とくとくBB
とくとくBBで調べると、必ず出てくるワード。それが「キャッシュバック」。

そこを気にせずプロバイダーを選ぶ人なんているのかっていうくらい、やはり皆さん気にされているようです。

そこで今回、皆さんが調べる手間を省くため、本ページでは「とくとくBBを選ぶ際のメリット」をまとめました。
ドコモ・auのスマホユーザーの皆さんは必見!

とくとくBBとは?

とくとくBBとは、日本のインターネットサービス会社GMOインターネット株式会社が提供しているプロバイダーサービスです。
GMOというと、新垣結衣さんの出演されてるTVCMで「GMOクリック証券」というものを頻繁に目にしますが、プロバイダーサービスもしているんですね。
さすが、社名にインターネットと入っているだけに幅広いインターネットサービスを手掛けているようです。
ちなみにプロバイダーとはインターネットの回線を接続してくれる通信業者のことです。

今回、とくとくBBに加入するか迷っている人に、急ぎのお得な情報をお知らせします。

1.
まず、最後まで読まない人のために、重要なことからお知らせします。それは、4,000円キャッシュバックが6月までだということです。東北・関西・九州限定で、6/27までにGMOとくとくBBのホームページからドコモ光を契約すると、4,000円キャッシュバックされます。8/31までに回線を開通すればいいので、忘れてしまう前に契約だけでも済ませておいた方が賢明でしょう。ただし注意していただきたいのが、GMOとくとくBBの公式ホームページ以外で申し込むとキャッシュバックの対象外となってしまいます。対象地域にお住まいで、これからとくとくBBに加入されるという方はぜひご検討ください。

2.
つぎに、dポイントを10,000ポイントゲットできます。dポイントはドコモ独自のポイントサービスであり、貯めたポイントを月々のスマホ利用料の支払いや、ローソン・マクドナルドでのお買い物に使うことができる便利なポイントです。10,000dポイントはそのまま10,000円分として利用できますので、お買い物するときの足しといって余りある金額だと思いませんか。

3.
さらに、IPv6プラス対応Wi-Fiルーターのレンタル代が無料になります。例えばドコモ光に加入する際に部屋にWi-Fiを飛ばすため、ルーターを8,880円で購入するか、月額350円でレンタルする必要があります。また、店舗によってはキャンペーンで安く購入できることもできます。しかしタダとなると、話のレベルが全く違います。多くの人は2年以上利用することを前提に購入されていると思いますので、それだけでも8,880円分浮くわけです。
(ちなみにですが、ドコモで通常利用されているルーターは867Mbpsですが、ドコモ店頭でとくとくBBに加入した場合、より高性能の1,300Mbpsのルーターも選べます。しかしそうすると①のキャッシュバックを受けられなくなりますので、よほどのこだわりがない限りはネットからの申し込みが良いでしょう。)
以上までで、とくとくBBでドコモ光に加入すると単純に見積もっても22880円もお得だということがわかりますね。

4.
また、とくとくBBでWimaxに加入した場合、他のプロバイダと比較して圧倒的にキャッシュバックが高いことがわかっています。6/30までに加入すると、なんと最大30,500円のキャッシュバックがつきます。WiMAXでもルーターの端末代が0円となります。通常プランが利用月額3,609円で、7GB以上使用で制限がかかりますが、無制限使用のギガ放題プランだと月額4,263円かかります。ところが、お試し2か月間のみ、ギガ放題プランが月額3,609円になります。通常プランとギガ放題プランは何度でも変更できますが、通常プランからギガ放題への変更時にお試し2か月間は適用外となるため、ギガ放題から申し込む方が間違いがありません。

5.
特にWiMAXをお勧めしたいのはauユーザーです。auスマートバリューmineといって、auスマホととくとくBBのWiMAX2プラスに加入すると、auの利用料金から月額最大934円割り引いてもらえます。WiMAX2プラスとは、WiMAXよりも通信速度が超高速になる代わりに、7GB以上で速度制限をかけらえるというものです。Auユーザーで、かつ普段そこまでスマホを使わないというライトユーザーなら、迷うことなくauスマートバリューmineに加入すべきです。

6.
また、WiMAX2プラスにはLTEオプションというものがあります。これはつながりやすいau4GLTE通信を、ルーターの簡単なモード切替のみで利用可能な機能です。使った月だけ1,005円プラス請求されるだけなので、出張や旅行の時に簡単にネットに繋げることができる便利な機能です。

このようにドコモ、auユーザーにとって特典盛りだくさんなとくとくBBですが、他の光インターネット回線のプロバイダーとどのような違いがあるのでしょうか。

代表的な光インターネット回線プロバイダー3社とGMOとくとくBBを比較してみました。

まずBIGLOBEと比較した場合、BIGLOBEが3,695円に対して、GMOが3,609円の月額利用料となり、GMOの方が月額利用料は86円も低めになります。さらにGMOでは、家でルーターを設置し充電もできるクレードルを無料でもらえます。

次にDTIですが、DTIのキャッシュバックが29,000円である一方で、GMOのキャッシュバックは31,800円となり、GMOの方が2,800円もキャッシュバック金額が高めです。そのうえ、DTIはauスマートバリューに非対応ですので、auユーザーであればGMOを選ばない理由がありません。

最後に@niftyですが、ここでも注目したいのがキャッシュバック金額です。@niftyのキャッシュバック金額は20,000円なので、やはりGMOを選んだ方が11,800円も多めにお金が戻ってきます。

まとめ

以上のことから、とくとくBBが他の光系プロバイダーよりもお得なことは間違いありませんし、ドコモユーザー、auユーザーなら、さらに多くのメリットを得られることは明白です。

いつまでも無駄な出費を続けていないで、一度契約されてるプロバイダーと、特典も含めた金額比較してみてはいかがでしょうか。

とくとくBBへの申込はコチラからできます!