光の帯(高速道路)
皆さんは家のインターネットが遅いと感じたことはありませんか?実はプロバイダを変えるだけで、インターネットの回線速度が上がることがあります。他にもプロバイダによっては月額料金が以前よりも安くなったり、キャッシュバックによって解約金が相殺されるといったメリットもあります。

しかし、当然乗り換えにもデメリットは生じます。

今回はプロバイダの乗り換えに伴うメリット・デメリットを比較しながら、乗り換えの際に注意するべきポイントをご紹介します。


乗り換える理由

乗り換える(ヒッチハイク)

頻繁というわけにはいきませんが、積極的にプロバイダを乗り換える人たちはいます。

プロバイダを乗り換える多くの理由として、まず回線速度があげられるでしょう。

今自分が使っているプロバイダの回線速度が遅い、または他社のプロバイダの方が今のプロバイダよりも回線速度が速いということが乗り換えの理由として多く上がります。

また、通信料金の面でも乗り換える人も多くいます。

今自分の契約しているプロバイダよりも、他社の方が月々の料金を低く抑えられるならと、乗り換える人たちがいるわけです。

他にも、引っ越しを機にプロバイダを乗り換えたいという人もいますし、今までADSLだったけれど、高速通信ができる光回線にしたいという人もいます。

また、今のプロバイダのサポート対応が良くないので、他社に乗り換えたいという人もいます。

人によって乗り換えの理由はさまざまですが、その根底にはプロバイダを乗り換えることによって快適にインターネットを利用できるようになりたい、今よりもお得になりたいという希望を持っていることがわかります。

乗り換えのメリット

OKサイン

プロバイダを乗り換えることで得られるメリットは4つあります。

2-1.キャッシュバックがもらえる

まず、単純にキャッシュバックがもらえます。キャッシュバックの金額はプロバイダごとによって異なりますが、だいたい10,000円から高いと30,000円を超える場合もあります。

乗り換え先のプロバイダが解約金を上回る金額のキャッシュバックを実施してくれているのなら、最終的には得をしているということになります。

解約金に関しては、更新月であれば発生しない側面もありますので、そのときに解約して新しいプロバイダに乗り換えれば、まるまるキャッシュバックを手にすることができます。

2-2.月額料金が安くなる

次に、月額料金が安くなる場合があります。もちろんこれも、プロバイダごとによって月額料金は異なってきますが、見方を変えると、現在契約しているプロバイダよりもさらに安いプロバイダがあるかもしれないということを示してくれています。

しかも多くの場合で契約した月は月額料金が無料ということが多いです。

そのうえ、プロバイダによっては契約した月の次の月である利用開始月の1か月目から3か月目までの間の月額料金までも、無料になったり料金の割引が行われたりするので、正しいプロバイダを選べば月額料金は今までよりも明らかに下がるはずです。

2-3.回線速度が速くなる

回線速度が速くなることも大きなメリットです。

今までADSLを使っていたけど、光回線に変えてみてその速さに驚いたという人もいます。

光回線が出る前の従来普及していたADSLは最大でも50Mbps程度の回線速度しか出ないので、現在の感覚からすると非常に遅いです。ウサギと亀!

電波でインターネットに接続するモバイルWi-Fiルータで利用されているWiMAX2+回線では最大速度が440Mbpsも出ますし、固定回線で主流となっている光回線では、フレッツ光ネクストやauひかりなどの一般的なものでも1Gbpsは出ています。

さらにNURO光では2Gbpsもの超高速通信が実現されています

1GBは1,000MBですので、ADSLから一般的な光回線に乗り換えるだけでも単純に20倍は速くなります

また、NURO光は一般的な光回線よりも2倍速いので、ADSLからNURO光に乗り換えると40倍も速くなる計算です。

もちろん、この数字はベストエフォート(理論値)なので、必ずしも数字通りの通信速度が実現されているわけではありませんが、大まかな目安として考えても、光回線の方が高速であるということはわかってもらえると思います。

2-4.今より良いサポート対応が受けられるかも

最後に、現在契約しているプロバイダの対応が良くない場合は、乗り換えることでサポート対応が良くなる可能性があります。

何か困ったときや相談したいときに、プロバイダに電話してもつながらない、メールでの対応も遅い、自分の知りたいことについて担当者が回答してくれないなど、さまざまな不満点が出てくる嫌ですよね。何か問題が生じたときに、契約中のプロバイダーが頼りになるかどうかというのは、契約当初には分からないものです。

私の過去の経験から考えると、現在のサポートに不満がある場合は1度乗り換えしてみるのをお勧めします。

困ったときのサポートが素早かったり、丁寧でわかりやすい説明をしてくれると、それだけでストレスを感じずに済みますし、安心してインターネットを利用することができるからです。

各プロバイダの窓口対応の評価については「プロバイダに電話で直接聞いてみた!『うちはこれが凄いんです』」にまとめてありますので参考にしてみてください。

乗り換えのデメリット

NGサイン

当然のことですが、プロバイダの乗り換えにはデメリットも生じます。なんといっても手続きが面倒くさいです。手続きを行う前に複数のプロバイダを調べて比較する必要もありますし、現在契約しているプロバイダの解約手続きや、新しく契約するプロバイダの契約、場合によっては回線工事も必要となってきます

それでは1つずつ確認していきましょう。

3-1.今より良い条件のプロバイダを探す

プロバイダを乗り換える以上は、以前よりもお得な良い条件を探さなくてはなりませんよね。そのためには複数あるプロバイダで比較する必要があります。

何社もの情報を比較・検討し、ここぞいうプロバイダが見つかったら、そこからが手続きのスタートになります。

3-2.現在契約中のプロバイダを解約する

プロバイダが見つかったら、現在加入しているプロバイダの解約手続きを行います。

遅くとも1か月前にはプロバイダーに確認しましょう。

注意しなくてはいけないのが、解約手続きの受け付けが月末か月初なのか確認することです。

解約の受付期間外には手続きを申し込めないので、翌月まで待って解約手続きをすることになるからです。

3-3.乗り換え先のプロバイダに契約を申し込む
解約手続きと併せて乗り換え先のプロバイダへの契約も忘れずに申し込みましょう。
※解約と契約の手続きは同時並行で問題ありません。

3-4.回線工事業者に予約を入れる
次に回線の工事をしてくれる業者に予約を入れますが、業者の予約は、1~2週間先まで埋まっていることが多く、長い時には1か月先、場合によっては2~3か月先まで予約が埋まっている場合もあります。

業者は順次予約が埋まっていくので、必ず早めに予約を入れることを忘れないでください。

また回線の工事には立ち合いが必要となるので、一人暮らしをしている場合には、工事の日に立ち会えないことがないよう、きちんとスケジュールを組む必要があります。

ちなみに土日に工事を頼むと追加料金が発生する場合があるので平日がおすすめです。

回線の工事自体は1時間程度です。自分でモデムに回線を接続し、プロバイダに連絡するだけ工事が完了する場合もあります。

しかし回線が壁の中で断線している場合や、部屋に回線を引き込んだりする場合にはさらに時間がかかることだけは理解しておきましょう。

3-3.メールアドレス変更を関係者に知らせる

手続きと工事が終わってもまだ終了ではありません。

プロバイダが変わるとメールアドレスまで変わってしまいます。

いままでプロバイダのメールアドレスを利用していたのなら、連絡を取っている人や登録しているサービスに、メールアドレス変更のお知らせをする必要があります。フリーアカウントのメールサービスをメインに使っていて、いままでプロバイダのメールアドレスを使っていないという方も、乗り換えた後のメールアドレスの初期設定やメインで使っているメールアドレスへ転送できるように設定する必要があります。

なぜなら、プロバイダから届くメールはすべてプロバイダのメールアドレス宛にしか届かないので、キャッシュバックなどの手続きや登録メール、重要なお知らせを見逃す恐れがあります!

とくとくBBが実施しているキャッシュバックキャンペーンなどは、利用開始から約1年経った頃にメールが来る上に、メールが届いてから約1か月以内に登録を完了させなければなりません。

この期間を過ぎてしまうと、たとえメールに気づかなかったとしてもキャッシュバックを受け取ることは不可能になってしまいます。

さらに、現在加入しているプロバイダを解約する際に、契約更新月以外で解約手続きを行うと解約金が発生します。

2年契約ですと、契約更新月は利用開始から25か月目に当たります。

契約更新月より前の期間内での解約や、更新されたの後の24か月間中での解約にはすべて解約金が発生します。

解約金はだいたい10,000円以上もするので、契約更新月以外での解約はおすすめできません。唯一、乗り換え先のプロバイダで解約金を上回る金額のキャッシュバックが実施されている場合のみ、契約期間内での解約をしてもなんとかプラスにはなりますが、本来0円にすることもできた解約金の分を受け取るキャッシュバックの金額から引かれることになるので、損をしているともいえるでしょう。。。

このように、乗り換えには手間がかかる上に、余計な出費を迫られる場合もあります。
しかし、乗り換え後の出費に関しては、キャッシュバックを当てにすることで、少なくともマイナスになることはほとんどありません

乗り換えを簡単に済ませる方法

解決(solution)

今後のことを考えて、先に乗り換えが簡単なプロバイダに契約するという方法がおすすめです。
GMOとくとくBBでは、提供しているプロバイダ間での乗り換えは非常に簡単なものとなっています

GMOのメールアドレスは乗り換え後も引き続き利用することができるので、乗り換え後のメールアドレス設定やアドレス変更のお知らせなどの余計な手間も省けます。

GMOとくとくBBのWiMAX2+に加入することで、2017年8月現在だと32,100円もの高額なキャッシュバックを入手することができます。

しかし、ある手続きを行わないと、キャッシュバックがもらえず、乗り換えても大きな損をしてしまいます。

GMOとくとくBB WiMAX2+では高額なキャッシュバックを実現している代わりに、キャッシュバックを受け取るための手続きが少々面倒になっていますので、キャッシュバック受け取りの申請をしっかりやらないと、キャッシュバックを受け取れないという最悪の事態に陥ってしまいます。

重要なことは、契約11か月目にGMOとくとくBBへの加入時に作成したメールアドレスへ、キャッシュバックに関するメールが届くことを忘れないこと!

このメールの案内に従って、キャッシュバックの振込先口座の情報を登録するのですが、メールが届いてから1か月以内に登録をしないとキャッシュバックが受け取れなくなってしまいます。

非常に多くの人がこのメールを見落としてしまい、結果としてキャッシュバックを受け取れていない可能性が高いため、皆さんも注意しましょう。

新規でGMOとくとくBBに契約したい場合は、GMOとくとくBBの公式ページから申し込めます。

【GMOとくとくBB WiMAX2+】:http://gmobb.jp/wimax/

キャッシュバックをほぼ確実に受け取る方法については「費用が安いGMOとくとくBBのWiMAX!契約での落とし穴」にて、ぜひ詳細を確認してください!

まとめ 料金比較と契約更新月は把握しておくべき

今回はプロバイダの乗り換えを行うことでどのようなメリット・デメリットがあるのかについて解説しました。

乗り換え先のプロバイダをきちんと選んでいれば損しませんが、料金比較をしなかったり、キャッシュバック手続きを踏まないと損をしてしまう場合もあります。

そのためにも乗り換える際には各プロバイダ間の諸条件をしっかりと比較し、キャッシュバック金額と解約金の損得勘定を行い、解約期間をしっかりと把握して、なるべく解約金を支払わずに済ませることで、最終的に得をするようなプロバイダを選びましょう。