請求書で愕然
海外旅行に行った先で日本のようにスマートフォンを使い続けていると、帰国した際に非常に高額な請求書を送りつけられることになります。

渡航したらまずデータローミングをOFFにして、機内モードに切り替える必要があります。
基本的に電話は利用せずに、インターネットもWiFiを利用することになります。
これだけで高額請求を回避することは可能ですが、これでは制限が多すぎます。

そこで、海外へ渡航される際には携帯電話会社の海外パケット定額プランか、海外利用できるモバイルWiFiルータをレンタルする方法がおすすめです。

しかも、モバイルWiFiルータをレンタルする方が、海外パケット定額プランよりも約1,000円以上も安くなります
したがって、渡航する際にはモバイルWiFiルータをレンタルした方が、日本でスマートフォンを使うのと同じくらい快適に利用できます。

それでは、海外旅行する際に気を付ける事をご紹介します。


高額請求される理由はデータローミング

データローミング

海外旅行をする際に自分のスマートフォンを持っていく人は多いでしょう。言葉の通じない渡航先でも、スマートフォン1台あれば、おすすめのレストランの検索や予約から、翻訳アプリを利用したコミュニケーションまで、たいていの事が可能です。

一方、渡航先でスマートフォンを利用しすぎてしまい、帰国後に数十万円もの高額な請求書が届いたという話もあります。

海外でのスマートフォン利用による高額請求の原因はデータローミングになります。

データローミングとはスマートフォンの通信機能によるもので、日本の携帯各社のサービスエリア圏外である海外において、現地で提携している通信会社の電話回線を利用して通信する仕組みです。

したがって、データローミングを起動したままにしていると、知らないうちに渡航先の通信会社の回線へ勝手につながれてしまい、その結果として高額な請求をされることになります。

機内モードで対処できる

機内モード

データローミングを防ぐ最も確実な方法が機内モードをONにすることです

機内モードとはネットワーク通信を遮断する機能であり、起動すると電話やSMS、インターネットなどが利用できなくなってしまいます。

この機内モードに切り替えることで、スマートフォンが勝手にデータローミングを行うことを阻止します。

「それじゃあインターネットが使えないじゃん」と思われるかもしれませんが、機内モード中でもWiFi接続はできます

設定自体も特別難しいことはなく、スマホ画面の「設定」から「機内モード」をタップしてONにします。
その後、再び「設定」の中から「WiFi」をONにして、利用したいSSIDをタップすれば完了です。
(上記画面を参照)

機内モードを利用してデータローミングを防ぎつつ、WiFiを起動することで海外でもインターネットやメールを利用することができますが、注意点があります。それは、街中のフリーWiFiスポットは危険を伴うということです。

不特定多数の人が同じWiFiを利用しているので、インターネットバンク等にログインすると、そのままあなたのIDやパスワードを盗まれてしまう可能性があります。

このような事態を防ぐため、ID・パスワードで認証するサイトは利用しないようにしたり、長時間使用を避け、利用しない場合にはWiFiをOFFにしておくなどの対策が必要です。

■フリーWiFiスポットの注意点まとめ

  • 短時間利用に留める
  • ID・パスワードで認証するサイトは利用しない
  • 利用しない場合にはWiFiをOFFにする
ネットの先生ネットの先生

海外旅行のカフェなどでよくある話を1つ。カフェには「FREE-SPOT-(カフェの名前)」といったフリーWiFiスポットがありますが、不正アクセス目的の人物が「FREE-SPOT-(カフェの名前)001」というように、あたかもカフェのフリーWiFiスポットであるかのような電波を飛ばし、アクセスしてきたお客さんのデータを盗むという手段が横行しています。
素人を騙す、卑劣な手段ですが、そういう手段もあるということを覚えておいてください。

海外での通話方法

海外旅行のネコ

機内モードの欠点の1つですが、機内モードONのままでは着信が入りません。

もし連絡を受けたい場合には機内モードをOFFにしておき、データローミングもOFFにしておきます。

データローミングの設定は、設定項目の「モバイルデータ通信」の欄に「データローミング」とあります。

データローミングをOFFにした状態でも通話とSMSは受信可能なのです。

ただし、海外からSMSを送信した場合、1通あたり100円が一律請求されるので注意してください

また、国内と同じように渡航先から電話をかけることもできますが、海外から通話した場合の通話料はかなり高額になってしまいます。

高額な通話料を回避するには、WiFiに接続してLINEやSkypeなどの無料通話アプリを活用しましょう。

これらの無料通話アプリはダウンロード・利用ともに無料なうえに、WiFiを利用して通話をすれば通信料金も無料になります。

「同じ渡航先にいる人は大丈夫」かというとそうではありません。通常の電話をかけると日本を仲介して連絡することになるので、高額な通話料金を請求されてしまいます。緊急の場合を除いて、自分が海外にいる場合には必ず無料通話アプリを利用して通話しましょう。

ネットの先生ネットの先生

【豆知識】渡航先から日本に電話をかける際には、電話番号の先頭の『0』を1つ除いた番号の先頭に『+81』を加えて電話をかけます。例えば海外から『090-1234-5678』へと電話をかける際には、『+81-90-1234-5678』というように電話をかけます。

海外でのメール・インターネットの利用方法

ソフトバンクモバイルサービスの海外料金表

海外で連絡を取る際には基本的に無料通話アプリのチャットを利用することが最もお金がかかりませんが、相手がアプリを利用していない場合にはメールで連絡を取る必要があります。

またWiFiのない場所でインターネットを利用したいときの方法をご紹介します。
まず機内モードはOFFにして、データローミングはONにしましょう。

そしてキャリア設定を『手動設定(提携している通信事業者)』を選択すれば完了です。

ただし、この状態で利用し続けると高額な請求をされてしまうので、海外で頻繁にインターネットを利用することが多い方は、各携帯電話事業者の海外パケット定額プランを契約しておくことをおすすめします。

ただし、海外パケット定額プランでは1日あたりの利用料金が約2,000円するので、お安いとは言い難いでしょう。

そこで!1日あたりの利用料金が約1,000円くらいに抑えるいい方法があります。それは、次にご紹介するモバイルWiFiルータをレンタルする方法が最適です

海外利用できるモバイルWiFiをレンタルする

グローバルWIFIのサービス画像

ここまで紹介した方法は、海外でも快適にインターネットが使え、かつ高額請求を避ける利用方法でした。

ここからご紹介したいのは、海外でも利用できるモバイルWiFiルータをレンタルする方法です。

モバイルWiFiルータを使うことでインターネットやメール、無料通話アプリなども、通信料を気にすることなく使うことができます。

また、携帯電話会社の海外パケット定額プランよりも、1日約1,000円も利用料金が安くなります

海外でも利用できるモバイルWiFiルータを貸してくれる業者は何社かありますが、有名なところだと「グローバルWiFi」「イモトのWiFi」(CMでおなじみですね)などがあります。

なかでも「グローバルWiFi」は他のレンタル業者に比べてレンタル料金が業界最安値であり、世界200以上ものエリアで利用が可能であったり、地方空港や渡航先で端末の受け取りができることなどから非常におすすめです。

さらに、2017年8月現在、GMOとくとくBBからグローバルWiFiの利用申し込みをすると、モバイルWiFiルータの受取手数料500円が無料になります。

また、主要4か国であるアメリカ・中国・韓国・台湾での、1日あたりの利用定額料金から50円引きされます。

1日50円と聞いてもピンと来ないかもしれませんが、10日間で500円、1か月では1,550円、3か月では4,650円にもなります。

このように、GMOとくとくBBからグローバルWiFiは中長期利用でもお得に利用することができます。

ご利用方法も簡単です。申込後にモバイルWiFiルータを受け取ったら渡航先で利用するだけです。
あとは帰国後に空港で返却ボックスに入れるだけで返却も完了します。

新規でグローバルWiFiに契約したい場合は、GMOとくとくBBの公式ページから申し込めます。

【GMOとくとくBB グローバルWiFi】:http://wimax.sng-p.jp/

まとめ モバイルWiFiルータをレンタルすると安心でお得

今回、海外旅行先でスマートフォンを利用したときに、高額請求されないための方法についてご紹介しました。

知らずに使ってしまうと高額請求になってしまうものも、簡単なスマートフォンの設定のみで回避することは可能です。

また、携帯電話会社の海外パケット定額プランや、モバイルWiFiルータをレンタルすることで、日本にいる時のようにインターネットやメールを利用することができます。

ただし、1日あたりの利用料金でいうと、モバイルWiFiルータをレンタルした方が圧倒的に安くなるといえます。

海外旅行をする際にはぜひ参考にしてください。

新規でグローバルWiFiに契約したい場合は、GMOとくとくBBの公式ページから申し込めます。

【GMOとくとくBB グローバルWiFi】:http://wimax.sng-p.jp/