騙された女性
皆さんはネットの広告で「今加入すれば最大○○万円もらえる!」というものを見たことはありませんか?

実はキャッシュバックをエサに、悪質なプロバイダが糸を垂らしている可能性があるんです!

今回、悪質なプロバイダによってキャッシュバックがもらえないという事態を避けるため、どのようなことでだまされてしまうのか、またそのような悪質なプロバイダに引っかからないためにどういうところに注意すればいいのかについてご紹介します。


キャッシュバックがもらえない!

スマートフォンが主流になっているこのご時世、各プロバイダ間では熾烈なユーザ獲得競争が繰り広げられています。

手っ取り早くユーザを取り込むむにはどうしたらよいでしょうか?その答えはシンプルに「特典」です。

多くのプロバイダが新規契約のさまざまな特典を用意していますが、そのなかでも特に目に入りやすいのが「キャッシュバック特典」です。

プロバイダによって金額の差はありますが、おおむね15,000円から30,000円くらいの間でキャッシュバックを行っています

ところが、プロバイダによっては他社では考えられないような特定の条件を達成しない限りキャッシュバックがもらえないというところや、そもそも本当にキャッシュバックを渡してくれるのかさえ怪しいところもあります。

こうした怪しい特典を付けるプロバイダは多くいるので、必ずキャッシュバックなどの特典をもらえる条件などは契約前に確認する必要があります。

ⅰ)もらえる金額が圧倒的に少ない「ASAHIネット」

悲しみ

光回線を取り扱っているプロバイダの中にASAHIネットという業者があります。

主なキャンペーンは契約期間中のプロバイダ月額料金が12か月間無料になるなど、月額料金の割引に特化しているようです。

しかし、キャッシュバックの面に関してはかなり消極的に出しています。

2017年8月現在、ASAHIネットでのキャッシュバック対象となるキャンペーンはプロバイダの乗り換えキャンペーンと、ご友人・知人紹介キャンペーンの2つのみです。

プロバイダの乗り換えキャンペーンのキャッシュバック金額は3,000円なので、解約金の足しにするにしても少額である感は否めないですし、もっと高い金額を提示してくれるプロバイダもありますので、わざわざASAHIネットに乗り換えるメリットはありません。

ご友人・知人紹介キャンペーンは、ASAHIネット既存ユーザーが、新規入会者をASAHIネットに紹介することで、5,000円のキャッシュバックがもらえるというものです。2人目以降は6,000円にアップします。

しかし、もともと魅力的でわかりやすい特典がない分、友人や知人で合っても加入させることは難しいと思います。


キャッシュバック条件に友達紹介を用いるプロバイダは他にもあります。

ⅱ)条件が厳しすぎて結局もらえない?「LifeBank」

ASAHIネットではキャンペーンの条件についてわかりやすく書かれていましたが、中にはキャッシュバック条件の細かい注意書きの中に「友達紹介何人以上」と気づくか気づかないか絶妙な箇所に表記をしている業者もあります

例えば、「LifeBank」という会社では「最大60,000円のキャッシュバック」というキャンペーンを前面に押し出していますが、業者から提示している7つの条件すべてに該当する人のみがキャッシュバック対象になっています。

■参考元:キャッシュバック-SoftBank 光(ソフトバンク 光)
https://softbank-hikari.jp/campaign/cashback.php

そしてその条件の5つ目くらいに「お申し込み後に2名以上紹介」という一文が急に入っています。

この【紹介】という言葉は非常にやっかいで、『紹介された側の人物が加入契約して規定年数使い続ける』という意味が内包されています。

したがって、このプロバイダからキャッシュバックをもらうには2人以上の新規加入者を見つけて連れてくる必要があります。

プロバイダの側からすれば、たった60,000円で合計2人の新規加入者を獲得できる仕組みです。

まとめると、

  • 2名以上の紹介ができた⇒キャッシュバック60,000円ゲット!
  • 2名以上紹介できなかった⇒キャッシュバックなし・・・

です。

どちらに転んでも得をするのはプロバイダですので、紹介者は得するか損するかの2択しかありません。

ⅲ)受取方法がアヤシすぎる「エフプレイン」

softbankair

ソフトバンクエアー(Softbank Air)は、ソフトバンクが展開している、部屋に設置する据え置き型のWi-Fiルータです。

■ソフトバンク公式サイト:ソフトバンクエアー(Softbank Air)
https://www.softbank.jp/ybb/air/

このソフトバンクエアーもソフトバンク以外のプロバイダから加入できるので、数多くのプロバイダがキャッシュバックなどで呼び込みを行っています。

ソフトバンクエアー自体は素晴らしいサービスですが、プロバイダのなかには、高額なキャッシュバックがもらえると表記してあるにもかかわらず、キャッシュバック対象となる条件や受取方法が明記されていない場合もあります。こういうプロバイダには要注意です。

中でもエフプレインという運営会社が集客を行っているサイトは、特典の条件として友達招待を設定しています。

■参考元:キャッシュバックキャンペーン | SoftBank Air – ソフトバンクエアー
https://bb-air.jp/campaign/cashback.php

この会社の運営しているサイトからソフトバンクエアーを契約すると先着100名限定で現金最大60,000円キャッシュバックというキャンペーンを行っています。キャッシュバックは、最短で利用開始後30日後に現金で振り込まれるとあります。

私はこれを見て、以下のような疑問が湧いてきました。

  1. 先着100名とあるが、残りの空き枠人数がわからないので、もしかするとキャッシュバックをもらえないかもしれない。仮に自分が申し込んで100名以内に入っている場合に、それを何らかの方法で証明してくれるのか。
  2. 現金最大60,000円キャッシュバックだが、どのような条件の時に最大の金額をもらえるのか。またどのような場合に最大金額から引かれていくのか。
  3. キャッシュバックの振込まで最短30日とあるが、最長だとどれくらいの期間かかるのか。
  4. キャッシュバックをもらうための手続きとして、いつまでにどんなことをする必要があるのか。

この4点について確認するため、申込・相談窓口に電話を入れてみました。

結論からいうとサポートのレベルは低めで、融通が利きませんでした

下記はその時のやり取り記録になります。

相談窓口でのやり取り記録

  1. まず、電話窓口で男性の方が出てきましたので、さっそく疑問について聞こうとしたところ、「お客様のご住所を教えてください」といわれました。
  2. 担当者の言い分では対応エリアがあるので、契約後にWi-Fiルータを設置する場所の住所をフルで教えてもらう必要があるとのことでした。
    「キャンペーンについて聞きたいだけだし、個人情報だから今は言いたくないという」と伝えたところ、住所を答えない限り、質問に答えるつもりはないとの回答をもらいました
  3. ネットの先生ネットの先生

    契約率を上げるために、無駄な電話(サービスエリア対象外の世帯からの問い合わせ)を省くのが目的でしょうか。利益を上げないといけない企業側の理屈は理解できるんですが、ちょっと冷たい対応ですね。

  4. 時間をずらして再度電話をかけてみました。同じ担当者が出てきたので、「キャッシュバックのことを教えてくれ」「住所を教えてくれないと質問には答えない」という押し問答でした。
  5. ネットの先生ネットの先生

    住所は個人情報ですし、答えたくない時ってありますよね。住所を聞き出すことを前提条件にしているので、住所情報を元に契約させる方向にもっていく社内マニュアルがありそうです。

  6. 3度目は運営会社の方へと直接電話をかけて、なぜあのような対応をするのか聞き出そうと思いましたが、電話口に出た声は先ほど2度にわたる押し問答を繰り広げた担当者でした
  7. ネットの先生ネットの先生

    相談窓口の電話番号にかけても運営会社にかけても出てくる人間が同じということは、社内電話で各電話番号への通知が転送されるように設定しているんだなと判ります。ということで、この時の担当者は社員である可能性が非常に高いです。

  8. 「またあなたですか」と担当者に呆れられ、「問い合わせ対応にもルールがある。ここでは住所を言ってもらわなければ案内しないルールになっている。住所を言いたくないなら、よそのプロバイダにどうぞご自由に行ってください」と言われてしまいました。
ネットの先生ネットの先生

うーん。。。印象が良ければ、私から知人などに口コミで契約に繋がるかもという発想は無さそうです。私もサポート業務を数年兼務していた経験があるので分かるんですが、マニュアル対応はラクですが雑な対応になりがちです。会社の方針であれば仕方ないですが・・・残念です。

以上がやりとりの一部です。少し疑念を抱く結果となりました。

キャッシュバック詐欺にひっかからないために

これは私が行っていることですが、いいなと思うキャンペーンがあった場合、まずキャンペーンの適用条件をしっかりと調べます。

友達紹介など、自分には達成出来そうもない条件が課せられていないかを確かめます。

次に、キャンペーンを告知しているサイトの運営会社を調べて、公式サイトや業務内容、口コミなどを収集して、詐欺まがいの契約をさせる悪質プロバダではないか調べます。

また、場合によっては今回のように直接会社に電話して、担当者の話に何か矛盾点がないか話してみます。


今回以外にも数多くのプロバイダを見て・調べているうちに分かったことがあります。
それは大手の有名プロバイダに頼んだ方が最終的に何倍も安全・安心で納得がいきやすいということです。

最低限の自己責任の役割をきっちり果たせば、あとはキャッシュバックを確実にもらうことができますからね。

現在私が特におすすめしたいのはとくとくBBWiMAX2+です。
WiMAX2+のL01はソフトバンクエアーと同じく据え置き型のWi-Fiルータですが、スペックで比較するとWiMAXの方が単純に優秀です

通信速度はソフトバンクエアーが261Mbpsなのに比べてWiMAX2+のL01はその1.6倍の440Mbpsもの速さです。

また、月額料金絵比較しても、ソフトバンクエアーが3,800円なのに対して、WiMAX2+のL01は2,590円です。さらに2017年8月現在、とくとくBBからWiMAX2+に加入すると26,700円のキャッシュバックがもらえます。

とくとくBBからWiMAX2+に加入してキャッシュバックをもらうための注意点はただ一つ。
それはとくとくBBから届くキャッシュバック手続きのメールを見落とさないこと!

単純なようで多くの人が手続きを忘れていたり、受け取り方法の説明を聞かないまま適当に手続きを行っているため、もらい損ねている人がたくさんいます。

せっかく簡単な手続きだけで現金が簡単に手に入るようになっているので、皆さんも事前に予習して、しっかりとキャッシュバックをもらいましょう。

とくとくBBのキャッシュバックについては「費用が安いGMOとくとくBBのWiMAX!契約での落とし穴」で詳しく解説しているので是非ご一読ください。

まとめ うまい話には十分警戒しよう。必要なら確認も!

リラックス

今回、絶対に選んではいけないプロバイダをご紹介しました。

もちろん、今回紹介したプロバイダが何か悪意があり、皆さんを罠に掛けようと手ぐすね引いて待っていると決まったわけではありません。

特にキャッシュバックについては、一部手続きや受け取り方がわかりにくいものもありますが、注意書きをよく読む不明点や不安な点については直接電話で聞いてみるなど、初歩的な対策を講じることが肝心です。

一番良い方法は「特典がもらえる条件を満たしたかどうか」を確認する電話を入れてみましょう!

例えば中には、友達招待をしたのに「あなたからの招待ではないので特典対象外」と言って終わらせるプロバイダもいる可能性があります。
でもちょっと待ってください。「招待した友達側の手続きに何か問題があった可能性」などもありますよね?

確認するには、対象のプロバイダに確認するのが最善です。
なるべく特典対象期間中に問い合わせるとスムーズに行きますので覚えておいてください。

十分な警戒心を持ちつつもしっかりと知るべきことを知って、安全にキャッシュバックを手に入れましょう!