光回線

光ファイバーイメージ

光回線比較に必須のおすすめ情報

光回線とは

光回線とは、光ファイバーという特殊なケーブルを用いた通信回線のことです。

回線というのは通信の伝送路、つまりデータが行き来する道のことで、通信においては光ファイバーのほかにメタル(銅線)も使われます。

光回線と光インターネットとFTTH

光回線の比較情報を閲覧する際には、「光回線」「光インターネットサービス」「FTTH」の3つはすべて同じ意味の用語と考えて問題ありません。

細かい話をすると、光回線は回線の種別を表す用語で、FTTHはアクセス方式を表す用語です。ですがこれらは同義語として扱われることも多く、例えば「光回線に申し込む」と言えば、それは「光インターネットサービスに申し込む」と大体同じ意味になります。

ちなみにFTTH(えふてぃーてぃーえいち)は「Fiber to the Home」の略で、通信事業者の設備から各家庭やオフィスまでを光ファイバーケーブルでつなぐアクセス方式のことです。

光回線は速い

光回線は伝送路に光ファイバーを用いるため、従来のメタルケーブルを利用するADSLやCATV、ISDN等のインターネットサービスと比べてより高速で、安定した通信が行えます。

デジタル信号はデータを電気のオンとオフで伝えています。光ファイバーはこの電気信号を光の点滅に置き換えて送っているのですが、メタルよりも光ファイバーの方が単一時間あたりにオン・オフできる回数を圧倒的に多くできるので、一度に大量のデータを送信できる、つまりは高速に通信できるというわけです。

また、光ファイバーは光の透過率の高い特殊なガラスやプラスチックでできていて、光が規則正しく反射して進んでいくため、信号の減退がほとんどありません。外部から磁気によるノイズの影響も受けにくいです。一方メタルは、通信距離が長くなればなるほど信号の減退が大きくなるという特性があるうえ、ノイズの影響を受けやすく、利用場所によっては非常に低速であったり、速度が安定しなかったりします。

個人向けのサービスでは、光回線は100Mbps~1Gbpsが主流で、一部では10Gbpsというとんでもない速さのサービスも提供されています。対してADSLは最大でも50Mbpsです。理論上の最大値でこの違いですから、実行速度(実際の利用において出る速度)ではもっと大きな違いが出ると考えて良いでしょう。

ただし、ここ最近は光回線が主流になりユーザー数が爆発的に増えたことにより、特定の時間帯では回線が混み合って光回線でも思うように速度が伸びないケースもあります。逆に、ADSL等のサービスはユーザー数が著しく減ってきているので、以前よりも速度が出やすい状況にあります。

せっかく光回線に変えたのに速度があまり変わらなかった、などという失敗を回避するためには、申し込み前に各通信事業者に相談してみるのもひとつの手です。

光回線
光ファイバーケーブルを利用した高速通信が特徴。通信速度と安定性に秀でている。現代では主流の通信接続方法だが、専用ケーブル敷設のため工事費などかかる。
ISDN(Integrated Services Digital Network)
インテグレイテッドサービスデジタルネットワークの略称。デジタル回線による電話サービスで、ダイアルアップによりインターネットに接続。基本料金とは別に電話代がかかる。
ADSL(Asymmetric Digital Subscriber Line)
アシンメトリックデジタルサブスクライバラインの略称。電話回線を使ったインターネット接続だが、電話代はかからない。音声電話では使用しない高い周波数を利用して高速通信を可能にした。送受信(上りと下り)の通信速度に違いがある。
CATV(Cable Television)
ケーブルテレビジョン(ケーブルテレビ)の略称。建物へ直接ケーブルを引いているので回線が安定している。BSやCSといった専門チャンネルが充実している。テレビを見ない人にとっては料金が高額なうえに、光ファイバーと放送用ケーブルを組み合わせているので通信品質は良くない。

光回線は高い?

かつて電話やテレビのために敷設されたメタル回線をそのまま使うことができるADSLやCATVに対し、光回線は高価な光ファイバーを地中や電柱、宅内への引き込み等で新たに敷設する必要があり、サービス提供にとても大きなコストがかかります。ですから光回線はほかのサービスと比べて料金が高い傾向にあります。

たとえばADSLとの比較では、ざっくりとした計算で、光回線の方が月額料金が大体2,000円ほど高くなります。また、約2,000~20,000円かかる初期工事が必要となる可能性が高く、初期コストの面でも不利と言えます。

ところがここ最近は、「光サービス卸」という制度が導入されたことにより、料金面での不利はかなり解消されてきています。

光サービス卸(おろし)

光サービス卸とは、光回線のサービスをパートナー企業に貸し出して再販可能とする仕組みのことです。その具体例がNTT東西が提供している「光コラボレーション(略して光コラボ)」で、すでに数百社のパートナー企業(光コラボ事業者)が各社のブランド名でサービスを提供しています。

光コラボの光回線がどうして安いのかというと、メイン事業のサービスとの抱合せ販売によって大幅な割引を付与することができるからです。

たとえばNTTドコモが提供する「ドコモ光」の場合、ドコモ光とドコモのケータイをセットで利用することによってセット割引が受けられます。また、10,000~20,000円相当のキャッシュバックやポイント付与が受けられることにより、初期工事費の負担がほとんどかからないようになっています。

光コラボ事業者は、ドコモなどの携帯キャリア系、ビッグローブなどのプロバイダ系、旭化成などの不動産系などさまざまです。光回線は、表面的な料金だけでなく、割引も含めたトータルの料金で比較・検討したいところです。

有線回線と無線回線

光回線は利用場所までを物理的にケーブルでつないで通信する「有線系固定通信回線」です。これに対して携帯電話等のネットワークを利用した「無線系固定通信回線」も存在します。

代表的なものにUQコミュニケーションズが提供しているUQ WiMAXというサービスがあります。モバイルWiMAXという技術を用いた高速無線インターネットサービスで、利用場所に置かれた据え置き型または携帯型のルーターと基地局とを無線でつなぐことでデータを送受信します。

ポケットWiFi通信模式図

毎月の料金は光回線と同じか、少し安いくらいですし、無線で通信が行えるのでケーブルの引き込み等の工事が必要なく、工事費もかかりません。部屋内がケーブルでごちゃごちゃしてしまうこともありません。また、申込の当日から使えるというメリットもあります。これらのメリットは、引っ越しや転勤の頻度が多い方には特に魅力でしょう。

一方で、伝送に電波を使うためにどうしても障害物の影響を受けやすく、利用場所や建物の材質などによっては、提供エリア内であっても接続ができなかったり、通信が安定しないということが起こりえます。

また、スマートフォンほど厳しいものではありませんが、短期間に大量の通信を行うと一時的に通信速度が低くなるという類の制限もあるので、これらのデメリットを考慮した上で、有線と無線のどちらが適当かを判断すると良いでしょう。

有線回線
メリット:通信速度が速い、通信が安定している
デメリット:月額料金が高い、開通まで日数がかかる
無線回線
メリット:月額料金が安い、申込当日から使える
デメリット:環境によっては通信が安定しない、速度制限がある

【住宅のタイプ別】おすすめの光回線はこれだ!

光回線

こちらの記事では、マンション・アパート・一戸建てなど、住宅別でおすすめの光回線と、光回線を選ぶときのポイントについて解説しています。

自宅に光回線を導入しようとしている方、マンション・アパート・一戸建てなど、住宅別でおすすめの光回線は違うということをご存知でしょうか?
光回線の契約には工事が必要なので、一度契約してしまうと乗り換えるのは面倒なものです。
せっかく光回線の契約をするのですから、住宅に一番合った光回線を選んで契約するようにしましょう!


光回線の選び方

契約期間や解約違約金をチェック

それぞれの光回線には、最低利用期間として「契約期間」が決められています。
契約期間をチェックすることが大切な理由は、契約期間内に解約をすると「解約違約金」が発生してしまうからです。

契約期間の長さと解約違約金の金額は契約する光回線によって異なるので、ずっと継続的に利用する予定がない場合、契約期間の長さに注意するようにしてください。

主な光回線の契約期間と解約違約金の金額は、次の表の通りです。

契約期間解約違約金
ビッグローブ光36ヶ月20,000円
so-net光36ヶ月20,000円
NURO光2年9,500円
なし0円
auひかり3年15,000円
2年9,500円
なし0円
ドコモ光2年戸建て/ミニ:13,000円
マンション:8,000円
SoftBank光5年15,000円
2年9,500円
なし0円

光回線の契約期間の中には、5年などの長期間に渡るものもあるので、解約のことも含めて選んだほうが良い場合もあります。
また、契約期間は自動更新となっているので、一旦契約期間が終了したとしても、また次の契約期間がすぐに始まってしまいます。
契約期間が終了するタイミングに合わせて解約をしないと、解約違約金が発生してしまうのです。

スマホとセット割でお得になる

光回線の中には、スマホとセットで割引が適用されるというサービスを提供しているものもあるので、お得に使いたい方はチェックしておきましょう。
光回線ごとのスマホとのセット割は、次の通りです。

光回線対象キャリア割引内容
ビッグローブ光auスマホの利用料金が永年割引
so-net光auスマホ、タブレット、ケータイの料金が永年割引
NURO光ソフトバンクスマホが月額最大1,000円割引
auひかりauスマホの利用料金が毎月最大2,000円割引
ドコモ光ドコモスマホの利用料金が毎月最大3,500円割引
SoftBank光ソフトバンクスマホ、ケータイの料金が最大10回線まで割引

スマホと光回線のセット割は、各社それぞれサービス内容が違いますが、せっかく割引を受けられるのですから、今使っているスマホとセットで契約するほうがお得です。
割引金額は持っているスマホやケータイのプランによって異なるので、詳しくは公式サイトを確認するか、各キャリアショップまで問い合わせてください。

顧客満足度をチェックする

より満足できる光回線を選択するためには、「顧客満足度」をチェックするのがおすすめです。
光回線の顧客満足度を調査しているのは、「ICT総研」という会社で、ICT総研は報道関係で使われる調査データも提供しているので、調査結果についても信頼できるでしょう。

ICT総研が行なった「2018年度 ブロードバンドサービスの市場動向調査」によると、顧客満足度No.1となった光回線はNURO光でした。

光回線サービス名利用者の満足度
NURO光75.8
eo光67.9
フレッツ光63.5
auひかり63.0
ドコモ光62.4
平均値62.5

出典:ICT総研:2018年度 ブロードバンドサービスの市場動向調査

顧客満足度調査のうち、上位5位に輝いた光回線は、上の表の通り、NURO光、eo光、フレッツ光、auひかり、ドコモ光の5つ。
NURO光の顧客満足度が高い理由としては、通信速度が速いことと、料金が安いことの2つが挙げられるそうです。

ですが、上位5つの光回線は、いずれも平均値を上回っているか同等なので、全てがおすすめできる光回線だと言えるでしょう。

新規申し込みキャンペーンで選ぶ

光回線を提供している事業者では、それぞれ「新規申し込みキャンペーン」が開催されていることが多くなっています。
新規申し込みの特典として、高額なキャッシュバックを受け取れたり、月額料金が割引になったりするので、キャンペーンのお得さで選ぶのも一つの方法です。

新規申し込みキャンペーンで注意したいことは、店頭で申し込むよりもインターネットから申し込んだほうが、お得なキャンペーンが適用されることが多いという点です。

光回線は、携帯キャリアのショップや家電量販店などでも申し込むことができますが、その場合、店頭スタッフの人件費やテナント代などに経費がかかっているので、キャンペーン内容のお得さが半減してしまっている場合があります。
その点、インターネットは経費がかからないため、その分キャンペーン特典として還元することができるのです。

新規申し込みキャンペーンの内容は光回線によって異なりますが、どの光回線を選んだとしても、インターネットから申し込んだほうがお得になるでしょう。

おすすめの光回線はこれ!【マンション・アパート編】

マンション・アパートの光回線の料金や初期費用などの条件を、6社で比較してみました。
事業者によっては契約期間なしのプランがある場合もありますが、月額料金がかなり割高に設定されているので、契約期間ありの料金のみを掲載しています。

平均月額利用料初期費用通信速度キャッシュバック
ビッグローブ光3,980円工事費:27,000円

手数料:3,000円

最大1Gbps25,000円
so-net光4,480円工事費:24,000円

手数料:3,000円

最大1Gbpsなし
NURO光4,743円工事費:40,000円

手数料:3,000円

最大2Gbps最大120,000円
auひかり3,800円工事費:30,000円

手数料:3,000円

最大1Gbps他社からの乗換で最大30,000円

違約金がかかる場合+最大25,000円

ドコモ光タイプA:4,000円

タイプB:4,200円

工事費:15,000円

手数料:3,000円

最大1Gbpsキャッシュバックなし

dポイント10,000ptプレゼント

SoftBank光3,800円工事費:24,000円

手数料:3,000円

最大1Gbps乗換時の違約金・工事費全額キャッシュバック

他社からの乗換で最大24,000円

月額料金の安さでおすすめの光回線は?

6つの光回線の中で、「月額料金をなるべく抑えたい!」という人におすすめなのは、「ビッグローブ光」「auひかり」「ソフトバンク光」の3つです。

ビッグローブ光は他の2つの光回線と比較して月額料金が高めですが、工事費が安いこととキャッシュバックが25,000円貰えることから、トータルでの月額料金が安いと考えられます。
auひかり、ソフトバンク光は月額料金が同じ金額で最安値となっていますが、キャッシュバックは他社からの乗換時だけの適用で、新規契約では受け取れません。

他社からの乗換でおすすめの光回線は?

他社から乗り換えするときにおすすめの光回線は、「auひかり」と「ソフトバンク光」の2つです。
どちらも、他社からの乗換時にだけキャッシュバックが受け取れるので、新規契約の人よりもお得な条件で始めることができます。

auひかりは乗換で最大30,000円がキャッシュバックされ、乗換によって違約金が発生する場合は最大25,000円が上乗せされます。
ソフトバンク光も乗換で最大24,000円のキャッシュバックがあり、乗換時に発生する違約金と工事費が全額キャッシュバックされるので、負担を大きく軽減させられるでしょう。

キャッシュバック金額で光回線を選ぶなら?

キャッシュバック金額の高さで光回線を選ぶなら、NURO光が一番高額となっています。
NURO光では最大120,000円という高額なキャッシュバックが用意されていますが、これはNURO光と光でんわ、ウォーターサーバー、ポケットwifiの全てを申し込んだときの金額となっています。

キャッシュバックの条件が少し厳しめですが、もしも全てのサービスを利用したいという方の場合、120,000円のキャッシュバックは魅力となるでしょう。

通信速度で光回線を選ぶなら?

通信速度が少しでも速い光回線が良いのであれば、NURO光が最もおすすめの光回線です。
現在のところ、通信速度が最大2Gbpsという速さになっているのはNURO光だけで、NURO光の顧客満足度が高いのも、通信速度の速さが理由となっています。
その他の光回線は全て1GbpsとNURO光の半分程度の通信速度になっているので、NURO光が圧倒的でしょう。

おすすめの光回線はこれ!【一戸建て編】

一戸建ての場合の光回線の契約条件を、6社で比較してみました。
マンション・アパートと同じように、全ての光回線で「契約期間あり」の月額料金のみを掲載しています。

 平均月額利用料初期費用通信速度キャッシュバック
ビッグローブ光4,980円工事費:30,000円

手数料:3,000円

最大1Gbps25,000円
so-net光5,580円工事費:24,000円

手数料:3,000円

最大1Gbpsなし
NURO光4,743円工事費:40,000円

手数料:3,000円

最大2Gbps最大120,000円
auひかり5,100円工事費:37,500円

手数料:3,000円

最大1Gbps他社からの乗換で最大30,000円

違約金がかかる場合+最大25,000円

ドコモ光タイプA:5,200円

タイプB:5,400円

工事費:18,000円手数料:3,000円最大1Gbpsキャッシュバックなし

dポイント10,000ptプレゼント

SoftBank光5,200円工事費:24,000円

手数料:3,000円

最大1Gbps乗換時の違約金・工事費全額キャッシュバック

他社からの乗換で最大24,000円

月額料金の安さでおすすめの光回線は?

一戸建ての場合、月額料金の安さからおすすめできる光回線は、「NURO光」です。
一戸建て用の光回線はマンション・アパート用よりも月額料金が高くなりますが、NURO光だけはマンション・アパート・一戸建てのどの住宅タイプでも月額料金が同額になっています。

ただし、NURO光は少し工事費が高くなっているので、初期費用を抑えたいという場合は、月額料金の安さで次点につく「ビッグローブ光」も選択肢の中に入るでしょう。

他社からの乗換でおすすめの光回線は?

他社からの乗換でおすすめできるのは、やはり「auひかり」と「ソフトバンク光」です。
他社からの乗換時だけキャッシュバックが用意されていて、解約違約金や撤去工事費用の負担を軽くすることができます。

一戸建ての場合は、マンション・アパートよりも光回線の工事費用が高くなる傾向にあるので、工事費用を全額キャッシュバックしてくれるというソフトバンク光の特典は嬉しいものです。

キャッシュバック金額で光回線を選ぶなら?

キャッシュバック金額で光回線を選ぶなら、「NURO光」か「ビッグローブ光」でしょう。
NURO光とビッグローブ光は、一戸建て用の月額料金も休めに設定されているので、インターネット代をなるべく安くしたいという方におすすめの2社です。

マンション・アパート用のところでも解説しましたが、NURO光の最大120,000円キャッシュバックを受け取るためには、指定される全てのサービスに加入しなければいけません。
光回線、光でんわ、ウォーターサーバー、ポケットwifiの全てが必要な方であれば、NURO光でキャッシュバックを受け取ったほうがお得です。

ですが、光回線だけで良いという方の場合、ビッグローブで25,000円のキャッシュバックを受け取ったほうが、解約などの負担もないので良いと思います。

通信速度で光回線を選ぶなら?

通信速度はNURO光の2Gbpsが最も速いので、通信速度を重視する方はNURO光一択でしょう。
特に、一戸建ての場合はマンション・アパートよりも住宅の面積が広くなることが多いので、通信速度が遅いと、wifiにしたときに不満を感じがちです。
1Gbpsでも決して遅くはありませんが、NURO光であればwifi環境を整えたときでも、しっかりと通信速度の速さを維持できると思います。

光回線完全ガイド!初心者向けにわかりやすく解説!

光回線

「光回線」と呼ばれるものが主流になってきています。
ですが、具体的にどのような回線のことをいうのか、どんなメリット・デメリットがあるのかよくわからず、新規導入や乗り換えについて検討できていない方もいるのではないでしょうか。

そこで、ここでは光回線について詳しくご紹介しています。
この記事を読むことによって光回線の特徴や、自分に合っているかどうかが判断できるようになるので参考にしてみてくださいね。

光回線とスマホのセット割まとめ!【ドコモ・ソフトバンク・au】

光回線

現在、多くの方がスマホを所有していますが、ドコモ・au・ソフトバンクといったキャリアの携帯を持っている方は、光回線とスマホをセットにしてセット割の適用を受けるのがおすすめです。

月々のスマホの料金が安くなるので、毎月お得に利用したいと思っている方はぜひとも検討してみましょう。

ただ、セット割を適用するためにはいくつか注意しておきたいこともあるので、基本的な仕組みや注意点などについて詳しくご紹介します。

GMOとくとくBBのフレッツ光が絶対おすすめな理由とは?料金?速さ?

フレッツ光

フレッツ光はたくさんのプロバイダーの中から契約を選ぶことができますが、中でも人気の高いが「GMOとくとくBB」。
数あるフレッツ光プロバイダーの中でも、特にお得で通信速度も速いと評判です。

この記事ではGMOとくとくBBのフレッツ光の特徴や料金、実際の口コミ、キャンペーンなどの情報についてわかりやすく解説しています。

光回線のお得な乗り換え方法をご紹介!注意点やチェックポイントも解説

光回線

一般的に、光回線とプロバイダーを一度契約したら、長期間にわたって使う方がほとんどです。ただ、乗り換えについて検討している方もいるのではないでしょうか。
ここでは光回線のお得な乗り換えについて詳しくご紹介していくので、検討している方はぜひとも参考にしてみてください。

GMOとくとくBBのドコモ光が速い!おすすめする理由とは?

ドコモ光

ドコモ光でGMOとくとくBBがおすすめの理由は、とにかく「お得」で「速い」から。
通信速度を重視する人にも、利用料金のお得さを重視する人にも両方おすすめできます。

こちらの記事では、上記の理由について詳しく解説していきます。
実際の口コミも紹介するので参考にしてください。

【最新版】光回線のお得なキャンペーン情報まとめ!

光回線

光回線を導入しようと思っているのなら、できるだけお得に始めたいですよね。

しかし、どんなキャンペーンがあるのかわからない、どこを選べば良いのか決められないと悩んでいる方もいるはず。
そこで光回線のキャンペーンを選ぶ時のポイントや、お得な情報についてまとめてご紹介します。

【これで完璧】光回線の解約方法をわかりやすく解説

光回線

光回線は非常に高速で、便利な回線です。
しかし、引越しや乗り換えなどで、解約を検討することもあるでしょう。

そこで、光回線の解約についてご紹介していきます。
手順を追っていけば特に難しくもないので、インターネットについてあまり詳しくない方も心配はいりません。

【いまさら聞けない】光回線とADSLの違い

光回線

インターネット回線の代表とも言えるのが光回線とADSLです。
とはいえ、どちらがいいかどんな違いがあるかなど、よくわからないという方もいるでしょう。
そこで光回線とADSLの具体的な違いや、メリットとデメリットについてご紹介します。
自分にぴったりな回線を選びたい方はぜひ役立ててくださいね。

ページの先頭へ