ポケットWiFi

ポケットwifi比較に必須のおすすめ情報

ポケットWiFiの特徴

ポケットWiFi(モバイルWi-Fiルーター)は持ち運びを前提としているため、本体は小型・軽量で、内蔵したバッテリーによって動きます。

ポケットやバッグに入れて持ち運べるサイズで、全国どこからでもモバイルネットワークにアクセスでき、PCやタブレットなど通信端末をインターネットに接続できます。

ポケットWiFiと似た機能を持つものに「データ通信モジュール」や「データ通信カード」というものがありますが、これらはPCやタブレットにUSBなどで物理的に接続する必要があります。対してポケットWiFiはワイヤレスで接続します。ワイヤレスのほうがスマートですし、一度に複数の端末と接続できるというメリットもあります。

ポケットWiFiとデータ通信モジュールの違い


ポケットwifiとモバイルWi-Fiルーターは同じ?

本来、ポケットWiFiは「モバイルWi-Fiルーター」と呼ばれる無線通信端末の仲間です。モバイルWi-Fiルーターは「持ち運び可能なインターネットに接続できる端末」のことを示します。

本来「ポケットWiFi」という言葉はワイモバイルの商品名でしたが、名前の親しみやすさから現在では一般的な名詞にもなり、「モバイルWi-Fiルーター」を指して「ポケットwifi」と呼ぶようになりました。

ポケットWiFi
持ち運びが可能なインターネット端末。
モバイルルーター(モバイルWiFi)
ポケットWiFiの本来の正式名称。現在ではポケットWiFiと同じ意味を持つ。
WiMAX(ワイマックス)
ポケットWiFi回線の1つ。UQ WiMAXという会社が提供。
Y!mobile(ワイモバイル)
ポケットWiFi回線の1つ。元々「ポケットWiFi」はこの会社の商品名。

Wi-FiとLTEの違い

無線回線にはWi-FiとLTEという2種類があり、どちらも無線を使う通信回線です。ポケットWifiはWi-Fiに含まれます。

この2つには大きな違いがあり、Wi-Fiは無線LANの1つに分類され、様々なデバイスで使用できる無線回線の総称となります。

一方のLETは携帯電話専用に使われている通信回線で、スマートフォンやタブレットなど、使用できるデバイスが限定されています。

Wi-Fi(Wireless Fidelity)
ワイヤレス フィデリィティの略称。スマートフォンやタブレット、ゲーム機器、ノートパソコンなど、Wi-Fi対応しているデバイスであれば使用可能。
LTE(Long Term Evolution)
ロングタームエボリューションの略称。通信規格の1つで携帯電話やスマートフォン、タブレットなど、モバイルデバイス専用の回線。

ポケットWiFiとテザリングの違い

一部のスマートフォンには、ポケットWiFiのようにPCやタブレットなどの端末をインターネット接続させる「テザリング」という機能が備わっています。

普段使っているスマートフォンを使うので、新しく機器を購入したり通信プランを契約したりする必要がなく手軽で便利な機能ですが、スマートフォンのバッテリー消費が激しいことに加え、通信料金が割高になるという2つの大きなデメリットがあります。

一方、ポケットWiFiはスマートフォンとは別に機器の購入や契約にコストがかかるものの、スマートフォンのバッテリー残量を気にする必要はありません。月額料金も単価が低いうえに、通信量が無制限の「使い放題プラン」も用意されていたりするので、たくさんのデータ通信を行う場合にはむしろ安上がりになります。

簡単に言ってしまうと、ポケットWiFiのほうがテザリングよりもコスパに優れているということです。

テザリング
◯普段使っているスマートフォンをそのまま利用
×スマートフォンのバッテリー消費が激しい
×通信料金が割高
ポケットWiFi
◯スマートフォンのバッテリー残量が気にならない
◯月額料金が安い
◯無制限プランがある
×機器購入や契約コストがかかる

製造メーカーと販売会社

ポケットWiFiの製造メーカーはたくさんありますが、中でもNEC、HUAWEI、ZTEあたりが有名です。
ポケットWiFiを販売している会社は、主にUQコミュニケーションズ、ソフトバンク、KDDI、NTTドコモの4社です。UQコミュニケーションズは「UQ WiMAX」ブランド、ソフトバンクは「ソフトバンク」と「ワイモバイル」の2ブランド、KDDIは「au」ブランドで販売しています。

ポケットWiFiのブランド名と取扱いメーカー一覧


ポケットWiFiはデータ通信サービスとセットで

ポケットWiFiの利用にはモバイルデータ通信サービスの契約が必須で、ポケットWiFiの購入と同時に契約するのが一般的です。

「料金」「通信速度」「通信量上限」「ネットワーク」「提供エリア」など、各社でサービス内容が異なるため、ポケットWiFi選びではこれらの要素を比較、検討することになります。


速度制限と通信量上限

「月間●●GBを超える通信を行うと当月中の通信速度が低速に制限される」といういわゆる”速度制限”。スマートフォン向けの料金プランでは一般的ですが、ポケットWiFiのプランにも同じように速度制限は存在します。

ポケットWiFiは、比較的データ量の大きいコンテンツを利用するタブレットやPCと組み合わせて使うことが多いため、通信制限がかかるまでの通信量、つまり月間の「通信量上限」が、ポケットWiFi&料金プランを選ぶうえで重要なポイントになってきます。

WiMAXプラン比較


提供エリアと安定性

スマートフォンやケータイと同じように、各社で通信設備の規模や採用している通信システムが異なるために、最大通信速度や、安定性、通信が行える範囲(提供エリア)にも各社に違いがあります。

利用する場所や環境、時間帯などによっても大きく変動するため一律に比較するのはなかなか難しいのですが、自分が想定している使い方や環境と同じように使っているユーザーのレビューを参考にすることで、より失敗しないポケットWiFi選びができるでしょう。

WiMAX・ワイモバイル・格安SIMの通信エリア(関東・関西)

参照元URL
UQWiMAX(https://www.uqwimax.jp…)
ワイモバイル(https://www.ymobile.jp…)
docomo(https://www.nttdocomo.co.jp…)


機種によって速度や機能が異なる

同じ会社からいろいろな機種のポケットWiFiが販売されています。通信速度にこだわったものや持ち運びにこだわったもの、バッテリーの持ちにこだわったもの、低価格なものなど、それぞれに特徴が持たされているので、自分の使い方に合った機種を選ぶようにしましょう。

【実は便利!】ポケットWiFiにクレードルは必要?

ポケットwifi

【実は便利!】ポケットWiFiにクレードルは必要?

クレードルを使う必要はあるの?

クレードルはWiMAXとセットで販売されることもある、有線用の接続機器です。WiMAXをクレードルに置いて、有線で繋げばWi-Fi接続ができないパソコンでもインターネットに接続することができます。

WiMAXの契約時にクレードルを勧められ、とりあえず説明を聞いてみたという方の中には、「使い方は分かったけど、本当にクレードルって必要?ポケットWiFiだけで十分じゃないの?」と思う方も多いはず。

ここでは、WiMAXの接続機器であるクレードルの使い方やメリット、デメリットをまとめて紹介。これから購入を考えている方、購入を迷っている方はぜひ参考にしてください。

WiMAX2+でオンラインゲームはプレイできるか?通信量や速度制限、FPSは?

WiMAX

タイトル画像

どこにでも持ち運べて、いつでもWiFi接続ができるWiMAX2+

中には自宅で固定回線の代わりとして使用してる人もいるかと思いますが、WiMAX2+でオンラインゲームはできるのか気になりますよね。できるとしても、通信量や速度制限などといった心配も残ります。
また、オンラインの中でも動作の激しいFPSなどがプレイできるのかも気になるところです。

今回は、WiMAX2+でもオンラインゲーム・FPSなどをプレイすることはできるのか、分かりやすくまとめてみました。

これからWiMAX2+を使ってゲームをプレイしようと考えてる人は、ぜひ一度目を通してみてください。

【Netflixユーザー必見】ポケットWiFiで快適に見られる?徹底検証

ポケットwifi

ポケットWiFiでNetflixを快適に見れる?

Netflix」は、自宅以外にも通勤や通学の合間や外出先など、ドラマや映画がどこでも楽しめる動画配信サービスです。移動の途中でNetflixを楽しむ場合、ポケットWiFiやWiMAXなどを使う方も多いのではないでしょうか。

ポケットWiFiを使ったことがない方は、実際どのようにしてNetflixが快適に視聴できるのか気になるところ。ここでは、ポケットWiFiを使ってNetflixを視聴する際のプランと速度、通信量に関する豆知識などを踏まえて紹介したいと思います。

【急ぎの方必見】ポケットWiFiを紛失・盗難にあった際の対処法!探し方もご紹介

ポケットwifi

ポケットWiFiを紛失・盗難したらするべきことを徹底解説!

常に持ち歩いている方も多いポケットWiFi。とはいえ、「なくしてしまった!」「盗まれてしまった!」というケースも決して少なくありません。

こちらの記事では、ポケットWiFiをなくした・盗難・探すという時に役立つ情報をご紹介します。紛失や盗難が起きた場合の連絡先も掲載しているので、ご紹介する順番に手続きを進めていけば大丈夫です。ぜひ参考にしてください。

ポケットWiFiの調子が悪い?今すぐメンテナンスをしてみよう!

ポケットwifi

ポケットWiFiの調子が悪い?今すぐメンテナンスをしてみよう!

ポケットWiFiの調子が悪いときのチェックポイントをご紹介!

  • 「特に電波の受信状況が悪いわけでもないのに、ポケットWiFiがうまく動作してくれない」
  • 「接続ができなくなってしまって困っている」

ポケットWiFiの調子がおかしいけれど、速度制限にかかってはいないし受信エリアにも問題はないという場合、いくつかチェックしておきたいポイントがあります。

ここではポケットWiFiの不調や不具合に関するチェックポイントをまとめて紹介します。不具合が起きたときにやってはいけない注意点についても紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

【今すぐチェック!】WiMAXを契約した後にする設定の注意点

WiMAX

【今すぐチェック!】WiMAXを契約した後にする設定の注意点

WiMAX契約後に実施する設定の注意点をご紹介

外出先でもインターネットが楽しめるWiMAX。WiMAXがあれば、速度制限を気にせずにたっぷりネットが使えます。しかも、月々のauスマホ代の割引も受けられるので、通信費も安くなって一石二鳥。

WiMAXを初めて使う方にとって、WiMAXの接続設定は少しハードルが高く感じられるかもしれません。しかしWiMAXの設定は固定回線以上にシンプルで簡単なんです。

ここでは、Wi-Fi接続やクイック設定Webの初期設定など、WiMAX端末が届いてからするべきことを順序立てて紹介します。

使い始めてから困らないように、最初にチェックしたいポイントをまとめました。最後まで読めば安心してWiMAXを扱えるようになりますので、ぜひ参考にしてください。

ポケットWiFiに防水対策はしたほうがいい?

ポケットwifi

ポケットWiFiの防水対策は必要?

WiMAXなどのポケットWiFiは、スマートフォンや携帯電話と同じ精密機器。そのため、外に持ち歩く際は水没や水濡れなどに注意しなければなりません

外出先でポケットWiFiを取り出したり、荷物を整理しているときにうっかりトイレや洗面所の中に落としてしまったり、豪雨などで激しく水濡れしてしまうと大変です!

ここでは、ポケットWiFiに防水対策を行う必要性、防水対策のメリットのほか、水没した場合の対策方法を紹介します。

ポケットWiFiで快適にオンラインゲームを遊べるか?

ポケットwifi

ポケットWiFiで快適にオンラインゲームを遊べるか?

オンラインゲームはポケットWiFiで快適に遊べる?

ポケットWiFiは持ち運びに適したインターネット接続用の端末です。

いつでもどこでもWi-Fiに接続できるので、外出先でもオンラインゲームを楽しむことができます。

ここでは、ポケットWiFiを使ってオンラインゲームが楽しめるかを詳しくみていきたいと思います。

ポケットWiFiの最大接続数と同時接続の注意点まとめ!

ポケットwifi

ポケットWiFiの最大接続数と同時接続とは?注意点を詳しく解説!

ポケットWiFiのメリットの一つとして、「複数の機器に同時に接続できる」というものがあります。ですが、ポケットWiFiの最大接続数はどのくらいなのかご存知でしょうか?

こちらの記事では、ポケットWiFiの最大接続数と、同時に複数の機器に接続したときの注意点についてわかりやすく解説しています!

ポケットWiFiの最大接続数には限界があり、複数の機器に接続する場合には注意しなければならない点もあるので、「たくさんの機器でWi-Fiを使いたい!」という方は知識として知っておきましょう!

【ワイモバイル】ポケットWiFiのアドバンスモードって何?詳しく解説

ポケットwifi

ポケットWiFiのアドバンスモードについて解説!

どこでもインターネットが利用できるポケットWiFiのサービスは、スマホとパソコンを並行して使えることから利用者が増えてきています。利用を開始する中で、インターネットに不慣れな人が悩むのが料金プランや回線の種類。速度やデータ容量など、いろいろな項目がありますので、どれを選べばよいのかわからないという人も多いようです。

代表的なものとして「アドバンスモード」が挙げられます。アドバンスモードとはどんな通信をするものなのか?選択することでどのようなメリットがあるのか?ホームページを見ただけではわからないという人もいるでしょう。

そこで、ポケットWiFiのサービスの中でも「アドバンスモード」に焦点を当て、その内容やどういった人が利用するのに適しているかなどを、掘り下げていきたいと思います。

ページの先頭へ