初心者向けにモバイルWi-Fiをわかりやすく解説!

インターネットを利用したいと思った時に、「モバイルWi-Fi」というものを知り、気になっている方もいるのではないでしょうか。

モバイルということは携帯やスマホで使えるインターネットのこと?光回線とは何が違うの?といった疑問を持っている方もいるはず。そこで、モバイルWi-Fiとは何なのか、どのようなメリットやデメリットがあってどのような商品を選べば良いのか?についてご紹介します。

モバイルWi-Fiの導入について検討している方はぜひ役立ててみてください。


モバイルWi-Fiとは?簡単に解説すると?

モバイルWi-Fiとは、家の中はもちろんのこと、外でも自由にインターネットを楽しむための通信端末のことをいいます。モバイルWi-Fiを利用することにより、いつでもどこでもパソコンやスマホのほか、タブレットやゲーム端末など、様々な端末でインターネットを活用できるようになるのです。

モバイルWi-Fiとして代表的なのは、WiMAXやYahoo!Wi-Fi、Y!mobileなど。また、日本では3大キャリアとして知られているドコモ、ソフトバンク、auといったキャリアもモバイルWi-Fiのサービスを行なっています。

光回線とは異なり、持ち運びがしやすいのも魅力。例えば、転勤や引越しが多い方の場合、固定回線でインターネットを引いてしまうとすぐに解約しなければならなくなった時に違約金の問題が発生してしまいます。

ですが、モバイルWi-Fiならルーターを引越し先に持っていくだけで良いので、大変便利です。

>>GMOとくとくBBのお得なWiMAX詳細・お申込みはこちら<<

モバイルWi-Fiの利用者数は?

モバイルWi-Fiの利用者は非常に多く、少なくとも30,000人以上の方が利用しているといわれています。場所を問わずに高速なインターネットを楽しむことができるようになるので、インターネット社会ともいわれている今の時代にマッチしたサービスだといえるでしょう。

今後、更にインターネットを活用する方が増えていくと考えられているため、モバイルWi-Fiの利用者も増えていくはずです。

モバイルWi-Fiの特徴

モバイルWi-Fiには、次のような特徴があります。

インターネットの回線工事が不要

現在、最速のインターネットと言われているのが光回線です。しかし、光回線を利用するためには、自宅で回線の工事をしなければなりません。

状況によって異なるものの、この工事には数万円の費用がかかることもありますし、家の壁に穴を開けるなどしなければならないので、工事があるということがデメリットになってなかなか光回線を検討できていない方もいるようです。

ですが、モバイルWi-Fiの場合はスマートフォンと同じくらいのサイズの機器となっており、光回線のように特別な工事は必要としません。契約をしてルーターを受け取れば、すぐにインターネットが使えるようになるのも大きなメリットだといえるでしょう。

どこでもインターネットが繋がる

光回線の場合は、自宅でしか利用ができませんが、モバイルWi-Fiは外出先にも持ち出すことができます。公園のベンチやカフェなど、様々な場所でモバイルWi-Fiを通してインターネットを利用することができるのです。

もちろん、家の中でもインターネットが利用できるので、場所を問わずにネットに接続したいと思っている方に向いているといえるでしょう。

また、ビジネスの分野でも役立てられています。外出先でパソコンを使って調べ物をしたい方や、メールチェックなどをする必要がある方もモバイルWi-Fiを用意しておくと便利でしょう。

配線に悩む必要がない

家電製品などから出ている配線は、多すぎるとその間にほこりなどのゴミが溜まりやすくなってしまいます。特に繋いでいる機器が多かったりすると、複雑な配線が絡み合って見た目もよくありませんよね。

ですが、モバイルWi-Fiの場合はWi-Fi本体から電波でインターネットをつなげてくれるので、あれこれ配線が絡み合ってしまうような心配もありません。

実際に、有線でインターネットを構築している場合、ペットが通るのを邪魔してしまったり、誤って配線を噛んでショートするトラブルもあります。それから、うっかり配線に足を引っかけて転び、ケガをしてしまったという危険もあります。

配線がないと掃除も楽ですよね。

>>GMOとくとくBBのお得なWiMAX詳細・お申込みはこちら<<

複数の機器でインターネットが使える

モバイルWi-Fiは非常にコンパクトな機器ではありますが、とても優秀です。1台で複数の機器をインターネットにつなげることができるのです。普段使っているスマートフォンだけでなく、パソコンやiPad、ゲーム機など、様々な機器でインターネットを楽しめますね。

光回線に比べるとどうしても速度は落ちてしまいますが、家の中に置けば家族全員でそれぞれ別の機器を使ってインターネットに接続することも可能です。

モバイルWi-Fi以外で持ち運びできて外で使えるWi-Fiはある?

外でインターネットを使いたいと思った場合、代表的なのはスマホのテザリング機能を利用するか、公衆無線LANを使う方法が挙げられます。それぞれについてみていきましょう。

スマホのテザリング機能

スマホの中にはテザリングと呼ばれる機能がついているものがあり、Wi-Fiルーターとしての役割を果たしてくれます。利用するにはドコモとソフトバンクの場合は特に申請をしなくても対応機種はテザリングが可能ですが、auは申し込みをしなければなりません。

仕組みとしては、スマホが受信している電波をパソコンやタブレットなどの端末でも使用できるように、スマホがネット通信の仲立ちのような働きをするための機能です。

こう聞くと、わざわざWiMAXなどのモバイルWi-Fiを契約しなくても、普段使っているスマホでテザリングすれば良いのでは?と感じますよね。
しかし、テザリングは使い放題ではありません。

テザリングでインターネットを使った分の通信に関しては、スマホのパケット定額のデータ量から消費される形になってしまうのです。

つまり、テザリングを使ってインターネットを活用すると、短期間で通信制限を受けやすくなってしまうということ。ほんの短時間のみ、少量の通信をするのなら特に問題はありませんが、そうでない場合はモバイルWi-Fiを検討した方が良いでしょう。

パケット使い放題なら通信しすぎても追加料金はかかりませんが、通信制限の対象にはなります。通信制限を受けた場合、動画など大容量の通信を必要とするものはまともに見ることができなくなりますし、通常のインターネット閲覧すら遅すぎるのでかなりのストレスを感じてしまうでしょう。

また、テザリングを使っている間はスマホのバッテリー消費が激しくなるので、注意が必要です。それから、テザリング利用する場合はオプション料金についてもチェックしておかなければなりません。

メリットだけでなくデメリットもいろいろあるので、自分の場合はテザリングとモバイルWi-Fiのどちらが合っているのかよく検討しましょう。

料金に関する注意点

ドコモの場合はテザリング料金は無料、auとソフトバンクはプランによって無料になるケースと、月額500円かかるケースがあるので、利用を検討している方は自分のプランの場合はどのようになっているのか確認しておくと安心です。

500円なら安いのでは?と思いますが、先述したように通信制限の対象になるので、これを解除するために別途費用が必要になってしまいます。使えば使うほど解除の費用がかさんでしまうので、簡単にモバイルWi-Fiの月額費用を上回ってしまうケースも多いです。

利用料だけをみて、テザリングのほうがお得とは考えないようにしましょう。

公衆無線LAN

公衆無線LANとは、一部のお店で設置されている無料のインターネット回線のことです。これは、お店側のサービスの一環で、誰でも利用できる無線LANを設置することにより、来客者を伸ばす目的で設置されています。

例えば、コンビニが代表的で、他にも飲食店やファストフード、カフェなど、様々な場所に公衆無線LANが設置されているので、探してみてはどうでしょうか。検索するためのアプリなどもあります。

フリーで利用できるならかなり魅力的ですよね。特にコンビニはいろいろな場所にあるので、そこまで移動する手間はかかりますが、インターネットの利用料金を抑えたいという方にとっては向いている方法に思われがちです。

ただ、利用する前にインターネット上から会員登録を済ませないとサービスが利用できないケースも多く、これを不便に感じる方もいます。一般的に、利用登録のためにはメールアドレスや生年月日などの簡単な情報も入力しなければならず、登録したメールアドレス宛にメルマガが届く場合もあります。

また、公衆無線LANはあくまで、そのお店にいる間のみ利用できるサービスとなっているので、そこから少し離れるとすぐにインターネットが利用できなくなってしまうのもデメリットです。

例えば、毎日必ず行くカフェに公衆無線LANが設置されていれば非常に便利ではありますが、そのカフェが休みの日には公衆無線LANを探して歩き回る必要も出てきますよね。

モバイルWi-Fiなら、いつでもどこでも繋がるので、利用できる場所が限定されてしまう公衆無線LANに比べると、大変便利だといえるでしょう。

安全性に関する注意点

無料で利用できて非常に便利な公衆の無線LANではありますが、特に気をつけなければならないのが、セキュリティに関することです。

というのも、もともと、公衆無線LANは国内でインターネットが使えない外国人観光客などのために普及してきたものであり、誰でも手軽にアクセスができるようになっている反面、セキュリティに問題があるものも多いのです。

実際に、公衆無線LANを利用して通信内容を盗み見されてしまったり、不正アクセスされてしまったケースもあるので、十分に注意しておきましょう。中には、お店が提供している無線LANを使っていたつもりが、気づかないうちによくわからない怪しい無線LANに繋がっていたケースもあるようです。

スマホのWi-Fiの項目を確認し、暗号化されていない(鍵マークがついていない)Wi-Fiスポットには接続しないなど、個人でも対策が必要になってきます。

やはり、安全性のことも考えると、モバイルWi-Fiのほうが上だといえるでしょう。

モバイルWi-Fi・テザリング・公衆無線LANの比較

それぞれのメリットデメリット、料金についてまとめました。

各種wifiのメリット・デメリット比較

利用料金だけを見るとテザリング・公衆無線LANのほうがお得に感じますが、先述したように通信料の問題やセキュリティの問題があるので、モバイルWi-Fiから検討してみるのがおすすめです。

モバイルWi-Fiサービスを提供しているのは15社

現在、モバイルWi-Fiサービスを提供しているのは、次の15社となっています。

この中でも代表的な5社についてご紹介しましょう。

ドコモ

モバイルWi-Fiに関しては、他社と協業していないのが特徴。また、ドコモのスマホを使っている方は、パケットを分け合って使えるのが特徴です。

スマホをあまり使わずパケットが余っているのなら、モバイルWi-Fiで活用できるということですね。セキュリティもしっかりしているので、このあたりを重視して選ぶ方も多いようです。

ただ、料金は安いとはいえないので、このあたりは注意しておきましょう。わからないことがあったらドコモショップで確認できるのも嬉しいですね。

au

auはWiMAXを契約した場合にスマホ料金が安くなるキャンペーンなども行なっています。そのため、auユーザーの場合はWiMAXを選択するのが一般的です。3大キャリアの中でも特にモバイルルーターの分野で強いのはauだといえるでしょう。

softbank

SoftBankではやはり大手のグループということもあり、信用度が高いですよね。モバイルルーターとしてはY!mobileが選択できます。

UQ WiMAX

テレビCMを頻繁に行なっているので、名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

おさえておきたいのが、auと協力関係にある会社だということ。コラボして料金がお得になるキャンペーンは見逃せません。

それから、モバイルWi-Fiルーターの中には、電波が届かないエリアもあるのですが、WiMAXの中にはauの4G/LTEネットワークが活用できるものがあるのもポイント。これは、モバイルWi-Fiの電波が繋がらなかった場合にauの電波が使えるということです。

電波が届きにくい地域での利用を検討している方にとっても見逃せないポイントだといえるでしょう。

>>UQ WiMAXの詳細・お申込みはこちら<<

Y!mobile

Y!mobileは、SoftBankが行なっているブランドの一つです。WiMAXでauのネットワークを使えるのと同じく、Y!mobileの場合はSoftBankのネットワークを使うことが可能となっています。そのため、幅広いエリアをカバーしているモバイルWi-Fiを探している方でも納得できるでしょう。

初心者がモバイルWi-Fiを選ぶ際のポイント・選び方

初めてモバイルWi-Fiを使おうと思った場合、いくつかのポイントがあります。適当に機種選びをすると、自分に合っていないものも選んでしまうことがあるので気をつけておきましょう。次のポイントをチェックしておくと失敗しにくいです。

データ容量

どのプランを選ぶのかによって、データ容量が異なります。もし、容量を超えて使用してしまった場合には、通信の速度に制限がかかるのです。普段に比べて極端にインターネット回線が重くなるので、インターネットを酷使する方などはデータ容量が多いものを選択しておいたほうが安心できるでしょう。

通信エリア

モバイルWi-Fiの中でも、特に通信エリアが広いのはauとUQ WiMAXとなっています。その他のものを選ぼうと思っている方は、事前に自分が利用を検討しているエリアに対応しているのかどうか良く確認しておきましょう。

せっかく契約したのに、ほとんどインターネットが繋がらなかったといったことが起きてしまうと大変です。

バッテリー駆動時間

機種によって、バッテリーがどれくらい長持ちするかが大きく違います。モバイルWi-Fiといえば、基本的に外に持ち出して使う方が多いでしょう。そのため、充電せずにどれくらいの時間使用し続けられるのかについてはよくチェックしておいてくださいね。

といっても、近年発売されている機種はどれも大容量のバッテリーが搭載されているほか、使用しない時に使用電力を抑えられる省エネモードが搭載されているものもあるので、それほど心配する必要はないでしょう。

また、モバイルWi-Fiの中にはWi-Fiからスマホなどに電力を供給して充電ができるタイプのものもあります。充電器としての役割も兼ね備えられるものを選択したいのなら、バッテリー容量にはこだわっておきましょう。

サイズ

モバイルWi-Fiといえば、外出する際に持ち歩くものです。しかし、中には重かったり、サイズが大きいものがあるので気をつけておかなければなりません。

かばんの中にさっと入れられて荷物の邪魔にならないように、コンパクトで重量の軽いものを選択したいですね。中には、一般的なカードよりも小さなサイズのものもあります。

また、インターネットを通して選択するモバイルWi-Fiを決めようと思っている場合は、その機種のサイズ情報をチェックし、具体的にどれくらいの大きさなのか、紙に書いて確認してみるのもおすすめです。

料金

どのメーカーでモバイルWi-Fiを選ぶのかによって月額料金は異なります。毎月かかってくる料金なので、あまり高いところだと選択できませんよね。

自分がどれくらいモバイルWi-Fiを使うのかも考えながら、いくらまでなら出せるかよく検討しておきましょう。

速度

快適なインターネットを利用するために、とにかく速度にこだわってWi-Fi選びをする方もいます。しかし、これはあまりおすすめできません。

というのも、現在発売されているモバイルWi-Fiなら、どれを選んだとしてもしっかりとした速度が出るからです。確かに、スペック表などを確認すると機種によって速度に大きな違いがありますよね。

しかし、発表されている数値はあくまで「最大速度」と呼ばれるものであり、どのような環境でも常にその速度が出るわけではないのです。理論上出せる速度を示した数字です。

インターネットで特に多くの通信量を必要とするのは動画の閲覧なのですが、問題なく動画を観られるくらいの速度はどのモバイルWi-Fiでもクリアしているので、他の項目を重視して選ぶのがおすすめです。

モバイルWi-Fiを利用するには?

実際にモバイルWi-Fiを利用したいと思った場合、大きく分けて契約とレンタルがあります。それぞれメリットもデメリットもあるので、事前におさえておいてくださいね。

契約

一般的には多くの方がこちらの方法を選択しています。契約とは、モバイルWi-Fiを提供しているメーカーからモバイルWi-Fi本体の提供を受け、月額料金を支払って使用していく形です。

どのメーカーと契約するのかによって料金やサービスといった特徴が変わってくるので、事前に良く確認しておきましょう。

契約をする場合は、毎月かかる月額費用のほかに、次のような費用がかかります。

  • 初期契約手数料:3,000円(税別)
  • 月額料金:2,000円~5,000円程度
  • オプション代金
  • 違約金

契約手数料の初期費用として発生する3,000円は、各社共通です。これは、登録にかかる作業をするための人件費と考えておきましょう。

月額料金については各社で異なるのですが、注意しなければならないのが、一見お得に見えてもそうではないケースがあるということ。例えば、月額料金が他社に比べて1,000円ほど安いものの、他社では発生しないような高額な初期費用が発生するところもあります。

こういったところを選択すると、結果的に損をしてしまうこともあるので気をつけておいてくださいね。

オプション代金とは、本契約とは別に、何か他のプランに入る場合にかかる費用です。例えば、紛失や故障時のサポートに関するもの。500円程度のオプションが多いのですが、選択するオプションや契約先によって費用が変わるので注意が必要です。

それから、モバイルWi-Fiを契約する際に特に気をつけなければならないのが違約金です。スマホと同じように、モバイルWi-Fiを契約する場合にも2年契約が基本となっており、中には4年契約といったかなり長期のものもあります。

この期間内に解約をした場合、高額な違約金が発生してしまうことがあるのです。契約してからどれくらい経っているのかによっても違約金の額は変わってきますが、契約してすぐに解約するようなケースでは20,000円を超えてしまうこともあるので注意が必要です。

レンタル

正式な契約をするのではなく、期間を限定してレンタルする方法もあります。こちらは、レンタル専門の業者があるので、そちらから借りましょう。

自宅に送付してもらえるほか、宿泊先のホテルや、空港の窓口に届けてもらうこともできるので、「急な出張が入った」とか、「旅行先でもサクサクインターネットを使いたい」と思った時に大変便利です。

レンタルできる機種と料金は各レンタル会社によって異なるので注意しておいてくださいね。

別途送料は発生しますが、1泊2日くらいだと利用料金自体は1,000円以内で済むところがほとんどなので、ほんの数日間だけモバイルWi-Fiを使いたいと思っている方は正式な契約ではなく、レンタルしたほうがお得に済みます。

ただ、長期的に使用する場合は契約をした方がお得なので、注意しましょう。

3G?4G?LTEって何?

スマホを持っている方であれば、3Gや4Gといった表示を見たことがあるのではないでしょうか。これらは、モバイル通信の規格のことをいいます。

「G」とは、英語で世代を意味する「Generation」の略です。第1世代である1Gはノイズが入りやすく、第2世代である2Gは1Gよりは進化しているものの今では時代遅れです。また、現在、2Gのサービスは終了して3Gになっています。

ここでは現在主流になってきている3G・4G・LTEについて、詳しくご紹介しましょう。モバイルWi-Fiによって利用できる規格が異なるので、気になっているルーターの規格とあわせてチェックしてみてくださいね。

3G

第3世代の規格です。2Gに比べると大幅に進化し、~14Mbps程度の速度までなら出せるようになりました。

スマホでいうと、NTTドコモの「FOMA」や、auの「CDMA 1X」「CDMA1X WIN」、ソフトバンク(当時はVodafone)の「Vodafone Global Standard」が3Gです。

現在、「4G」というものが出ていることからもわかる通り、最新のものではなく、少し昔の規格という形になります。

ただ、4Gはまだすべてのエリアに対応してるわけではないため、地域によっては4Gが利用できず、3Gが主流になっているところもあるのです。

4G

第4世代の規格です。3Gよりも更に速度がアップし、75Mbps~100Mbps程度までカバーできるようになりました。高速通信に関しては、3Gよりも大幅に上だといえるでしょう。

徐々に4Gが利用できるエリアは増えていますが、山間部の一部などではまだ対応できていません。

LTE

4Gの一種で、LTEとは「Long Term Evolution」の略です。正確には3.9Gなのですが、4G に分類されるケースも多くあります。3G~4Gに切り替える際にスムーズな移行を実現するためにつくられました。

それまでの3Gに比べると更に性能が進化しています。大きく変わったのは通信の速さだといえるでしょう。

3Gの約15倍にまでアップしたスピードにより、重いデータのやりとりにも適しています。そのため、現在は4GとLTEが通信規格の主流となっているのです。

モバイルWi-Fiの使用方法

これまでに一度も使ったことがない人だと、モバイルWi-Fiを利用するのは、何となく難しそう…と感じてしまうことがあるかもしれません。しかし、使用方法は非常に簡単です。4ステップでご紹介します。

1.充電

製品を受け取った時点でフル充電されているものもありますが、中には20%程度しか充電されていないものもあります。充電する際には、専用のACアダプターをコンセントに繋いだり、USBケーブルを通して充電することが可能です。

また、モバイルWi-Fiの中には「クレードル」という別売りの充電台が用意されているものもあり、そちらに置いて充電可能なタイプもあります。

2.SIMカードを本体に挿し込む

電源を入れる前に製品に同封されてくる「SIMカード」と呼ばれるものを本体に挿し込みましょう。

3.電源を入れる

電源を入れると、自動的に電波をキャッチします。これにより、インターネットとモバイルWi-Fiが繋がっている状態になるのです。
起動にかかる時間はモバイルWi-Fiによって異なりますが、中には5秒程度で起動するものもあるので、非常に便利ですね。

4.端末とルーターをつなぐ

インターネットに接続したい端末とモバイルWi-Fiを繋いでいきましょう。モバイルWi-Fiは、ルーターの電源が入っていれば近くにあるインターネット対応機器をすべてネット回線に繋ぐものではありません。

初回接続時に限り、端末側でSSIDとパスワードを入力しなければならないのです。SSIDとパスワードを入力しなければ使えないので、例えば公園でモバイルWi-Fi使用しながらインターネットをしていた時に、隣に座った知らない人にも電波を使われてしまうような心配がなくなります。

SSIDとパスワードについては多くの商品はバッテリーを外したところ、または裏蓋に記載されているので、そちらを確認しましょう。

例えば、スマホの場合は設定画面でWi-Fiを選択すると利用可能な電波一覧が表示されるので、そこから自分の持っているモバイルWi-FiのSSIDを選択し、パスワードを入力することにより利用できるようになります。

実際にやってみると、設定に関する作業は5分以内に終わるような非常に簡単なものです。あまりインターネットに詳しくない方でも特に問題なく完了できるでしょう。

モバイルWi-Fi利用者の口コミ

まとめ

いかがだったでしょうか。ここではモバイルWi-Fiについて詳しくご紹介しました。特に外出先で動画を見る方にとっては欠かせないアイテムだともいえるでしょう。

そもそもモバイルWi-Fiとは何かわからずに悩んでいた方も、この記事を参考にしながら自分に合った製品を取り入れてみてくださいね。

外でも快適なインターネットを実現することができるので、おすすめです。

WiMAX2+のおすすめランキング!

1位 GMOとくとくBB

とくとくBBロゴ

業界最高水準キャッシュバックで、どこよりも安く利用できる



2位 BIGLOBE

biglobeロゴ

口座振替でもキャッシュバックがもらえる



3位 Broad WiMAX

ブロードロゴ

WEB申込なら初期費用18,857円が無料