ドラクエ01
2017年8月17日(木)に、プレイステーション4版の『ドラゴンクエスト10 オールインワンパッケージ』が発売されます!!
『ドラゴンクエスト10』は、オンラインゲームですので、『ドラゴンクエスト10』をプレイするにはインターネット環境が必要です

そこで、今回はドラゴンクエスト10をプレイするために必要なインターネット回線について詳しく解説していきます!すでにPS4以外の機種で遊んでいるけど、今よりもっと快適でお得にプレイしたい!というプレイヤーも、ぜひ読んでみてくださいね!!


『ドラゴンクエスト10』をPS4で遊ぶために必要な事

ドラクエ02

『ドラゴンクエスト10』は、あの有名なロールプレイングゲーム『ドラゴンクエストシリーズ』の最新作です。今回はその舞台をインターネットの世界に移して、世界中のプレイヤーたちと一緒に冒険を楽しめちゃいます!

『ドラゴンクエスト10』はパソコン版やWii U版などがすでに発売されていましたが、やっとプレイステーション4(以下、PS4)でも遊べるようになりました!しかも、いままで別々に発売されていた『ドラゴンクエストⅩ目覚めし五つの種族 オンライン』と、追加パッケージの『ドラゴンクエストⅩ眠れる勇者と導きの盟友 オンライン』、『ドラゴンクエストⅩいにしえの竜の伝承 オンライン』の3本が今回ひとつにまとまって『ドラゴンクエスト10 オールインワンパッケージ』として発売されます!

発売時期は2017年8月17日(木)で、値段は4,800円(税込みで5,184円)になります。対応機種はPS4とPS4Proで、ダウンロード版も同日に発売されます。気になる購入特典は、経験値とゴールドの取得値を2倍にしてくれる「元気玉」が10個と、1回1枚でアイテムが引ける「ふくびき券」が30枚もらえます。

ところで、『ドラゴンクエスト10』をプレイするためには、まずプレイステーションネットワーク(PSN)への登録が必要です。登録自体は無料なので、まだ登録していない人はさくさく登録しちゃいましょう。次にスクエア・エニックスアカウントにも登録しておきましょう。スクエア・エニックスアカウントも無料で登録できますので、こちらのページから登録を済ませちゃいましょう。
スクエア・エニックスアカウントhttp://www.jp.square-enix.com/account/

登録が終わったら、『ドラゴンクエスト10』を起動して、PSNアカウントとスクエア・エニックスアカウントのリンクを行います。これで、20日間も無料で『ドラゴンクエスト10』をプレイできるんです!

20日間の無料プレイ期間が終了すると、その後は「利用券」を購入する必要があります。利用券はPSNで購入できる「DQXポイント」で購入できます。1DQXポイントが1円です。

利用期間によって必要なDQXポイントも異なります。30日間で1,500DQXポイント、60日間で2,950DQXポイント、90日間で4,400DQXポイントになります。長期間プレイする人はあらかじめ90日間を購入した方が、30日間利用を毎回購入していくよりも合計で100円安くなりますので、よく考えて選びましょう。

PSNでDQXポイントを購入したら、あとはアストルティア入国管理局で自動更新の設定をすれば、毎回更新信する必要もなくなるので便利です。





さあ、これで冒険の準備はばっちり!!?





・・・ちょ、ちょっと待った~!!





その前に、大事な何かを忘れてはいませんか?

そう、『ドラゴンクエスト10』をプレイするにはインターネット環境が必要なのです!冒険へ出る前にはすべての装備をチェックするように、私たちも『ドラゴンクエスト10』をプレイする前には万全の準備をしておかなければなりません!!
インターネット回線のチェックを怠ったがために、ボス攻略間近というところでインターネットの接続が切られてしまった!なんてことにもなりかねないのです。このような悲しい思いをしないためにも、今一度自宅のインターネット回線を見直してみましょう。

『ドラゴンクエスト10』のプレイに適した環境をつくろう

PS4

『ドラゴンクエスト10』の公式推奨環境という表記には、インターネットブロードバンド環境とだけ表記されています。ブロードバンドとは従来の電話線を利用したアナログ回線よりも広い帯域幅を利用した回線で、一般家庭に引き込んでいるADSLや光回線などがブロードバンドにあたります。したがって、公式推奨環境によれば、ほとんどの家庭で利用しているインターネット回線で最低限の条件は満たしているということになります。ただし、回線環境が悪いと十分なパフォーマンスが期待できません。いわゆるラグといって、相手の動きが止まったり、急に自分のいた場所から別の場所へワープしたり、「重い」状態になったり、画面の動きがカクカクしたりするので、とてもじゃないですがまともに遊べた状態ではありません。これではイライラが募って、せっかくの楽しい冒険が台無しになってしまいます。

そこで、『ドラゴンクエスト10』を楽しくプレイするために、必要なインターネット環境について解説します。

2-1.最低限これだけはそろえたい!

まずは、最低限ここだけは注目しておいてほしいところからです。

ⅰ)回線の速度

オンラインゲームのラグが発生したときに、よく調べられるのがインターネットの回線速度です。しかし、実際には回線速度は大きな問題ではないのです!!。よくドヤ顔で「回線速度が~」という人がいたら、それは間違いなので要注意!

オンラインゲームでやり取りされるデータは、自分や相手キャラクターの位置を表す座標データや、攻撃を行ったり、魔法を使うときのアクションのデータくらいです。これらのデータは数百バイトほどですので、回線速度は1Mbpsほどもあれば十分でしょう。1Mbpsといえば、通常のADSLでも十分な機能を発揮します。もちろん光回線であれば十分すぎるほどなので、何の心配もありません。わざわざ『ドラゴンクエスト10』をプレイするためにADSLから光回線に乗り換える必要はありません。ただ、例えばゲームをしながら攻略サイトを見たい、スカイプで仲間とチャットしながらプレイしたいといった場合には、ADSLでは通信速度が不十分であると考えられます。その場合には光回線に乗り換えた方がいいでしょう。

参考までに、回線速度の測り方を紹介します。
SPEEDTEST(http://beta.speedtest.net/)
上記のサイトを開いて、中央の「GO」をクリックすると回線速度の測定が始まります。

測定01

測定が終了すると測定結果が3つ並びます。左からPING、DOWNLOAD、UPLOADという順に並びます。

測定02

PINGはネットワークの接続の確認と、その応答速度を表しています。PINGについては事項「ⅱ)回線の接続(ラグの起きにくさ)」で詳しく解説します。

DOWNLOAD(ダウンロード)は、サーバからあなたのパソコンまで1秒間に送ることのできるデータ容量について表しています。
UPLOAD(アップロード)はその逆に、あなたのパソコンからサーバへ1秒間に送ることのできるデータ容量を表しています。
このダウンロードとアップロードのところで1Mbpsと出ていれば、回線速度は十分です。

ⅱ)回線の接続(ラグの起きにくさ)

オンラインゲームでラグが発生するとき、1番に疑わなければならないところは回線の接続です。接続が不安定だと、画面がカクカクになったり、自分のいる場所から急にワープしたりと「ラグ」りまくるので快適なプレイからほど遠くなってしまいます。また、回線が切れてしまうと、ゲームが途中で終了=落ちてしまいます。なぜならオンラインゲームはパソコンやPS4などのゲーム端末と、サービスを提供してくれるサーバ間で常にネットワークの接続を行うことで、データのやり取りを行っているからです。

パソコンとサーバ間の回線接続の確認と応答速度を知る方法には、前項「ⅰ)回線の速度で紹介したSPEEDTEST(http://beta.speedtest.net/)」を利用します。3つの測定結果のうち、左側にあるPINGで確認できます。

まず、PINGに数字が表記されていれば、インターネットに接続されていることが確認できます。PING値ですが、msとはミリセカンド、つまり1,000分の1秒単位で表されます。この数値が小さければ小さいほど、応答速度が速いということなので、単純にラグが起きにくいといえます。PING値が10~50msほどなら特に問題なくプレイできるでしょう。逆に、PING値が60~200msだと遅すぎるので、ラグが発生しやすいといえます。

回線の接続状況を良くする方法についてですが、、、、「有るようで無い」というのが現状です。なぜなら、根本的な原因はプロバイダにあることが多いからです。ユーザが多いプロバイダはそのぶん回線が混雑しやすいので、ネットワークが遅延しやすいといえるでしょう。

したがって、混雑しにくいプロバイダを選ぶことが1番の正解とも言えますが、加入者が少ないから安心して使えるプロバイダであるとも言えませんし、プロバイダの設備まで知ることはできないので、本当に混雑に対処できる能力を持っているのかどうかもわかりません。ただ、従来のPPPoE方式を採用しているところよりも、混雑の原因を排除したIPoE方式を採用しているプロバイダを選んだ方が、多少は混雑の影響を避けることができると考えられています。

その他、LANケーブルが断線していないか、ちゃんと差込口に差し込まれているか、Wi-Fiの場合であれば、電波の障害になるものはないか、そもそも電波が入りやすい環境であるかといった、基礎的な部分での回線の接続も最初に見直しましょう。

ⅲ)インターネット利用料金

『ドラゴンクエスト10』をプレイするにはインターネット回線が必要ですが、インターネット回線を利用するためには当然、月額料金を払わなければなりません。そもそも『ドラゴンクエスト10』をプレイするにも「利用券」の購入が必要なので、できればインターネットの月額料金も安くおさえておきたいところです。

インターネットの利用料金はプロバイダ間でそこまで大きく差が出るわけではありませんが、プロバイダごとに割引やキャッシュバックなど、魅力的な特典が用意されています。特に、キャッシュバック金額は各社で激しく対抗しあい、高額なキャッシュバックを実施しているプロバイダもあります。キャッシュバックを利用することで、ネットの月額料金など安くおさえられるところは節約し、浮いたぶんのお金で『ドラゴンクエスト10』を心ゆくまでプレイしましょう!

2-2.できればここまでそろえたい!

ここからはPS4だけではなく、ニンテンドースイッチ(任天堂Switch)※や3DSで『ドラゴンクエスト10』をプレイする人にも注目してほしいところです。(※ニンテンドースイッチ版は※2017年9月21日(木)発売予定)

ⅰ)携帯性

任天堂SWITCH

『ドラゴンクエスト10』はPS4以外のゲーム機でもソフトをリリースしています。その中でも、ニンテンドースイッチや3DSなど、携帯ゲーム機でも『ドラゴンクエスト10』をプレイすることができます。もちろん自宅で、Wi-Fiルータを利用してネットワークにつなげる必要がありますが、モバイルWi-Fiルータ(別名ポケットWi-Fi)を使えば、外出先でも自由自在に『ドラゴンクエスト10』をプレイすることができるんです!オンラインゲームといっても、通信量自体はそこまで多くないので、プレイしていて通信速度制限に引っかかる可能性は低いでしょう。モバイルWi-Fiルータを使うことで、移動中や外出先でのふとした空き時間にも『ドラゴンクエスト10』を遊び倒しちゃいましょう!!

『ドラゴンクエスト10』のプレイに1番おすすめのインターネット!

ここまでで、『ドラゴンクエスト10』を遊ぶために必要なインターネットについて解説してきました。ここまで必須の前提条件として、最低限の回線速度が保証され、回線の混雑に対処していて、インターネット利用料が安いという3つがあります。これを踏まえてインターネットを契約するのなら、GMOとくとくBBフレッツ光がおすすめです。

まず、回線速度ですが平均速度が下り304.10Mbps、上り203.28Mbpsと、十分な速度があります。これなら『ドラゴンクエスト10』をプレイするのはもちろんのこと、同時に攻略サイトやプレイ動画を見ながらだったり、仲間とボイスチャットしながら冒険をすることもできます!

次にラグを回避するために回線の混雑していないものを選ぶ必要があります。GMOとくとくBBフレッツ光では、回線混雑の根本的な原因に対処した、v6プラスを標準で提供しています。つまりは、v6プラスを利用するとラグりにくいということです。通常このv6プラスは利用できる光回線やプロバイダが限られているうえに、有料オプションとなっていることが多いのですが、GMOとくとくBBフレッツ光では、v6プラスはオプションではなく標準で利用できるのです。さらに月額料金が安いという条件ですが、GMOとくとくBBフレッツ光は、先ほどのv6プラス対応無線Wi-Fiルータを含めて月額991円です。しかも工事費などの初期費用も無料です。あとは別途フレッツ光月額利用料が、集合住宅だと2,950円になるので、月々のインターネット利用料はトータルで3,941円ほどです。これに『ドラゴンクエスト10』の料金を足してみましょう。『ドラゴンクエスト10』を長期間プレイする前提の場合、初めから90日間の利用券を購入した方がお得になります。90日間利用で4,400円になるので、1月当たりの金額は1,466円になります。これをトータルのインターネット利用と足すと、5,407円になります。
毎月5,500円にも満たない金額でインターネットを快適に利用できるうえに、『ドラゴンクエスト10』も遊べちゃいます!

あるいは、ニンテンドースイッチや3DSで、外出先でもプレイしたいという方にはGMOとくとくBBWiMAX2+がおすすめです。GMOとくとくBBWiMAX2+を選ぶ理由は2つです。どこでもつながりやすいことと、高額なキャッシュバックです。

WiMAX2+のモバイルWi-Fiルータ端末でも、特にW04は高速通信によって、最高に快適な状態でネットを利用することができます。この高速通信は、4x4MIMO CAという通信方式により実現しています。4x4MIMO CAとは、4x4MIMO(フォーバイフォーマイモ)とCA(キャリアアグリゲーション)という、それぞれが高速通信に特化した通信方式を、両方同時に利用して組み合わせることで、さらなる通信の高速化を実現したものです。その速さは下り最大440Mbpsとなっています。これは従来の端末が下り最大220Mbpsだったのに対して、W04では単純に2倍も速くなっているということです。

さらにW04の特徴として、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えることで、なんと下り最大590Mbpsにまで高速化することができます。しかもハイスピードプラスエリアモードでは、WiMAX2+の電波の届かない範囲においてau4GLTEの回線に切り替えることにより、より広範囲のエリアでの高速通信が可能となりました。

例として関東でのWiMAX2+とハイスピードプラスエリアモードそれぞれの対応エリアを見比べてみると、図1の紫色で示されたWiMAX2+のエリアにはところどころに白色の虫食い状の穴が確認できます。この虫食い穴の部分がWiMAX2+非対応地域です。一方で、図2のオレンジ色で示されたハイスピードプラスエリアモードでは全体的に虫食いの穴は目立たなくなっています。また地図の左下あたりに示されている富士山周辺エリアにまで対応できるようになっています。

図1 関東のWiMAX2+対応エリア(http://www.uqwimax.jp/area/)
図1 関東のWiMAX2+対応エリア(http://www.uqwimax.jp/area/)
図2 関東のハイスピードプラスエリアモード(LTE)対応エリア(http://www.uqwimax.jp/area/)
図2 関東のハイスピードプラスエリアモード(LTE)対応エリア(http://www.uqwimax.jp/area/)

ハイスピードプラスエリアモードに切り替えるとオプション料金として1,005円別途支払うことになりますが、そもそも通常のWiMAX2+の回線で十分機能しますので、いざというときにのみハイスピードプラスエリアモードを利用すればいいと思います。これにより、いつでもどこでも安心して、快適に『ドラゴンクエスト10』をプレイすることができますね。

最後に、GMOとくとくBBを経由してUQWiMAXに加入すると、最新モバイルWi-FiルータW04が端末代0円で手に入ります。GMOとくとくBBの中でも、ポケットWi-Fiを無料でもらえるのはUQWiMAXに加入した場合のみです。GMOとくとくBBの他のプロバイダと契約しても、ポケットWi-Fiが無料になることはないので、注意してください。しかも最大31,100円のキャッシュバックも付いてくるので、かなりお得なプロバイダとしておすすめです。しかし31,100円のキャッシュバックを得るには、必ずある手続きを行わないとキャッシュバックが受け取れなくなってしまいます。その手続きとは、利用開始から11か月目に届くキャッシュバック手続きのメールに口座情報を登録することです。キャッシュバックは口座登録のメールにさえ気づき、期間内に口座情報を登録すれば必ずもらえます。まず、GMOとくとくBB入会時に作成したメールアドレスの存在を忘れないこと、次に契約11か月目に重要なメールが届くということを忘れないこと、さらにメールが届いてから1か月以内に登録を済ませることを忘れない、以上の3点に留意することが重要です。忘れることを防止するためにリマインダーなどを使うのも有効ですし、もっとシンプルに付箋に書き付けてPCの画面の隅に貼っておくことも有効です。あるいは入会時に作成したGMOとくとくBBのメールアドレス宛に届くメールを、普段お使いのYahoo mailやGmailに転送するという方法もいいかもしれませんね。「費用が安いGMOとくとくBBのWiMAX!契約での落とし穴」もあわせて確認してください!

まとめ

今回、『ドラゴンクエスト10』をプレイする上で欠かせない、インターネットのことについて解説してきました。GMOとくとくBBフレッツ光はv6プラスを利用することで回線の混雑を回避しているので、ラグる可能性はほぼないと考えられます。また、月々の料金も決して高い方ではありません。また、携帯ゲーム機で外出先でもプレイしたい場合は、GMOとくとくBBWiMAX2+がつながりやすいうえにキャッシュバックも高額です。せっかくの『ドラゴンクエスト10』なので、やっぱり我慢せずに快適に、そしてお得にプレイできることが1番!

これでプレイ中のラグやセーブ前に落ちてデータが飛ぶような悲劇とはおさらばです!これで安心して『ドラゴンクエスト10』をプレイできると思います。

WiMAX2+やドコモ光に申し込みたい場合は、GMOとくとくBBの公式ページから申し込んでください。

【GMOとくとくBB ドコモ光】:http://gmobb.jp/service/docomohikari/index_b.html

【GMOとくとくBB WiMAX2+】:http://gmobb.jp/

※Wi-Fiルーターが無料(0円)でレンタルできるのは「とくとくBB」経由で申し込んだドコモ光だけなのでご注意ください。