DTIのWiMAX

WiMAXのポケットWiFiは安くて早くて便利です。
しかし、正しいプロバイダを選ばないと、余計なサービスをつけられてしまったり、毎月高額な月額料金を請求されてしまいます。
そこで騙されないために、WiMAXの主要プロバイダのよい評判/悪い評判について紹介していきます。

今回は、DTI WIMAXについて紹介していきます。


DTI WIMAXの会社概要

DTIの本社ビル外観
(参考元:http://freebit.com/profile/map.html

DTI WIMAXを運営しているのは株式会社ドリーム・トレイン・インターネットという会社で、略称がDTIとなります。

主な事業として、インターネット接続サービスや、サーバレンタル、インターネット関連サポートサービスを行っています。
1995年に三菱電機情報ネットワーク株式会社の子会社として設立されました。

その後、2008年にフリービット株式会社の完全子会社となりました。
通信事業者としては20年以上の確かな実績がある、信頼できる企業です。

DTI WIMAXのポイント

DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン

DTI WIMAXの最大のメリットは、利用料金がそこそこ安いということと、会員限定のクーポンサイトが利用できるという点です。

WiMAXのプロバイダはいくつかあり、各社でそれぞれキャンペーンを展開しています。
もちろん、みなさんこのキャンペーンを比較して、少しでも安いところで契約したいと思いますよね。

結論から言ってしまうと、2年間の契約期間でかかるすべての費用を計算したとき、2番目に安くなるのがDTI WIMAXなんです。
※下記記事にて2年間の料金比較表を作っていますのでご参考ください。

最安のWiMAX2+ギガ放題接続サービスは?料金・価格・速度を比較

メリット1.キャッシュバック金額が30,000円

安くなる理由は、キャッシュバック金額がそこそこ高いことです。

WIMAXのキャッシュバック金額はプロバイダによって異なり、正しいプロバイダを選べば1万円以上も大幅に利用料金を引き下げることができます。
残念ながら、業界で最安のGMOとくとくBBほどお得にはなりませんが、それでも高額なキャッシュバックは魅力的ですね。

メリット2.余計なサービスがついていない

2つ目が、余計なサービスがついていないという点です。
プロバイダによっては、毎月数百円の会員料金を支払う必要があったり、余計なオプションサービスに強制加入させられることがあります。
DTI WIMAXなら、会員料金を支払う必要はありませんし、最初から余計なオプションサービスを全部外すこともできます。

この2つが組み合わさることで、利用金額が安くなるんですね!

メリット3.DTI会員の特典サービスがある

DTI会員限定の特典サービス『DTI Club Off』が利用できます。
全国の宿泊施設やレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食が優待価格で利用できます。

しかし、使える店舗やサービスが限られているので、頻繁にそこを利用するという人以外にはメリットは薄いでしょう。

デメリット1.申し込み手数料が高い

ギガ放題で申し込む場合、初回のみ支払う事務手数料は3,000円と、他社と同様です。
しかし、月間7GB制限のモバイルプランに申し込む場合、事務手数料が5,500円と割高になってしまいます。

他者ではどちらのプランでも3,000円であることがほとんどなので、事務手数料が割高になるというのは目立ってしまうデメリットです。

デメリット2.キャッシュバックは最高金額ではない

DTI WiMAXも他のプロバイダより、そこそこ金額の高いキャッシュバックを実施していますが、GMOとくとくBBと比べると、けっして高いとは言えないでしょう。

メリット3.auスマートバリューmineは適用外

ほとんどのプロバイダでは、auのスマホを利用している場合、最大934円/月の割引が実施されるauスマートバリューmineが適用されます。
残念ながら、DTI WiMAXではauスマートバリューmineが適用されないので、auユーザーの方には特におすすめできません。

DTI WIMAXのキャンペーン

DTIのキャッシュバックキャンペーン
(参考元:DTI WiMAX公式ページ

2018年1月の、DTI WIMAXでのキャンペーンです。
キャッシュバックは業界2位、利用料金がそこそこ安めです。

最大キャッシュバック:30,000円
実質利用金額(2年間):74,672円

ネット回線の先生の評価

プロバイダについて、ネット上でネガティブな書き込みを目にすることが多いですが、それらは間違った知識に基づいていることが大半です。

特にありがちなのが、「ここのプロバイダは(通信速度が)遅い」といったものです。
しかし、集客をメインとしているプロバイダが通信速度に影響を与える要素はほとんどありません。

WiMAXは新端末が登場すると、ほとんどの場合、通信速度が向上しています。
2018年1月時点で、WiMAXの最新ポケットWiFi端末である「W05」なら、最大通信速度は下り708Mbpsです。
もちろんこれは理論値なので、いつもこの速度で使えるというわけではありませんが、それは利用する時間帯や環境が重要な要因となります。

プロバイダ選びで重要なのは、「どれだけお得にサービスを使わせてくれるか?」という点なのです。

今回紹介したDTI WIMAXは、2018年2月時点においては、他のWiMAXプロバイダよりも、そこそこ安く利用できることは、すでに計算されています。

たった1つ懸念点があるとすれば、それはキャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまうというものです。
しかし、キャッシュバックの受け取り方法は他のプロバイダでも大きな違いはなく、期限までに申し込めなかった場合に救済措置がないという点はどこのプロバイダでも同じです。

また、GMOとくとくBBはネットを重点的に攻めることで、人件費を抑えて他社よりも高いキャッシュバックを行っているため、電話がつながりにくいという側面もあります。

こうしてみると、結局のところ、プロバイダの比較は「同じサービスでも、どれだけ安くなるか」ということが重要なのです。

したがって、2018年2月現在、GMOとくとくBBの方が最安なのでおすすめということになります。

結論GMOとくとくBB > DTI WiMAX

ネットの評価

人型

とうとう私もWiMAX(WIRELESS GATE)からWiMAX2+(DTI)へ回線変更した。
建物が光回線引けないんでこれで誤魔化すしか。まあしゃーないべ。

人型

DTIとyamada sim、は試したけどランチタイム遅いのがネックだから辞めた。
しかも月50GBとか平気で使うから無制限プランオンリーかな。

人型

大容量&無制限はあまり詳しくないけど安さならDTIとかU-MOBILEあたり!安定感ならBIGLOBEとかUQのWiMAXが良いんではないかと

人型

プロバイダーのDTIからメールでDTI WiMAX 2+ ギガ放題プランきているが月4000超えは辛いね。

人型

DTI WiMAXのキャッシュバックキャンペーンで得する人、損する人

人型

DTI WiMAX2きました。LTEなしWiMAX2電波のみで30Mbps出てご満悦。無印WiMAX卒業してよかったー

人型

通信系の営業してた時からWiMAXが嫌いなわいww
昔の話だけど建物の中とか電波めちゃくちゃ悪かったからねw DTIはドコモ光のプロバイダーとして使ってるからってだけwww

人型

「DTI WiMAXはオススメできない」と言われても、オススメできないのは元三菱電機系列だからなのか?

まとめ

今回、WiMAXプロバイダのDTI WIMAXについて紹介しました。

DTI WIMAXに申し込む場合はこちらから可能です。
DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン