皆さんは動画配信サービスを利用していますか?

10年ほど前までは、動画配信サービス自体がまだまだ浸透していなかったので、DVDやCDをお店までレンタルしに行っていました。ただ、よく「1週間レンタル」と「2泊3日レンタル」を同時に借りて、うっかり返却し忘れてしまい延滞料を支払う羽目になった経験があります。

今なら、返却の必要がない動画配信サービスが充実しているので、返却忘れも怖くないですね!

私の周りでも、ほとんどDVDをレンタルせず、動画配信サービスを利用しているという人たちが増えています。

本記事では、
「ネットで購入したり申し込んだりすることが苦手だ」
「いちいち比較したりするのが面倒くさい!」
「夜遅くまで仕事しているから返却しに行くのが憂鬱」

といった人達のために、定額で見放題の動画配信サービスについて徹底比較してみました!


dTV

dTVTOP
dTVはドコモが提供している動画視聴サービスです。
一般的なイメージだと「ドコモユーザーにしか使えないんじゃない?」と思われがちですが、実はドコモユーザー以外でも利用できます。


dTVの会員数は500万人を超えています。
月額500円という非常にリーズナブルな料金と、12万以上の豊富なコンテンツ数により、絶大な人気を誇りますが、一部作品は課金しないと視聴できないペイパービュー(以下、PPV)作品となっています。

主に日本人の感覚、嗜好に沿った好作品をチョイスしていることも人気の高い理由です。
ライブの生配信などの音楽コンテンツやアニメの配信にも注力しており、最近ではフジテレビオンデマンドとの共同制作作品やオリジナルドラマなどのdTV限定配信のコンテンツも増えてきています。

また、ほとんどの作品がHD画質で視聴でき、ゲーム機以外のさまざまなデバイスで動画を楽しむことができます。

さらに、ダウンロード機能がついているので、あらかじめスマホにダウンロードしておいて、外出時にオフライン再生することができるのも特徴です。

  • 月額料金:500円(税別)
  • コンテンツ数:12万以上
  • 画質:SD/HD/4K
  • PPV:あり
  • 無料期間:31日間



【メリット】
配信数が多い

【デメリット】
ゲーム機では視聴できない

【おすすめ】
なるべく安く、さまざまな作品を観たい方にはうってつけです!

▼登録は下記からできます。
パイレーツオブカリビアン

Hulu

hulu
もともとHuluはアメリカで始まった動画視聴サービスです。
したがって、海外ドラマのコンテンツ数は、他サービスと比較しても圧倒的です。
国内でも会員数が150万を超えるなど、海外ドラマファンにはもはや必須のサービスともいえるでしょう。

また、国内のテレビ系コンテンツもドラマを中心に充実しており、主要キー局の人気番組をカバーしているので、「テレビでの放送を見逃した!」という場合にも、ほぼ同時の見逃し配信をやってくれるので助かります。

さらにドラマだけでなくアニメも比較的拡充してきているので、今後もコンテンツが充実してくることでしょう。


Hulu最大のメリットは、課金しないとみられないPPVが一切なく、配信されているコンテンツはすべて月額料金内で見放題となっています。
この特徴は、他サービスにはないHuluのみの利点です!

そして、ほぼすべてのコンテンツがHD画質で楽しめるうえに、テレビからゲーム機までさまざまなデバイスでの再生に対応しています。


ただし、同一のアカウントで、同時に複数デバイスで視聴することはできませんので、家族でアカウントを共有しながらそれぞれ別の作品を見るといったことはできません。

しかも、Huluにはダウンロード機能がないので、あらかじめ動画を落として外出時にスマホで視聴するといったことができません!

お試しの無料期間も14日間と、他サービスよりも半分ほど短くなっています。
残念ながら、こうした点はマイナスな部分ですね。

  • 月額料金:933円(税別)
  • コンテンツ数:4万以上
  • 画質:HD
  • PPV:なし
  • 無料期間:14日間



【メリット】
全コンテンツが課金なしで見られる

【デメリット】
ダウンロード機能がないので、オフライン再生ができない

【おすすめ】
海外ドラマファンの方にはイチオシ!

▼登録は下記からできます。

U-NEXT

U-NEXTトップ画面
U-NEXTを他のサービスと比較したときに、一番気になるポイントは月額料金でしょう。
U-NEXTの月額料金は1990円と、明らかに他サービスよりも高めに設定されています。

しかし、動画コンテンツ数は12万以上なので、dTVとほぼ同じくらい豊富です。
さらに、月額料金内で70誌ほどの雑誌が読み放題になるのも、U-NEXTの特徴でしょう。

全体的に配信のタイミングは早いうえに、更新される頻度も高いので、常に目新しく飽きることがありません。
ただし、新作などは課金が必要なPPVとなっていることが多いです。


U-NEXTの興味深い点として、毎月1200ポイント(1200円相当)が付与され、このポイントを消費してPPV作品を視聴することができます。
つまり、他サービスでは有料となっているような人気作品が、月に3本も視聴できるということです。

さらにポイントを貯めると、イオンやユナイテッドなどの映画館でチケットとの交換や割引に当てることができます!


U-NEXTは基本的にフルHD画質なので、非常に見やすく、ストレスも少ないです。
また、ほとんどのデバイスで視聴できるうえに、アカウントを3つまで無料で追加し、最大で4ストリームでの視聴が行えます。
家族でも別々の動画を視聴したいとき、それぞれ別のデバイスで好きな動画を楽しめるというのはとてもありがたいですよね!

あらかじめ動画をダウンロードして、オフライン再生もできるので、さまざまな場面での利用が期待できます。

  • 月額料金:1990円(税別)
  • コンテンツ数:12万以上
  • 画質:フルHD/4K
  • PPV:あり
  • 無料期間:31日間



【メリット】
コストパフォーマンスが良い

【デメリット】
月額料金が高め

【おすすめ】
よく映画館に行く方だと、チケット交換・割引があるのでおトクです!

▼登録は下記から可能です。
U-NEXT

Netflix

netflixtop
Netflixは全世界でも7000万近いユーザー数を誇っていますが、残念ながら国内のユーザー数は非公開となっています。
配信している海外ドラマはかなり充実しており、Netflixオリジナル制作のコンテンツも豊富にあります。

なかにはエミー賞にノミネートされるほどクオリティの高い作品もありますので、質の高いオリジナル作品を観たいとい方にはおすすめです。

このように、オリジナル作品の制作や独占配信も行っていますが、残念ながら国内向けコンテンツの数は他サービスよりもかなり少ないです。


Netflixでは3つの利用プランがあります。

月額650円のベーシック(SD・1ストリーミング)
月額950円のスタンダード(HD・2ストリーミング)
月額1450円のプレミアム(4K・4ストリーミング)

再生できる画質と同時視聴可能なデバイスの数ごとにプランが分けられています。


Netflixの特徴として、追加課金が必要なPPV作品がありませんので、月額料金内で全作品が視聴できます。
また、ダウンロード機能が実装されたので、オフライン再生ができるようになりました。


  • 月額料金: SD:650円(税別)/HD:950円(税別)/4K:1450円(税別)
  • コンテンツ数:非公開(おそらく6000程度)
  • 画質SD/HD/4K
  • PPV:なし
  • 無料期間:1か月



【メリット】
PPVがない

【デメリット】
コンテンツ数が少ない

【おすすめ】
クオリティの高いオリジナル制作ドラマを観たい方にはたまらない!

▼登録は下記から可能です。
https://www.netflix.com/jp/

Amazon Prime Video

AmazonPrimeTOP
Amazonプライム会員なら追加料金なしで利用できる動画視聴サービスです。

プライム会員は月額400円、もしくは年会費3900円で加入することができ、動画配信だけでなく、音楽配信サービス「Prime Music」や、Amazon利用で当日お急ぎ便やお届け日時指定便などもすべて月額料金で利用できる、大変便利でおトクなサービスです!


国内外の映画やテレビ、ドラマやオリジナル制作作品など、3万2000以上のコンテンツが視聴できます。
画質はSD/HD/4Kの3つあり、ダウンロード機能もあるのでオフライン再生が可能です。


一方で、個別に課金が必要なPPV作品が意外と多いので、実際に見放題になっているものは数が限られています。

また、クロームキャストやApple TVなどには非対応となっており、テレビで視聴するにはAmazon Fire TVか、あるいはFire TV Stickが必要となります。

しかし、当日お急ぎ便やPrime Musicなどの、他のサービスも月額料金内で利用できると考えると、一番おトクなサービスだといえるでしょう。

  • 月額料金:370円(税別)
  • 年会費3600円(税別)=実質月額300円
  • コンテンツ数:3万2000以上
  • 画質SD/HD/4K
  • PPV:あり
  • 無料期間:30日間



【メリット】
プライム会員特典が利用できる

【デメリット】
PPV作品が多い

【おすすめ】
頻繁にAmazonで買い物をする人は、プライム会員になった方が得することはあっても、損することはないでしょう!

▼登録は下記から可能です。

5つのサービスを比べてみた結果!

それでは、上記でご紹介した5つの動画配信サービスを比較してみましょう。

まず、各サービスの月額料金を比較しました。
最も月額料金が高いのが、U-NEXTの1990円です。
一方、もっとも安いのが、Amazon Prime Videoの370円です。

定額動画_記事中1


次に、各サービスの配信数で比較しました。
もっとも配信数が多いのが、12万以上のdTVとU-NEXTでした。
一方、もっとも配信数が少なかったのが6000(推定)のNetflixでした。

定額動画_記事中2

さらに、各サービスの配信している動画のジャンル別タイトル数を見てみました。
こちらは見放題の作品のみで、PPVは含まれていません。




U-NEXTは月額料金が高い分、配信数も豊富ですが、国内外ドラマ/TVに弱いようです。
しかし、アニメ作品の配信数が多いことが意外です。

dTVは12万配信数がウリでしたが、実際の見放題作品は意外と少ないようですね。
見放題コンテンツの半数以上が洋画です。

Hulu以外のサービスも洋画の占める割合が多いようです。


また、今回ご紹介した5つの動画配信サービスをまとめた結果が下の表になります。

 dTVHuluU-NEXTNetflixAmazon Prime Video
月額料金(税別)◎500円〇933円×1990円〇650円/950円/1450円◎370円+年会費300円(1ヶ月間相当)
動画配信数◎12万以上〇4万以上◎12万以上×数千以上(おそらく6000程度)〇3万2000以上
画質SD/HD/4KHDフルHD/4KSD/HD/4KSD/HD/4K
無料期間31日間14日間31日間1か月間30日間
メリット配信数が多い全コンテンツが課金なしで見られるコストパフォーマンスが良いPPVがないプライム会員特典が利用できる
デメリットゲーム機では視聴できないダウンロード機能がない月額料金が高めコンテンツ数が少ないPPV作品も多い
ダウンロード機能(オフライン再生)×
洋画×
邦画××
ドラマ/TV×
海外ドラマ/TV
アニメ×
個別課金(PPV)×あり〇なし×あり〇なし×あり
アカウント数11453
平均点8.97.8107.210.6




今回、各サービスの評価項目の◎=20点、〇=10点、△=5点、×=0点というようにそれぞれ換算しました。

 dTVHuluU-NEXTNetflixAmazon Prime Video
料金201001020
オフライン再生100101010
配信数201020010
洋画20051010
邦画00201010
ドラマ/TV5105020
海外ドラマ/TV520101010
アニメ0102055
PPV0100100
合計点数8070906595



以上の表は私の主観が多分に入っているので、参考程度に見ていただけたらと思います。


とくに点数が高いのはU-NEXTAmazon Prime Videoです。

U-NEXTはコンテンツ数が多ことや、ポイント交換でおトク感がある点が素晴らしいと思います。
また、Amazon Prime Videoは月額料金が断トツで安い点が、もっとも評価するポイントであると思います。


ただし、U-NEXTは月額料金が高い点がネックとなります。
映画好きの方ならポイントで還元される特典で納得できますが、ただ観られればいいという方からすると、ちょっと高すぎると思います。

その点、ライトな映画好きの場合はAmazon Prime Videoの方が安くてプライム会員特典もついてくるのでおすすめできます。
あるいは、dTVも月額料金は高くないうえに、コンテンツ数も多いので満足できるでしょう。

まとめ

今回、5つの定額で見放題の動画配信サービスを紹介、比較しました。

ただ、今回の比較は点数が悪いから悪いというものではなく、点数の高いものを見つける為に行いました。
これからどのサービスにしようかと迷っている方は、ご自分の目的に合ったサービスを選択されることがもっともよいと思われます。

ただひとつ確実にいえることとして、動画配信サービスならば返却し忘れるということがないので、延滞料金が発生しません。

ものぐさな人、忘れっぽい人、忙しい人ほど、動画配信サービスの利用に向いていると思いますよ!