そもそも、「とくとくBB」っていう前に、正式名称が「GMOとくとくBB」だと知っていましたか?
そう、じつはとくとくBBはGMOが運営しているんです。


GMOといえば、クリック証券などが有名ですね。
でも、なんとなく名前は知っているけど、実際に何をやっているかは知らないという方も多いのではないのでしょうか。

そこで、簡単にGMOの紹介をしていきます!!
(参考元:https://www.green-japan.com/company/2312


GMOの会社概要

GMOの正式名称は「GMOインターネット株式会社」。
グループ代表は熊谷正寿氏。
設立は1991年で、今年で26年目になります。


事業内容ですが、

  • インターネットインフラ事業
  • インターネット広告・メディア事業
  • インターネット金融事業
  • モバイルエンターテイメント事業

と、社名にもあるように、インターネットにかかわるサービス全般を請け負っているようですね。


ちなみに資本金が50億円で、従業員数5,278名、グループ会社は106社に上るなど、とんでもなく巨大な会社です!!
(情報は、いずれも2017年9月末日時点)

GMOの理念・ブランド

GMOは「スピリットベンチャー宣言」という理念を掲げています。
組織の考えた方や事業戦略、企業ミッションといったそれぞれの階層で、社員一人一人が何を考えながら仕事をしていくべきか、具体的な方向性を示してくれるものです。


(参考元:https://www.gmo.jp/company-profile/brand/

また、「55カ年計画」という長期計画も掲げています。
2051年に、『グループ207社から成る社会や人々のお役に立つ「インターネットコンツェルン」を作る』予定とのことです。


つまりは、「いろんな分野があるインターネット業界を、幅広く手掛けていきたい」ということですね!



(参考元:https://www.gmo.jp/company-profile/business/

もしかしたら、未来にはGMOがすべてのインターネットにかかわる産業やサービスに協力しているかもしれません。

グループソングは小室哲哉が作曲

GMOのグループソング『Internet for Everyone』の作曲者は、なんとあの有名な小室哲哉!!
小室哲哉といえば、安室奈美恵の『CAN YOU CELEBRATE?』の作詞作曲や、TM NETWORKの『Get Wild』の作曲など、超有名ヒット曲を連発させた大物音楽プロデューサーです。


曲名は、GMOのブランドステートメントである「すべてのひとにインターネットを」から来ているようですね。
小室哲哉のインタビュー動画では、この曲について「熊谷代表のGMOグループ全体の言葉を音楽に」したと語っていました。

多彩なグループ企業

2017年9月時点で、106社ものグループ会社を抱えています。

各社が各分野で、それぞれの業績を伸ばしているようですが、私たちが一番よく聞き覚えがあるものといえば、「GMOクリック証券」ではないでしょうか?
新垣結衣さんを起用したTVCMを、一度は見たことがあると思います。


(参考元:https://www.click-sec.com/corp/company/commercial/special/

GMOクリック証券やFXプライムby GMOといったインターネット証券系に特に強いらしく、FXで67万口座、証券で32万口座もあるということで、FX取引高では5年連続世界1位なんだそうです!!


また、金融・決済領域でも、大和証券グループ御社と証券FXで提携したり、三井住友銀行と決済領域で提携したりするなど、大手金融機関との提携を行っています。

さらに、最近流行りの仮想通貨の分野にも進出し、GMOコインとして取引所を運営しています。
仮想通貨FXではレバレッジが5~25倍で可能だったり、売買・出金・手数料を無料にするなどして、後期参入の遅れを取り戻そうとしているようですね。

現在はビットコインなどをはじめとする、6種類の仮想通貨を取り扱っているようです。

まとめ

今回、とくとくBBを運営しているGMOインターネット株式会社が、どのような会社なのか、簡単に紹介しました。
とくとくBBを選ぶ際の、一つの材料になれば幸いです。