sengokuenbu用1024_600_01


戦国炎舞‐KIZNA‐』は、戦国の世の日本を舞台に、仲間と協力して天下統一を目指すリアルタイムバトルRPGです。

とくに、最大40人でのリアルタイム協力バトルは激熱で、プレイヤー同士の協力プレーが不可欠であるなど、非常に熱くなれるゲームとして人気です。

今回、戦国炎舞をプレイ中に、アプリが落ちる、フリーズする、通信エラーが出てしまうといった不具合が出る際の対処法についてご紹介していきます。


戦国炎舞で不具合が起こる原因

戦国炎舞をプレイ中に起こる不具合として、

  • アプリの挙動が重たい
  • 通信エラーになってしまう
  • アプリが頻繁に落ちる
  • アプリがフリーズする

といったものがあります。
これら不具合の原因は3つ考えられます。

メモリ不足

スマホのメモリは2種類あります。

RAM=スマホをサクサク動作させる
ROM=写真・動画・音楽などを保存する

すごく簡単に説明すると、このような異なる働きをする2つのメモリがあると考えてください。
それぞれのメモリが圧迫を受けると不具合が起こってきます。

RAM⇒複数のアプリを起動したり、動かしていると圧迫される
ROM⇒写真や音楽などをスマホに大量に溜め込んでいると圧迫される

RAMとROM、いずれか一方でも圧迫されると、アプリがフリーズしたり、動作が重い状態になったり、さらには強制終了してしまう可能性があります。

通信環境

戦国炎舞などのオンラインゲームは、インターネット環境に常時接続できていないとプレイできません。

圏外に行ってしまう、通信制限をかけられているなど、何らかの理由でインターネットから切断されてしまうと、フリーズや強制終了、あるいは通信エラーになってしまう可能性があります。

アプリ自体の不具合

そもそもアプリ自体に不具合があると、フリーズや強制終了が起こってしまいます。
ユーザーにできる解決方法はありません。
公式サイトや公式ツイッターをチェックしつつ、運営の対応を待ちましょう。

戦国炎舞公式サイト
http://www.sumzap.co.jp/service/sengokuenbu/

戦国炎舞公式ツイッターアカウント
https://twitter.com/sengoku_enbu

戦国炎舞の動作環境

アプリの動作環境外では正常にプレイできない場合があります。
また、たとえ動作環境以外でプレイできたとしても、不具合が起こった際に補償が効かない可能性もあります。
まずは戦国炎舞の動作環境を確認しておきましょう。

戦国炎舞の動作環境

  • iOS7.0以上
  • Android4.0以上

戦国炎舞のプレイ中に不具合が起こった場合、まずは上記動作環境を満たしているか確認してください。
また、必要な場合にはOSを最新版へアップデートしましょう!

不具合の解決方法

戦国炎舞をプレイしていてアプリが落ちる、フリーズしてしまう、あるいは通信エラーが出るという際には、ぜひこれから紹介する解決方法を試してみてください。

もしこれらの解決方法でも不具合が解消されない場合、アプリ自体に不具合があると考えられます。
その場合、お問い合わせから運営へ連絡しましょう!

問い合わせ方法

ゲーム内から問い合わせるか、下記URLから必要事項を記入のうえ、問い合わせてみましょう。
http://www.sumzap.co.jp/service/sengokuenbu/inquiry/

アプリの再起動

長時間アプリを起動し続けていると、アプリが重くなります
スマホを立ち上げてから一度もアプリを再起動させたことがないという人がたまにいますが、そのままだとフリーズやアプリが落ちるといった不具合が発生するようになります。

プレイ中に動作が遅い・重いと感じたときはアプリを再起動させましょう。
再起動させてもプレイデータが消えたり破損することはないので、積極的に再起動を行いましょう。

iPhone でのアプリ再起動

ホームボタンを2回押す⇒起動中のアプリ一覧(=マルチタスク画面)が表示される⇒戦国炎舞のアプリを画面上方向に向かってスワイプする⇒ホーム画面から再び戦国炎舞のアプリをタップする

Androidでのアプリ再起動

一般的なアプリの再起動方法として2通りあります。

1つめは「バックキー」のタップです。
これだけでアプリの再起動を行えます。

2つめがマルチタスクボタンをタップする方法です。
マルチタスクボタンをタップする⇒最近使ったアプリ一覧⇒再起動させたいアプリを選択し左右にスワイプ

スマホの再起動

スマホを再起動させることで、不要なアプリを終了させると同時に、メモリの空き容量を確保することができます。

スマホの再起動には電源を切る必要があります。
いつものように電源ボタンを押して画面を消灯させているのはスリープモードなので、再起動とは方法が異なります。
利用しているスマホの機種により切り方は異なりますが、たいていの場合は電源ボタンを長押ししていれば電源が切れるようです。

キャッシュの削除

キャッシュとはスマホ内に一時的に保存された、読み込みを早くするためのデータのことです。
キャッシュの量が大きくなってくると、スマホの処理速度に影響を及ぼし、アプリのフリーズ、落ちてしまう原因となります。

キャッシュはなるべくこまめに削除しましょう!

空きデータ容量の確保

ROMのデータ空き容量が不足していては正常なプレイができません。
端末の空きデータ容量が十分に確保できていることを確認しましょう。

ROMを圧迫してしまわないように不要なアプリは削除するとともに、ついつい溜め込んでしまいがちな写真や動画データはオンラインストレージサービスやSDカードへ移行させて、常に端末の空きデータ容量を確保しておきましょう。

バックグラウンドアプリの終了

複数のアプリが起動している状態ではRAMを圧迫してしまいます。
そこで戦国炎舞以外の起動しているバックグラウンドアプリはすべて終了させましょう。

アプリ再起動のときと同様に、マルチタスク画面から戦国炎舞以外のアプリをすべて終了させます。
いわゆるタスクキルと呼ばれる方法です。

またAndroidユーザーの場合、ホーム画面に常駐させているウィジェットなども終了させましょう。

簡単ですが、たったこれだけでもアプリが重くなることを防げます。

Wi-Fi環境でプレイする

通信環境に何らかの問題がある場合、通信エラーやアプリのフリーズ・強制終了といった現象が起こります。
当たり前の話ですが、オンラインゲームはインターネット環境に接続し続けなければ、ゲームを起動したりプレイすることはできません。

通信エラーが出てしまう場合、まずは通信状況の良いところで再度接続を試みてみましょう。

それでも通信エラーが改善しない場合、2つの原因が考えられます。
ゲーム内にて障害やメンテナンスが発生している場合と、通信会社にて通信障害が発生している場合です。

どちらの場合でも、ユーザーができるのは障害が解消されることのみですが、ゲーム内の障害で特にお知らせなどで告知されていない場合には、お問い合わせフォームから運営会社へ連絡しましょう。

スマホでプレイする場合、携帯回線、あるいはWi-Fiを利用する2通りのインターネット接続方法があります。

結論から言ってしまうと、携帯回線を利用してプレイすることはおすすめできません。
4G/LTEなどの携帯回線で毎日ネットやLine、SNS、オンラインゲームなど利用していると、すぐに通信制限にかかってしまったという経験はありませんか?
通信制限にかかってしまうと戦国炎舞をプレイするどころか、ネット全般が使いものにならなくなってしまいます。

このように利用状況によってはすぐに通信制限をかけられてしまう上に、解除するには

  • 追加のデータ容量を購入する
  • 月末まで制限をかけられたまま我慢する

という2通りの選択肢しかないので、通信制限の危険性がある限り、携帯回線でのプレイはおすすめできません!

一方で、Wi-Fi環境でプレイする方が、安心して遊べるというメリットがあります!

  • インターネット通信が安定するので、接続落ちや強制終了しにくくなる。
  • 通信制限を気にする必要のない、使い放題プランがある。
  • 高額キャッシュバックなどの、特典が豊富

Wi-Fiを利用すれば安定した通信環境でプレイできるので、通信が不安定になってアプリがフリーズしたり落ちてしまう可能性が低くなります。
さらにポケットWi-Fiを利用すれば、スマホの通信制限を気にかける必要もなく、いつでもどこでもストレスなく戦国炎舞をプレイできます。

ポケットWi-Fiにはさまざまな種類がありますが、月額料金が安くてネットが使い放題のWiMAXギガ放題プランが一番人気でおすすめされています。
WiMAXギガ放題プランの人気が高い理由は「オンラインゲームに最適なWiMAXでおオススメプロバイダランキング」でも紹介されています!

通信制限でお悩みの方や月額料金を安くしたいと検討されている方は、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

今回、戦国炎舞が重い・通信エラーが出るといった不具合に関する対処法について紹介しました。
プレイ中に「なにか挙動がおかしい」と感じた際には、ぜひ対処法を試してみてくださいね!