光回線

光ファイバーイメージ

光回線比較に必須のおすすめ情報

光回線とは

光回線とは、光ファイバーという特殊なケーブルを用いた通信回線のことです。

回線というのは通信の伝送路、つまりデータが行き来する道のことで、通信においては光ファイバーのほかにメタル(銅線)も使われます。

光回線と光インターネットとFTTH

光回線の比較情報を閲覧する際には、「光回線」「光インターネットサービス」「FTTH」の3つはすべて同じ意味の用語と考えて問題ありません。

細かい話をすると、光回線は回線の種別を表す用語で、FTTHはアクセス方式を表す用語です。ですがこれらは同義語として扱われることも多く、例えば「光回線に申し込む」と言えば、それは「光インターネットサービスに申し込む」と大体同じ意味になります。

ちなみにFTTH(えふてぃーてぃーえいち)は「Fiber to the Home」の略で、通信事業者の設備から各家庭やオフィスまでを光ファイバーケーブルでつなぐアクセス方式のことです。

光回線は速い

光回線は伝送路に光ファイバーを用いるため、従来のメタルケーブルを利用するADSLやCATV、ISDN等のインターネットサービスと比べてより高速で、安定した通信が行えます。

デジタル信号はデータを電気のオンとオフで伝えています。光ファイバーはこの電気信号を光の点滅に置き換えて送っているのですが、メタルよりも光ファイバーの方が単一時間あたりにオン・オフできる回数を圧倒的に多くできるので、一度に大量のデータを送信できる、つまりは高速に通信できるというわけです。

また、光ファイバーは光の透過率の高い特殊なガラスやプラスチックでできていて、光が規則正しく反射して進んでいくため、信号の減退がほとんどありません。外部から磁気によるノイズの影響も受けにくいです。一方メタルは、通信距離が長くなればなるほど信号の減退が大きくなるという特性があるうえ、ノイズの影響を受けやすく、利用場所によっては非常に低速であったり、速度が安定しなかったりします。

個人向けのサービスでは、光回線は100Mbps~1Gbpsが主流で、一部では10Gbpsというとんでもない速さのサービスも提供されています。対してADSLは最大でも50Mbpsです。理論上の最大値でこの違いですから、実行速度(実際の利用において出る速度)ではもっと大きな違いが出ると考えて良いでしょう。

ただし、ここ最近は光回線が主流になりユーザー数が爆発的に増えたことにより、特定の時間帯では回線が混み合って光回線でも思うように速度が伸びないケースもあります。逆に、ADSL等のサービスはユーザー数が著しく減ってきているので、以前よりも速度が出やすい状況にあります。

せっかく光回線に変えたのに速度があまり変わらなかった、などという失敗を回避するためには、申し込み前に各通信事業者に相談してみるのもひとつの手です。

光回線
光ファイバーケーブルを利用した高速通信が特徴。通信速度と安定性に秀でている。現代では主流の通信接続方法だが、専用ケーブル敷設のため工事費などかかる。
ISDN(Integrated Services Digital Network)
インテグレイテッドサービスデジタルネットワークの略称。デジタル回線による電話サービスで、ダイアルアップによりインターネットに接続。基本料金とは別に電話代がかかる。
ADSL(Asymmetric Digital Subscriber Line)
アシンメトリックデジタルサブスクライバラインの略称。電話回線を使ったインターネット接続だが、電話代はかからない。音声電話では使用しない高い周波数を利用して高速通信を可能にした。送受信(上りと下り)の通信速度に違いがある。
CATV(Cable Television)
ケーブルテレビジョン(ケーブルテレビ)の略称。建物へ直接ケーブルを引いているので回線が安定している。BSやCSといった専門チャンネルが充実している。テレビを見ない人にとっては料金が高額なうえに、光ファイバーと放送用ケーブルを組み合わせているので通信品質は良くない。

光回線は高い?

かつて電話やテレビのために敷設されたメタル回線をそのまま使うことができるADSLやCATVに対し、光回線は高価な光ファイバーを地中や電柱、宅内への引き込み等で新たに敷設する必要があり、サービス提供にとても大きなコストがかかります。ですから光回線はほかのサービスと比べて料金が高い傾向にあります。

たとえばADSLとの比較では、ざっくりとした計算で、光回線の方が月額料金が大体2,000円ほど高くなります。また、約2,000~20,000円かかる初期工事が必要となる可能性が高く、初期コストの面でも不利と言えます。

ところがここ最近は、「光サービス卸」という制度が導入されたことにより、料金面での不利はかなり解消されてきています。

光サービス卸(おろし)

光サービス卸とは、光回線のサービスをパートナー企業に貸し出して再販可能とする仕組みのことです。その具体例がNTT東西が提供している「光コラボレーション(略して光コラボ)」で、すでに数百社のパートナー企業(光コラボ事業者)が各社のブランド名でサービスを提供しています。

光コラボの光回線がどうして安いのかというと、メイン事業のサービスとの抱合せ販売によって大幅な割引を付与することができるからです。

たとえばNTTドコモが提供する「ドコモ光」の場合、ドコモ光とドコモのケータイをセットで利用することによってセット割引が受けられます。また、10,000~20,000円相当のキャッシュバックやポイント付与が受けられることにより、初期工事費の負担がほとんどかからないようになっています。

光コラボ事業者は、ドコモなどの携帯キャリア系、ビッグローブなどのプロバイダ系、旭化成などの不動産系などさまざまです。光回線は、表面的な料金だけでなく、割引も含めたトータルの料金で比較・検討したいところです。

有線回線と無線回線

光回線は利用場所までを物理的にケーブルでつないで通信する「有線系固定通信回線」です。これに対して携帯電話等のネットワークを利用した「無線系固定通信回線」も存在します。

代表的なものにUQコミュニケーションズが提供しているUQ WiMAXというサービスがあります。モバイルWiMAXという技術を用いた高速無線インターネットサービスで、利用場所に置かれた据え置き型または携帯型のルーターと基地局とを無線でつなぐことでデータを送受信します。

ポケットWiFi通信模式図

毎月の料金は光回線と同じか、少し安いくらいですし、無線で通信が行えるのでケーブルの引き込み等の工事が必要なく、工事費もかかりません。部屋内がケーブルでごちゃごちゃしてしまうこともありません。また、申込の当日から使えるというメリットもあります。これらのメリットは、引っ越しや転勤の頻度が多い方には特に魅力でしょう。

一方で、伝送に電波を使うためにどうしても障害物の影響を受けやすく、利用場所や建物の材質などによっては、提供エリア内であっても接続ができなかったり、通信が安定しないということが起こりえます。

また、スマートフォンほど厳しいものではありませんが、短期間に大量の通信を行うと一時的に通信速度が低くなるという類の制限もあるので、これらのデメリットを考慮した上で、有線と無線のどちらが適当かを判断すると良いでしょう。

有線回線
メリット:通信速度が速い、通信が安定している
デメリット:月額料金が高い、開通まで日数がかかる
無線回線
メリット:月額料金が安い、申込当日から使える
デメリット:環境によっては通信が安定しない、速度制限がある

【2019年版】プロバイダの最安値は?月額料金が安いプロバイダ第1位はココだ!

光回線

天秤

人気のプロバイダが必ずしも月額料金が安いとは限りません。プロバイダ利用料金を比較することで本当に安いプロバイダがわかります。

そこで今回、他社からの乗り換えを前提とした月額料金の安いプロバイダを3社取り上げました。また、人気プロバイダと同じ月額料金でさらにお得なサービスが受けられるプロバイダも最後に紹介しています。

「自分の家に本当に固定回線が必要なの?」「もっと安いネットサービスがないかな」
このような情報をお探しの場合は、固定回線とポケットWiFiの比較記事を参照してみてください。

話題のeo光の評判やキャンペーン情報を徹底解説!

光回線

関西圏で展開するeo光の特徴や評判をご紹介!

eo光は関西圏で展開している光回線サービスで、関西電力管内(大阪・兵庫・京都・滋賀・和歌山・福井)でのみ利用できます。

対応エリアは限られていますが、すでに159万件以上のユーザーを抱えており、人気の高い光回線となっています。フレッツ光のような大手の光回線から乗り換えるケースも多く、月額費用の安さにも注目が集まっています。

ここでは、話題のeo光の評判や料金プラン、サービス情報などを詳しく紹介。現在関西エリアにお住まいの方で、これからeo光に乗り換えや新規加入を検討している方はぜひ参考にしてください。

フレッツ光の速度を計測できる3つのサイトと使い方とは?

光回線

フレッツ光の速度を計測できる3つのサイトと使い方とは?

フレッツ光回線の速度が計測できる3つのサイト

フレッツ光回線を使用していて、「速度が遅いな」と感じることはありませんか?

ここでは、フレッツ光回線の速度が計測できるサイトを3つご紹介しています。フレッツ光回線の速度を上げるための対処方法もご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

フレッツ光は夜になると遅くなる? 遅い原因6つと取れる対処法3つ

光回線

フレッツ光は夜になると遅くなる? 遅い原因6つと取れる対処法3つ

フレッツ光が夜遅くなる原因と対処法をご紹介

フレッツ光は夕方から夜間にかけて通信速度が遅くなる」という評判があります。

夜間になると通信速度が遅くなる原因は、多くの人が夜間に自宅でインターネットを使っているため。インターネットの利用者が増えて、混雑するから速度が遅くなるのです。

光回線ユーザーが増えることで、2019年以降も通信速度が遅くなる可能性が高いですが、遅くなる原因と対処法を知ってインターネットの快適性を上げていきましょう。

フレッツ光ネクストって実際どう?料金から評判まで徹底解説!

光回線

フレッツ光ネクストって実際どう?料金から評判まで徹底解説!

フレッツ光ネクストの料金や評判を解説

自宅の光回線について調べていると、必ずと言っても良いくらい目にするものが「フレッツ光ネクスト」というインターネットサービスです。

しかし、フレッツ光ネクストには契約タイプがたくさんあるので、一見しただけでは、月額料金や契約タイプの違いがわかりにくくなっています。

そこで、フレッツ光ネクストの特徴や契約タイプごとの違いについて解説して、さらに、実際に利用している人からの口コミや評判についてもご紹介していきたいと思います。

フレッツ光ネクストについて知りたい人は、ぜひ参考にしてください!

フレッツ光の勧誘電話はしつこい?対処法は?

光回線

フレッツ光の勧誘電話はどう対処すれば良い?

NTTグループであることを装うなどして、「月々の通信費が安くなる」「もっとお得になる」などと煽り消費者につけ込む悪徳勧誘電話。

フレッツ光が回線を事業者に貸し出す「光コラボレーション」も費用対効果の高さからユーザーに人気がありますが、ユーザーを獲得するために代理店が電話勧誘を行なうケースも多くみられます。

ここでは、NTTの新しいサービスである光コラボレーションの勧誘電話についてまとめています。電話を止めさせる方法や勧誘停止など、しつこい勧誘に実施したい対応策を紹介します。

【IPoEを徹底解説】使わないのはもったいない!爆速次世代インターネット接続環境とは?

光回線

【IPoEを徹底解説】使わないのはもったいない!爆速次世代インターネット接続環境とは?

IPoEって何?特徴や利用するメリットを徹底解説

新たな最先端のインターネット接続環境として注目されているのが、IPoE(アイピーオーイー)と呼ばれるものです。

これは、「IP over Ethernet」の略で、従来の接続方法とは違い、直接的にインターネットに接続するサービスのこと、と言われてもなかなかピンと来ませんよね。

そこで、IPoEとはなんなのか、どのようなメリットがあるのかについて詳しくご紹介していきます。

【光回線・プロバイダ】知らずに二重契約していませんか?

光回線

【光回線・プロバイダ】知らずに二重契約していませんか?

今すぐチェック!プロバイダの二重契約をしていませんか?

光回線を導入するにあたり、プロバイダの二重契約をしてしまう人が増えているようです。

例えば今までは別のプロバイダで光回線を利用していたけれど、料金やキャンペーンの兼ね合いで乗り換えた場合、自分では気づかないうちにプロバイダ契約を二重で行ってしまっていた、というケースがそれにあたります。

1回線につき、プロバイダ契約は当然1社でよいので、気づけば長期間無駄なお金を払い続けているということも。勧誘を受けるままに光回線の乗り換えをしてしまった人は、一度インターネット関連の契約について見直す必要があるかもしれません。

こちらでは、インターネットの契約について深く理解していないという人のために、光回線とプロバイダの契約関係や、二重契約をしていないかどうかのチェック方法などについて解説しています。

【体験談まとめ】光回線でこんなことがあった!苦情・クレームまとめ

光回線

【体験談まとめ】光回線でこんなことがあった!苦情・クレームまとめ

光回線でこんなことがあった!苦情・クレームまとめと対処法

一般家庭で利用する光回線は、その多くがベストエフォートになるため、期待していた速度が出ないということも苦情の理由として挙げられます。しかしもっと悪質なものとして、回線提供者の過度営業や工事トラブルなども多く、今光回線にまつわる苦情がかなり増えているそうです。

こちらでは、光回線に関する苦情の事例とともにトラブルへの対処法を解説し、ユーザーが安心して光回線を利用できることにつながるようなご案内をしていきます。

ページの先頭へ