「2020年1月」の記事一覧

Amazonプライム・ビデオの動画が止まる!再生が遅い!原因と対処法

動画サービス


皆さんは『Amazon Prime Video(以下、アマゾンプライムビデオ)』を利用していますか?
アマゾンプライムビデオは、有力なECサイトの一つである「amazon」の、有料会員「プライム」の特典の一つとして、Amazonビデオの中から一部の作品が見放題になる動画配信サービスです。

アマゾンプライムビデオを見ている時に、たまに動画が止まってしまうことがありませんか?

今回、アマゾンプライムビデオを快適に視聴するために、動画が遅かったり、再生が止まってしまった際の対処方法についてご紹介します。

【必見】Chromecast(クロームキャスト)ってなに?使い方・評判などを詳しく紹介!

動画サービス

【必見】Chromecast(クロームキャスト)ってなに?使い方・評判などを詳しく紹介!

Chromecast(クロームキャスト)の使い方や評判を解説

Chromecastとは、テレビで大迫力の動画などが楽しめるようになる便利なサービスです。テレビの後ろや横にHDMIポートと呼ばれるものがついていれば、そこにChromecastを接続して利用できます。

HDMIポートにChromecastを挿入し、お手持ちのスマホやパソコン、iPadなどを使ってテレビに映して利用しましょう。

HDMIポートさえついていればテレビ自体に特別な機能は必要なく、

  • 音楽を聴く
  • パソコンの画面を映す
  • 動画配信サービスを利用する
  • ゲームをする

など、実にさまざまな機能が利用できるようになります。

それだけいろいろな機能が利用できると高いのでは…と心配になるかもしれませんが、価格は4,000円代となっているので、気になっている方は検討してみてはどうでしょうか。

定額で見放題の動画配信サービス!一番人気・おすすめはコレです!

動画サービス

いきなりですが、皆さんは動画配信サービスを利用していますか?

前はよくDVDやCDをお店までレンタルしに行っていましたが、「1週間レンタル」と「2泊3日レンタル」を同時に借りて、うっかり返却し忘れてしまい延滞料を支払う羽目になった、なんてこともありました・・・

ですが現在は動画配信サービスが充実しているので、返却忘れの心配もなく、上のような失敗も今となっては良い思い出ですね!

私の周りでも、ほとんどDVDをレンタルせず、動画配信サービスを利用しているという人たちが増えています。

本記事では、
「ネットで購入したり申し込んだりすることが苦手だ」
「いちいち比較したりするのが面倒くさい!」
「夜遅くまで仕事しているから返却しに行くのが憂鬱」

といった人達のために、定額で見放題の動画配信サービスについて徹底比較してみました!

【初心者向け】スマートスピーカーでできることってなに?設定からメリットまで徹底解説

WiFi

スマートスピーカーでできることを詳しく解説

スマートスピーカーとは、音声で命令をすることにより、手で操作をしなくてもさまざまな操作ができる便利な電子機器です。

スピーカーという名前はついているものの、AIと呼ばれる人工知能がアシスタント機能として搭載されているのが特徴だといえるでしょう。インターネットと接続することにより実にさまざまな活用方法があるため、日常生活で役立ててみてくださいね。

ここではスマートスピーカーの特徴や、メリット・デメリット、利用者の口コミ情報などについて詳しくご紹介します。

ネット銀行の住宅ローンを解説

その他

今回の記事では住宅ローン、その中でもこの10年ぐらいで急激に利用者を増やしているインターネット銀行の住宅ローンを取り上げたいと思います。

住宅ローンの歴史

ネット回線の先生ネット回線の先生

日本で住宅ローン(のような商品)が誕生したのは今から100年以上前と言われています。Wikipediaなどの情報サイトによると、今の形に近い商品が誕生したのは1896年~1897年ごろとされ、最初は銀行ではなく不動産会社が最初に提供したと言われています。

その後、銀行などの金融機関が提供するようになり、住宅ローン専門の金融機関も登場しています。民間金融機関だけでは住宅の普及が進みにくい状況だったことから、日本政府が主導する形の「公庫」も誕生しました。(今のフラット35の前身の商品と言えます)

このように100年を超える歴史の中で、色々な変化があったわけですが2000年に入ってインターネットという新しい技術が普及したことで、住宅ローンにも大きな影響がありました。

ネット銀行の登場とネット銀行が提供する住宅ローンの登場です。

ネット銀行の住宅ローンについて

日本で初めて住宅ローンの取り扱いを開始したのはソニー銀行です。ソニー銀行の住宅ローンは今でもたくさんの人が利用している人気の住宅ローンの1つですが、ソニー銀行の住宅ローンの誕生を皮切りに今ではたくさんのネット銀行が住宅ローンに力を入れています

ネット銀行の住宅ローンって何が違う?

インターネット銀行の住宅ローンに共通しているのは、

  1. 店舗と銀行員が少ないので人件費や店舗費などが安く済むし、銀行を支えるシステムも安く済む(会社としての営業効率が良い)
  2. 店舗に行かなくても申し込める利便性(手続き面)
  3. 新しく登場したので組織としてのしがらみがないという(組織面)

という3つの特徴があるということです。

メガバンクや地方銀行が「インターネット申込できる住宅ローン」を提供していますが、解決しているのは「2番目の手続き面」だけです。

1番目の営業効率や3番目の組織としてのしがらみは簡単には解消できるものではありません。

ネット回線の先生ネット回線の先生

金融機関から見れば、住宅ローンは商売なので、利益をあげなければなりません。住宅ローンの利益は「住宅ローンの利息と手数料収入から運営・維持費用を引いたもの」ですが、ネット銀行の住宅ローンは「運営・維持費用が少ない」という仕組みになっているわけです。

ですので、利益をあげる方法は簡単にまとめると2つしかありません。

1つは住宅ローンを貸した時にもらえるお金を増やすこと。つまり、利息収入や手数料収入を増やすことです。もう1つは住宅ローンという商品を維持するための費用を減らすことです。ネット銀行は、私たち利用者から払ってもらうお金が少なくても、商売を維持できるように運営しているという点が、最大の特徴です。

インターネットで手続きできる住宅ローンは普通の銀行でも当たり前のように提供している時代ですが、普通の銀行とネット銀行は基本構造が違うということを理解しておくと、ネット銀行の住宅ローンがなぜ価値あるものなのかがわかってきます。

住宅ローンを取り扱うネット銀行の一覧と特徴

銀行名特徴
ソニー銀行日本で最初に住宅ローンを取り扱った銀行。保証料・繰上返済手数料無料でがんに対する疾病保障も無料でセット。手数料が安い通常の住宅ローンに加えて、変動セレクト・固定セレクトという3つの住宅ローンを提供。
楽天銀行銀行の中でフラット35の取扱件数がもっとも多い。手数料が固定で保証料無料の金利選択型住宅ローンも提供。金利選択型住宅ローンには全疾病保障が無料でセット。
住信SBIネット銀行ネット銀行の中ではもっとも住宅ローンの実績がある。楽天銀行と同様に全疾病保障という保障サービスが無料でセット。
じぶん銀行今、もっとも勢いのある住宅ローンの1つ。金利の低さはもちろん、保証料無料・がん50%保障団信・全疾病保障の2つの疾病保障サービスが無料でセット。
ジャパンネット銀行2019年に取り扱いを開始した新しい住宅ローン。他のネット銀行のような無料の疾病保障は無いが、変動金利の金利の低さが随一。

おすすめのネット銀行の住宅ローンは?

普通の銀行の住宅ローンに比べて、ネット銀行の住宅ローンは金利も低く、保証料無料だったり、疾病保障が無料でついていたりするのでオトクだったりするわけですが、それらのネット銀行の住宅ローンの中でどの住宅ローンが一番かと聞かれると難しい面がありますが、ネットの先生が今1番おすすめしたい住宅ローンを選ぶとすると「じぶん銀行の住宅ローン」になると思います。

じぶん銀行の住宅ローン

じぶん銀行の住宅ローンをおすすめする理由

じぶん銀行の住宅ローンを取り上げた理由をまとめてみました。

  1. がん50%保障と言われる「がんと診断された時に住宅ローンの残高が半分になる」疾病保障が無料でセットされていること
  2. 全疾病保障と言われる「半年以上の入院(うつ病などを除く全ての病気とケガに対応)で住宅ローンの残高がなくなる疾病保障が無料でセットされていること
  3. 変動金利・10年固定金利の金利が低いこと。特に今利用者が多い変動金利の金利が非常に低い
  4. 保証料・団信保険料・一部繰上返済手数料が無料(あたり前のことが当たり前に提供されている)
  5. KDDIを親会社に持つネット銀行であり、三菱UFJ銀行も出資している安心できる企業背景(住宅ローンは長く付き合っていくことになるので安心感のある会社であることは重要)

まとめ

今回はネット銀行の住宅ローンについて全体的な解説だけで終わってしまいましたが、また別の機会にネット銀行それぞれの住宅ローンの特徴をもう少し詳しく解説したいと思います。

【初心者必見】テレビにWi-Fiを繋げるメリットから接続方法まで詳しく解説

WiFi

【初心者必見】テレビにWi-Fiを繋げるメリットから接続方法まで詳しく解説

テレビにWi-Fiを繋げるメリットや接続方法を解説

テレビにWi-Fiを接続することにより、さまざまなメリットがあります。これまでに比べて更にテレビの楽しみ方が増えるでしょう。

そこで、ここではWi-Fiをテレビに接続することによりどのようなことができるようになるのか、具体的に接続する際には何を行えば良いのかなどについてご紹介します。残念ながらすべてのテレビでWi-Fiに対応できるわけではないので、このあたりもチェックしてみてください。

引越し時に、プロバイダの乗り換えで必ずやる事リスト!

光回線

引っ越し
引っ越しをする際には、電気、ガス、水道と並んで重要なのがインターネットです。インターネットの引っ越しを済ませておかないと、引っ越し先で必要な情報を一切仕入れることはできず、非常に困ったことになります。

インターネットの引っ越しには、プロバイダの解約と契約、旧居での回線撤去工事と新居での回線開通工事が必要となります。
しかし、検討するべきことはたったの2点です!

  • 現在契約しているプロバイダを継続するか、あるいは新規のプロバイダと契約するか
  • お得に引っ越すために利用できるキャンペーンがあるかどうか

この2点に関して事前に情報を調べて、引っ越し後の方針を決めてしまえば、あとは業者に引っ越しの日程を伝えるのみ!とてもスムーズに引っ越しを行えます。荷造りや値段交渉がない分、普通の引っ越しよりもインターネットの引っ越しの方が簡単といえるでしょう。

【初心者必見】Wi-Fiルーターを設置するならココ!適切な場所に置いて快適ネットライフを送る!

WiFi

【初心者必見】Wi-Fiルーターを設置するならココ!適切な場所に置いて快適ネットライフを送る!

Wi-Fiルーターを適切な場所に置いて快適ネットライフを送ろう

Wi-Fiルーターの設置場所は非常に重要です。というのも、設置場所が不適切だと電波を受け取る端末までうまく電波が届かなくなってしまうことがあります。

そこで、具体的にどこに置けば良いのか、適切な場所に置けない場合にはどのように対処すれば良いのかなどについてご紹介しましょう。
Wi-Fiに不具合を感じている時に試してみたいポイントについても解説するので、参考にしてみてくださいね。

【初心者向け】Wi-Fiと無線LANの違いとは?家で使う時の注意点も解説!

WiFi

Wi-Fiと無線LANの違いって何?詳しく解説!

街中や外出先で気軽にインターネットが楽しめるWi-Fi。室内外でネットを使う時には「無線LAN」も活用できますが「違いがよくわからない」「どっちがいいのか」といった意見も少なくありません。

確かに、Wi-Fiも無線LANも名前だけでは内容が把握しにくいですし、いきなり違いについて答えるのは難しいですよね。ケーブルを使わないという点ではWi-Fiも無線サービスなのですが、無線LANとは具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

ここではWi-Fiサービスと無線LANの違いについて詳しく紹介しています。自宅で無線LANを使う際に必要なものや、Wi-Fiの選び方なども紹介していますので、これからWi-Fiや無線LANを活用する方はぜひ参考にしてください。

新生活!一人暮らし・単身赴任におすすめのインターネット回線は?

ポケットwifi

一人暮らしとインターネットのイメージ図
この特集ページでは一人暮らしや単身赴任の人におすすめのインターネット回線・ネット接続方法を紹介しています。

一人暮らしや単身赴任だと、家族が家にいないのでテレビを見たり、勉強したり、スマホでゲームをしたり、自分の好きなことに時間を使う人が多いと思います。

ですが、一人暮らしでは家賃・外食・光熱費などの生活費がどうしても嵩んでしまいます。単身赴任も同じで、会社からサポートが多少あっても外食中心の食生活で、案外お金がかかってしまうものです。

実は、一人暮らしの支出で一番高いのは家賃、次いで食費、3番目が”通信費”と言われています。

確かに、スマホと光回線の月額料金を足すと1万円を超えてしまう人も多いでしょうし、ガス・電気・水道などの高熱費は一人暮らしだと案外安く済むので、通信費が3位に食い込むのもわかります。

さらに近年は、テレビや映画よりもYoutubeやNetflixなどといった動画配信サイトの需要が高まり、メッセージや通話のやりとりも、LINEやFacebookなどネットを利用したSNSが主流です。
ゲームも、オンライン環境必須のものが主となっているので、やはり快適に一人暮らしを続けるには「自分にあったインターネット回線をできるだけ安く準備すること」が重要となってきます。

それではそんな一人暮らし・単身赴任中の人におすすめのインターネット回線を紹介したいと思います。

ページの先頭へ