に陥ってしまいます。この手続きを怠ってしまうと、せっかくの高額キャッシュバック金額のキャンペーンが無意味になってしまいます。まず以下の流れを把握しましょう。

期限切れに注意!キャッシュバック受け取り方法は?キャッシュバックは自動的に入金されるわけではない
まず、最も重要なことは11か月目~12か月目にGMOとくとくBBに申し込むときに作成するGMOのメールアドレスから手続きすることから手続きが始まる、ということです。このメールの案内にしたがって、キャッシュバックの振込先口座を登録することではじめてキャッシュバックを受け取ることができるのです。この登録期間はメールが届いてから1か月。この1か月がとても重要なのです。なお、登録が問題なく終われば指定した銀行口座に振り込まれます。

もしも、キャッシュバックに関するメールに気づかない、あるいは忘れてしまうなどして、1か月が過ぎてしまうとキャッシュバックを受け取ることができなくなってしまいますただし、GMOとくとくBBからのメールをちゃんとチェックして期間内に口座情報を登録するだけで、必ずキャッシュバックを受け取ることができるのですから、実はそんなに難しいことではありません

<キャッシュバック受け取り手続きのポイント>

  1. WiMAX申込時に作成したGMOメールアドレスに届くメールをチェックする
  2. 契約から11か月目にキャッシュバックに関する重要なメールが届く
  3. メールが届いてから1か月以内に口座情報の登録を済ませる

以上の3点に気を付けて必ずキャッシュバックしてもらうようにしましょう!

 

【期限切れに注意】キャッシュバックを貰い損ねないために!!

GMOとくとくBBから発行されるメール(キャッシュバック手続き開始連絡が届くメール)は大半の人は普段利用することはありません。そのため、キャッシュバック手続き開始メールに気づかないで終わってしまうのが一番のリスクです。それを防ぐためには、携帯電話のカレンダーソフトに登録したり、リマインダーなどを使ったり、もっとアナログで付箋に日付を書いてWiMAXのモバイルルータの裏やクレードル・パソコンや冷蔵庫などの目に付く場所に貼っておくことでも良いでしょう。また、GMOとくとくBBからもらえるメールアドレスを普段利用しているメールアドレス宛に転送設定しておくのも1つの方法です。

なお、高額な金額であるがゆえに手続きを忘れて期限切れになってキャッシュバックが受け取れなかった人の中には消費者センターに駆け込む人もいるようです。こちらのNPO法人・消費者機構日本のホームページにも紹介されていますが、利用者からの苦情や各種団体からの要請を受けてGMOとくとくBBも以前よりは手続きしやすい、期限切れにならないように配慮しているようです。

いずれにせよ、キャッシュバック受取手続きを忘れて期限切れになってしまうとGMOとくとくBBを選ぶ最大のメリットが無くなってしまいます。最後にGMOに苦情を入れたりゴネたりする方法もありますが、面倒なやり取り・交渉をしなければなりません。そんなことにならないように、キャッシュバック手続きを忘れないようにご自身でしっかり管理するようにしましょう!

 

【2回目は対象外】解約&再入会はNG

GMOとくとくBBのホームページにある「キャッシュバック特典に関する注意事項」に、「上記期間内に本キャンペーンページより「GMOとくとくBB WiMAX 2+接続サービス」をお申し込みいただいた方のみ対象となり、過去にキャッシュバックキャンペーンの適用を受けた方は対象外となります。」と記載されています。つまり、GMOとくとくBBのWiMAX 2+利用中の人が2年(または3年)経過したので解約して再入会してキャッシュバックを受け取ろうとしても対象外になってしまうので注意しましょう。

 

Q&A キャッシュバックメールはいつ届く?メールが来ないときは?

これは重要なポイントなので繰り返します。

キャッシュバックメールはGMOとくとくBBからもらえるメールアドレスに利用から11か月目に届きます。Gメールなどにメールが来るわけではありませんし、何度もメールをしてくれることもありません。GMOとくとくBBのメールを11か月目に確実に確認するように、申し込みの時点で忘れないようにしておくことが重要なポイントです。どうしても不安な時は11か月目が始まったタイミングでコールセンターに電話して確認すれば確実です。

メールが届いてから1か月以内に手続きしないと期限切れになってしまいます。この11か月目と1か月以内は”絶対に”忘れないようにしましょう。これを忘れるとキャッシュバックが受け取れず、本当に我慢ならない気持ちになってしまいます。GMOとくとくBBの高額キャッシュバックプランは「キャッシュバックなしを前提にすると月額料金が割高です」。手続きを忘れるとその後の利用料金の高く他のプロバイダーにしておけばよかったと必ず後悔してしまいます。

何よりもキャッシュバック手続きを忘れない、これがGMOとくとくBBを快適に利用する秘訣です。

 

【重要!】その他のGMOとくとくBBのキャッシュバックの条件と注意事項

GMOとくとくBBのホームページにある「キャッシュバック特典に関する注意事項」を確認すると下記のようなことが書かれてます。特に赤字の箇所については要注意!!

<キャッシュバック特典について>

”キャッシュバック特典は、WiMAX端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。基本メールアドレスはGMOとくとくBBへのご入会時にお作りいただくメールアドレスとなります。キャッシュバックのお受け取りに関してはキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールをご確認ください。また、振込時期までに以下に該当する場合、キャッシュバック特典は適用されません。”

  • 特典対象接続サービスの変更
  • 特典対象接続サービスの解約
  • 未納によるサービス一時停止または強制解約
  • ご指定口座確認のご案内メールの送信日より翌月の末日までにお受取口座のご連絡をいただけなかった場合、またはお受取口座情報に不備がある場合
  • その他GMOとくとくBBが対応困難と認めるものがあった場合

GMOとくとくBBの解約について

GMOとくとくBB WiMAX2+にはクーリングオフのような制度があります。初期契約解除と呼ばれている解約方法です。

初期契約解除は、契約後でも違約金無料で解約できるもので、とくとくBB公式ページのピンポイントエリア判定http://gmobb.jp/wimax/)で「○」が出たエリアに住んでいる人は契約後20日以内に解約すると違約金無しで解約できます!
(※「○」以外のエリアに住んでいる人でも8日以内なら違約金なし。)
WiMAX端末が届いたらすぐ使ってみてください!利用できるかどうかチェックしてみて、通信速度が遅かったり品質が悪かった場合は、期日以内に解約の連絡と端末返却を行うことで違約金無しで解約可能です。

GMOとくとくBBは、申し込みを開始するページでキャッシュバック金額が異なることがありますので、必ず以下の公式ページから申し込むようにしましょう。

それとキャンペーンによってはキャンペーン違約金が発生する場合もありますので細かい条件に目を通すようにしましょう。

【GMOとくとくBB WiMAX2+ 公式ページ】:http://gmobb.jp/wimax/