回線速度が遅い

Wi-Fi通信を利用して動画を再生していると急にカクカクしたり、再生がぶつ切りになったり、途中で止まってしまった!!なんてことありませんか?

この原因として、Wi-Fiのアクセスポイントの設置場所が良くないWi-Fiの設定が正しく行われていない通信制限がかかってしまっている、といった3つの原因が考えられます。

今回は、動画再生がうまくいかないときの改善策についてご紹介します!


動画が止まる原因はこの3つ

Wi-Fiを利用しているにもかかわらず動画が快適に見られないとき、ほとんどの場合は次の3つの原因に分類されます。
それぞれ確認してみましょう。

ⅰ)アクセスポイントが良くない場合

アクセスポイント

そもそもの問題として、アクセスポイントの置き場所が良くないという場合が考えられます。

アクセスポイントとは、Wi-Fi(=無線LAN )の電波をパソコンとの間で送受信してインターネットへと接続してくれる機械です。
このアクセスポイントの置いてある場所が良くないと、部屋の隅々まで十分に電波が届かないのでインターネットの接続が悪くなってしまいます。

当然ですが、インターネットの接続が不安定になってしまうと動画をダウンロードできなかったり、受信できなかった映像が飛んでしまったりしてしまいます。

また、モバイルWi-Fiルータ、別名ポケットWi-Fiの場合だと、そもそも自分の利用範囲がサービス提供エリア外だったり、高層ビルに囲まれた場所や地下、厚い壁に囲まれた場所にいると電波をうまく受信することができません。

このような場合にも、接続が不安定になったり切断されてしまうので、動画を見るのに適した環境ではないでしょう。

さらに、アクセスポイントの接続方法が良くない場合にも動画を快適に見ることができなくなります。

他にも、モデムとアクセスポイントをLANケーブルで接続している場合、ケーブル内部での断線やケーブルが差込口から外れている可能性もあります。

ネットの先生ネットの先生

会社などで突然プリンターの接続が駄目になったりするのは、この断線パターンが多くみられます。LANケーブルはデリケートなので、足で引っかけてしまったり、重いものが乗ったりすると内部で断線します。別のLANケーブルに代えて試してみると問題を見つけやすいです。

自宅で多いのは差込口パターンです。「カチッ」っと音がするまで差込口に入っているか確認しましょう。ソケット部分が破損していると、接続がゆるくなって接続が不安定になりやすいので買い替える必要があります。

LANケーブルで接続している際には、必ずケーブルの問題も疑うようにしてください。

ⅱ)Wi-Fiの設定が正しくない場合

はてなマーク

Wi-Fiの接続設定が正しく行われていない場合も考えられます。

このような場合には、そもそもインターネットへの接続ができないので、動画を視聴する以前にWEBサイトへのアクセスもできません。

ただ、端末側でWi-Fi設定を切っている場合もありますし、自分のWi-Fiとは異なるSSIDに接続トライして失敗している可能性もあります。

端末側のWi-Fi設定の再確認をしてみましょう。設定が正しい場合は、次の「通信制限」かもしれません。

ⅲ)通信制限がかかっている場合

スマートフォンやパソコンをWi-Fiルータを経由してインターネット固定回線に接続しているときを除いて、スマートフォンの4G回線やUQWiMAXのWiMAX2+などの通信端末では利用できるデータ通信量に上限が設けられています。

利用中のデータ通信量がこの上限値を超えてしまうと、翌月まで通信速度制限をかけられることが多いです。

通信速度制限をかけられると、例えば今まで440Mbpsや185Mbpsで利用できていた通信速度が128kbps(1000分の1以下!)にまで落とされます。

128kbpsにまで低下すると、動画を見ることはほぼ絶望的です。データのロードを示すクルクルが画面上で永遠に回り続け、インターネット接続が完了せずにタイムアウトとなってしまい、まともに動画を見ることができません。

動画を快適に見るための解決策

タブレット端末を使う女性

ではそれぞれの問題に対して、最適な解決策を示していきましょう。

ⅰ)アクセスポイントをチェックしよう!(アクセスポイントが良くない場合の解決策)

アクセスポイントの置き場所が良くないのなら、良い場所へ置きなおすだけで改善されることがあります!

まず、なるべく部屋の高い位置に置いてください
床などに置いているとテーブルや棚など背の低い家具でも電波を障害する原因となります。

あるいは、周囲が開けているような場所に設置するのもいいでしょう。

また、電子レンジやドアのインターホンのそばに設置することは絶対に避けてください
これらの電子機器が発する電波はWi-Fiの電波と同じ周波数帯なので、Wi-Fiの通信に干渉して邪魔をします。

Wi-Fiの電波は端末を中心に同心円状に広がる特性をもっていますので、部屋の真ん中にアクセスポイントを設置した方が効率よく部屋中に電波を飛ばせると考えられています。

ただ、部屋の構造によっては真ん中に置くことが難しい場合もあるでしょう。

そんな時には段ボールにアルミホイルを張った反射板を、Wi-Fiを飛ばしたい方向に向けて設置することで、部屋の電波状態が良くなったという報告もありますが・・・。
(固定回線接続のWi-Fiならいいですが、ポケットWi-Fiの場合は電波受信を阻害するので、ポケットWi-Fiにはお勧めはしません)

また、何らかの理由でルータが不具合を起こしている可能性もあります。(※熱暴走など)
その場合は、一度アクセスポイント端末の電源コードを引き抜き、1分ほど待ってから再び電源コードを差し込みましょう。

ⅱ)Wi-Fiの設定方法をチェックしよう!(Wi-Fiの設定が正しくない場合の解決策)

パソコンやスマートフォンでWi-Fiの受信設定を確認してみましょう

まずパソコンの場合ですが、Wi-Fi機能をオンにする必要があります。

パソコンの外側にWi-Fiスイッチがついている場合はこれをオンに切り替えましょう。

外側にボタンやスイッチがついていない場合には、パソコンを起動して設定の機能からネットワークとインターネットに関係するプログラムを起動し、Wi-Fi接続機能をオンにしましょう

すると現在、そのパソコンが受信しているすべてのWi-Fiのリストが表示されます。

これらのほとんどは隣近所の人の起動しているWi-Fiルータから飛んでいる電波ですので利用できません。
リストの上から順に信号強度の強いものが並んでいます。

このうちのどれが自分のものであるか確認するためには、Wi-Fiルータに記されているSSIDと合致するWi-Fiの電波をリストから見つけ出して、同じくルータのSSIDの近くに記されているパスコードを入力します。これでパソコンはWi-Fiに接続されました。

スマートフォンも同様に、設定からWi-Fiの項目を選んで、検出されたWi-Fiの中から自分のSSIDと合致するネットワークを選択し、パスコードを打ち込めばスマートフォンはWi-Fiに接続されます。

ゲーム機や音楽再生プレイヤーなどの他の端末もWi-Fiに対応していれば設定方法はほぼ一緒です。

ⅲ)通信制限を回避しよう!(通信制限がかかっている場合の解決策)

通信速度制限にかからないようにするには、なるべくデータ通信容量を消費しないようにセーブしておく必要があります。

パソコンやゲーム機だけでなく、スマートフォンもWi-Fi接続することで、データ通信容量をセーブすることができます。また、パケット通信料も使っていないぶん節約できます。

自宅でルータを使うときに、気になるのはレンタル料です。

だいたい月額300円ほどでプロバイダからレンタルできますが、2年間の契約期間中レンタルし続けたとして、合計で7,200円ほどになります。

家電量販店に行けば、安いものだと1台3,000円ほどで無線Wi-Fiルータを購入することができるので、自分で購入した方がお得といえるでしょう。

しかし、0円で無線Wi-Fiルータをレンタルしてくれるプロバイダもあります。それがGMOとくとくBBドコモ光です

GMOとくとくBBドコモ光に加入すると、最新v6プラス対応無線Wi-Fiルータが月額0円でレンタルできます

v6プラスは回線の混雑を解消しているので、多くの人がインターネットを利用する時間帯でも、快適に動画を楽しむことができます。また、通信制限を回避することにも一役買ってくれるので、高画質で動画をたくさん見たい!という方にはおすすめです!

新規でドコモ光に契約したい場合は、GMOとくとくBBの公式ページから申し込めます。

【GMOとくとくBB ドコモ光】:http://gmobb.jp/service/docomohikari/index_b.html

また、家の中だけでなく、家の外でも動画が見たい!、通勤通学の途中でも動画の続きが気になって我慢できない!、という人にはモバイルWi-Fiルータをおすすめします。

モバイルWi-Fiルータの中でも特に選ぶべきなのが、UQWiMAXWiMAX2+のW04という機種です。

W04は高速通信によって、モバイルWi-Fiルータを使っているとは思えないほど最高に快適な状態でネットを利用することができます。

この高速通信は、4x4MIMO CAという通信方式により実現しています。4x4MIMO CAとは、4x4MIMO(フォーバイフォーマイモ)とCA(キャリアアグリゲーション)という、それぞれが高速通信に特化した通信方式を、両方同時に利用して組み合わせることで、さらなる通信の高速化を実現したものです。

その速さは下り最大440Mbpsとなっています。これは従来の端末が下り最大220Mbpsだったのに対して、W04では単純に2倍も速くなっているということです。

さらにハイスピードプラスエリアモードに切り替えることで下り最大590Mbpsにまで高速化することができます。

ハイスピードプラスエリアモードでは、WiMAX2+の電波の届かない範囲においてau4GLTEの回線に切り替えることにより、より広範囲のエリアでの高速通信が可能となりました。
下り最大440Mbps

WiMAX2+に加入するなら、GMOとくとくBBWiMAX2+の公式ホームページから申し込みを行わないと大きな損をしてしまいます!

2017年8月現在、GMOとくとくBBからWiMAX2+の申し込みを行うことで、最大32,100円もの高額なキャッシュバックを受けることができます。また、最新・最速のモバイルWi-Fiルータが0円でもらえちゃいます!加えて、契約後はモバイルWi-Fiルータを即日発送してくれるので、「使いたい!」と思ったらすぐに届いて使い始めることができます

ただ一点、GMOとくとくBBWiMAX2+に関しては、キャッシュバック申請の手続きを忘れてしまうと1円すらももらえない事態になってしまう恐れがあります。

きちんとした手続きを踏めば問題ありませんが、手続き方法については「キャッシュバックがもらえない?GMOとくとくBBポケットWiFiの危険性」などで紹介しているので、是非ご参考ください。

まとめ

スマートフォンやタブレットをWi-Fiにつないで動画を視聴する最大のメリットは、データ通信量を気にすることなく、何時間でもベッドの上で視聴できるという点に集約されると思います。

4G回線ではデータ通信量が気になってしまいますし、固定回線ではそもそもパソコンしかつなげられないので、ベッドの上でゴロゴロするにも一苦労です。

今回ご紹介した解決策でもうまくいかない場合には、ぜひプロバイダの乗り換えも検討してみてください。

プロバイダの乗り換えについては「インターネットで動画を見るのに最適なプロバイダは?失敗しない選び方」で記事にしています。

新規でドコモ光に契約したい場合は、GMOとくとくBBの公式ページから申し込めます。

【GMOとくとくBB ドコモ光】:http://gmobb.jp/service/docomohikari/index_b.html

WiMAX2+に契約したい場合は、GMOとくとくBBの公式ページから申し込めます。
【GMOとくとくBB WiMAX2+】:http://gmobb.jp/wimax/