【徹底解説】ドコモ光が提供しているネット回線の特徴やプロバイダについて徹底的に調べました

ドコモ光が提供しているネット回線って何?詳しく解説!

ドコモ光とは、従来の光回線とは違ってプロバイダと回線業者が1つになっているサービスのこと。光コラボと呼ばれるものの一つで、回線自体はNTTの光回線を利用しています。

そのため、フレッツ光などと同等のサービスが受けられるのが魅力だといえるでしょう。申し込みができるのはNTTドコモの携帯電話やタブレットを契約している方のみとなっていますが、フレッツ光よりも料金がおさえられるので、該当する方は検討してみてはどうでしょうか。

具体的にどのようにお得なのか、特徴はなんなのかなどについてご紹介します。検討している方はぜひ参考にしてみてください。


ドコモ光とは?

全国的にみて代表的なひかり回線といえば、NTT西日本とNTT東日本によって提供されているフレッツ光です。ドコモ光は、その光回線を借りて独自のサービスを提供しているのが特徴。携帯やスマホのキャリアとしても有名なNTTドコモによって運営されています。

NTTドコモといえば知名度も高く、信頼度も高いですよね。そういったこともあり、これまではフレッツ光を利用していたものの、ドコモ光に乗り換えたという方も多くいるようです。

現在フレッツ光の光回線を利用している方も、これから光回線を導入したいと思っている方も、ドコモユーザーならドコモ光について検討してみてはどうでしょうか。会員数は非常に多く、500万人を突破しました。

また、dポイントがプレゼントされるキャンペーンなども行なっているので、とてもお得です。ただ、実際にドコモ光を申し込む際にはメリットだけでなく、デメリットもおさえておくことが大切。ここでは、ドコモ光を導入する際のメリットやデメリットのほか、ドコモ光を取り扱っているプロバイダの情報などもご紹介していきます。

>>ドコモ光の詳細・お申込みはこちら<<

ドコモ光の利用料金を徹底比較

ドコモ光を導入しようと思った際に、真っ先に気になるのが料金の問題ではないでしょうか。比べられることが多いのが、フレッツ光です。フレッツ光よりも安いということでドコモ光に乗り換える方が多いのですが、どれくらいの費用差があるのかからみていきましょう。

現在のフレッツ光の利用料金に不満を感じている方もぜひともチェックしてみてください。

ドコモ光
※タイプA
フレッツ光
ホームタイプ 5,200円 6,400円~6,700円
マンションタイプ 4,000円 4,600~4,650円

ドコモ光の料金は、プロバイダがセットになった「タイプA」で2年間の定期契約ありとして計算しました。

ここからも分かる通り、ホームタイプだと1,200円~1,500円、マンションタイプでは600円~650円もドコモ光の方がお得という結果になります。

それほど大きな金額ではないのでは?と思うかもしれませんが、ホームタイプの場合は1年間で14,400円~18,000円もの違いが出ることになるので、軽視はできませんよね。

後ほど詳しくご紹介しますが、これに加えてスマホ料金もお得になるので、見逃せません。

更に、ドコモ光の利用料金について詳しくみていきましょう。ドコモ光では次の4つの選択肢があります。

  • タイプA
  • タイプB
  • 単独タイプ
  • ドコモ光ミニ

それぞれの料金は次の通りです。

タイプA タイプB 単独タイプ ドコモ光ミニ
2年間の定期契約あり 5,200円 5,400円 5,000円 2,700円~
2年間の定期契約なし 6,700円 6,900円 6,500円 4,200円~

タイプAとタイプBはどちらもプロバイダがセットになったプランとなっています。AとBでは若干費用の違いがあるわけですが、何が違うのかというと、選べるプロバイダが異なるのです。

タイプAで選択できるプロバイダ

ドコモnet、ぷらら、ソネット、GMOとくとくBB、So-net、DTI、@nifty、IC-net、Tigers-net.com、andline、ビッグローブ、エディオンネット、スピーディアインターネットサービス、シナプス、excite、hi-ho、楽天ブロードバンド、TIKITIKI、@ネスク、01光コアラ、U-Pa!
※U-Pa!は2019年3月31日(日曜)でサービス終了

タイプBで選択できるプロバイダ

OCN、TCOM、TNC、WAKWAK、AsahiNet、ちゃんぷるネット

もし、プロバイダにこだわりがある場合は、どのプロバイダを選択するのか確認し、タイプAとタイプBのどちらになるのかチェックしておきましょう。

ちなみに、ドコモ光ではプロバイダの変更に対応しているのが魅力だといえるでしょう。光回線の中にはプロバイダが変更できないものもあるので、この点は特徴的です。ただ、プロバイダを変更する際には事務手数料として3,240円がかかるので、注意しておいてくださいね。

プロバイダによって速度が変わることもあるので、慎重に選ばなければなりません。ただ、契約後に速度が出ないから他のプロバイダに変更するという対応が可能なのもドコモ光の魅力です。

単独タイプについて

単独タイプはタイプAとタイプBに比べると利用料金が安いのですが、これには理由があります。それは、プロバイダがセットになっていないプランだということ。つまり、単独タイプを選ぶ場合は、プロバイダ料金が別途発生することになるのです。

こちらのプランは、タイプAまたはタイプBでは選択できないプロバイダを選びたい時に選ぶプランだといえるでしょう。自分が選択しようと思っているプロバイダの利用料金も含めてチェックしてみてくださいね。場合によってはドコモ光だと高くついてしまうこともあります。

ドコモ光ミニ

こちらもプロバイダがセットになっていないプランなので、プロバイダ料金が別途かかります。定額の2段階定額サービスとなっているので、利用する量が月によって違う方に向いているでしょう。

>>ドコモ光の詳細・お申込みはこちら<<

ドコモ光のメリット

ドコモ光の魅力から見ていきます。

ドコモ光はフレッツ光よりも安い

光回線といえば、フレッツ光といった認識を持っている方も多いはず。これは、フレッツ光が大規模なサービスであるためです。しかし、先述したように、利用料金を見てみるとドコモ光はフレッツ光よりも安い金額で利用することができます。

特にホームタイプは違いが大きく、月々1,000円以上の違いが出るので、かなり大きいですよね。インターネットは数年間単位で利用していく方が多いはず。この先、利用料金の高いフレッツ光を利用し続けるのか、お得なドコモ光に乗り換えるのかについては早めに検討してみるのがおすすめです。

ドコモ光に乗り換えたからといって、フレッツ光よりも速度が落ちたりすることはありません。

ドコモのスマホとのセット割がある

ドコモユーザーの方がドコモ光を選択する最大のメリットともいえるのが、スマホとのセット割が用意されているという点でしょう。これはその名の通り、ドコモユーザーの方はドコモ光をセットで契約することによりお得な割引が受けられるサービスです。

スマホだけでなく、携帯やタブレット端末も対象となり、代表回線の携帯代金が割り引かれます。フレッツ光に比べると月々の利用料金も安くなり、更にスマホなどの料金も割り引かれるので、総合的に見ると1年間の割引額ではとても大きくなるのです。

セット割では最大で3,500円もの割引があるので、ドコモのスマホ料金をもう少し安くしたいと考えている方にとっても見逃せません。

フレッツ光からの転用が簡単

現在フレッツ光を利用している方の場合、乗り換えでドコモ光にするのは何となく大変なのでは…と思ってしまいますよね。しかし、そもそもドコモ光はフレッツ光の回線を活用したサービスということもあり、便利な「転用」というものが選択できるのです。

これは、工事をせずにフレッツ光と同じ回線でドコモ光に変更できるサービスのこと。

一般的に、インターネットを契約した場合に、更新月以外で解約をしてしまうと高額な違約金が発生してしまいます。そのため、なかなか乗り換えができずに悩んでいる方もいるのですが、転用は解約の扱いにはならないため、違約金も発生しないのです。

転用事務手数料として3,000円はかかりますが、乗り換えの際の費用が気になっていた方も安心して検討してみてくださいね。

割引期間が無制限

割引に関してもチェックしておきましょう。ドコモ光の料金プランでは、割引期間が無制限となっています。

ドコモ光では専用のデータ通信プランが用意されているのですが、ここでは最大で5,700円もの割引が組み込まれているのが特徴。しかも、その期間が設定されていないため、ずっとお得な料金で利用し続けることができるのです。

auのスマートバリューでも加入当初は値引きが受けられますが、2年間のみの値引きとなっていて、それ以降は割引額が低くなってしまいます。ドコモ光なら、このように期間によって割引額が変わってしまうようなこともないので、安心ですね。

ただ、将来的に変更がある可能性も考えられるので、契約しようと思った際に再度確認してみてください。

プロバイダ(ISP)が変更可能

軽く先述しましたが、プロバイダを変更することができるのもドコモ光の大きな特徴だと言えるでしょう。ドコモ光ではAプランとBプランがあるのですが、それぞれ、選択できるプロバイダが異なります。

気になるプロバイダに申し込んでみたものの、後から他のプロバイダに興味が出てしまった…という時に変更ができないようだと困りますよね。ドコモ光はプロバイダの変更に対応しているため、安心して継続していくことができるでしょう。

変更する際には手数料がかかるので、この点については注意しておかなければなりませんね。

>>ドコモ光の詳細・お申込みはこちら<<

ドコモ光のデメリット

続いて、ドコモ光のデメリットについてもおさえておきましょう。

新規申し込みの場合、利用開始まで時間がかかる

ドコモ光は、申し込みをした上で利用する形になるのですが、現在フレッツ光を利用してドコモ光に転用をするのか、新規でドコモ光の申し込みをするのかによって利用開始までにかかる時間が変わってきます。

フレッツ光をすでに利用している方の場合、転用という形で利用ができるため申し込みから2週間ほどでドコモ光が利用できるようになるのですが、新規申し込みだった場合には1ヶ月ほどの時間がかかってしまうこともあるのです。

すぐにインターネットを利用したくて申し込んだのに、1ヶ月も利用できないということになってしまうと困りますよね。また、引越しシーズンには更に先の予約しか取れないこともあるので、申し込みに関してはできるだけ早めに済ませておいた方が良いでしょう。

回線の混雑によって通信速度が下がるかも

ドコモ光に限ったことではないのですが、回線というのは混雑すればするほど遅くなってしまうものです。高速で快適なインターネットを楽しむためにドコモ光に申し込みをしたのに、なかなか速度が出ないようだと悩みの種にもなってしまうでしょう。

実際にドコモ光に変更したところ少し遅くなったと感じている方もいるようなので、速度が変わる可能性については考えておきたいですね。反対にかなり通信速度が速くなったとの声もあるので、どちらともいえません。

ドコモ光の場合はプロバイダ選びで失敗して遅いプロバイダを選択してしまったとしてもプロバイダの変更が可能となっているので、この点については安心できるでしょう。

工事日までに時間がかかる可能性がある

利用開始までに時間がかかる可能性について先述しましたが、これは工事可能日がかなり先になってしまうリスクを示しています。

早い場合には申し込みから2週間程度で工事の予定を取ることができるのですが、ケースによっては数ヶ月間にわたって予約が取れないので、ドコモ光でインターネットが利用できるようになるまでに時間がかかる可能性も考えておきましょう。

現在、フレッツ光を利用している方などはその間フレッツ光を利用すれば良いのですが、新規でインターネットを開通させようと思っている方にとって待ち時間は大きなデメリットになります。

具体的に工事の予定が立てられるのはどれくらい先になるかについては地域や時期によっても差があるので、よく確認してみてくださいね。引越しシーズン前後は予約が込み合うため、できれば避けておいたほうが無難です。

ドコモ光からフレッツ光には簡単には戻せない

フレッツ光からドコモ光に転用するのはそれほど難しいことではありません。しかし、一度ドコモ光に乗り換えたものを反対にフレッツ光に戻すのは簡単なことではないのです。

そもそも、1度ドコモ光のように光コラボに乗り換えた場合は、フレッツ光に戻せないものだと思っておきましょう。どうしてもフレッツ光に戻したいということであれば、ドコモ光を解約した上で、新規でフレッツ光に申し込みをする形となります。

ただ、この場合は解約手数料や工事料金などが必要になってくるので、ドコモ光からフレッツ光に戻すメリットは大きいとはいえません。

ドコモ光を扱うプロバイダを紹介!お得なところはどこ?

ドコモ光はすべてのプロバイダで取り扱っているわけではありません。代表的なプロバイダでは取り扱いがあるので心配はいりませんが、具体的にドコモ光が選択できるプロバイダについてご紹介しましょう。

GMOとくとくBB

総合的に見ると、特にお得度が高いと言われているのがGMOとくとくBBです。これは、大手のサービスなので、名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

実に多くの方から選ばれていることがわかります。新規工事料は無料となっていて、最大で15,000円のキャッシュバックと、10,000ポイントがプレゼントされるのが魅力だといえるでしょう。

それから、Wi-Fiルーターが0円でレンタルできるのですが、このルーターが高性能だと評判です。ルーターの性能はインターネットの通信速度とも関わってくる非常に大切なポイントになります。バッファロー製、またはNEC製のWi-Fiルーターとなっていて、高性能なルーターがレンタルできるところを重視して選びたいと思っている方でも納得できるはずです。

これはv6プラスと呼ばれる次世代の技術を採用したルーターで、高速なインターネットにこだわりたい方に向いています。速さにはかなり自信を持っているとのことなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

実際に利用している方からの評判も良いプロバイダなので、口コミなどでも評価されているところを選びたいと思っている方も検討してみてはどうでしょうか。WEB申込限定特典なども用意されています。

So-net

こちらも大手のプロバイダとして非常に人気があります。利用者数の多いプロバイダにこだわりたいと思っている方はチェックしてみてくださいね。特徴として挙げられるのが、無料で高性能なWi-Fiルーターがレンタルできるということ。

高速なインターネットを楽しむためにもルーター選びは非常に重要なことです。v6プラスに対応している高速ルーターが利用できるのが嬉しいですね。もし、ルーターのレンタルが不要という場合は、代わりの特典として訪問サポートが選択できるので、自分にぴったりの方を選んでみましょう。

また、接続方式として、次世代の接続方法といわれているv6プラスが利用できます。これは、インターネットをより快適に利用できるシステムのことなので、現在フレッツ光を利用しているものの、遅くて悩んでいるという方もチェックしてみてくださいね。

セキュリティにもこだわっているプロバイダなので、安全度を重視し、プロバイダ選びをしたいと思っている方にもおすすめです。So-netは、長くインターネットを使ってきた方でも納得できるプロバイダといわれることが多いので、満足度が高いプロバイダだといえるでしょう。

So-net公式サイトからの申し込みだと、15,000円のキャッシュバックが受けられます。

OCN

OCNはタイプBのプロバイダに該当します。そのため、タイプAに比べると月額料金が年間で2,400円ほど高くなるのですが、大手のプロバイダということもありこちらに決める方も非常に多いです。

ただ、OCNは速度が遅いという話を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。実際に、利用者から不満の声が上がることもあったのですが、現在は高速化サービスである「v6アルファ」というシステムを導入しました。

これにより、高速なインターネットが楽しめるようになったので、速度の問題を感じることはまずないでしょう。それから、新規でインターネットを契約しようと思っている方の中には、自分でもきちんとセットアップができるのか不安に感じている方もいるはず。

OCNでは初回無料の訪問サポートが用意されているので、インターネットを始めるにあたって不安なことがある方は相談してみてくださいね。キャッシュバックキャンペーンなども充実していますし、他にも東京ディズニーリゾートのペアチケットが当たるキャンペーンなどを行なっているため、キャンペーンがしっかりしているところを選びたいと思っている方でも納得できるでしょう。

それから、総合セキュリティサービスが12ヶ月間も無料なのも魅力。料金を安く抑えるためのポイントが備わっています。

BIGLOBE

高速インターネットが楽しめるIPv6接続対応ルーターを無料でレンタルすることができます。最初の数ヶ月間だけレンタル料が無料というところは多いのですが、BIGLOBEの場合は契約期間中ずっと0円です。

ルーターをレンタルする際に毎月数100円かかるところも多いので、レンタル費用がかからないのは嬉しいポイントですね。

また、何か困った時に便利なリモートサポートについては完全無料で利用できるので、安心してインターネットを始められるでしょう。困ったことや、何かトラブルがあった時には何度でも無料で電話によるリモートサポートを受けることができます。

初回のみではありますが、訪問サポートも無料です。初心者の方でもしっかりとサポートしてもらえる体制が整っています。

それから、「BIGLOBEネットあんしんパックforドコモ光」というサービスが最大で12ヶ月間無料で利用できるのも特徴。これは、ウイルス対策とネット詐欺対策、迷惑メール対策といった3つの対策ができるサービスのことで安心ですね。大手のプロバイダでもあるので、実績が豊富なところを選びたいと思っている方にも向いています。

ぷらら

ぷららはNTTグループが運営を行なっています。そのため、正式な企業名は「NTTぷらら」なのです。NTTといえば大手企業の一つですよね。こういったことからも、ドコモ光との関連性がみえてくるのではないでしょうか。

ひかりTVやぷららモバイルといったサービスも提供しています。他のプロバイダと比較してみても知名度が高いので、ご存知の方も多いでしょう。大きな特徴として挙げられるのは、24ヶ月間もセキュリティ対策が無料だということ。

6ヶ月間、12ヶ月間無料といった所は多いのですが、24ヶ月は他社と比べてもかなり長いです。更にぷららでは15,000円ものキャッシュバック(2019年1月11日まで)が用意されているのですが、キャッシュバックを行なっているところのを多くはセキュリティの無料期間が短い傾向にあります。

そんな中で2年間にわたるセキュリティ無料期間が用意されているのは大きな魅力だといえるでしょう。また、IPoE対応のWi-Fiルーターを無料でレンタルすることができます。

更に、訪問設定サポートが無料で受けられるので、これからインターネット始めてみたいと思っているけれどインターネットの接続やdTVの視聴設定などがよくわからない…と思っている方も安心して始められますね。

以前は速度が遅いとしてあまり評価が良くなかったぷららですが、近年は「v6エクスプレス」を導入して高速化にも成功しています。

DTI

長年の実績を誇っているプロバイダです。長く運営を行なっているということは、それだけ多くの方から選ばれているということ。これまでに20年以上の実績があるので、信頼度は非常に高いです。

キャンペーンも頻繁に行なっているので、申し込み時に良く確認してみましょう。キャッシュバックが用意されているのも魅力です。新規申し込み時はキャッシュバックの対象になるものの、転用時はオプションに加入しなければキャッシュバックが受けられないところも多いですが、DTIの場合はそういった条件も定められていないのが魅力。

また、高性能のルーターも無料でレンタル可能となっています。ルーターはIPv6(IPoE)接続対応なので、高速なインターネットを楽しみたいと思っている方でも納得できるでしょう。また、電波が途切れにくいように高感度内蔵アンテナが内蔵されています。

初めてインターネットを接続しようと思っている方は、自分でもきちんと設定できるのか不安に感じてしまうこともあるはず。ですが、DTIでは無料で利用できるサポートツールSiLK Touchというサポートサービスがあり、オペレーターがリモート遠隔操作で設定を行なってくれます。

安心して始められるプロバイダといえるでしょう。

@TCOM

アットティーコムと読みます。株式会社TOKAIコミュニケーションズが運営を行なっている光回線サービスのことで、2015年にスタートしました。まだまだ新しいサービスだといえるでしょう。ですが、フレッツ光と同じ通信速度が出るので、速度面で不満を感じることはないはず。

最大速度はかねがね1Gbpsとなっているので、快適なインターネットが楽しめます。ドコモの光セット割も利用できるため、スマホのパケット各料金から割引が受けられるのも嬉しいですね。ドコモ光タイプBに該当をすることもあり、Aタイプよりも月額料金が200円ほど高くなってしまいますが、@TCOMが気になっている方は詳細についてチェックしてみてくださいね。

無料の基本サービスとして、かんたん迷惑メール対策というものも用意されています。これは、スパムメールからメールを守ってくれる無料サービスのことで、スパムと判断されたメールについては自動的に迷惑メールフォルダに振り分けることが可能

より安全にメールサービスを利用したいと思っている方にも向いています。キャッシュバックなどは用意されていないので、注意しておいてくださいね。

@nifty

会員数が多く、光コラボのほか、ADSLやモバイル高速通信など、実にさまざまなインターネットサービスを提供しているのが特徴です。日本全国でサービスを提供していることもあり、引越しが多い方でも引越し先で引き続き@niftyを検討できるでしょう。

高速インターネット回線であるv6プラスにも対応しているので、快適なインターネットを楽しむことができます。

ドコモ光の特典として、期間限定ではありますが最大10,000ポイントものドコモ光dポイントプレゼント特典が用意されているのが魅力。受け取るためには細かい条件も定められているので注意しておいてくださいね。それから、新規で申し込みをした場合にかかる工事料が無料となるキャンペーンも開催されています。

@niftyの特徴として挙げられるのが、セキュリティに関するサポートが充実しているということです。例えば、ウイルスバスターfor@niftyMailというサービスが用意されています。通常料金は月額200円となるところ、ドコモ光を契約する方ならずっと無料で利用できるのが魅力です。

更に、月額500円かかる常時安全セキュリティ24も12ヶ月間無料となっているので役立ててみましょう。
リモートサポートは初回のみ1回無料です。

エキサイト

タイプAに該当するので、毎月の利用料金が安く抑えられるのが魅力です。もともと、BBエキサイト自体の利用料金が安いので、料金面にこだわりたいと思っている方にとっては、選択肢に挙がるのではないでしょうか。

ただ、キャンペーンなどが充実しているとは言えないので、この点は注意しておきたいですね。もう一つ注意しなければならないのが、IPoE接続の高速化サービスを利用したいと思った場合には、別途月額料金700円が発生するドコモ光+excite MEC光 接続プラン TYPE-DOKを契約しなければならないということ。

高速化サービスを利用しようと思っていることは高くついてしまうので、注意しておきましょう。料金面については注意が必要ですが、プロバイダとしては実績が豊富なので、実績重視の方でも納得できるのではないでしょうか。

Asahinet

1990年代からパソコン通信の分野で実績を積んでいるプロバイダです。顧客満足度も高いので、利用者から評価されているプロバイダを選びたいと思っている方に向いています。

利用者からの声を受けてより良いサービスを提供できるように工夫しているため、利用者に寄り添ったプロバイダだともいえるでしょう。Asahinetで提供されているドコモ光はIPv6対応となっているので、高速回線に対応しています。

IPv6の申し込みをする際には別途申し込みをしなければならないところもあるのですが、Asahinetの場合は申し込み不要となっていて、無料で利用できるのが魅力。また、ウイルスソフトであるマカフィーが12ヶ月間無料で利用できるので安心です。

通常の月額料金は500円となっているので、これが無料で使えるのは嬉しいですね。他にも、月額500円で利用できるデータ無制限バックアップなども用意されています。

エディオンネット

テレビCMで名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。ただ、他社の大手プロバイダと比べると、目だって夢というわけではありません。エディオンネットは広告の出ない大容量のブログ運営をしたいと思っている方におすすめ。最大4GBまで無料でブログが運営できるため、大規模なブログを構築したいと思っている方に向いています。

エディオン自体が大手家電量販店であるため、エディオンに来店した上でドコモ光を申し込みするようなケースでは、基本的に選択するプロバイダはエディオンになるはずです。

利用者が他社に比べると多くないこともあり、口コミ情報はあまり出回っていません。ただ、実績自体は豊富なので、心配はいらないでしょう。キャンペーンやキャッシュバックなどは用意されていません。どちらかというと大容量のブログを利用するのならメリットのあるプロバイダだといえます。

ドコモnet

ドコモnetという名前からも想像できる通り、ドコモ光専用のプロバイダとなっています。そういった関係もあり、2つあるタイプのうち、ドコモnetは料金が安いAタイプです。

また、IPv6に対応しているのも魅力。これにより高速なインターネット回線が利用できるので、速度重視でプロバイダ選びをしたいと思っている方でも納得できるでしょう。それから、マカフィーのインターネットセキュリティーサービスが12ヶ月間無料で利用できるので、この点も安心ですね。

また、数あるプロバイダの中からドコモnetを選んだ方の中には、問い合わせの窓口が一本化されているのが決め手になった方もいるようです。

ドコモが提供しているプロバイダサービスということもあり、インターネットに関することやスマホに関することなども、すべてドコモに問い合わせをすれば解決します。ドコモが遠隔で設定してくれるドコモ光ワンストップサポートといったサービスも用意されているので、初めてインターネットを利用する方なども役立ててみてはどうでしょうか。

ドコモnetメールサービスというメールサービスもあり、受信ボックス10GB・保存期限が無制限なのも特徴です。

>>ドコモ光の詳細・お申込みはこちら<<

ドコモ光に乗り換える注意点

接続設定の変更が必要

これからドコモ光に乗り換えたいと思っている方は、基本的な注意点を押さえておきましょう。ドコモ光に乗り換えをすると解約ではなく転用という扱いになるのですが、これまでとはプロバイダが変わるケースもありますよね。

そういった場合には、再度接続設定をし直さなければなりません。これを設定しないとインターネットが利用できないので、注意しておいてくださいね。Wi-Fi接続の内容が変わるため、設定を行なう必要があるのです。

具体的な設定については、ドコモ光に申し込みをした後に届く接続設定ガイドに細かく記載されているので、そちらを確認しましょう。また、スマホやタブレットの設定についてはドコモの公式サイトでやり方が紹介されているので、そちらが参考になります。

わからないことがあった時は電話などでも教えてもらえるので、相談してみてくださいね。また、ドコモ光は申し込みをした後に他社のプロバイダに変更することも可能となっているのですが、そこでプロバイダの変更した場合も同じく設定の変更が必要になります。

メールやひかり電話などの追加サービスの継続について

光コラボでドコモ光に転用をした場合、オプションサービスについても注意が必要です。まず、メールアドレスについてですが、ドコモ光に転用する際に現在と同じISP(プロバイダ)を選択すればプロバイダから提供されているアドレスが使えなくなることはありません。

プロバイダも変更する場合、利用していたメールアドレスは使えなくなるので注意しておいてくださいね。有料オプションで引き続き利用できる場合もあるので、そちらも確認してみましょう。

また、ひかり電話については「ドコモ光電話」に転用されることになりますが、電話番号は変わらず、引き続き利用できます。

それから、基本的にフレッツ光のオプションについては引き継ぐことが可能です。もちろん、解約することもできるのですが、今加入しているフレッツ光のオプションサービスを引き続きドコモ光で利用できるのです。

また、ドコモ光に切り替えたからといってオプションの料金が変動するようなことも基本的にはありません。ただ、光コラボに転用すると利用できなくなってしまうフレッツ光専用のオプションもいくつかあるため、そういったものに加入している場合は本当にドコモ光に転用して大丈夫なのか事前に確認しておくのがおすすめです。

例えば、フレッツメンバーズクラブ、フレッツまとめて支払いなどのサービスはフレッツ光限定のサービスとなっているため、光コラボに転用するとサービスが終了する形になります。

解約違約金の発生について

フレッツ光からドコモ光に転用する場合は解約の扱いにはならないため、解約違約金はかかりません。ですが、ドコモ光に乗り換えた後にドコモ光自体を解約する場合には注意が必要です。

基本的に2年契約となっているため、更新月である契約満了月の翌月と翌々月以外に解約をした場合には違約金が発生してしまいます。これは、解約月の翌月に請求される形になるので、しっかりと押さえておきたいですね。

金額については、戸建てタイプは13,000円、マンションタイプは8,000円です。注意しなければならないのが、2年契約の自動更新型だということ。2年に1度発生する更新月を逃してしまうと、そこからまた2年の契約がスタートします。

もしも解約を検討している方は、自分の更新月のタイミングをしっかりとおさえておき、忘れないようにしましょう。それから、ドコモからauやソフトバンクのスマホに乗り換えるためにドコモ光の解約を検討する方もいるはず。

その場合は、スマホの解約手数料について考えておかなければなりません。スマホの場合も2年契約が主流となっていて、更新月以外での解約は違約金が発生してしまうので気をつけておいてくださいね。

乗り換えキャンペーンを上手に利用しよう

現在フレッツ光を利用していてドコモ光に乗り換えたいと思っている方は、キャッシュバックが受け取れる所を選択しておくのがおすすめです。プロバイダによってはキャッシュバックが受け取れないところもあるので気をつけておいてくださいね。

キャンペーンは受け取りのための条件が定められているため、よく確認した上で申し込まなければなりません。また、ドコモ光を解約して他社に乗り換えたいと思っている方は乗り換えキャンペーンを活用して乗り換えるのがおすすめ。

乗り換えキャンペーンとは、その名の通り乗り換えする際にサポートしてくれるもののこと。

例えば、ドコモ光を解約する際に解約料がかかるとしますよね。だからこそ他社に乗り換えるのを悩んでしまう方もいますが、乗り換えキャンペーンを行なっているプロバイダを選択すると解約料の一部、または全額を負担してもらえるのです。

こういったサービスも役立ててみましょう。

ドコモ光を実際に利用している人の声

速度については大満足

人型

これまでに低速なWi-Fiを使っていましたが、ドコモ光に乗り換えたらその速さにびっくりしました。工事までにはかなり時間がかかってしまったけれど、これだけ速さが出るなら満足です。高速回線を使いたいと思っている方でも満足できるのでは?

速度については高評価

ドコモ光の速度に関する口コミ情報を見てみると、高評価が目立ちます。ごくまれにドコモ光にしてから極端に遅くなったといった口コミもありますが、これはプロバイダにも原因がある可能性も考えられるので、プロバイダ選びは慎重に行なっておいたほうが良いでしょう。

また、インターネットの回線速度というのは様々なことが関係してくるため、受信側の端末や周辺機器に問題があるケースも。プロバイダ以外にも原因が隠れている可能性があるので、そちらも疑ってみましょう。

dポイントが溜まった

人型

ドコモ光にしたら、キャンペーンでdポイントが大量にもらえました。月々の利用料金がお得になることに加えてdポイントももらえるのは嬉しいですね。契約を変更するというと何かと面倒なのかな?と思っていたんですが、特にそういったこともありませんでした。

乗り換えは簡単

現在フレッツ光を利用している方の場合、ドコモ光にすると転用という扱いになるのですが、申し込み自体は特に面倒なことはありません。そのため、面倒な契約はしたくないと思っている方でも安心できるでしょう。

利用料金が安くなった

人型

これまで光回線ではフレッツ光を利用していました。特に不便も感じていなかったのですが、ドコモ光にすると料金が安くなると聞いて乗り換えをすることに。インターネットの料金が安くなるのを魅力に感じてドコモ光にしたんですが、スマホ料金も割り引かれるので、結果的にかなりの割引になっています。これほど安くなるのなら、もっと速く検討しておけば良かったです。

料金面でのお得は大きい

現在インターネット契約しているけれど、料金に不満を感じているという方は非常に多いようです。毎月かかってくる費用なので、できるだけ安く済ませたいですよね。

ドコモ光にするとインターネットの料金とスマホの料金の両方を抑えることができるので、日付の出費を少なくすることができます。

店頭で相談してから決めた

人型

ドコモ光に興味があったけれども、正直なところはホームページを見てもわからないことが多かった。わからないことがあるなら店頭で相談すれば良いんだ!と思って直接ドコモショップに足を運んでみることに。とても詳しく教えてもらえたので、問題を解決した上で契約について検討できました。

相談した上で決めるのがおすすめ

ドコモ光に関する問い合わせは電話のほか、直接ショップで相談することもできます。気になることや不安なことがある方は、ドコモショップで相談をしてみてはどうでしょうか。

専門的な知識を持った方が対応してくれるので安心ですね。ドコモ光は、他社の光コラボに比べると、少し仕組みが複雑でわかりにくいといわれることもあります。心配なことがある方はそういったものもすべて解決した上で申し込んでおいた方が良いでしょう。

その他のドコモ光を実際に利用している人の声

ドコモ光はこんな人におすすめ!

ドコモ光がおすすめなのは、現在フレッツ光に加入していてドコモの携帯やスマホを持っている方です。フレッツ光よりも基本的な利用料金が安くなるので、乗り換えについて検討してみましょう。

契約しているプランによっても変わりますが月額で見てみると500円ほど割引になるので、1年間で見てみるとかなり大きな違いが出てきます。また、ドコモ光はドコモを利用している方しか選択ができませんが、セット割引活用のためにもドコモスマホを持っている方はドコモ光について検討してみてはどうでしょうか。

セット割引が適用されれば、格安料金でインターネットとスマホの両方を活用していくことができます。ただ、先述したように1度ドコモ光にするとそこからフレッツ光に戻すことは基本的にできないので、このあたりは注意しておいたほうが良いでしょう。

といっても、料金のことを考えるとフレッツ光よりもドコモ光の方がお得なので、転用については積極的に検討してみるのがおすすめです。選択するプロバイダによっても特徴は変わってくるので、自分にぴったりのところを選んでみてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか。光コラボとして人気の高い良いドコモ光についてご紹介しました。

現在フレッツ光を利用しているものの、できるだけ利用料金を抑えたいと思っている方はドコモ光について検討してみるのがおすすめです。

また、月々のスマホ料金が高くて悩んでいる方も多いはず。ドコモの携帯やスマホを利用している方はドコモ光を利用することによって、総合的な利用料金を抑えていくことができるので、検討してみましょう。

セット割も考えてみると月々の割引額はかなり大きくなってくるので、フレッツ光を利用し続けると大きな損をしてしまう可能性もあります。この記事を参考にしながらドコモ光についての理解を深め、契約する際に役立ててみてください。

光回線のおすすめランキング!

1位 NURO光

nuro光ロゴ

業界最速の通信速度で動画やゲームもらくらく快適



2位 auひかり

auひかりロゴ

関東一部エリア限定で超高速最大10Gbpsで利用可能



3位 ドコモ光

ドコモ光ロゴ

今ならキャンペーンで新規工事料が無料



4位 SoftBank光

ソフトバンク光ロゴ

インターネット会員数No.1の信頼感