引っ越し
引っ越しをする際には、電気、ガス、水道と並んで重要なのが、インターネットです。インターネットの引っ越しを済ませておかないと、引っ越し先で必要な情報を一切仕入れることはできず、非常に困ったことになります。インターネットの引っ越しには、プロバイダの解約と契約、旧居での回線撤去工事と新居での回線開通工事が必要となります。しかし、検討するべきことはたったの2つです。
1つ目は、現在契約しているプロバイダを継続するか、あるいは新規のプロバイダと契約するかということです。
2つ目は、お得に引っ越すために利用できるキャンペーンがあるかどうかということです。この2つの事前情報を調べて、引っ越し後の方針を決めてしまえば、あとは業者に引っ越しの日程を伝えるのみでスムーズに引っ越しを行えます。荷造りや値段交渉がない分、普通の引っ越しよりもインターネットの引っ越しの方が簡単といえるでしょう。


工事費用はかかるもの

札束

インターネットの引っ越し料金は、引っ越し先が戸建てであるか、集合住宅であるかによって異なってきます。一般的には集合住宅の方がすでに回線が敷設されていることもあり、料金が安くなる傾向にありますね。

設置工事にあたって回線の開通作業を行う業者が派遣される場合と、派遣されない場合があります。業者の派遣が必要か必要ないかについては、各プロバイダに確認する必要があります。もともと物件に回線が敷かれていない、配線が確認できない、モデムの差込口(モジュラージャック)がない場合、その他確認の必要な時には業者が派遣されてきます。

業者派遣される場合と派遣されない場合とで、工事費用は異なってきます。
業者が派遣されない場合でも工事費用は発生しますが、業者派遣されるときよりも工事費用は安くなります。
「業者が派遣されない場合でも工事費用が請求されるのは変!」と思われる方もいるでしょう。実は引っ越し先にすでに回線がある場合でも、自分でモデムに回線を差し込んだところで、まだネットは開通していません。NTTなどの回線業者がそれぞれの家の回線を自社のサーバに接続する作業を経て、初めてその家でインターネットを使えるようになります。そのため、業者が派遣されなくても工事費用は徴収されます。ただ、引っ越し先の新居でもプロバイダを継続して契約する場合、工事費が一切かからない場合もあります。

また契約更新月以前に解約した場合には解約金が発生しますので、引っ越しを機に乗り換えをする際には、可能であれば契約更新月を選んで解約するようにしましょう。

引っ越しに関係するキャンペーンにも注目

 
SALE

キャンペーンによって引っ越し費用が安くなる場合もあります。
各プロバイダともに、新規加入の場合はキャンペーンによる何らかの値引きがあることが多いので、現在加入しているプロバイダによほどのこだわりがある場合を除いて、引っ越しを機に他社のプロバイダへと乗り換えた方がお得になるでしょう。例えば、工事費用を契約月数で割り、その相当金額分を月額料金から割り引かれたり、あるいは高額なキャッシュバックを付けることで、工事費用相当分の金額が相殺されることがあります。

ただ、プロバイダによっては引っ越し先でも契約を継続することで、解約金や旧居での工事費用残額が免除されるキャンペーンを行っている場合もあるので、自分が現在契約しているプロバイダと、乗り換えで検討している新規のプロバイダのキャンペーンをきちんと確認しましょう

引っ越しの手続き

3-1.引っ越し先を探すときには物件の回線を確認しよう

LAN回線ケーブル

まず、引っ越し先を決める際に、その物件が光回線に対応しているかについて、不動産屋やオーナーへ確認しましょう。集合住宅でも光回線が導入されていない場合には、戸建ての回線を引き込むので、工事費用や月額料金が変わってくることがあります。新居を先に決めた場合はプロバイダに連絡して、その地域で光回線が利用できるかどうかエリアチェックをしてもらいましょう

地域によっては特定の会社の光回線が通じていなかったりする場合がありますので、その際は新しく契約するプロバイダを検討しなおす必要が出てきます。

3-2.解約手続きは1か月前までに

スケジュールイメージ

引っ越し先と引っ越しの日程が決まったら、現在加入しているプロバイダへ遅くとも1か月前には相談し、解約の手続きを取りましょう。その際に解約手続きの受け付けが、月末か月初なのか確認することが重要になります。

解約の受付期間外には手続きを申し込めないので、翌月まで待って解約手続きをすることになるからです。したがって、引っ越し月にイチかバチかで解約手続きを申し込むのは、いささかリスキーな行為なので、引っ越し月よりも前に必ず確認しましょう。
また、引っ越し先で新規にプロバイダ契約される場合も、解約手続きと併せて忘れずに申し込みましょう。解約と契約の手続きは同時並行で良いのですが、可能であれば引っ越しの日程が決まってから手続きを開始しましょう。そうすれば撤去工事と開通工事の日程も自然と組めるからです。

撤去工事や開通工事を行ってくれる業者の予約は、1~2週間先まで埋まっていることが多く、長い時には1か月先、引っ越しのピーク時だと2~3か月先まで予約が埋まっている場合もあります。したがって、遅くとも1か月前には解約と契約の手続きをした方がいいといえます。また、引っ越し先で以前のプロバイダを継続して契約する場合でも、撤去工事や場合によっては開通工事があるので、同様に1か月前までに手続きをしましょう。

業者は順次予約が埋まっていくので、必ず早めに予約を入れることを忘れないでください。下手をすると、家の引っ越しは完了したのに、撤去工事のためだけにもとの家に戻らなければならないことや、せっかくの新居でインターネットが使えない、といった最悪の事態に陥る可能性もありますので。

3-3.撤去工事は引っ越し前日までに

電線工事

回線の撤去工事には、そこに住んでいる人の立ち合いが必要となります。※忘れがちなので要注意です。
したがって撤去工事の日程は自分の都合で決めてしまっても問題ありません。ただし、引っ越し当日は引っ越し業者も部屋に入って混雑するうえに、工事の立ち合いも必要となってくるので、可能な限り引っ越しの前日までに撤去工事が完了するようにスケジュール調整してください

回線の開通・撤去工事自体は1時間程度で済みます。また、引っ越し先の物件によっては、自分でモデムに回線を接続し、プロバイダに連絡するだけ工事が完了する、業者派遣なしの場合もあります。しかし、回線が壁の中で断線している場合や、部屋に回線を引き込んだりする場合にはさらに時間がかかることだけは理解しておきましょう。

WiMAXなら引っ越しも簡単!

現在、GMOとくとくBBで契約されている方なら、引っ越し先でも継続契約された方が余計な手間がなく、簡単に手続きできます

まず、契約の1か月前までに、NTTへフレッツ光の移転を申し込みます。その際には、必ず「引っ越し先でもGMOとくとくBBを継続して使います」と伝えましょう。ちなみにですが、NTT東日本とNTT西日本をまたいで引っ越す場合には移転申込ではなく、新規開通の手続きとなりますので注意してください。

申し込み手続きをした工事予定日になったら業者が来て撤去と開通工事を行います。撤去工事には立ち合いが必要になりますので、引っ越し当日の1週間前から前日の間で、工事に立ち会える日を決めてから申し込み手続きをしましょう。

引っ越しが終わったらGMOとくとくBBの会員情報を変更することを忘れずに行ってください。このページの下部からログインできます。
GMOとくとくBB公式 | とくとくお引越しガイド

GMOとくとくBBを引っ越し先でも継続して利用する場合、簡単に手続きが完了します。メールアドレスも変わることなくそのまま使えるので、引っ越した後のことを考えてもとっても楽です。

引っ越し先から新規でGMOとくとくBBに契約したい場合は、GMOとくとくBBの公式ページから申し込めます。

【GMOとくとくBB ドコモ光】:http://gmobb.jp/service/docomohikari/index_b.html

GMOとくとくBBのWiMAX2+に契約したい場合は、GMOとくとくBBの公式ページから申し込めます。
【GMOとくとくBB WiMAX2+】:http://gmobb.jp/wimax/

現在、GMOとくとくBBからWiMAX2+に加入すると、下り最大440mbpsの最新モバイルWi-Fiルータを端末代無料で入手できるうえに、8月現在で32,100円のキャッシュバックがもらえます。また、モバイルWi-Fiルータは工事費用も一切かからないうえに、家の中でも外でもインターネットを接続することができます。引っ越しを機に新規契約を考えていて、今よりお得に過ごしたい方には特におすすめします。

UQWiMAXに加入することで得られる数々のメリットと、最新モバイルWi-Fiルータについては「良いモバイルWi-Fiルータを見つける為の、比較するべき7つのポイント」もあわせて読んでみてください。
また、ある手続きを忘れてしまうと、せっかくの高額なキャッシュバックが1円も手に入らないという取り返しのつかない状況に陥ってしまう可能性もあります。キャッシュバックを確実に手に入れるための詳細については「キャッシュバックがもらえない?GMOとくとくBBポケットWiFiの危険性」に詳細に書いてありますので、確実にゲットするためにも目を通してください。

まとめ 早めの手続きが新生活での明暗を分ける

インターネットの引っ越しはこんなにも簡単です。引っ越し先でのプロバイダを決めること、キャンペーンに注目することの2点のみを検討すれば、考えるべきメインの部分はほぼ終わったといえるでしょう。あとは引っ越しの予定日と被らないように工事日程を決めて、引っ越しの1か月前までに申し込み手続きを行うだけです。逆に、検討すべき2点の部分をはっきりさせないと、次の新居でのネット環境が整わないので次に進むことができなくなります。また日程もしっかり決めて守っていかないと、少しの遅れが、あとで大きな問題につながることもあります。少しでも引っ越し作業の負担を減らして、引っ越し前も後も快適にインターネットを使えるように、しっかりと準備を進めていきましょう。

おまけ インターネットの引っ越し早見表

引っ越し当日までの大まかな流れを記載しておきます。引っ越しをする際の目安としてお使いください。

■物件を探すとき
1.不動産屋や物件のオーナーに光回線に対応しているか確認する
2.契約しているプロバイダの解約受付期間(月末・月初)を確認する( ●● 月 XX 日までに申し込む)
3.各プロバイダの安くなるキャンペーンを探す
4.引っ越し先のプロバイダを決めておく
↓↓↓
■~1か月前
1.契約しているプロバイダに解約手続きを申し込む
2.撤去工事の立ち合い日程を決める( ●● 月 XX 日)
3.引っ越し先で利用するプロバイダに申し込む
4.開通工事の立ち合い日程を決める( ●● 月 XX 日)
↓↓↓
■1か月前~引っ越し前日
1.今住んでいるところの撤去工事を行う
2.引っ越し先の開通工事を行う
↓↓↓
■引っ越し当日
完了!