ポケットWiFi

ポケットwifi比較に必須のおすすめ情報

ポケットWiFiの特徴

ポケットWiFi(モバイルWi-Fiルーター)は持ち運びを前提としているため、本体は小型・軽量で、内蔵したバッテリーによって動きます。

ポケットやバッグに入れて持ち運べるサイズで、全国どこからでもモバイルネットワークにアクセスでき、PCやタブレットなど通信端末をインターネットに接続できます。

ポケットWiFiと似た機能を持つものに「データ通信モジュール」や「データ通信カード」というものがありますが、これらはPCやタブレットにUSBなどで物理的に接続する必要があります。対してポケットWiFiはワイヤレスで接続します。ワイヤレスのほうがスマートですし、一度に複数の端末と接続できるというメリットもあります。

ポケットWiFiとデータ通信モジュールの違い


ポケットwifiとモバイルWi-Fiルーターは同じ?

本来、ポケットWiFiは「モバイルWi-Fiルーター」と呼ばれる無線通信端末の仲間です。モバイルWi-Fiルーターは「持ち運び可能なインターネットに接続できる端末」のことを示します。

本来「ポケットWiFi」という言葉はワイモバイルの商品名でしたが、名前の親しみやすさから現在では一般的な名詞にもなり、「モバイルWi-Fiルーター」を指して「ポケットwifi」と呼ぶようになりました。

ポケットWiFi
持ち運びが可能なインターネット端末。
モバイルルーター(モバイルWiFi)
ポケットWiFiの本来の正式名称。現在ではポケットWiFiと同じ意味を持つ。
WiMAX(ワイマックス)
ポケットWiFi回線の1つ。UQ WiMAXという会社が提供。
Y!mobile(ワイモバイル)
ポケットWiFi回線の1つ。元々「ポケットWiFi」はこの会社の商品名。

Wi-FiとLTEの違い

無線回線にはWi-FiとLTEという2種類があり、どちらも無線を使う通信回線です。ポケットWifiはWi-Fiに含まれます。

この2つには大きな違いがあり、Wi-Fiは無線LANの1つに分類され、様々なデバイスで使用できる無線回線の総称となります。

一方のLETは携帯電話専用に使われている通信回線で、スマートフォンやタブレットなど、使用できるデバイスが限定されています。

Wi-Fi(Wireless Fidelity)
ワイヤレス フィデリィティの略称。スマートフォンやタブレット、ゲーム機器、ノートパソコンなど、Wi-Fi対応しているデバイスであれば使用可能。
LTE(Long Term Evolution)
ロングタームエボリューションの略称。通信規格の1つで携帯電話やスマートフォン、タブレットなど、モバイルデバイス専用の回線。

ポケットWiFiとテザリングの違い

一部のスマートフォンには、ポケットWiFiのようにPCやタブレットなどの端末をインターネット接続させる「テザリング」という機能が備わっています。

普段使っているスマートフォンを使うので、新しく機器を購入したり通信プランを契約したりする必要がなく手軽で便利な機能ですが、スマートフォンのバッテリー消費が激しいことに加え、通信料金が割高になるという2つの大きなデメリットがあります。

一方、ポケットWiFiはスマートフォンとは別に機器の購入や契約にコストがかかるものの、スマートフォンのバッテリー残量を気にする必要はありません。月額料金も単価が低いうえに、通信量が無制限の「使い放題プラン」も用意されていたりするので、たくさんのデータ通信を行う場合にはむしろ安上がりになります。

簡単に言ってしまうと、ポケットWiFiのほうがテザリングよりもコスパに優れているということです。

テザリング
◯普段使っているスマートフォンをそのまま利用
×スマートフォンのバッテリー消費が激しい
×通信料金が割高
ポケットWiFi
◯スマートフォンのバッテリー残量が気にならない
◯月額料金が安い
◯無制限プランがある
×機器購入や契約コストがかかる

製造メーカーと販売会社

ポケットWiFiの製造メーカーはたくさんありますが、中でもNEC、HUAWEI、ZTEあたりが有名です。
ポケットWiFiを販売している会社は、主にUQコミュニケーションズ、ソフトバンク、KDDI、NTTドコモの4社です。UQコミュニケーションズは「UQ WiMAX」ブランド、ソフトバンクは「ソフトバンク」と「ワイモバイル」の2ブランド、KDDIは「au」ブランドで販売しています。

ポケットWiFiのブランド名と取扱いメーカー一覧


ポケットWiFiはデータ通信サービスとセットで

ポケットWiFiの利用にはモバイルデータ通信サービスの契約が必須で、ポケットWiFiの購入と同時に契約するのが一般的です。

「料金」「通信速度」「通信量上限」「ネットワーク」「提供エリア」など、各社でサービス内容が異なるため、ポケットWiFi選びではこれらの要素を比較、検討することになります。


速度制限と通信量上限

「月間●●GBを超える通信を行うと当月中の通信速度が低速に制限される」といういわゆる”速度制限”。スマートフォン向けの料金プランでは一般的ですが、ポケットWiFiのプランにも同じように速度制限は存在します。

ポケットWiFiは、比較的データ量の大きいコンテンツを利用するタブレットやPCと組み合わせて使うことが多いため、通信制限がかかるまでの通信量、つまり月間の「通信量上限」が、ポケットWiFi&料金プランを選ぶうえで重要なポイントになってきます。

WiMAXプラン比較


提供エリアと安定性

スマートフォンやケータイと同じように、各社で通信設備の規模や採用している通信システムが異なるために、最大通信速度や、安定性、通信が行える範囲(提供エリア)にも各社に違いがあります。

利用する場所や環境、時間帯などによっても大きく変動するため一律に比較するのはなかなか難しいのですが、自分が想定している使い方や環境と同じように使っているユーザーのレビューを参考にすることで、より失敗しないポケットWiFi選びができるでしょう。

WiMAX・ワイモバイル・格安SIMの通信エリア(関東・関西)

参照元URL
UQWiMAX(https://www.uqwimax.jp…)
ワイモバイル(https://www.ymobile.jp…)
docomo(https://www.nttdocomo.co.jp…)


機種によって速度や機能が異なる

同じ会社からいろいろな機種のポケットWiFiが販売されています。通信速度にこだわったものや持ち運びにこだわったもの、バッテリーの持ちにこだわったもの、低価格なものなど、それぞれに特徴が持たされているので、自分の使い方に合った機種を選ぶようにしましょう。

ポケットWiFiが繋がらない時に確認すべきこと6つ

ポケットwifi

ポケットWiFiが繋がらない時に確認すべきこと6つ

「ポケットWiFiが繋がらない!!」

そんなときは、ここでご紹介する6つのチェックポイントを確認しましょう。

ポケットWiFiは、状態や場所、設定が変わると繋がらなくなることもあるので、原因は6つのどれかに当てはまります。当てはまらない場合は故障が考えられます。

【必見!】WiMAXのプロバイダ「DTI」を徹底解説!

WiMAX

WiMAXのプロバイダ「DTI」とは?詳しく解説!

WiMAXのプロバイダは2020年現在20社以上を超え、個性豊かなプランから選べるようになりました。

WiMAXサービスはどのプロバイダも共通ですが、ユーザーにとって気になるのが毎月の通信費と、キャンペーンの内容ではないでしょうか。

DTI WiMAX」は古くからネット事業に携わっている株式会社ドリーム・トレイン・インターネットのWiMAXサービスで、企業名を聞いたことがある方もいるかもしれません。

ここでは、DTI WiMAXのサービスの特徴やメリット、注意点、実際のユーザーさんの声などを中心に取り上げています。

ポケットWiFiは店舗とネットどちらで申し込むのがお得?

ポケットwifi

ポケットWiFiの申込みは店舗とネットどちらがお得?詳しく解説!

「ポケットWi-Fiを契約したいけど、どこで申し込むのがお得なんだろう・・・」

ポケットWi-Fiを初めて契約・購入するという方の中には上記のような悩みを感じている方も多いのではないでしょうか。

ポケットWiFiを契約できる場所はネットのオンラインショップ、家電量販店などの店舗、携帯キャリアショップの店舗の3種類があります。3種類の契約方法の中で、一番お得にポケットWiFiを契約できるのはどの方法なのか、メリットとデメリットと併せて解説していきます!

【目指せ高額買取】ポケットWiFiを売るときのコツ

ポケットwifi

ポケットWiFiは売れる!高額買取をしてもらうためのコツ

WiMAXなど、モバイルルーターの買い替えや解約をして不要になったポケットWiFiの処分方法を考えている方もいるのではないでしょうか。ただ捨ててしまうのはもったいない気もしますよね。

実は、ポケットWiFiは買取業者などに売却することが可能なんです!

ここでは、ポケットWiFiなどのモバイルルーターをどのようにして売却するか高額買取のコツなども含めて紹介していきます。これからポケットWiFiの売却を考えている方はぜひ参考にしてください。

NURO光の「WiFiレンタル」プランや評判を徹底解説

ポケットwifi

NURO光がレンタルしているポケットWiFiのプランや評判を徹底解説

NURO光のサービス「Wi-Fiレンタル」を徹底解説

安心・簡単・高品質で人気の「NURO光」。

下り最大2Gbpsの高速通信が魅力で、東海・関西エリアに加えて北海道も対象エリアになるなど、対象拡大により人気が集まっている光回線サービスです。

NURO光には契約者限定で、引っ越しなどで一時的にネット環境がなくなってしまった際に借りられる「Wi-Fiレンタル」というサービスがあります。

ここでは、NURO光のサービスである「Wi-Fiレンタル」について、概要やプラン内容などを詳しく紹介します。

なんか動画が遅い、と思って調べた結果。これが原因だった!

ポケットwifi

回線速度が遅い

Wi-Fi通信を利用中、動画を再生していると急にカクカクしたり、再生がぶつ切りになったり、途中で止まってしまった!なんてことありませんか?

これらの原因として

①Wi-Fiのアクセスポイントの設置場所が良くない

②Wi-Fiの設定が正しく行われていない

③通信制限がかかってしまっている

といった3つの原因が考えられます。

ここでは、動画再生がうまくいかないときの改善策についてご紹介します!

WiMAXのプロバイダ「Broad WiMAX」を徹底解説!

ポケットwifi

WiMAXのプロバイダ「Broad WiMAX」とは?詳しく解説!

WiMAXはさまざまなプロバイダがサービスを提供していますが、今回紹介したいプロバイダは「Broad WiMAX」です。

Broad WiMAXの料金プランや利用エリア、キャンペーン情報など、これからWiMAXの利用を検討している人にとって役立つ情報をご紹介していきたいと思います。

【実は便利!】ポケットWiFiにクレードルは必要?

ポケットwifi

【実は便利!】ポケットWiFiにクレードルは必要?

クレードルを使う必要はあるの?

クレードルはWiMAXとセットで販売されることもある、有線用の接続機器です。WiMAXをクレードルに置いて、有線で繋げばWi-Fi接続ができないパソコンでもインターネットに接続することができます。

WiMAXの契約時にクレードルを勧められ、とりあえず説明を聞いてみたという方の中には、「使い方は分かったけど、本当にクレードルって必要?ポケットWiFiだけで十分じゃないの?」と思う方も多いはず。

ここでは、WiMAXの接続機器であるクレードルの使い方やメリット、デメリットをまとめて紹介。これから購入を考えている方、購入を迷っている方はぜひ参考にしてください。

WiMAX2+でオンラインゲームはプレイできるか?通信量や速度制限、FPSは?

WiMAX

タイトル画像

どこにでも持ち運べて、いつでもWiFi接続ができるWiMAX2+

中には自宅で固定回線の代わりとして使用してる人もいるかと思いますが、WiMAX2+でオンラインゲームはできるのか気になりますよね。できるとしても、通信量や速度制限などといった心配も残ります。
また、オンラインの中でも動作の激しいFPSなどがプレイできるのかも気になるところです。

今回は、WiMAX2+でもオンラインゲーム・FPSなどをプレイすることはできるのか、分かりやすくまとめてみました。

これからWiMAX2+を使ってゲームをプレイしようと考えてる人は、ぜひ一度目を通してみてください。

ページの先頭へ