ファミリー
今回は家族みんなでインターネットを使うような状況を想定した場合に、どのようなものが必要なのか、そして契約する上でお得になる方法・損しないために注意するべき点などについてまとめました。


家族でインターネットを使う際に考えたいこと

悩む猫
今や家庭にインターネットは必須になりました。

家族旅行の計画を立てたり、晩ご飯のレシピを調べたり、ネットショッピングをしたり、子供たちと動画を見たりと、ネットがあると大変便利ですね。

まずは家族でインターネットを使う際にどのようなネット環境を整えればいいのか、またどのようなことについて考えなければならないのかについてまとめてみました。

ⅰ)固定回線

家庭でインターネットを利用する方法として、スマホの4G回線を使う、固定回線を引く、モバイルWi-Fiルータを利用するという、3通りが考えられると思います。

このうち、家族みんなでインターネットを利用するのでしたら、通信速度制限がないという点から、固定回線を引くことをおすすめします

固定回線の仕組みは、家庭にインターネット回線を工事で引き込み、家庭内に設置したモデムを経由して、スマホなどの端末をインターネット回線に接続する仕組みです。
※固定回線の仕組みは、ヤマダ電機さんのパソコンスクール内に分かり易い画像がありましたのでリンク貼っておきますね!

yamadapcschool
参考元:ヤマダパソコンスクール
http://www.yamada-pcschool.com/navi/page/int.html

固定回線のメリット

スマホやモバイルWi-Fiルータには通信速度制限というものがあります。プランにもよって違いはありますが、月間で利用できる通信量に制限があるものと、無制限ではあるものの3日間でトータル何GB以上利用すると制限がかかるというものがあります

いずれにしても、規定通信量の上限を超えると、一定期間内は通信速度が超低速に抑えられてしまいます。通信速度制限中は、例えば画像がたくさん掲載されているようなサイトの閲覧ですら厳しくなってしまいます。

一方で、固定回線には上限も通信速度制限もありませんから、家庭内ではインターネットが使い放題になるといえるでしょう。

固定回線のデメリット

デメリットは固定回線を設置するには回線工事が必ず必要となる点です。

プロバイダによって、工事費の支払いは一括であったり分割であったり、どちらかを選択できることもあります。
また、工事費の分割金額分を毎月の月額料金から割り引くことで、実質的に工事費を相殺して無料にできるキャンペーンを実施しているプロバイダもあります。

さて、この回線工事ですが結構な手間と時間がかかります。

契約の申し込みから利用開始まで、おおむね1か月から2か月は見ておく必要があります

回線工事を行ってもらうには業者への予約と立ち合いが必要となります

業者の予約は短くても1週間から2週間先、長い時には1か月先ということもよくありますし、引っ越しのピーク時にもなると2か月や3か月の予約待ちということもありますので、早めに予約を入れることが重要になってきます。

このように使い始めるまでに手間と時間と料金がかかってしまいますが、家族みんなで使うなら固定回線が最も快適にインターネットを利用できるのは間違いありません。

固定回線の詳細なメリット・デメリットについては別記事「固定回線は不要?こんな人ならプロバイダはいらない」に詳しくまとめてありますので、併せて読んでみてください。

ⅱ)光回線

光の帯(高速道路)

現在の固定回線の主流は光回線となっています。

光回線とは従来のADSLのように電話回線を利用するのではなく、光ファイバーケーブルを利用したインターネット回線のサービスです。光回線の最大のメリットは高速な通信速度です。

光回線ではGbpsクラスの高速通信が体験できます。

光回線さえつながっていれば、日本中どこであってもこの高速通信を維持したまま、ご家庭でインターネットを利用することができます。

2017年8月現在、業界最高速の光回線サービスを提供しているのはNURO光で、その速さは超高速の下り最大速度2Gbpsとなっています。その次に速いのはフレッツ光ネクストやauひかりなどで、最大速度1Gbpsです。

通信量についてですが、光回線ではデータ通信量が無制限で使えます
データ通信量に上限がないので、簡単にイメージするとインターネットが使い放題ということになります。

したがって、YouTubeなどの無料動画サイトから高画質の動画もダウンロードし放題ですし、オンラインゲームなども快適に遊んでいられるということです。

また、3人以上でインターネットを利用する際や、光回線を利用して固定電話やテレビを接続することもできますので、家族でインターネットを使う場合には光回線を設置することはメリットが多いと思われます。

ⅲ)無線Wi-Fiルータ

固定回線ではインターネットへの窓口が1つしかない状態なので、これを家族がそれぞれの用途で自由に使えるように分配する必要があります。

しかし分配機を使うとさまざまな長さのケーブルを買いそろえ、挙句に部屋中ケーブルだらけになってしまいます

そこで、これらの問題を解決してくれるのが無線Wi-Fiルータです。

無線wi-fiルータの仕組み

無線Wi-FiルータはWi-Fi対応している電子機器をLANケーブルで直接つなぐことなく固定回線のインターネットへ接続できるようにしてくれる便利な機器です。

例えば、パソコンやスマホ、プリンタ、PS4などのゲーム機器や電子レンジ、コーヒーメーカーなどの一部家電もインターネットに接続して利用できるものがあります。

こうした機器を1台ずつLANケーブルでつなげることなく、簡単な設定のみで無線でインターネットに接続できます。

多くの無線Wi-Fiルータでは10~20台までが最大同時接続台数となっているので、4人家族で1人5台までのWi-Fi対応機器を持っていたとしても十分に対応することができます。


無線Wi-Fiルータを利用する利点はそれだけではありません。家でスマホを利用する際にWi-Fi接続することで通信料を節約することができます。

Wi-Fi通信時にはスマホの4G回線は利用していないので、携帯端末側で契約しているキャリアのパケット通信料は一切かかりません。

通信量をセーブすることにもなるので、4G回線での通信量のストックができ、上限の通信量に達する可能性が低くなります。

また、通信速度制限中でも、無線Wi-Fiルータを使えば、いつも通りにインターネットを利用できます。


このように、家庭に固定回線を引いた際には同時にWi-Fiルータも導入することで、快適に、そしてスマホの通信量を安くすることができます。

無線Wi-Fiルータは家電量販店で、安いものだと3,000円ほどで売っていますが、プロバイダのキャンペーンによっては高性能な無線Wi-Fiルータが無料になることもありますので、そちらもチェックしてみましょう。

ⅳ)セキュリティソフト

セキュリティ
いまや小学生でもインターネットを使えるようになりましたが、そうすると子供がインターネットの犯罪に巻き込まれたりしないか、また有害サイトを閲覧してしまう危険性はないかという不安が出てきました。

このような危険サイト・有害サイトから子供を守るためには「セキュリティソフト」を導入する必要があります。

セキュリティソフトは悪意のあるサイトからコンピュータウイルスなどの侵入をブロックしてくれるだけでなく、子供の年齢に合わせたフィルタリング機能を自動で設定してくれるペアレンタルコントロール機能を使うことで、子供の健全な成長に悪影響を及ぼすような有害サイトへのアクセスをブロックしてくれます

お子様がインターネット犯罪に巻き込まれないためにも、セキュリティソフトは必ず導入しておきましょう。

損をしないネット回線は?

ここからはお得なネット回線で選ぶべき業者をご紹介していきます。

たいていの場合、同居している家族だと同じ会社でスマホを契約していることが多いと思います。

携帯電話会社もインターネット固定回線の分野に進出しているので、せっかくならまとめた方がお得なうえに支払いも簡単になります。

また、プロバイダによっては高額なキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施しているところもありますので、そちらも一緒に見ていきましょう。

ⅰ)セット割で賢く節約

各携帯電話会社では、セット割といってスマホと一緒に自宅の光回線を契約すると、スマホの月額料金が割引されるサービスを実施しています。

ソフトバンクでは『SoftBank光』、auでは『auスマートバリュー』、ドコモでは『ドコモ光』をそれぞれ打ち出しています。

ソフトバンクの『SoftBank光』

ソフトバンク光のセット割(ピカチュウ)
参考元:https://www.softbank.jp/ybb/special/sbhikari-01/

SoftBank光とは月額5,000円ほどで利用できるブロードバンドサービスです。

ソフトバンクのスマホとセットで契約すると『スマート値引き』が適用されることで、スマホの利用料金が一人当たり毎月最大2,000円ほど割引されます。

新規契約の場合には回線工事は必要となりますが、2年契約すると工事費が実質無料となります

auの『auスマートバリュー』

auスマートバリューのドコモ光セット割引-
参考元:https://www.au.com/internet/auhikari/

auスマートバリューは、auのスマホユーザが対象の光回線を契約することで、スマホの利用料金が月額1,000~2,000円ほど、最大2年間も割引されます

また、光回線を引きなおす場合でも、自宅で対象となるケーブルテレビを契約していれば、同様の割引が適用されます。

2年間継続利用で最大で50,000円ほどの割引も適用されます。

ドコモの『ドコモ光』

ドコモ光5700円
参考元:http://gmobb.jp/service/docomohikari/index_b.html?utm_expid=60676328-81.vsoiLUOGThigtOdmK3hLew.1

ドコモ光ではどのプロバイダを選択するかによってプランを選択します。月額料金はプロバイダ料金も込みで4,000~6,000円ほどです。

プロバイダに特別なこだわりがなければ、月額料金の安いタイプAを選んだ方がお得です

ドコモ光のセット割を利用するとドコモのスマホ月額料金から最大で3,200円ほど割引されます

また、ひかり電話やひかりTVなどのオプション契約を結ぶ必要もありません。


ドコモ光に加入する際は、どのプロバイダを選ぶかということも重要です。

各プロバイダでは顧客獲得のためにさまざまな魅力的なキャンペーンを実施しているので、そこもチェックしましょう。

プロバイダを選ぶ基準ですが、今回はお得で損をしないというところに焦点を当てていますので、キャッシュバック金額の高いところで、友達紹介などの特別な条件が課せられないところがいいでしょう。

前述のタイプAのなかでも、GMOとくとくBBは特におすすめのプロバイダです

2017年8月現在、GMOとくとくBBからドコモ光に加入すると、最新のv6プラス対応の高性能Wi-Fiルータを0円でレンタルできます

v6プラスとは、従来の光回線の接続方式で回線速度の遅延のボトルネックとなっていた部分を改良したIPv6 IPoEの接続方式を採用しています。

通常このv6プラスは利用できる光回線やプロバイダが限られているうえに、有料オプションとなっていることが多いんですが、GMOとくとくBBドコモ光ではv6プラスはオプションではなく基本料金で利用できるうえに、v6プラス対応の無線Wi-Fiルータが無料でレンタルできるのが魅力的です。

  • 他のプロバイダ:レンタル料300円/月(販売価格は15,000円以上)
  • GMOとくとくBB:レンタル料0円/月

ⅱ)キャッシュバックで選ぶ

お得にネットを使うなら、キャッシュバックは大きな利点となります。しかしキャッシュバックは受け取り方法や条件に気を付けないと損をする可能性もあります

もらえる金額も重要ですが、まずはキャッシュバックの適用条件を注意深く読んでみましょう。

よくあるキャッシュバックの適用条件として、友達紹介というものがありますが、私はあまりおすすめしません。

契約者が友達や知人など、新規契約を希望する人をプロバイダに紹介するとキャッシュバックがもらえるというものですが、逆に紹介する人がいなければ1円たりともキャッシュバックがもらえません。

キャッシュバックの適用条件には、いささか不自然な箇所や自分にとって不利な条件があり、後で問題に発展する可能性があります。しっかりと適用条件を読み込んでおきましょう。

まとめ

ハートマーク
今回、家族でネットを使う際に損せずお得に使うための方法についてご紹介しました。

特に家族みんなで同じ携帯電話キャリアに加入している場合、光回線も同じ会社で統一した方がお得になります。

また、キャッシュバックでプロバイダを選ぶ際には注意深く条件を読み、キャッシュバックがもらえないということが絶対にないようにしましょう。

新規でドコモ光に契約したい場合は、GMOとくとくBBの公式ページから申し込めます。

【GMOとくとくBB ドコモ光】:http://gmobb.jp/service/docomohikari/index_b.html