17live(イチナナ)で、よく見かける「Poke(ポーク)」。
Pokeとは?Pokeチャレンジって何すればいいの?という方も多いと思います。
そこで今回、Pokeのやり方や方法、Pokeされた時の返し方、Pokeチャレンジについて解説します。


17live(イチナナ)でよく見かけるPokeとは?

Pokeというのは、英語で「指でつつく」という意味があります。
17live(イチナナ)におけるPokeとは、ライバーさんから視聴者へのあいさつに相当します。
多くの場合、「やっほー!」「見に来てくれてうれしい!」「コメント(フォロー・いいね)してくれてありがとう」などといった意味合いを含んでいます。

視聴者から「いいね」やフォローをされると、反射的にPokeを送るというライバーさんもいるので、実際には深く考えずにコミュニケーションのきっかけ程度に捉えていて大丈夫です。

17Live(イチナナ)の女の子が超かわいい!!人気ライブ配信アプリで出会いはあるか?!

17live(イチナナ)で配信を見ていると、ライバーさん(配信者)からPokeをもらうことがあります。
ライバーさんがPokeを送ると、配信画面に17live(イチナナ)のマスコットキャラクターの17ベイビーが登場し、「ライバーが〇〇Pokeしました」とアニメーション表示されます。
これが「Poke(ポーク)」というもので、ライバーさんからあなたへ「いいね」を送ってくれたということです。
自分以外の視聴者がPokeされた時も、Pokeの通知(アニメーション表示)が表示されます。

視聴者からライバーさんへいきなりPokeを送ることはできません。
ライバーさんからPokeをもらった視聴者だけが、ライバーさんにPokeを返すことができます。

つまり、ライバーさんが視聴者をPokeする→視聴者がライバーさんにPokeを返す、という構図が決まっています。

Pokeを返す時には有料のものと無料のものがありますが、基本的には無料のもので大丈夫です。

ライバーさんからPokeされるには?

ライバーさんにPokeしたいと思っても、視聴者側がいきなりPokeすることはできません。
では、どうすればライバーさんからPokeをもらえるのでしょうか??

まず、視聴者の側からライバーさんに何かアクションを起こす必要があります。
1番簡単なのは、ライバーさんへ「いいね」を送ることです。

配信中にライバーさんが映っている画面をタップ(触る)と、視聴者からライバーさんへ「いいね」が送られます。
たいていのライバーさんは、自分に「いいね」を送ってくれた視聴者のプロフィールを開き、Pokeを送ってくれます。

もちろん、「いいね」以外にもコメントやライバーさんをフォローするなど、ライバーさんに自分の存在をアピールする方法はありますが、初心者の方だと「コメントするのはちょっと恥ずかしいな」という気持ちもあるかもしれないので、「いいね」やフォローが1番無難な方法でしょう。

慣れてきたら、「いいね」やコメントを駆使して、積極的にコミュニケーションを取りにいきましょう!
ひょっとすると、気になるライバーさんとの距離も近づけちゃうかも!!

17live(イチナナ)の女性トップライバーをご紹介!!【2018年4月度ランキング】

Pokeされたら、さっそくPokeを返そう!!

次に、ライバーさんからPokeされたときに、どんな対応をすればいいのか解説します。
ライバーさんから自分宛てにPokeされると、配信画面に17live(イチナナ)のマスコットの17ベイビーが登場し、「ライバーが〇〇(自分の17 ID)Pokeしました」とアニメーション表示されます。


ライバーさんにPokeを送られると、配信画面に5つの選択肢が表示されます。
フレンドリーにPoke(2,999p)
優しくPoke(999Pp)
Pokeを返す(499p)
Pokeを返す(送信)
キャンセル


視聴者からライバーさんへPokeを返す場合、課金して購入したポイントを消費して送る有料のPokeと、無料で返信できるPokeが選べます。
有料のPokeは3段階の金額が設定されていて、1番高いほうから、「フレンドリーにPoke(2,999p)」、「優しくPoke(999p)」、「Pokeを返す(499p)」の3種類があります。

無料で返すPokeを選びたいときは、「Pokeを返す(送信)」を選べば問題ありません!

もちろん、最初からいきなり高いPokeや課金のPokeを返す必要はありません。
むしろ、最初のPokeはお互いのあいさつみたいなものなので、無料のPokeで返してもまったく大丈夫です。
そのぶん、プロフィールの文章はライバーさんの印象に残るようなものにしておきましょう!
もしかしたら、かわいいライバーさんとの会話が弾むきっかけになるかもしれませんね!!

Pokeを送る以外に「キャンセル」というものあります。
これは送られてきたPokeに対して、何の反応を返さないものになります。

絶対に「キャンセル」を選んではいけないということはありません。
ただし、ライバーさんは一人ひとりのプロフィールを開かないとPokeを送れないので、キャンセルで返されると「悲しい」と感じる方も多いようです。

17live(イチナナ)広告モデルみたいな美女たちを悲しませたくないという方は、ぜひキャンセルせずにPokeを返してみてください。

17live(イチナナ)の広告モデルの女性は誰?


Pokeの画面が出てきてわからない、困ったという時には、無料で送れる「Pokeを返す(送信)」を選択しておけば間違いありません!

Pokeチャレンジとは?

ここまでで、Pokeの基本的な使い方が分かったと思います。
そこで、今度はPokeを使ったミニゲーム「Pokeチャレンジ」について紹介します!

Pokeチャレンジとは、成功すればライバーさんのランキングや視聴者数を上げることができるミニイベントです。17Live公式ツイッターによると2017年9月20日に実装されました。

ライブ配信を見ているときに、急に赤色の爆弾ベイビーが画面に登場することはありませんか?
この爆弾が登場したら、Pokeチャレンジ開始の合図。
ライバーさんは以下の3種類のPokeを集めないといけません。

ナイスPoke(499p)
フレンドリーPoke(999p)
ラブリーPoke(2,999p)

3種類のPokeは別々の視聴者からもらってもいいし、1人の視聴者が3種類のPokeをすべて送るのもアリです。
もちろん、失敗してもペナルティはないので安心してください。

これら3種類のPokeを集めると、ライバーさんは無事チャレンジ成功となります。

Pokeチャレンジに成功すると、注目欄のランキングがアップして、今度は爆弾が別のライバールームに移動します。
移動した先のライバールームの様子は画面右下に表示され、視聴者数もアップします。

自分のお気に入りのライバーさんの配信をもっと見てもらいたい、ライバーさんを支えたいという方は、ぜひPokeチャレンジに協力してあげてください。
きっとライバーさんに喜ばれること間違いなしですよ!!

まとめ

今回、17live(イチナナ)でよく見るPokeと、ミニイベントのPokeチャレンジについて解説しました。
初心者の方は、まず「いいね」やフォローでライバーさんからPokeをもらいましょう。
最初、Pokeを返す時には無料の「Pokeを返す(送信)」で問題ありません。
Pokeチャレンジの時はみんなで一緒に成功させて、お気に入りのライバーさんに注目を集めてあげよう!!

17live(イチナナ)ってどんなアプリ?という方にはこちら

17Live(イチナナ)の女の子が超かわいい!!人気ライブ配信アプリで出会いはあるか?!

17live(イチナナ)の広告で見たあの美女が忘れられない!!いったい誰??という方はこちら

17live(イチナナ)の広告モデルの女性は誰?

17live(イチナナ)で人気の配信者ってどんな人がいるの??かわいい子は??という方はこちら

17live(イチナナ)の女性トップライバーをご紹介!!【2018年4月度ランキング】