ポケットWiFi

ポケットwifi比較に必須のおすすめ情報

ポケットWiFiの特徴

ポケットWiFi(モバイルWi-Fiルーター)は持ち運びを前提としているため、本体は小型・軽量で、内蔵したバッテリーによって動きます。

ポケットやバッグに入れて持ち運べるサイズで、全国どこからでもモバイルネットワークにアクセスでき、PCやタブレットなど通信端末をインターネットに接続できます。

ポケットWiFiと似た機能を持つものに「データ通信モジュール」や「データ通信カード」というものがありますが、これらはPCやタブレットにUSBなどで物理的に接続する必要があります。対してポケットWiFiはワイヤレスで接続します。ワイヤレスのほうがスマートですし、一度に複数の端末と接続できるというメリットもあります。

ポケットWiFiとデータ通信モジュールの違い


ポケットwifiとモバイルWi-Fiルーターは同じ?

本来、ポケットWiFiは「モバイルWi-Fiルーター」と呼ばれる無線通信端末の仲間です。モバイルWi-Fiルーターは「持ち運び可能なインターネットに接続できる端末」のことを示します。

本来「ポケットWiFi」という言葉はワイモバイルの商品名でしたが、名前の親しみやすさから現在では一般的な名詞にもなり、「モバイルWi-Fiルーター」を指して「ポケットwifi」と呼ぶようになりました。

ポケットWiFi
持ち運びが可能なインターネット端末。
モバイルルーター(モバイルWiFi)
ポケットWiFiの本来の正式名称。現在ではポケットWiFiと同じ意味を持つ。
WiMAX(ワイマックス)
ポケットWiFi回線の1つ。UQ WiMAXという会社が提供。
Y!mobile(ワイモバイル)
ポケットWiFi回線の1つ。元々「ポケットWiFi」はこの会社の商品名。

Wi-FiとLTEの違い

無線回線にはWi-FiとLTEという2種類があり、どちらも無線を使う通信回線です。ポケットWifiはWi-Fiに含まれます。

この2つには大きな違いがあり、Wi-Fiは無線LANの1つに分類され、様々なデバイスで使用できる無線回線の総称となります。

一方のLETは携帯電話専用に使われている通信回線で、スマートフォンやタブレットなど、使用できるデバイスが限定されています。

Wi-Fi(Wireless Fidelity)
ワイヤレス フィデリィティの略称。スマートフォンやタブレット、ゲーム機器、ノートパソコンなど、Wi-Fi対応しているデバイスであれば使用可能。
LTE(Long Term Evolution)
ロングタームエボリューションの略称。通信規格の1つで携帯電話やスマートフォン、タブレットなど、モバイルデバイス専用の回線。

ポケットWiFiとテザリングの違い

一部のスマートフォンには、ポケットWiFiのようにPCやタブレットなどの端末をインターネット接続させる「テザリング」という機能が備わっています。

普段使っているスマートフォンを使うので、新しく機器を購入したり通信プランを契約したりする必要がなく手軽で便利な機能ですが、スマートフォンのバッテリー消費が激しいことに加え、通信料金が割高になるという2つの大きなデメリットがあります。

一方、ポケットWiFiはスマートフォンとは別に機器の購入や契約にコストがかかるものの、スマートフォンのバッテリー残量を気にする必要はありません。月額料金も単価が低いうえに、通信量が無制限の「使い放題プラン」も用意されていたりするので、たくさんのデータ通信を行う場合にはむしろ安上がりになります。

簡単に言ってしまうと、ポケットWiFiのほうがテザリングよりもコスパに優れているということです。

テザリング
◯普段使っているスマートフォンをそのまま利用
×スマートフォンのバッテリー消費が激しい
×通信料金が割高
ポケットWiFi
◯スマートフォンのバッテリー残量が気にならない
◯月額料金が安い
◯無制限プランがある
×機器購入や契約コストがかかる

製造メーカーと販売会社

ポケットWiFiの製造メーカーはたくさんありますが、中でもNEC、HUAWEI、ZTEあたりが有名です。
ポケットWiFiを販売している会社は、主にUQコミュニケーションズ、ソフトバンク、KDDI、NTTドコモの4社です。UQコミュニケーションズは「UQ WiMAX」ブランド、ソフトバンクは「ソフトバンク」と「ワイモバイル」の2ブランド、KDDIは「au」ブランドで販売しています。

ポケットWiFiのブランド名と取扱いメーカー一覧


ポケットWiFiはデータ通信サービスとセットで

ポケットWiFiの利用にはモバイルデータ通信サービスの契約が必須で、ポケットWiFiの購入と同時に契約するのが一般的です。

「料金」「通信速度」「通信量上限」「ネットワーク」「提供エリア」など、各社でサービス内容が異なるため、ポケットWiFi選びではこれらの要素を比較、検討することになります。


速度制限と通信量上限

「月間●●GBを超える通信を行うと当月中の通信速度が低速に制限される」といういわゆる”速度制限”。スマートフォン向けの料金プランでは一般的ですが、ポケットWiFiのプランにも同じように速度制限は存在します。

ポケットWiFiは、比較的データ量の大きいコンテンツを利用するタブレットやPCと組み合わせて使うことが多いため、通信制限がかかるまでの通信量、つまり月間の「通信量上限」が、ポケットWiFi&料金プランを選ぶうえで重要なポイントになってきます。

WiMAXプラン比較


提供エリアと安定性

スマートフォンやケータイと同じように、各社で通信設備の規模や採用している通信システムが異なるために、最大通信速度や、安定性、通信が行える範囲(提供エリア)にも各社に違いがあります。

利用する場所や環境、時間帯などによっても大きく変動するため一律に比較するのはなかなか難しいのですが、自分が想定している使い方や環境と同じように使っているユーザーのレビューを参考にすることで、より失敗しないポケットWiFi選びができるでしょう。

WiMAX・ワイモバイル・格安SIMの通信エリア(関東・関西)

参照元URL
UQWiMAX(https://www.uqwimax.jp…)
ワイモバイル(https://www.ymobile.jp…)
docomo(https://www.nttdocomo.co.jp…)


機種によって速度や機能が異なる

同じ会社からいろいろな機種のポケットWiFiが販売されています。通信速度にこだわったものや持ち運びにこだわったもの、バッテリーの持ちにこだわったもの、低価格なものなど、それぞれに特徴が持たされているので、自分の使い方に合った機種を選ぶようにしましょう。

ポケットWiFiで快適にオンラインゲームを遊べるか?

ポケットwifi

ポケットWiFiで快適にオンラインゲームを遊べるか?

ポケットWiFiで快適にオンラインゲームを遊べるか?

ポケットWiFiは持ち運びに適したインターネット接続用の端末です。PS4など、人気のゲーム機もインターネットに接続できるので、外出先でゲームをネットに繋いで遊ぶこともできます。

ここでは、ポケットWiFiを使ってオンラインゲームが楽しめるかを詳しくみていきたいと思います。

【目指せ高額買取】ポケットWiFiを売るときのコツ

ポケットwifi

【目指せ高額買取】ポケットWiFiを売るときのコツ

ポケットWiFiは売れる!高額買取をしてもらうためのコツ

WiMAXなどのモバイルルーターは、携帯電話やスマートフォンの端末と同様に解約をすると不要になります。

買い替えや解約をして不要になったポケットWiFiは、所有者自身が処分するように言われますが、ただ捨ててしまうのはもったいない気もしますよね。

実はポケットWiFiは、買取業者などに売却することが可能なんです。

ここでは、ポケットWiFiなどのモバイルルーターをどのようにして売却するか高額買取のコツなども含めて紹介していきます。これからポケットWiFiの売却を考えている方はぜひ参考にしてください。

【WiMAX】WX05のスペックは?W05・WX04と徹底比較!

WiMAX

WiMAX最新端末のWX05のスペックは?W05・WX04との違いを徹底比較!

この特集記事では2018年11月に発売された「Speed Wi-Fi NEXT WX05(略称:WX05)」をWX05が発売される前までの人気端末だったW05・WX04と比較しながら解説しています。

WiMAXの主力シリーズの1つであるWXシリーズは、日本のNECプラットフォーム株式会社が製造しているWiMAX2+に対応するポケットWi-Fiルーターです。

1世代前のWX04は2017年11月に発売されていますので、この1年でWX05がどのように進化したのか確認していきましょう。

WX05のクレードルを徹底解説!注目の電波強化や有線接続・充電機能

WiMAX

この特集記事では、WiMAX2+のWXシリーズ最新端末のWX05のクレードルについて解説しています。

WX05のクレードルを徹底解説!注目の電波強化や有線接続・充電機能

WX05は日本のNECプラットフォームズが製造しているWXシリーズの最新端末です。WXシリーズは、特にクレードルの高機能が特徴的なシリーズで、WX05のクレードルにもその高機能は受け継がれています!

 

WX05を利用するなら必須ともいえる専用クレードル、さっそく、WX05のクレードルの電波強化機能(Wウイングアンテナ)やクレードルの基本機能(有線接続・充電機能)について解説していきます。

WX05のキャッシュバックキャンペーン最高額はどこ?最新情報を比較!

WiMAX

WX05のキャッシュバック最高額はどこ?最新情報を調査・比較!
2018年11月に発売されたSpeed Wi-Fi NEXT WX05(通称:WX05)。

WiMAX2+として初めてWiMAXハイパワーに対応し、電波の弱いエリアでも従来端末よりも安定した高速通信ができるようになるなど最新の機能を搭載した新商品です。

【WX05の注目機能!】

  • 電波が弱い時に出力をあげて通信速度を改善するWiMAXハイパワーに対応
  • ワンタイム通信モード切替で通信モードの切り替えもカンタン
  • おまかせ一括設定機能で初心者でもカンタン・ワンタップで通信速度・バッテリーの持ちをコントロール
  • 電池残量やデータ通信量がグラフ表示されてわかりやすく!
  • もちろん、au 4G LTEにも対応していて、最新の通信技術のTX BeamForming(ビームフォーミング)やクレードルの電波強化機能も健在

※WX05の性能・スペックについては従来機種のW05やWX04と比較した解説記事WX05のクレードルの解説記事も用意していますので合わせて参考にしてください。

WiMAXの新規契約を考えている人やプロバイダー切り替えが近い人は、最新端末を選ぶ人が多くWX05を選ぼうと考えている人は多いと思います。

もちろんWX05はどこのプロバイダーで使っても端末の性能は変わらないので、少しでもオトクなWX05のキャッシュバックやキャンペーンを開催しているプロバイダーを選ぶようにしましょう

それでは、さっそくネット回線の先生が調査した人気プロバイダーでWX05を機種として選んだ時のキャッシュバックキャンペーンなどを紹介したいと思います。

絶対損するauポケットWiFiの罠!おすすめしない理由とは?

auポケットWiFi

auポケットwifiTOP
auポケットWiFiを契約しようと考えている方、ちょっと待ってください!

auで契約してしまって後悔している人がたくさんことを知っていますか?

「auだとどのくらいの金額になるの?」
「スマホもauだから、セット割引があるんじゃない?」
と思われる方もいると思います。

結論から言ってしまうと、auポケットWiFiはおすすめできません。
あまり知られていませんが、auポケットWiFiとまったく同じ条件・サービスで、3万円以上もおトクになる方法があるからです。

逆に、この方法を知らないままauポケットWiFiを申し込むと実質3万円以上も損してしまいますので、本記事では安心・おトクにポケットWiFiを利用できる方法について紹介していきます。

絶対損するdocomoポケットWiFiの罠!おすすめしない理由とは?

docomoポケットWiFi

docomo_wifitop

docomoのポケットWiFiを契約しようと考えている方、ちょっと待ってください!

あなたはどんな理由でdocomoのポケットWiFiを契約しようと思いましたか?

「docomoって有名だし」
「docomoユーザーだからセット割引があるんじゃない?」

残念ながら、docomoのポケットWiFiを契約すると損することになります。
なぜなら、docomoのポケットWiFiは料金が高額なうえに、セット割引もないからです。

結論から言うと、ポケットWiFiのサービス提供5社の中で「WiMAX2+」だけが、一番おすすめできるベストな選択肢です。
ここからはその理由について解説していきます!

固定回線は不要?こんな人ならプロバイダはいらない!

ポケットwifi

皆さんの家にはインターネットの固定回線は引いてあるでしょうか?それともポケットWiFiルータを使っていますか?

今回は、固定回線とポケットWiFiルータのそれぞれの特徴と、どのような人に向いているのか・向いていないのかについてざっくりまとめました。
自分が普段どのようにインターネットを利用しているのかを思い出しながら読んでみると、固定回線とポケットWiFiルータのどちらが自分にとって最適なのか見えてきます。

※記事の最後に、状況によって固定回線とポケットWiFiルータそれぞれに合う人物パターンを掲載しましたので、ご自身の状況と照らし合わせてみると意外な結果が分かるかもしれません。

W05のクレードルは必要?有線接続・充電機能・電波強化を徹底解説!

WiMAX

W05のクレードルについて

W05は人気のWiMAX対応のポケットWi-Fiルーターです。この特集記事ではW05のクレードルについて、その機能(有線・LAN接続や充電機能や価格)を紹介しならがクレードルの必要性について解説しています。

なお、WXシリーズ最新のWX05が2018年11月8日に発売開始されましたが、W05の方が技術的に優れている面も残っていますし、WX05が3年契約を中心に取扱を強化しているので引き続きW05の人気は続きそうです。

ページの先頭へ