今回の記事では住宅ローン、その中でもこの10年ぐらいで急激に利用者を増やしているインターネット銀行の住宅ローンを紹介したいと思います。

住宅ローンの歴史

ネット回線の先生ネット回線の先生

日本で住宅ローン(のような商品)が誕生したのは今から100年以上前と言われています。

Wikipediaなどの情報サイトによると、今の形に近い商品が誕生したのは1896年~1897年ごろとされ、最初は銀行ではなく不動産会社が提供したそうです。

その後、銀行などの金融機関が住宅ローンとして提供するようになり、その後、住宅ローン専門の金融機関も登場するようになりました。

当時、民間金融機関だけでは住宅の普及が進みにくい状況だったことから、日本政府が主導する形の「公庫」が提供する住宅ローンも誕生しました。(今のフラット35の前身の商品と言えます)

このように100年を超える歴史の中で、住宅ローン業界には様々な変化があったわけですが2000年に入ってから大きく変わったのが、インターネットという新しい技術が普及により登場したネット銀行とネット銀行が提供する住宅ローンの登場です。

ネット銀行の住宅ローンについて

すでに10社以上のネット銀行がありますが、日本で初めて住宅ローンの取り扱いを開始したのは実はソニー銀行です。

 

ソニー銀行の住宅ローンは今でもたくさんの人が利用している人気の住宅ローンの1つですが、ソニー銀行の住宅ローンの誕生を皮切りに今はたくさんのネット銀行が住宅ローンに力を入れています

ネット銀行の住宅ローンって何が違う?

インターネット銀行が普通の銀行と違うのは、

  1. 店舗と銀行員が少ないので人件費や店舗費などが安く済むし、銀行を支えるシステムも安く済む(会社としての営業効率が良い)
  2. 店舗に行かなくても申し込める利便性(手続き面)
  3. 新しく登場したので組織としてのしがらみがないという(組織面)

という3つの特徴がある点です。

メガバンクや地方銀行も「インターネット申込できる住宅ローン」を提供していますが、結局、「2番目の手続き面」が変わっているだけで、1番目の営業効率や3番目の組織としてのしがらみは簡単には解消できるものではありません。

ネット回線の先生ネット回線の先生

金融機関から見れば、住宅ローンはビジネス・商売なので、利益をあげなければなりません。住宅ローンの利益は「住宅ローンの利息と手数料収入から運営・維持費用を引いたもの」ですが、ネット銀行の住宅ローンは「運営・維持費用が少ない」という仕組みになっているからこそ低い金利でも利益を上げられるわけです

 

簡単に言えば銀行が住宅ローンで利益をあげる方法は簡単にまとめると2つしかありません。

1つは住宅ローンを貸した時にもらえるお金を増やすこと。つまり、利息収入や手数料収入を増やすことです。もう1つは住宅ローンという商品を維持するための費用を減らすことです。ネット銀行は、私たち利用者から払ってもらうお金が少なくても、商売を維持できるように運営しているという点が、最大の特徴です。

インターネットで手続きできる住宅ローンは普通の銀行でも当たり前のように提供している時代ですが、普通の銀行とネット銀行は基本構造が違うということを理解しておくと、ネット銀行の住宅ローンがなぜ価値あるものなのかがわかってきます。

住宅ローンを取り扱うネット銀行の一覧と特徴

銀行名特徴
ソニー銀行日本で最初に住宅ローンを取り扱った銀行。保証料・繰上返済手数料無料でがんに対する疾病保障も無料でセット。手数料が安い通常の住宅ローンに加えて、変動セレクト・固定セレクトという3つの住宅ローンを提供。
楽天銀行銀行の中でフラット35の取扱件数がもっとも多い。手数料が固定で保証料無料の金利選択型住宅ローンも提供。金利選択型住宅ローンには全疾病保障が無料でセット。
住信SBIネット銀行ネット銀行の中ではもっとも住宅ローンの実績がある。楽天銀行と同様に全疾病保障という保障サービスが無料でセット。
じぶん銀行今、もっとも勢いのある住宅ローンの1つ。金利の低さはもちろん、保証料無料・がん50%保障団信・全疾病保障の2つの疾病保障サービスが無料でセット。
ジャパンネット銀行2019年に取り扱いを開始した新しい住宅ローン。他のネット銀行のような無料の疾病保障は無いが、変動金利の金利の低さが随一。

おすすめのネット銀行の住宅ローンは?

普通の銀行の住宅ローンに比べて、ネット銀行の住宅ローンは金利も低く、保証料無料だったり、疾病保障が無料でついていたりするのでオトクだったりするわけですが、それらのネット銀行の住宅ローンの中でどの住宅ローンが一番かと聞かれると難しい面がありますが、ネットの先生が今1番おすすめしたい住宅ローンを選ぶとすると「じぶん銀行の住宅ローン」になると思います。

じぶん銀行の住宅ローン

じぶん銀行の住宅ローンをおすすめする理由

じぶん銀行の住宅ローンを取り上げた理由をまとめてみました。

  1. がん50%保障と言われる「がんと診断された時に住宅ローンの残高が半分になる」疾病保障が無料でセットされていること
  2. 全疾病保障と言われる「半年以上の入院(うつ病などを除く全ての病気とケガに対応)で住宅ローンの残高がなくなる疾病保障が無料でセットされていること
  3. 変動金利・10年固定金利の金利が低いこと。特に今利用者が多い変動金利の金利が非常に低い
  4. 保証料・団信保険料・一部繰上返済手数料が無料(あたり前のことが当たり前に提供されている)
  5. KDDIを親会社に持つネット銀行であり、三菱UFJ銀行も出資している安心できる企業背景(住宅ローンは長く付き合っていくことになるので安心感のある会社であることは重要)

まとめ

今回はネット銀行の住宅ローンについて全体的な解説だけで終わってしまいましたが、また別の機会にネット銀行それぞれの住宅ローンの特徴をもう少し詳しく解説したいと思います。