ポケットWiFi

ポケットwifi比較に必須のおすすめ情報

ポケットWiFiの特徴

ポケットWiFi(モバイルWi-Fiルーター)は持ち運びを前提としているため、本体は小型・軽量で、内蔵したバッテリーによって動きます。

ポケットやバッグに入れて持ち運べるサイズで、全国どこからでもモバイルネットワークにアクセスでき、PCやタブレットなど通信端末をインターネットに接続できます。

ポケットWiFiと似た機能を持つものに「データ通信モジュール」や「データ通信カード」というものがありますが、これらはPCやタブレットにUSBなどで物理的に接続する必要があります。対してポケットWiFiはワイヤレスで接続します。ワイヤレスのほうがスマートですし、一度に複数の端末と接続できるというメリットもあります。

ポケットWiFiとデータ通信モジュールの違い


ポケットwifiとモバイルWi-Fiルーターは同じ?

本来、ポケットWiFiは「モバイルWi-Fiルーター」と呼ばれる無線通信端末の仲間です。モバイルWi-Fiルーターは「持ち運び可能なインターネットに接続できる端末」のことを示します。

本来「ポケットWiFi」という言葉はワイモバイルの商品名でしたが、名前の親しみやすさから現在では一般的な名詞にもなり、「モバイルWi-Fiルーター」を指して「ポケットwifi」と呼ぶようになりました。

ポケットWiFi
持ち運びが可能なインターネット端末。
モバイルルーター(モバイルWiFi)
ポケットWiFiの本来の正式名称。現在ではポケットWiFiと同じ意味を持つ。
WiMAX(ワイマックス)
ポケットWiFi回線の1つ。UQ WiMAXという会社が提供。
Y!mobile(ワイモバイル)
ポケットWiFi回線の1つ。元々「ポケットWiFi」はこの会社の商品名。

Wi-FiとLTEの違い

無線回線にはWi-FiとLTEという2種類があり、どちらも無線を使う通信回線です。ポケットWifiはWi-Fiに含まれます。

この2つには大きな違いがあり、Wi-Fiは無線LANの1つに分類され、様々なデバイスで使用できる無線回線の総称となります。

一方のLETは携帯電話専用に使われている通信回線で、スマートフォンやタブレットなど、使用できるデバイスが限定されています。

Wi-Fi(Wireless Fidelity)
ワイヤレス フィデリィティの略称。スマートフォンやタブレット、ゲーム機器、ノートパソコンなど、Wi-Fi対応しているデバイスであれば使用可能。
LTE(Long Term Evolution)
ロングタームエボリューションの略称。通信規格の1つで携帯電話やスマートフォン、タブレットなど、モバイルデバイス専用の回線。

ポケットWiFiとテザリングの違い

一部のスマートフォンには、ポケットWiFiのようにPCやタブレットなどの端末をインターネット接続させる「テザリング」という機能が備わっています。

普段使っているスマートフォンを使うので、新しく機器を購入したり通信プランを契約したりする必要がなく手軽で便利な機能ですが、スマートフォンのバッテリー消費が激しいことに加え、通信料金が割高になるという2つの大きなデメリットがあります。

一方、ポケットWiFiはスマートフォンとは別に機器の購入や契約にコストがかかるものの、スマートフォンのバッテリー残量を気にする必要はありません。月額料金も単価が低いうえに、通信量が無制限の「使い放題プラン」も用意されていたりするので、たくさんのデータ通信を行う場合にはむしろ安上がりになります。

簡単に言ってしまうと、ポケットWiFiのほうがテザリングよりもコスパに優れているということです。

テザリング
◯普段使っているスマートフォンをそのまま利用
×スマートフォンのバッテリー消費が激しい
×通信料金が割高
ポケットWiFi
◯スマートフォンのバッテリー残量が気にならない
◯月額料金が安い
◯無制限プランがある
×機器購入や契約コストがかかる

製造メーカーと販売会社

ポケットWiFiの製造メーカーはたくさんありますが、中でもNEC、HUAWEI、ZTEあたりが有名です。
ポケットWiFiを販売している会社は、主にUQコミュニケーションズ、ソフトバンク、KDDI、NTTドコモの4社です。UQコミュニケーションズは「UQ WiMAX」ブランド、ソフトバンクは「ソフトバンク」と「ワイモバイル」の2ブランド、KDDIは「au」ブランドで販売しています。

ポケットWiFiのブランド名と取扱いメーカー一覧


ポケットWiFiはデータ通信サービスとセットで

ポケットWiFiの利用にはモバイルデータ通信サービスの契約が必須で、ポケットWiFiの購入と同時に契約するのが一般的です。

「料金」「通信速度」「通信量上限」「ネットワーク」「提供エリア」など、各社でサービス内容が異なるため、ポケットWiFi選びではこれらの要素を比較、検討することになります。


速度制限と通信量上限

「月間●●GBを超える通信を行うと当月中の通信速度が低速に制限される」といういわゆる”速度制限”。スマートフォン向けの料金プランでは一般的ですが、ポケットWiFiのプランにも同じように速度制限は存在します。

ポケットWiFiは、比較的データ量の大きいコンテンツを利用するタブレットやPCと組み合わせて使うことが多いため、通信制限がかかるまでの通信量、つまり月間の「通信量上限」が、ポケットWiFi&料金プランを選ぶうえで重要なポイントになってきます。

WiMAXプラン比較


提供エリアと安定性

スマートフォンやケータイと同じように、各社で通信設備の規模や採用している通信システムが異なるために、最大通信速度や、安定性、通信が行える範囲(提供エリア)にも各社に違いがあります。

利用する場所や環境、時間帯などによっても大きく変動するため一律に比較するのはなかなか難しいのですが、自分が想定している使い方や環境と同じように使っているユーザーのレビューを参考にすることで、より失敗しないポケットWiFi選びができるでしょう。

WiMAX・ワイモバイル・格安SIMの通信エリア(関東・関西)

参照元URL
UQWiMAX(https://www.uqwimax.jp…)
ワイモバイル(https://www.ymobile.jp…)
docomo(https://www.nttdocomo.co.jp…)


機種によって速度や機能が異なる

同じ会社からいろいろな機種のポケットWiFiが販売されています。通信速度にこだわったものや持ち運びにこだわったもの、バッテリーの持ちにこだわったもの、低価格なものなど、それぞれに特徴が持たされているので、自分の使い方に合った機種を選ぶようにしましょう。

新生活!一人暮らし・単身赴任におすすめのインターネット回線は?

ポケットwifi

一人暮らしとインターネットのイメージ図
この特集ページでは一人暮らしや単身赴任の人におすすめのインターネット回線・ネット接続方法を紹介しています。

一人暮らしや単身赴任だと、家族が家にいないのでテレビを見たり、勉強したり、スマホでゲームをしたり、自分の好きなことに時間を使う人が多いと思います。

ですが、一人暮らしでは家賃・外食・光熱費などの生活費がどうしても嵩んでしまいます。単身赴任も同じで、会社からサポートが多少あっても外食中心の食生活で、案外お金がかかってしまうものです。

実は、一人暮らしの支出で一番高いのは家賃、次いで食費、3番目が”通信費”と言われています。

確かに、スマホと光回線の月額料金を足すと1万円を超えてしまう人も多いでしょうし、ガス・電気・水道などの高熱費は一人暮らしだと案外安く済むので、通信費が3位に食い込むのもわかります。

さらに近年は、テレビや映画よりもYoutubeやNetflixなどといった動画配信サイトの需要が高まり、メッセージや通話のやりとりも、LINEやFacebookなどネットを利用したSNSが主流です。
ゲームも、オンライン環境必須のものが主となっているので、やはり快適に一人暮らしを続けるには「自分にあったインターネット回線をできるだけ安く準備すること」が重要となってきます。

それではそんな一人暮らし・単身赴任中の人におすすめのインターネット回線を紹介したいと思います。

【WiMAX】WX06のスペックは?

WiMAX

WX06・クレードル付き

この特集記事では2020年1月に発売の「Speed Wi-Fi NEXT WX06(略称:WX06)」のスペック・WX05が発売される前までの人気端末だったW06と比較しながら解説しています。

WiMAXの主力シリーズの1つであるWXシリーズは、日本のNECプラットフォーム株式会社が製造しているWiMAX2+に対応するポケットWi-Fiルーターです。

1世代前のWX04は2017年11月に発売されていますので、この1年でWX05がどのように進化したのか確認していきましょう。

GMOとくとくBBのWiMAX2+キャッシュバック金額が『34,500円』に!【2020年1月】

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBキャッシュバック(2020年1月)

2020年1月のGMOとくとくBB(WiMAX2+)のキャッシュバック金額は最大34,500円

毎月業界最高金額のキャッシュバックプランを実施しているGMOとくとくBBのWiMAX2+。
2020年1月のキャッシュバック金額が『34,500円』となっています!!なお、キャッシュバック金額はプランや申し込みを開始するページにより異なりますので、必ずこちらのキャッシュバック金額が増額されている専用の申し込みページから申し込みするようにしましょう。


2020年1月:キャッシュバックは34,500円


GMOとくとくBBは当サイト調べでは実質負担額が最も少ないWiMAX2+のプロバイダーです。実質負担額を減らしている最大の理由がこの高額キャッシュバックキャンペーンですが、2019年12月も引き続き超高額キャンペーンを継続しています。

オンラインゲームに最適なWiMAXプロバイダランキング!【2019年12月版】

WiMAX

ノートパソコン画面

2018年から2019年にかけてたくさんの人気オンラインゲームが誕生しましたね!
2020年も引き続き、たくさんのオンラインゲームが登場すると思いますが、年々オンラインゲームの品質は向上していて、通信料も増えているのが実情です。

ドコモ・au・ソフトバンクの通信料が多いプランを利用している人であれば耐えられると思いますが、通信費を節約するために格安SIMのギガが少ないプランを契約している人は、外出先でオンラインゲームをするのは困難なぐらいです。

通信速度も速く・通信料にも余裕がありながら、利用料金を抑えられるモバイルWi-Fiサービスを探している人は多いと思いますが、そんな人におすすめなのがWiMAX2+です。

WiMAX2+は通信規格なので、色々なプロバイダーから申し込むことができますが、ネット回線の先生ではどこのプロバイダなら安くてお得に利用できるのか徹底調査しました!

WiMAXのプロバイダ「GMOとくとくBB」を徹底解説!

WiMAX

【必見!】WiMAXのプロバイダ「GMOとくとくBB」を徹底解説!

WiMAXのプロバイダ「GMOとくとくBB」とは?詳しく解説!

月額料金の安さで注目を集めている「GMOとくとくBB」のWiMAXサービス。他社と比較して、総費用が抑えられる料金設定やキャンペーンの内容からGMOとくとくBBを選ぶ人はたくさんいます。

初めてWiMAXを契約する場合、1ヶ月にどの程度通信費がかかるのか不安に感じる方も多いと思いますが、GMOとくとくBBではお手頃な料金設定で、光回線からの乗り換えもしやすくなっています。

ここでは、GMOとくとくBBのWiMAXサービスの特徴やメリット、注意点などを詳しく紹介。GMOとくとくBBがおすすめな方や、実際の利用者の声も紹介します。

GMO とくとくBBの評判を徹底検証!

GMOとくとくBB

GMO とくとくBBの評判を徹底検証!

GMOとくとくBBとは

GMOとくとくBBは、NTT東日本・NTT西日本が提供するフレッツ光、フレッツADSLまたイー・アクセス社のイー・アクセスADSLを使った常時接続サービスやUQモバイルが提供するWiMAXを使った接続サービスを提供しているプロバイダです。

プロバイダとして10年以上の実績を持ち売り上げもトップクラス。WiMAXサービスを提供しているプロバイダは20社以上もありますが、なかでもGMOとくとくBBは安さとコストパフォーマンスの高さで、WiMAXユーザーから注目されています。

GMOとくとくBBは、特に高額なキャッシュバックが人気で、キャッシュバックを目的に今利用しているWiMAXから乗り換える方も少なくありません。

ただし、高額な違約金に関する悪い評判も散見するのは事実ですので、契約満了を待たずに乗り換えるような場合には注意が必要です。

この記事ではGMOとくとくBBの悪い評判についてまとめています。これからGMOとくとくBBへの加入を検討しようとしている人は、1つの参考情報にしてください。

まとめると、確かに不親切な面があり、炎上するのも不思議ではないですが、自分で気を付ければ解決できるような点だったりもしますので、対策を考えるうえでも参考にしてほしいと思います。

最新のキャンペーンについて詳しくはこちら

>>GMOとくとくBBのお得なWiMAX詳細・お申込みはこちら<<

WX05のキャッシュバックキャンペーン最高額はどこ?最新情報を比較!

WiMAX

WX05のキャッシュバック最高額はどこ?最新情報を調査・比較!
2018年11月に発売されたSpeed Wi-Fi NEXT WX05(通称:WX05)。

WiMAX2+として初めてWiMAXハイパワーに対応し、電波の弱いエリアでも従来端末よりも安定した高速通信ができるようになるなど最新の機能を搭載した新商品です。

【WX05の注目機能!】

  • 電波が弱い時に出力をあげて通信速度を改善するWiMAXハイパワーに対応
  • ワンタイム通信モード切替で通信モードの切り替えもカンタン
  • おまかせ一括設定機能で初心者でもカンタン・ワンタップで通信速度・バッテリーの持ちをコントロール
  • 電池残量やデータ通信量がグラフ表示されてわかりやすく!
  • もちろん、au 4G LTEにも対応していて、最新の通信技術のTX BeamForming(ビームフォーミング)やクレードルの電波強化機能も健在

※WX05の性能・スペックについては従来機種のW05やWX04と比較した解説記事WX05のクレードルの解説記事も用意していますので合わせて参考にしてください。

WiMAXの新規契約を考えている人やプロバイダー切り替えが近い人は、最新端末を選ぶ人が多くWX05を選ぼうと考えている人は多いと思います。

もちろんWX05はどこのプロバイダーで使っても端末の性能は変わらないので、少しでもオトクなWX05のキャッシュバックやキャンペーンを開催しているプロバイダーを選ぶようにしましょう

それでは、さっそくネット回線の先生が調査した人気プロバイダーでWX05を機種として選んだ時のキャッシュバックキャンペーンなどを紹介したいと思います。

【ワイモバイル】ポケットWiFiのアドバンスモードって何?詳しく解説します

ポケットwifi

ポケットWiFiのアドバンスモードについて解説!

どこでもインターネットが利用できるポケットWiFiのサービスは、スマホとパソコンを並行して使えることから利用者が増えてきています。利用を開始する中で、インターネットに不慣れな人が悩むのが料金プランや回線の種類。速度やデータ容量など、いろいろな項目がありますので、どれを選べばよいのかわからないという人も多いようです。

代表的なものとして「アドバンスモード」が挙げられます。アドバンスモードとはどんな通信をするものなのか?選択することでどのようなメリットがあるのか?ホームページを見ただけではわからないという人もいるでしょう。

そこでこちらでは、ポケットWiFiのサービスの中でも「アドバンスモード」に焦点を当て、その内容やどういった人が利用するのに適しているかなどを、掘り下げていきたいと思います。

【GMOとくとくBB】グローバルWiFiの魅力を徹底解剖!

GMOとくとくBB

【GMOとくとくBB】グローバルWiFiの魅力を徹底解剖!

グローバルWiFiの魅力って何?詳しく解説!

海外旅行でインターネットが使えると、必要に応じて旅の情報を検索できますし、日本の家族や友人と気軽に連絡を取ることができるので、とても便利ですね。一昔前は海外旅行でWi-Fiが使えるなんて考えもしませんでしたが、最近は海外で使用できるWi-Fiサービスが充実しています。

料金もかなり手頃で、スマホのキャリアで海外ローミングサービスを利用するよりも、海外用Wi-Fiのレンタルサービスを利用するほうが安く上がることも多いようです。

さまざまな事業者がWi-Fiのレンタルサービスを提供していますが、こちらでは「グローバルWiFi」にフォーカスを当て、サービス内容や料金、グローバルWiFiを利用するメリットとデメリットなどについて深く掘り下げています。海外旅行でWi-Fiの利用を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

【必見!】PCDEPOTでWiMAXを契約するメリットとデメリットを徹底解説!

WiMAX

【必見!】PCDEPOTでWiMAXを契約するメリットとデメリットを徹底解説!

PCDEPOTでWiMAXを契約するメリットとデメリットは何?詳しく解説!

最近家電量販店でもサービスの提供を行なっているところが増えている「WiMAX」。プロバイダはもちろんですが、ヨドバシカメラやビックカメラなど、家電量販店でも独自のプランでWiMAXの接続サービスを提供しています。それは「PCDEPOT」も同じです。

WiMAXを利用するというサービス自体はどの家電量販店やプロバイダでも同じなのですが、料金プランなどに違いがある他、PCDEPOTではさらにオリジナルのプランを提供しています。家電量販店ならではの独自のプラン、興味が湧きますね。

こちらでは、PCDEPOTが提供するWiMAXサービスについて、料金プランやキャンペーンなどを詳しく解説していきます。

ページの先頭へ