光回線

光ファイバーイメージ

光回線比較に必須のおすすめ情報

光回線とは

光回線とは、光ファイバーという特殊なケーブルを用いた通信回線のことです。

回線というのは通信の伝送路、つまりデータが行き来する道のことで、通信においては光ファイバーのほかにメタル(銅線)も使われます。

光回線と光インターネットとFTTH

光回線の比較情報を閲覧する際には、「光回線」「光インターネットサービス」「FTTH」の3つはすべて同じ意味の用語と考えて問題ありません。

細かい話をすると、光回線は回線の種別を表す用語で、FTTHはアクセス方式を表す用語です。ですがこれらは同義語として扱われることも多く、例えば「光回線に申し込む」と言えば、それは「光インターネットサービスに申し込む」と大体同じ意味になります。

ちなみにFTTH(えふてぃーてぃーえいち)は「Fiber to the Home」の略で、通信事業者の設備から各家庭やオフィスまでを光ファイバーケーブルでつなぐアクセス方式のことです。

光回線は速い

光回線は伝送路に光ファイバーを用いるため、従来のメタルケーブルを利用するADSLやCATV、ISDN等のインターネットサービスと比べてより高速で、安定した通信が行えます。

デジタル信号はデータを電気のオンとオフで伝えています。光ファイバーはこの電気信号を光の点滅に置き換えて送っているのですが、メタルよりも光ファイバーの方が単一時間あたりにオン・オフできる回数を圧倒的に多くできるので、一度に大量のデータを送信できる、つまりは高速に通信できるというわけです。

また、光ファイバーは光の透過率の高い特殊なガラスやプラスチックでできていて、光が規則正しく反射して進んでいくため、信号の減退がほとんどありません。外部から磁気によるノイズの影響も受けにくいです。一方メタルは、通信距離が長くなればなるほど信号の減退が大きくなるという特性があるうえ、ノイズの影響を受けやすく、利用場所によっては非常に低速であったり、速度が安定しなかったりします。

個人向けのサービスでは、光回線は100Mbps~1Gbpsが主流で、一部では10Gbpsというとんでもない速さのサービスも提供されています。対してADSLは最大でも50Mbpsです。理論上の最大値でこの違いですから、実行速度(実際の利用において出る速度)ではもっと大きな違いが出ると考えて良いでしょう。

ただし、ここ最近は光回線が主流になりユーザー数が爆発的に増えたことにより、特定の時間帯では回線が混み合って光回線でも思うように速度が伸びないケースもあります。逆に、ADSL等のサービスはユーザー数が著しく減ってきているので、以前よりも速度が出やすい状況にあります。

せっかく光回線に変えたのに速度があまり変わらなかった、などという失敗を回避するためには、申し込み前に各通信事業者に相談してみるのもひとつの手です。

光回線
光ファイバーケーブルを利用した高速通信が特徴。通信速度と安定性に秀でている。現代では主流の通信接続方法だが、専用ケーブル敷設のため工事費などかかる。
ISDN(Integrated Services Digital Network)
インテグレイテッドサービスデジタルネットワークの略称。デジタル回線による電話サービスで、ダイアルアップによりインターネットに接続。基本料金とは別に電話代がかかる。
ADSL(Asymmetric Digital Subscriber Line)
アシンメトリックデジタルサブスクライバラインの略称。電話回線を使ったインターネット接続だが、電話代はかからない。音声電話では使用しない高い周波数を利用して高速通信を可能にした。送受信(上りと下り)の通信速度に違いがある。
CATV(Cable Television)
ケーブルテレビジョン(ケーブルテレビ)の略称。建物へ直接ケーブルを引いているので回線が安定している。BSやCSといった専門チャンネルが充実している。テレビを見ない人にとっては料金が高額なうえに、光ファイバーと放送用ケーブルを組み合わせているので通信品質は良くない。

光回線は高い?

かつて電話やテレビのために敷設されたメタル回線をそのまま使うことができるADSLやCATVに対し、光回線は高価な光ファイバーを地中や電柱、宅内への引き込み等で新たに敷設する必要があり、サービス提供にとても大きなコストがかかります。ですから光回線はほかのサービスと比べて料金が高い傾向にあります。

たとえばADSLとの比較では、ざっくりとした計算で、光回線の方が月額料金が大体2,000円ほど高くなります。また、約2,000~20,000円かかる初期工事が必要となる可能性が高く、初期コストの面でも不利と言えます。

ところがここ最近は、「光サービス卸」という制度が導入されたことにより、料金面での不利はかなり解消されてきています。

光サービス卸(おろし)

光サービス卸とは、光回線のサービスをパートナー企業に貸し出して再販可能とする仕組みのことです。その具体例がNTT東西が提供している「光コラボレーション(略して光コラボ)」で、すでに数百社のパートナー企業(光コラボ事業者)が各社のブランド名でサービスを提供しています。

光コラボの光回線がどうして安いのかというと、メイン事業のサービスとの抱合せ販売によって大幅な割引を付与することができるからです。

たとえばNTTドコモが提供する「ドコモ光」の場合、ドコモ光とドコモのケータイをセットで利用することによってセット割引が受けられます。また、10,000~20,000円相当のキャッシュバックやポイント付与が受けられることにより、初期工事費の負担がほとんどかからないようになっています。

光コラボ事業者は、ドコモなどの携帯キャリア系、ビッグローブなどのプロバイダ系、旭化成などの不動産系などさまざまです。光回線は、表面的な料金だけでなく、割引も含めたトータルの料金で比較・検討したいところです。

有線回線と無線回線

光回線は利用場所までを物理的にケーブルでつないで通信する「有線系固定通信回線」です。これに対して携帯電話等のネットワークを利用した「無線系固定通信回線」も存在します。

代表的なものにUQコミュニケーションズが提供しているUQ WiMAXというサービスがあります。モバイルWiMAXという技術を用いた高速無線インターネットサービスで、利用場所に置かれた据え置き型または携帯型のルーターと基地局とを無線でつなぐことでデータを送受信します。

ポケットWiFi通信模式図

毎月の料金は光回線と同じか、少し安いくらいですし、無線で通信が行えるのでケーブルの引き込み等の工事が必要なく、工事費もかかりません。部屋内がケーブルでごちゃごちゃしてしまうこともありません。また、申込の当日から使えるというメリットもあります。これらのメリットは、引っ越しや転勤の頻度が多い方には特に魅力でしょう。

一方で、伝送に電波を使うためにどうしても障害物の影響を受けやすく、利用場所や建物の材質などによっては、提供エリア内であっても接続ができなかったり、通信が安定しないということが起こりえます。

また、スマートフォンほど厳しいものではありませんが、短期間に大量の通信を行うと一時的に通信速度が低くなるという類の制限もあるので、これらのデメリットを考慮した上で、有線と無線のどちらが適当かを判断すると良いでしょう。

有線回線
メリット:通信速度が速い、通信が安定している
デメリット:月額料金が高い、開通まで日数がかかる
無線回線
メリット:月額料金が安い、申込当日から使える
デメリット:環境によっては通信が安定しない、速度制限がある

【光回線・プロバイダ】知らずに二重契約していませんか?

光回線

今すぐチェック!プロバイダの二重契約をしていませんか?

光回線を導入するにあたり、プロバイダの二重契約をしてしまう人が増えているようです。

例えば今までは別のプロバイダで光回線を利用していたけれど、料金やキャンペーンの兼ね合いで乗り換えた場合、自分では気づかないうちにプロバイダ契約を二重で行ってしまっていた、というケースがそれにあたります。

1回線につき、プロバイダ契約は当然1社でよいので、気づけば長期間無駄なお金を払い続けているということも。勧誘を受けるままに光回線の乗り換えをしてしまった人は、一度インターネット関連の契約について見直す必要があるかもしれません。

こちらでは、インターネットの契約について深く理解していないという人のために、光回線とプロバイダの契約関係や、二重契約をしていないかどうかのチェック方法などについて解説しています。

IP電話・ひかり電話の乗っ取りって? きちんとセキュリティ対策すべき理由

光回線

IP電話が乗っ取られるって?

固定電話に代わる「IP電話」

このIP電話が乗っ取られるとは、一体どういうことなのでしょうか?
また、乗っ取られるとどのようなことが起こるのでしようか?

こちらの記事では、IP電話の乗っ取りの防ぎ方・対処法と、実際の乗っ取られた事例をご紹介いたします。

ドコモ光とは?

ドコモ光

ドコモ光ロゴ
ドコモのスマホユーザーの皆さんは、「ドコモ光」には加入していますか?

ドコモ光には、ドコモのスマホユーザーだからこそ得られるメリットが盛り沢山です。入っていない方はもしかすると損しているかも!?

今回は、ドコモ光がドコモユーザーの皆さんにとってどんなメリットがあるのか、そしてなぜ今加入しないと損するのかを解説していきたいと思います。

これは酷い!プロバイダにまつわる怖い話。

光回線

ホラーイメージ
季節は夏、そして夏といえば怪談ですよね。
私は怖い話が大好きで、ホラー映画や小説についつい夢中になりがちです。

でも現実にそんな怖いことが起こったら・・・!

心霊的な現象に遭遇したことはありませんが、今回は現実世界で起こりうる、プロバイダにまつわる怖~い話をご紹介します!

皆さんが知らないだけで、じつはプロバイダにまつわる恐怖体験というものは数多く存在しますが、大丈夫、ご安心ください!

ちゃんと最後には、皆さんにプロバイダとの契約で役に立つ3枚のお札をご用意しています。

それではひとつ、身の毛がよだつ怖~い話を怪談っぽく語ってみます…。

【徹底検証】家電量販店でインターネットを申し込む時のメリットとデメリットを詳しく解説

光回線

家電量販店でインターネットを申し込

家電量販店でインターネットを申し込む時のメリットとデメリットは何?詳しく解説!

家電量販店に行くと、WiMAXや光回線などのインターネットサービスが宣伝されていることがあります。「自分でインターネットから申し込めるのに、どうして家電量販店で契約できるんだろう?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

ここでは、インターネットの回線契約をする方法をまとめて紹介。家電量販店でネットを申し込む際のメリットとデメリットも含めて、意外に見落としがちなポイントを紹介します。

【必見】ADSLから光回線へ乗り換える方法

光回線

ADSLから光回線へ乗り換える方法とは?詳しく解説!

NTT東日本/西日本は、2023年1月31日をもってADSLサービスの提供を終了することを発表しました。大手ソフトバンクも、2024年3月31日にADSLサービスを完全に終了する予定です。

現時点ではあくまでNTTとソフトバンクのみですが、これがきっかけで他社もADSLのサービスを終了する方向にシフトするかもしれません。

今後のことを考えると、光回線に乗り換えたほうが良いと言えるでしょう。

光回線になるとインターネットがサクサク繋がるようになり、通信速度の低下で悩むこともなくなります。ここでは光回線の魅力と乗り換えの方法について紹介します。

固定回線(無線Wifi)を使って、携帯の通信料金を節約する方法を教えます!

光回線

ひらめき(女性)_03
休日は自宅のベッドに寝転がってスマートフォンで高画質動画を見るのが大好きです。動画に飽きたらそのままインターネットサイト巡り。夜には遠くに住む友達とチャットアプリでビデオ通話しながら近況を語り合う。

そういったことにインターネットを使っていると、すぐに通信速度制限にかかってしまいます。しかし、ある方法を使えば、いっさいデータ通信量を気にすることなく、インターネットを好きなだけスマートフォンで楽しむことができます。大事なキーワードは自宅!自宅に固定回線のインターネットを引いていれば、データ通信量を気にすることなく上記のように一日中スマートフォンでインターネットを楽しむことができます!

今回は自宅の固定回線を利用して無線Wi-Fiの環境を整えることで、スマートフォンのデータ通信量を低く抑えて通信速度制限を回避する方法をご紹介します。

プロバイダを乗り換えた時のメリット・デメリット。2つのポイント

光回線

光の帯(高速道路)
皆さんは家のインターネットが遅いと感じたことはありませんか?

実はプロバイダを変えるだけで、回線速度が上がたり、プロバイダによっては月額料金が以前よりも安くなったり、キャッシュバック特典を受け取ることができたりと、色々な面でお得になることがあります。

ですが、当然乗り換えにもデメリットは生じます。

今回はプロバイダの乗り換えに伴うメリット・デメリットを比較しながら、乗り換えの際に注意するべきポイントをご紹介します。

【住宅のタイプ別】おすすめの光回線はこれだ!

光回線

住宅別おすすめの光回線とは?表で詳しく比較!

こちらの記事では、マンション・アパート・一戸建てなど、住宅別でおすすめの光回線と、光回線を選ぶときのポイントについて解説しています。

自宅に光回線を導入しようとしている方、マンション・アパート・一戸建てなど、住宅別でおすすめの光回線は違うということをご存知でしょうか?

光回線の契約には工事が必要なので、一度契約してしまうと乗り換えるのは面倒なものです。せっかく光回線の契約をするのですから、住宅に一番合った光回線を選んで契約するようにしましょう!

ページの先頭へ