ドコモ光のプロバイダ
ドコモ光といえば、圧倒的に多くのプロバイダから自分の好きな会社を選択でき、また現在契約中のプロバイダがドコモ光に対応していれば、簡単にドコモ光へと移行できるので便利ですね。

今回は「ドコモ光に切り替えたいけど、どこのプロバイダと契約すればいいのかわからない!」と頭を抱え込んでいる方々に、各プロバイダの特徴を比較し、違いを分かりやすくまとめました。また、おすすめのプロバイダもご紹介します!

2つのプロバイダグループ「タイプA」と「タイプB」

大きな枠組みとして、ドコモ光ではプロバイダを二つのグループに分けています。それがタイプAタイプBです。大きな違いは「選べるプロバイダの種類」と「月額料金」になります。

月額料金は、タイプAよりもタイプBの方が200円高くなります。サービスの面で見ても、特段タイプBだから何か優れているということはなく、せいぜいOCNや@niftyなど、名前を知っている程度のプロバイダが選べるというだけですので、毎月200円払ってまでもタイプBのプロバイダを選ぶ理由がなければ、タイプAを選んだ方が賢明でしょう。

タイプAに対応するプロバイダの数は18社です。これら18社の中から、自由に選ぶことができます。

戸建にお住いの方ですと、2年定期契約で月額5,200円、契約期間なしだと月額6,700円になります。
マンションにお住まいの方ですと、2年定期契約で月額4,000円、契約期間なしだと月額5,000円になります。

定期契約プランでは、2年間同一のドコモ光契約を継続利用することが条件となっており、解約しない限り自動更新されますので、これも特に理由がなければ2年定期契約の方がお得になります。

おすすめはタイプAのプロバイダ!その特徴と違いとは?

タイプAのプロバイダについて、手始めにメールアドレス数とBOX容量で比較していきます。

18社中、最も目を引くのは断トツでGMOとくとくBBです。アドレス数15個と、各アドレスのBOX容量が無制限となっています!メールの保存期間は180日ですが、よほど重要なメール以外はこの保存期間であれば十分ではないでしょうか。

DTIのアドレス数10個、BOX容量無制限というのもなかなか魅力的です。その次に楽天ブロードバンドではアドレス数10個、BOX容量が200MGとなりますが、GMOとくとくBBとDTIと比較すると劣っている感が拭えませんし、後述の理由から選択肢より外させていただきます。

その他、プララだとアドレス数7個、ビッグローブだと5個、ソネットが4個で、いずれもBOX容量は無制限となります。残りのタイプAのプロバイダはアドレス数が1個か2個で、BOX容量も1GBから5GBとなりますので、あまりお得さは感じられません。

余談:おすすめしないプロバイダ3社

ちなみにタイプAの中でも、こだわる理由がない限り、選ぶ必要のないプロバイダが3社あります。

第一に、エディオンネットです。アドレス数1個・BOX容量1GBの仲間ですが、メールウイルスチェック、迷惑メールフィルタ、総合セキュリティソフトがすべて有料なうえに、IPv6に対応しておりません。

第二に、楽天ブロードバンドです。アドレス数は10個ですが、BOX容量が200MB=0.2GBしかありません・・・。その上、エディオンネット同様セキュリティ系がすべて有料なうえに、こちらもIPv6に対応してません。楽天スーパーポイントが毎月100ポイントもらえる点は評価できなくもないですが、実質100円にしかなりませんね。

第三に、ビービーエキサイトですが、こちらは総合セキュリティソフトが36か月無料ですし、IPv6にも対応しています。アドレス数2個のBOX容量も2GBなので、先の2社に比べるとまだマシですが、他にもっと好条件のプロバイダがあるため、わざわざ選ぶことは無いかと思います。

おすすめ5社で比較!違いはサポートくらい?

ということで、この先はプララ、ソネット、GMOとくとくBB、ビッグローブ、DTIの5社で比較していきます。

5社の共通点はBOX容量が無制限である点、メールウイルスチェック迷惑メールフィルタIPv6対応が提供されている点です。
違いは総合セキュリティソフトの無料期間リモートサポートと訪問サポートくらいです。

総合セキュリティソフト

まず、総合セキュリティソフトについてですが、プララとソネットが24か月無料、ビッグローブとDTIが12ヶ月無料となっています。GMOとくとくBBは有料となっています。

リモートサポートと訪問サポート

次に、リモートサポートですが、プララ、ビッグローブ、DTIはデフォルトでついており、ソネットは6か月以内なら初回無料となっています。GMOとくとくBBにはそもそもリモートサポートがついていません。訪問サポートも、プララ、ビッグローブ、DTIでは初回無料、ソネットでは12か月以内なら初回無料、そしてGMOとくとくBBは有料となっています。

ただ、よほどの機械音痴でもない限り、リモートサポートや訪問サポートは必要ないです。パソコンで困ったときに、だいたいのことはスマホで調べれば答えは出てきますし、無駄なお金も時間もかからず済みます。
「自分は機械音痴で全く初めてパソコンを使う上に、使い始めの数か月間だったら無料でサポートを受けたい」といった方は、リモートサポートや訪問サポートを選択肢に入れてみるといいですね。

おすすめは「GMOとくとくBB」と「タイガースネットドットコム」!

じゃあドコモ光のプロバイダで、どこを選べばよいかというと、私は2社お勧めしたいと思います。

イチオシはGMOとくとくBB

第一にお勧めするのはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBを選ぶ最大のメリットは、キャッシュバック金額が断トツで高額だからです。詳細は過去の記事(「それ、無駄な出費だからっ!ドコモ・auスマホユーザーがホントに得するために知っとくべきGMOとくとくBB」)を参照していただきたいのですが、GMOとくとくBBに加入すると高額キャッシュバックに加え、Wi-Fiルータが無料レンタルできるなど、他社よりも特典が多くついてきます。

サポート体制に関して懸念感はぬぐえませんが、日常的にパソコンを使えている方であれば大丈夫でしょう。総合セキュリティソフトは自前で購入したほうが安上がりなので、契約する時にチェックから外しましょう。※セキュリティソフトに関しては別の機会にご紹介予定。

次点でタイガースネットドットコムがおすすめ

第二に、タイガースネットドットコムです。セキュリティサービスもサポートサービスも付いている上に、IPv6も対応しています。特筆すべきは総合セキュリティソフトが永年無料な点です。これはタイプAタイプB合わせても、タイガースドットコムのみです。メールサービスはアドレス数2のBOX容量2GBですが、個人で使うに当たっては何ら問題ないですし、フリーメールアドレスのGmailやYahooメールを利用すれば解決します。
独自サービスとして、阪神タイガース関連コンテンツを楽しむことができます。

パソコン初心者で操作に不安があったり、阪神ファンだ!という方はタイガースドットコムで決まりです!

まとめ

今回の結論として、ドコモ光に加入するにあたり、選ぶべきプロバイダは2社のみということがお分かりいただけたでしょうか。パソコン初心者ならばタイガースドットコム、キャッシュバックに興味のある方にはGMOとくとくBBです。

よくわからないから何でもいいという方も、タイガースドットコムかGMOとくとくBBのいずれかを選べば間違いはないでしょう。