FREETEL用1024_600_01
プラスワン・マーケティング(以下、プラスワン社)の格安スマホ事業であるFREETEL(以下、フリーテル)が、楽天によって買収されることが正式に発表されました。

楽天はフリーテルブランドを残す意向ではあるものの、今後料金がどのように変化するのかなど、現時点では全くわかりません
この機会にフリーテルから乗り換え(転出)や解約を検討される方が結構いるようです・・・。

そこで今回は、フリーテルからの乗り換え(転出)・解約方法についてご紹介しておきます。


FREETEL(フリーテル)とは?

FREETEL(フリーテル)はプラスワン社が展開している格安スマホ事業のブランド名です。

楽天とプラスワン社は、2社ともNTTドコモのネットワークを利用した仮想移動体通信事業者(MVNO)として、格安スマホ事業を展開しています。

プラスワン社は大きく分けて、自社製モバイル端末事業MVNOのフリーテルSIM回線事業をそれぞれ手掛けてきましたが、今回はフリーテルSIM回線事業を楽天に売却します

フリーテルの売却理由

何故売却したのでしょうか?その背景には、プラスワン社が「業界最速」と表示した広告が、景品表示法違反として消費者庁より措置命令を受けたこと(※参考元:FREETELニュースリリースページ)や、契約件数の伸び悩み、広告投資の負担などで赤字が続いていたためであると考えられます。

今回、楽天によるフリーテル買収金額は5億2000万円になります。
併せて、プラスワンがMVNO事業で抱える約30億の負債も楽天が履行することになります。

しかし今回の買収によって、楽天モバイルの国内シェアは15%前後になり、国内2位のインターネットイニシアティブ(IIJ)を超えて、トップのNTTコミュニケーションズに迫る国内第2位のMVNOとなります!

買収された後のフリーテルですが、楽天側としては『フリーテルブランド』として残していく意向だそうです。

フリーテルからの乗り換え(転出)・解約方法

実はフリーテルは、転出・解約の手続きがネット上で簡単に行えるのですが、

『解約違約金は無料。ただし転出には「MNP転出手数料」が必ず必要になる』

という条件が付きます!

※MNP(ナンバーポータビリティ)とは、電話番号をそのままに、他キャリアに乗り換えることです。

つまり、解約自体に違約金はかかりませんが、自分の電話番号を引き続き利用して他社へと乗り換える場合には、手数料が必要になるということです。

以下の表に、利用期間に応じた転出手数料の一覧をまとめました。

表.FREETELからの転出手数料(2017年9月版)

契約期間MNP転出手数料
契約当月のMNP転出15,000円
契約後2か月目のMNP転出14,000円
契約後3か月目のMNP転出13,000円
契約後4か月目のMNP転出12,000円
契約後5か月目のMNP転出11,000円
契約後6か月目のMNP転出10,000円
契約後7か月目のMNP転出9,000円
契約後8か月目のMNP転出8,000円
契約後9か月目のMNP転出7,000円
契約後10か月目のMNP転出6,000円
契約後11か月目5,000円
契約後12か月目4,000円
契約後13か月目以降2,000円

契約したばかりの方は、例えば3ヵ月目であれば「13,000円」もかかってしまいます。契約後13ヵ月経過していれば2,000円だけです。

ただし、これは「MNP転出」を行う場合にかかる費用であって、あくまでもフリーテルの解約自体は無料でいつでも行うことができるようです。今後の楽天の対応を見たうえで、契約を続けるか解約するか判断しても遅すぎることはないと思います。

【転出手順】

MNP予約番号を取得する

フリーテルから他社へ乗り換える際に、「MNP予約番号」の取得が必要となります。

大手キャリアでは、サポートセンターか店舗に出向いてMNP予約番号を取得する必要がありますが、その点フリーテルはネットからMNP予約番号を取得できるので簡単です。

MNP予約番号の発行手順

  1. マイページにログイン
  2. 「FREETEL SIM」または「フリモバ」
  3. 「MNP予約番号の発行」
  4. SIMの電話番号を記入して送信ボタンを押します。

MNP予約番号の発行まで、4日前後かかることがありますが、最短だと数時間でMNP予約番号がメールに送られてきます

他社へMNPもしくは新規契約する際には、このMNP予約番号を入力することになります。
MNP予約番号が記載されたメールはなくさないよう大切に保管してください。

また、忘れがちですがMNP予約番号の有効期限は14日間ですので、なるべく早く次のキャリアへと契約しましょう。

【解約手順】

フリーテルを解約する方法はとても簡単です。
マイページから「ご契約状況」を選択し、「解約」ボタンを押せば完了です。
契約期間に関わらず、解約違約金は発生しません。

まとめ

今回、フリーテルが楽天に買収されるということで、フリーテルからの転出・解約方法についてご紹介しました。

  • 転出⇒転出手数料がかかるのと、MNP予約番号を必ず取得しておく
  • 解約⇒ネットでいつでも解約できる。解約違約金も0円!

フリーテルの解約自体はいつでもできるうえに解約金は0円ですので、今すぐ焦って乗り換える必要はありません。
しかし、今後はすべて楽天の対応次第となるので、転出・解約すべきタイミングを逃さないようにしましょう。

2018年2月とくとくBB WiMAX2+キャッシュバック金額