【光回線・プロバイダ】知らずに二重契約していませんか?

今すぐチェック!プロバイダの二重契約をしていませんか?

光回線を導入するにあたり、プロバイダの二重契約をしてしまう人が増えているようです。

例えば今までは別のプロバイダで光回線を利用していたけれど、料金やキャンペーンの兼ね合いで乗り換えた場合、自分では気づかないうちにプロバイダ契約を二重で行ってしまっていた、というケースがそれにあたります。

1回線につき、プロバイダ契約は当然1社でよいので、気づけば長期間無駄なお金を払い続けているということも。勧誘を受けるままに光回線の乗り換えをしてしまった人は、一度インターネット関連の契約について見直す必要があるかもしれません。

こちらでは、インターネットの契約について深く理解していないという人のために、光回線とプロバイダの契約関係や、二重契約をしていないかどうかのチェック方法などについて解説しています。


光回線とプロバイダの関係をおさらいしよう

光回線とプロバイダ、どちらもインターネットに関係するものだということはわかっていても、その関係については深く知らないという人も多いのではないでしょうか。

分かりやすく説明すると、まず光回線はインターネットを利用するための回線のこと、プロバイダは、インターネットで全世界のネットワークと繋がるために経由しなければならない、回線とインターネットをつなげる事業者になります。

光回線だけ加入していてもインターネットは利用できませんし、プロバイダだけに加入していてもインターネットは利用できません。

一般家庭でも、企業でのネットワークでも、プロバイダを介さないとインターネットに接続できない点は共通しています。インターネットの利用が始まったダイヤルアップ接続時代は、自宅の電話回線を使用してプロバイダを経由し、インターネットの世界につながっていました。

そのため、自宅に電話回線を引いていれば、プロバイダに加入するだけでインターネットが使えたのですが、光回線は電話回線とは違う回線なので、光回線を提供する事業者と、プロバイダの2つに加入する必要があるのですね。

例えばNTTの「フレッツ光」を利用する場合、別途@niftyやOCNなどのプロバイダに加入しなければならないのは、このような理由からなのです。

光回線とプロバイダを別々で申し込んでいるか確認しよう

請求書が別々でくる

光回線にはいろいろな種類があり、プロバイダと光回線の事業者がひとつになっている事業者もあります。その場合は、請求書はひとつにまとまって送られてきますが、プロバイダと光回線の事業者を別々に申し込んでいる場合は、請求書が分けて送られてきます。

例えばKDDIの光回線と、So-netのプロバイダに加入している場合は、KDDIとSo-netの2箇所から請求書が送られてくるのです。

コンビニ払いの契約にしている場合はまとめて請求書がくる場合もありますが、それぞれの支払を銀行引き落としにする場合は、So-netとKDDI、両方に銀行引き落としの手続きをする必要があります。
今現在の請求書がどのように送られてきているか、一度確認してみましょう。

プロバイダに問い合わせる

コンビニ払いで請求書は毎月1通のみ送られてくるけれど、プロバイダと光回線を別々に申し込んでいるか知りたいという場合は、直接プロバイダに確認するのもひとつの方法です。プロバイダではユーザーの契約情報をしっかり管理しているので、すぐに回答してもらえます。

ただし、内容によっては本人でないと回答してもらえないものもありますので、例えばご主人の名義でインターネットに加入していて、奥様が確認したいという場合は、できればご主人本人が問い合わせをすることをおすすめします。

個人情報の確認をした上で、質疑応答が開始されるパターンが多いです。インターネットで確認する場合は、プロバイダのホームページから「マイページ」のような契約情報を確認できるページでチェックしてみましょう。

プロバイダを二重契約している人は珍しくない!

光回線を乗り換えた

以前は光回線というとフレッツ光くらいしかサービスの提供がありませんでしたが、NTTが光回線を売却するようになって、さまざまな光コラボ事業者が光回線のサービスを提供するようになりました。料金も少し安くなりましたし、加入時のキャッシュバックキャンペーン金額が大きかったりして、光回線の乗り換えをする人も増えています。

このとき、同じプロバイダで光回線を乗り換えるということはめったにありませんので、必ずプロバイダは変更になります。実際は、同じプロバイダから光回線の乗り換えができるケースもありますが、その場合は特にキャンペーンなどは適用されませんので、乗り換える必要がないのです。

そのため、光回線の乗り換えとともにプロバイダ契約も新たなものになったけれど、今まで加入していたプロバイダの解約を忘れていて、二重契約になってしまっているというケースが少なくありません。

引越しした時に光回線を変えた

引越しでは、住宅タイプによって光回線の移転ができない場合があります。

例えばSo-netが提供している光回線だと、集合住宅の場合はマンションごと契約されている住宅か、もしくは3階建ての集合住宅まではホームタイムで開通させることができますが、それ以外の集合住宅にはサービスを提供していないので、戸建てから大きなマンションに引越しする場合、光回線の移転ができないのです。

そうなると、移転先の住宅にサービスを提供している事業者に乗り換えるしかないのですが、このときにやはりプロバイダの解約を忘れてしまうケースがあります。

光回線は回線の撤去などが入りますし、モデムの返却などがあるので解約を忘れるということはありませんが、プロバイダは手続きをしないと何かができなくなる、ということがないので忘れやすいのですね。

プロバイダを変更したときの解約忘れ

そのほかにも、気になるプロバイダがあるのでプロバイダだけ変更した、というときに、今まで加入していたプロバイダの解約を忘れてしまうということがあります。フレッツ光でOCNのプロバイダに加入していたけれど、メールアカウントがシンプルなほうがよいので、ドメインが短いプロバイダに変更したが、OCNの解約を忘れてしまった、というケースです。

二重契約を防ぐために、光コラボを利用するのも手

先にご紹介したように、プロバイダの二重契約をしたままになっていて、無駄な料金を支払っているという人は少なくありません。最近光回線の乗り換えをした方や、プロバイダを変更した方は、それまでのプロバイダをきちんと解約できているか一度確認してみましょう。

もし、このようにプロバイダと光回線が別々になっていると、よくわからなくなってしまうので困る、ということであれば、「光コラボ」というサービスを利用するのも一つの方法です。

光コラボとは、プロバイダがNTTの光回線を利用して提供しているサービスのことで、こちらを利用すればプロバイダ料金と光回線の料金がまとめて請求されますので、支払いが混乱してしまうことがありません。

既存のプロバイダとは違うプロバイダの光コラボを申し込むことで、さまざまなキャンペーンが適用されますので、お得感もあります。ただし、乗り換えの場合は解約月を確認し、解約違約金が発生しないように注意しましょう。

まとめ

もしかしたらプロバイダの二重契約をしているかもしれない」と心当たりのある方は、まず心当たりのあるプロバイダに契約状況を確認してみましょう。回線の利用がないのにプロバイダだけ利用している場合は、そのプロバイダを利用し続ける必要はありません。

また、乗り換えを検討しているのであれば、キャンペーンを利用して請求がまとまった「光コラボ」に乗り換えるというのもよいと思います。契約上の違いはあれど、光回線の利用において体感的な違いはありませんので、不便なく利用できます。